債務整理にかかる費用の相場と選び方【現役弁護士によるアドバイスも掲載】

債務整理の費用相場士業関係依頼

債務整理にかかる費用の相場と業者の選び方、各社比較をしました。

債務整理は、借金を減らしたり、支払い期間に猶予をもたせたりすることで、借金生活から解放されるために行う手続のことです。

債務整理と一言に言っても、以下の4つの方法が存在しています。

  1. 過払い金請求
  2. 任意整理
  3. 民事再生
  4. 自己破産

この記事では、債務整理にかかる料金の相場や、専門家の選び方・かかる費用を安くする方法について紹介していきます。

弁護士 松浦絢子様
この記事を監修いただいた専門家

弁護士 松浦絢子
弁護士、東京弁護士会所属(登録番号49705)、宅地建物取引⼠不動産証券化協会認定マスター

京都⼤学法学部、⼀橋⼤学法学研究科法務専攻。埼玉県内の法律事務所、株式会社東栄住宅(飯田GHD子会社)、三井不動産投資顧問株式会社を経て独立。松浦綜合法律事務所を開業し、代表を務める。債務整理の他、不貞慰謝料問題にも強みを持つ。
◆公式サイト:https://matsuura-law.jp/
目次
  1. 債務整理にかかる費用の相場と業者の選び方、各社比較をしました。
  2. 債務整理とは
  3. 債務整理の費用相場
  4. 債務整理の専門家の選び方
  5. 債務整理にかかる費用を安くする方法
  6. 当記事監修、弁護士松浦絢子様よりアドバイス
  7. まとめ

債務整理とは

まず債務とは、お金を借りた人が貸し手(消費者金融・クレジットカード会社など)に対してお金を返さなければいけない義務のことです。

債務整理を行うことで借金を減額したり、支払いに猶予を持たせることができます。

債務の内容によって以下の方法から最適な手続きを選ぶこととなります。

債務整理

債務整理

(※司法書士法人黒川事務所より引用)

債務整理を行う場合、貸し手への交渉や裁判所への手続きなど、専門家に任せなければできないことがあるので司法書士、もしくは弁護士へ依頼することになります。

返済金を支払いすぎている場合→「過払い金請求」
返済金額を減らしたい場合→「任意整理」
資産(家・車など)を手放さずに債務整理したい場合→「民事再生(個人再生)」
返済が不可能の場合→「自己破産」

次は、債務整理にかかる費用の相場について紹介していきます。

債務整理には、4種類の手続があり、それぞれ費用の相場が異なります。具体的には以下のような金額が相場となっています。

【債務整理にかかる費用の相場】
過払い金請求:回収できた額の20%~25%
任意整理:1社40,000円~50,000円
民事再生:着手金+減額された金額の10~20%
自己破産:着手金0~30万円程度+成功報酬20~30万円程度

1.過払い金請求の場合:回収できた額の20%~25%

貸金業者に利息制限法を超える利息を払い過ぎていた場合に、払い過ぎた金額(過払い金)を回収する手続が過払い金請求です。

過払い金請求の場合の料金相場は、実際に回収できた価格の20%(話合いの場合)~25%(訴訟で回収した場合)となっています。

過払い金請求について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

過払い金請求にかかる費用相場と弁護士の選び方、安くする方法
過払い金請求を弁護士等に依頼するといくらかかるのか?依頼費用の相場と選び方をご紹介しています。 過払い金請求は、貸金業者などに返済金を支払いすぎている場合に、交渉や訴訟を行って、それらの払い過ぎた費用(過払い金)を回収することを指します。...

2.任意整理の場合:1社40,000円~50,000円

債務整理の一種、任意整理とは、貸金業者などと依頼した専門家が話しい合い交渉をして、将来の支払額を少なくする手続のことです。

任意整理の相場は、1社あたり4万円から5万円程度に設定されていることが多いです。「1社ごとに2万円+減額できた額の10%」という形も多くなっています。

任意整理について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

任意整理にかかる費用の相場と弁護士・司法書士の選び方
任意整理の費用相場と弁護士・司法書士等の専門家の選び方をご紹介。 任意整理とは、裁判所を通さず、借金業者と話し合うことで借金の額を減らす手続きです。話し合うといっても、お金を借りている方が直接話し合うのではなく、弁護士や司法書士などの専門...

