自己破産にかかる費用の相場と選び方と安くする方法

士業関係依頼

自己破産は、借金額をゼロにして、借金生活から逃れるための法的な手続です。原則としてすべての借金をなくす方法なので、多重債務者など借金で困っているが活用する制度となっています。

自己破産は、お金がない方が使う制度ですが、自己破産をするのにも費用がかかります。お金がない中で、少しでも安く専門家に依頼するべく、この記事では自己破産を専門家に依頼した際の料金相場について紹介していきます。

専門家の選び方や費用を安くする方法についてもまとめましたので、ぜひ最後までお読みください。

自己破産にかかる料金の相場:20万~60万円

自己破産にかかる専門家の費用相場は、債務整理ナビによると、着手金0~30万円程度+成功報酬20~30万円程度となっています。

20万円~60万円ほどの費用が相場となっています。

ただし、不動産など大き目の財産がある場合には、管財人をつける「管財事件」となり、専門家への依頼費用とは別に、管財人費用として201,000円が必要となります(アディーレより)。
アディーレより管財人費用
(※アディーレより管財人費用抜粋)

成功報酬を取らない事務所や、着手金を取らない事務所など、料金形態はさまざまですので、各事務所を比較検討することが大事となってきます。

【自己破産の費用相場】
着手金:0~30万円程度
成功報酬:20万~30万円程度
管財費用:201,000円

専門家依頼の相場:20万円~60万円ほど

以下では、それぞれの事務所ごとに必要な費用を具体例として紹介したいと思います。

弁護士法人アディーレ法律事務所の場合:270,000円~

全国に拠点を構える大手弁護士法人のアディーレ法律事務所の自己破産費用の場合、270,000円が着手金として必要となってきます。

ただし、管財事件の場合には、380,000円という設定になっています。

不動産を持っているなど、管財人を雇わなければならない場合には、380,000円に追加して管財人手数料が20万1000円かかるので注意が必要です。

また、アディーレの支店がない都道府県以外で破産申し立てをする場合には、着手金として44万円が必要となります。この費用には、弁護士の出張費用などが含まれています。

なお、アディーレの場合、上記の着手金以外に成功報酬などは発生しません。


(※アディーレ法律事務所より料金抜粋)

LSC綜合法律事務所の場合:200,000円+成功報酬100,000円

東京都立川市にあるLSC綜合法律事務所の自己破産手続きの場合、200,000円の着手金が必要となります。実際に破産に成功した場合には、成功報酬として100,000円が必要となります。

着手金を一気に支払うのが難しいという場合には、月々50,000円の分割払い制度もありますので、お金が本当にないという方でも安心してご利用いただけます。


(※LSC綜合法律事務所より料金抜粋)

松谷司法書士事務所の場合:170,000円~230,000円

債務整理に強い兵庫県の松谷司法書士事務所の自己破産手続きの場合、借金をしている貸金業者(債権者)の数によって着手金が異なってきます。

・貸金業者の数が1~5社の場合、170,000円。
・貸金業者の数が6~10社の場合、190,000円。
・貸金業者の数が11~15社の場合、210,000円。
・貸金業者の数が16社以上の場合、230,000円
となっています。

管財人を雇う管財事件の場合には、貸金業者の数に関係なく280,000円が必要となります。この場合、裁判所への予納金として201,000円が必要となるので注意が必要です。

松谷司法書士事務所の場合、無事に破産できた場合の成功報酬など、追加の費用は一切取っていません。上記で紹介した着手金だけがかかるのですね。

自己破産での専門家の選び方

以上、自己破産で専門家に依頼する際の料金相場について紹介してきました。以下では、自己破産の専門家の選び方について紹介します。

自己破産に強い事務所を選ぶ

司法書士や弁護士には、それぞれの事務所ごとに強み・得意分野があります。慣れていない分野ですと、疑問点にすぐ対応できないなど問題が出てくることもあります。自己破産などの債務整理に特化した事務所を選ぶことで、手続をスムーズに進めることができるのです。