3.民事再生の場合:着手金+減額された金額の10~20%

民事再生(個人再生)は、債務整理の1種です。住宅などの財産を持ったまま、5分の1程度に減額された借金を原則として3年で分割して返していくようにすることができる手続です。借金額がゼロになるわけではありませんが、自己破産と違い住宅などの高価な財産を保ったまま借金を減額できるのが特徴です。

民事再生の相場は、着手金が30万円程度で、さらに減額された金額の10~20%が成功報酬として設定されます。

民事再生について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

民事再生にかかる費用の相場と弁護士の選び方
民事再生(個人再生・個人民事再生)とは、債務整理の一種で、大幅に減額された借金を、3年間の分割払いで返済していく手続です。借金をゼロにするかわりに全財産がなくなる自己破産と異なり、自動車やマイホームなどの財産を残すことができるのが特徴です。...

4.自己破産の場合:着手金0~30万円程度+成功報酬20~30万円程度

自己破産は、債務整理の一種で、借金を支払う義務がすべてなくなります。ただし、民事再生と違い高価な財産は手放さなければなりません。

自己破産を依頼した際の料金相場は、着手金が20~30万円、成功報酬が20~30万円ほどとなっています。自己破産には、40万円~60万円ほどの費用が必要だということです。

自己破産について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

自己破産にかかる費用の相場と選び方【監修弁護士によるアドバイス掲載】
自己破産の費用相場、弁護士等の専門家の選び方についてご紹介しています。 自己破産は、借金額をゼロにして、借金生活から逃れるための法的な手続です。 原則としてすべての借金をなくす方法なので、多重債務者など借金で困っているが活用する制度...

債務整理の費用相場

債務整理の費用相場

以上、債務整理にかかる費用の相場について紹介してきました。以下では、いくつかの事務所を挙げて、具体的な料金の例を紹介していきます。

司法書士法人 浜松町歩法務事務所の費用相場(東京)

債務整理と過払金請求に強い司法書士法人 浜松町歩法務事務所の場合、料金は以下のようになります。

浜松町歩法務事務所の費用相場

浜松町歩法務事務所の費用相場

(※浜松町歩法務事務所公式サイトより引用)

費用
過払い金請求基本報酬:0円

成功報酬:20%

訴訟により回収した場合:25%

任意整理基本報酬:50,000円

減額報酬:10%

民事再生基本報酬:350,000円~
自己破産基本報酬:350,000円~

(※浜松町歩法務事務所の料金一覧2022224日時点)

過払い金請求は基本報酬が0円、成功報酬が返還金額の20%、訴訟により回収した場合は25%です。

任意整理は基本報酬が50,000円、減額報酬が10%となります。

個人民事再生と自己破産は基本報酬350,000円~です。費用は分割することが可能です。

浜松町歩法務事務所は法テラスに登録されている「相談登録司法書士」です。無料相談実施中なのでなのでお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

司法書士法人 浜松町歩法務事務所
公式サイトはこちら

事務所名司法書士法人 浜松町歩法務事務所
住所〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目27番10号 バッカス第3ビル3階
電話番号0120-961-772
営業時間10:00~20:00
定休日不定休
料金過払い金請求:返還金額の20%〜
任意整理:基本報酬50,000円、減額報酬10%
民事再生:350,000円~
自己破産:350,000円~
アクセス浜松町駅より徒歩4分
大門駅A2出口より徒歩0分(GoogleMap
お問い合わせhttps://www.shihoushoshisoudan.com/contact/
特徴事務所に来店するのが難しい方のために出張相談訪問サービスも行なっています。
公式HPhttps://www.shihoushoshisoudan.com/

弁護士法人アディーレ法律事務所の費用相場(全国)

債務整理を得意としており全国65の拠点に事務所を構えている弁護士大手のアディーレ法律事務所の債務整理の場合、料金は以下のようになります。

弁護士法人アディーレ法律事務所の費用相場

弁護士法人アディーレ法律事務所の費用相場

(※アディーレ法律事務所公式サイトより引用)

過払い金請求初期費用:無料
話合いにより解決した場合

基本費用:66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の22%

訴訟により解決した場合

基本費用:66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の27.5%

任意整理基本費用:44,000円
和解できた場合(解決報酬金)

22,000円

債務額を減額または免除することができた場合(減額報酬金)

減額または免除できた金額の11%

過払い金を回収できた場合(過払金報酬金)

話合いにより解決した場合:22%

訴訟により解決した場合:27.5%

民事再生住宅ローン特例あり

基本費用:550,000円

申立費用:33,000円

住宅ローン特例なし

基本費用:462,000円

申立費用:33,000円

自己破産管財事件

基本費用:437,800円

申立費用:33,000円

管財費用:201,000円〜

同時廃止

基本費用:363,000円

申立費用:33,000円

(※アディーレ法律事務所の料金一覧2022226日時点)

過払い金請求は、交渉で返還された場合「基本費用66,000円+回収額の22%」、訴訟で返還された場合「基本費用66,000円+回収額の27.5%」となっています。

任意整理は、1社あたり44,000円の着手金がかかります。そのほか条件によって解決報酬金として 22,000円、減額報酬金として減額または免除できた金額の11%、過払金報酬金として回収額の22〜27.5%が費用となります。

民事再生の場合、住宅ローンがある場合には550,000円、住宅ローンがない場合は462,000円、申立費用33,000円が必要な費用です。

自己破産の場合には、管財人がつかない「同時廃止」の場合には363,000円、「管財事件」の場合には437,800円が料金となります。ただし、管財事件の場合、管財費用として201,000円が別途経費として必要となります。

弁護士法人アディーレ法律事務所
公式サイトはこちら

事務所名アディーレ法律事務所 池袋本店
住所〒170-6033
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
電話番号0120-316-742
営業時間9:00~22:00
定休日
料金過払い金請求:基本費用66,000円+回収額の22%〜
任意整理:基本費用44,000円、解決報酬金22,000円、減額報酬金11%、過払金報酬金22%〜
民事再生:462,000円〜
自己破産:363,000円〜
アクセス東池袋駅6・7番口より徒歩3分(GoogleMap
支店情報全国に60カ所以上
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.adire.jp/contact/
特徴相談だけなら何度しても無料。土日祝日も夜の22時まで対応してくれます。
公式HPhttps://www.adire.jp/

松谷司法書士事務所の費用相場(兵庫)

債務整理を専門的に取り扱っている松谷司法書士事務所の債務整理手続きを紹介します。

松谷司法書士事務所の費用相場

松谷司法書士事務所の費用相場

(※松谷司法書士事務所公式サイトより引用)

過払い金請求回収できた額の20%
任意整理1社のみ:33,000円

2社以上:1社につき22,000円

民事再生住宅なし:308,000円

住宅あり:363,000円

自己破産1~5社:187,000円

6~10社:209,000円

11~15社:231,000円

16社以上:253,000円

(※松谷司法書士事務所の料金一覧2022226日時点)

過払い金請求は、回収できた額の20%が成功報酬としてかかります。

任意整理は、1社のみですと33,000円、2社以上ですと1社につき22,000円の費用がかかります。

民事再生ですと、住宅ローンがない場合には308,000円、住宅ローンがある場合には363,000円の費用がかかります。

自己破産の場合、債権者(お金を借りているところ)が1~5社の場合は187,000円、16社以上ですと253,000円となります。

松谷司法書士事務所
公式サイトはこちら

事務所名松谷司法書士事務所
住所〒666‐0021
兵庫県川西市栄根二丁目2番15号 サカネビル3階
電話番号0120-974-316
営業時間9:00~20:00
定休日土曜日・日曜日
料金過払い金請求:回収できた額の20%〜
任意整理:1社につき33,000円
民事再生:308,000円〜
自己破産:187,000円〜
アクセスJR川西池田駅から徒歩3分
阪急川西能勢口駅から徒歩6分(GoogleMap
お問い合わせhttps://saimuseiri.kabarai-sp.jp/contact/
特徴公式サイトで債務整理に関する情報を掲載しています。
公式HPhttps://saimuseiri.kabarai-sp.jp/