とはいえ、自己破産は、弁護士事務所であればどこの事務所でも対応することが可能です。近くの弁護士事務所に債務整理に特化した事務所がないという場合には、とりあえず近くの事務所を訪れてみて、料金の見積りや法律相談などを行うといいでしょう。

弁護士と司法書士どちらに依頼すべきか

自己破産の手続きは、弁護士と司法書士とが取り扱っています。どちらを選んだ方がいいのでしょうか。

弁護士に依頼した場合には、代理人として裁判所に各種手続きを代行してくれます。これに対して、司法書士の場合、書類の作成代行などは扱えますが、裁判所への手続は代行してもらえず、本人が書類提出などを行うこととなります。また、1社からの借金額が140万円を越える場合には、司法書士はとりあつかうことができません。

このように、司法書士には業務内容に制限があるので、ケースによっては、司法書士だけでは対応できなくなることもあります。この場合、別途弁護士に依頼することとなるのですが、当然費用は高くなってしまいます。自己破産の場合には、司法書士よりも弁護士に依頼する方がベターと言えるでしょう。

管財人を選ぶ管財事件の場合、弁護士に依頼しておくと「小額管財」という形にもっていくことができ、費用を安く抑えることができます。司法書士の場合には、管財人選出の予納金が50万円近くになることもあるのです。不動産を持っているなどの管財事件の場合には、弁護士を選んだ方が断然お得です。

弁護士ドットコムを使う

弁護士選びをする際には、全国の弁護士を検索したり、一括見積りしたりできるサービスの弁護士ドットコムを活用すると便利です。

各弁護士の得意分野なども調べることができますので、自己破産に強い弁護士も探すことができます。

弁護士ドットコムより自己破産
(※弁護士ドットコムより抜粋)

自己破産にかかる費用を安くする方法

自己破産はお金がない人が最終手段として講じる制度です。ですから、自己破産をする人は本当にお金がないことが多くなっています。そのような中、弁護士や司法書士の費用を捻出するのは非常に苦しいと思います。そのような方のために、自己破産にかかる費用を安くする方法を紹介していきます。

法テラスの民事法律扶助を活用する

収入と資産が一定基準以下の方の場合、「法テラス」という公的期間が実施している民事法律扶助を受けることができます。

この制度を活用すると、弁護士費用や司法書士費用を一時的に法テラスが肩代わりしてくれます。その後、月々5,000円程度の支払で楽々と返済を進めることができるのです。

自己破産代金の分割払いを受け付けている法律事務所もありますが、月の返済額は50,000円となかなかの金額となります。月に5万円の返済も厳しいという方は、法テラスに相談してみて、民事扶助を使えないかどうかを確かめてみるといいでしょう。

近くの事務所に依頼する

自己破産の依頼は、遠方の事務所に依頼をすることもできます。しかし、手続は自身のお住まいの最寄りの裁判所で行われるので、弁護士の出張旅費などが別途必要となってきます。自己破産は基本的に自身の住んでいるところに近い事務所を選んだ方が、安く済むのです。

全国展開している有名事務所などに依頼するよりも、身近な場所に位置する事務所の専門家に任せた方が安上がりなのです。

自己破産にかかる費用の相場と選び方と安くする方法まとめ

以上、自己破産にかかる料金の相場と、専門家の選び方や、費用を安くする方法について紹介してきました。

自己破産にかかる料金は20万円~50万円程度と幅がありました。着手金が必要なケースや、成功報酬が必要なケースなど、事務所によって料金体系に幅があるのです。

専門家を選ぶ際には、自己破産に強い事務所をできるだけ選ぶようにしましょう。また、司法書士か弁護士かで悩んだ場合には、基本的には弁護士を選んでおいた方がベターです。

料金を安くしたい場合、近くの事務所に依頼したり、法テラスの民事扶助制度を活用したりする方法があります。

いかがだったでしょうか。
自己破産の際の専門家選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。