弁護士法人アシスト法律事務所の費用相場(東京)

東京に拠点を構える弁護士法人アシスト法律事務所では相談料無料で全国対応してます。

弁護士法人アシスト法律事務所の費用相場

弁護士法人アシスト法律事務所の費用相場

(※弁護士法人アシスト法律事務所公式サイトより引用)

過払い金請求着手金:0円
任意での交渉により過払い金が返還された場合

返還金額に20%

訴訟により過払い金が返還された場合返還金額に24%
任意整理着手金:4万円〜
債権者数が3社未満の場合

5万円~×債権者数

債権者数が3社以上の場合

4万円~×債権者数

成功報酬金

1万円~×債権者

減額報酬金

残元金の全部または一部の請求を免れたときは,その請求を免れた金額の10%相当額

民事再生住宅ローン特例あり

着手金:50万円

申立費用:5万円

再生委員費用は原則20万円

住宅ローン特例なし

着手金:45万円

申立費用:5万円

再生委員費用は原則20万円

自己破産同時廃止

着手金:40万円

申立費用:3万円

管財事件

着手金:45万円

申立費用:5万円

再生委員費用は原則20万円

(※弁護士法人アシスト法律事務所の料金一覧2022226日時点)

債務整理費用についてですが、過払い金請求は着手金は無料で、交渉によって過払い金が返還された場合、返還金額の20%、訴訟によって過払い金が返還された場合、その金額の24%が手数料になります。

任意整理は着手金が4万円〜、報奨金が債権者数が3社未満の場合5万円~×債権者数、債権者数が3社以上の場合4万円~×債権者数になり、そのほか成功報酬金1万円~×債権者、減額報酬金が10%相当になります。

民事再生は住宅ローン特例ありの着手金が50万円、特例なしは45万円です。申立費用5万円、再生委員費用は原則20万円ぐらいになります。

自己破産は同時廃止が40万円、管財事件が50万円+再生委員費用20万円となります。

弁護士法人アシスト法律事務所
公式サイトはこちら

事務所名弁護士法人アシスト法律事務所
住所〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4丁目1番12号  日本橋秋山ビル8階
電話番号03-6281-9989
営業時間10:00~19:00
定休日土曜日・日曜日
料金過払い金請求:返還金額の20%〜
任意整理:着手金4万円〜、報奨金5万円~×債権者数、成功報酬金1万円~×債権者、減額報酬金10%
民事再生:45万円〜、再生委員費用20万円
自己破産:40万円〜
アクセス地下鉄銀座線三越前駅より徒歩3分(GoogleMap
支店情報
お問い合わせhttps://www.assist-lpc.com/お問い合わせ/
特徴何度でも相談無料、土日祝日も対応可能です。
公式HPhttps://www.assist-lpc.com/

弁護士法人法律事務所MIRAIO(ミライオ)の費用相場(東京)

テレビCMでもおなじみの弁護士法人法律事務所所MIRAIO(ミライオ)では法律相談体制の徹底したシステム化によって、様々な問題をスピーディーかつリーズナブルに解決してくれまる。

弁護士法人法律事務所MIRAIO(ミライオ)の費用相場

弁護士法人法律事務所MIRAIO(ミライオ)の費用相場

(※弁護士法人法律事務所MIRAIO公式サイトより引用)

過払い金請求成功報酬(交渉)

返還された金額の22%

成功報酬(訴訟)返還された金額の27.5%
任意整理基本報酬

借入業者1件あたり44,000円

送金管理費

借入業者1件あたり月額1,000円

民事再生住宅ローン特例を適用しない場合

弁護士報酬:319,000円

裁判費用+事務手数料:3万円

再生委員費用:15万円~

日当:33,000円〜

住宅ローン特例を適用する場合弁護弁護士報酬:429,000円

裁判費用+事務手数料:3万円

再生委員費用:15万円~

日当:33,000円〜

自己破産 同時廃止

弁護士報酬:319,000円

裁判費用+事務手数料:25,000円

日当:33,000円〜

管財事件

弁護士報酬:429,000円

裁判費用+事務手数料:25,000円

再生委員費用:201,000円~

日当:33,000円〜

(※弁護士法人法律事務所MIRAIOの料金一覧2022226日時点)

過払い金請求では、交渉によって返還された場合、返還金額の22%が手数料になります。訴訟によって返還された場合は、返還された金額の27.5%になります。

任意整理は44,000円×借入れ業者数になります。※弁護士に送金を依頼する場合は別途送金手数料がかかります。

民事再生の場合、弁護士報酬が319,000円〜、裁判費用+事務手数料が3万円、再生委員費用15万円~、その他に弁護士の出張旅費及び交通費等、弁護士の出張時の日当が掛かります。

自己破産の場合、弁護士報酬が319,000円〜、裁判費用+事務手数料25,000円、が掛かります。その他に、弁護士の出張旅費及び交通費等、弁護士出張時の日当が掛かります。※管財事件の場合、再生委員費用(201,000円~)が必要になります。

弁護士法人法律事務所MIRAIO
公式サイトはこちら

事務所名弁護士法人法律事務所MIRAIO(本店)
住所〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-15-1 セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿
電話番号0120-783-005
営業時間10:00~18:00
定休日土曜日・日曜日
料金過払い金請求:返還された金額の22%〜
任意整理:1件あたり44,000円
民事再生:319,000円〜、再生委員費用15万円~
自己破産:319,000円〜
アクセス東京メトロ 丸ノ内線 西新宿駅C8出口より徒歩5分
都営大江戸線 都庁前駅A5出口より徒歩5分
都営大江戸線 西新宿五丁目駅A1出口より徒歩5分(GoogleMap
支店情報
お問い合わせhttps://entry.miraio.com/contact/
特徴債務整理だけでも約28万件の相談実績。専用のWebツールからいつでも簡単に相談することができます。
公式HPhttps://www.miraio.com/

司法書士法人黒川事務所の費用相場(東京・神奈川・大阪)

東京渋谷にオフィスを構える司法書士法人黒川事務所は、相場の半額ほどの低料金で着手金も無料で債務整理をしてくれます。

司法書士法人黒川事務所の費用相場

司法書士法人黒川事務所の費用相場

(※司法書士法人黒川事務所公式サイトより引用)

過払い金請求基本報酬:22,000円

取り戻した過払い金の16.5%

裁判をした場合は25.3%

任意整理任意整理後の返済を自分で行う場合

1社:33,000円

事務所に任せる場合

1社:22,000円

個人再生報酬:327,800円

住宅ローンつき個人再生:382,800円

債権者が10社以上の場合33,000円を加算

通信費・交通費:10,000円

裁判所の費用:約3万円

再生委員の報酬:18万円〜

自己破産報酬:272,800円

債権者10社以上の場合は33,000円を加算

通信費・交通費:5,000円

裁判所の予納金や印紙:約2万円

(※司法書士法人黒川事務所の料金一覧2022226日時点)

過払い金請求は基本報酬22,000円、成功報酬は返還金額の16.5%〜になります。

任意整理は任意整理後の返済を自分で行う場合は1社につき33,000円、事務所に任せる場合は22,000円で行ってくれます。

個人再生の場合は327,800円、住宅ローンつき個人再生は382,800円、そのほか条件によって費用が加算されます。

自己破産の場合は272,800円、債権者10社以上の場合33,000円が加算されます。

司法書士法人黒川事務所
公式サイトはこちら

事務所名司法書士法人黒川事務所 渋谷オフィス
住所〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3 第1野口ビル5階
電話番号0120-913-596
営業時間平日 10:00~20:00
土日 10:00~17:00
定休日祝日
料金過払い金請求:基本報酬22,000円+返還金額16.5%〜
任意整理:1社につき33,000円
民事再生:327,800円〜、再生委員費用18万円〜
自己破産:272,800円〜
アクセス渋谷駅から徒歩3分(GoogleMap
支店情報上野オフィス
大阪オフィス
横浜オフィス
お問い合わせhttps://www.kaiketu-saimuseiri.jp/category/1199452.html
特徴平日は夜の20時まで対応可能、土日も相談が可能です。
公式HPhttps://www.kaiketu-saimuseiri.jp/

弁護士法人勝浦総合法律事務所の費用相場(東京・大阪)

東京都港区南青山に事務所を構える、弁護士法人勝浦総合法律事務所弁護士事務所はとしては、業界最安値クラスの料金設定をしています。

弁護士法人勝浦総合法律事務所の費用相場

弁護士法人勝浦総合法律事務所の費用相場

(※弁護士法人勝浦総合法律事務所公式サイトより引用)

過払い金請求着手金:1社あたり27,500円

減額報酬:減額した金額の8.8%

過払報酬:回収した過払い金の17.6%

任意整理
民事再生38.5万円~
自己破産33万円

(※弁護士法人勝浦総合法律事務所の料金一覧2022226日時点)

過払い金請求と任意整理は1社あたり27,500円(分割支払可能)、減額した金額の8.8%、回収した過払い金の17.6% (訴訟をした場合も17.6%のまま)が掛かります。

民事再生では、35万円~からの費用が掛かります。

自己破産は33万円の費用がかかります。

弁護士法人勝浦総合法律事務所
公式サイトはこちら

事務所名弁護士法人勝浦総合法律事務所 青山オフィス(本部)
住所〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12 アヌシー青山5階
電話番号0120-777-490
営業時間10:00~19:00
定休日日曜・祝日
料金過払い金請求:着手金1社あたり27,500円、減額報酬8.8%、過払報酬17.6%
任意整理:着手金1社あたり27,500円、減額報酬8.8%、過払報酬17.6%
民事再生:38.5万円~
自己破産:33万円
アクセス東京メトロ 青山一丁目駅 A5出口より徒歩4分(GoogleMap
支店情報池袋オフィス
大阪オフィス
お問い合わせhttps://www.saimuseiri-hiyou.net/contact.html
特徴12年続いている法律事務所。妥協しない姿勢と低価格を徹底しています。
公式HPhttps://www.saimuseiri-hiyou.net/

債務整理にかかる費用比較まとめ

紹介した7社の費用相場を以下の表にまとめました。

事務所名過払い金請求
の料金
任意整理
の料金
民事再生
の料金
自己破産
の料金
特徴地域
司法書士法人
浜松町歩法務事務所
返還金額の20%〜基本報酬50,000円
減額報酬10% 
350,000円~  350,000円~・債務整理と過払い金請求に強い
・全国出張訪問相談が可能
東京
弁護士法人
アディーレ法律事務所
基本費用66,000円+
回収額の22%〜
基本費用44,000円
解決報酬金22,000円
減額報酬金11%
過払金報酬金22%〜
462,000円〜363,000円〜・債務整理を得意としており全国65の拠点に事務所を構えている弁護士大手事務所
全国
松谷司法書士事務所   回収できた額の20%〜    1社につき33,000円     308,000円〜     187,000円〜  ・債務整理を専門的に取り扱っている   
・兵庫・大阪・神戸エリアが対応可能
    兵庫    
弁護士法人
アシスト法律事務所
返還金額の20%〜着手金4万円〜
報奨金5万円~×債権者数
成功報酬金1万円~×債権者
減額報酬金10%
45万円〜
再生委員費用20万円
40万円〜・費用の明確化し、費用の不安を解消
・土日祝日予約、何度でも相談無料
東京
弁護士法人
法律事務所所MIRAIO
返還された金額の22%〜1件あたり44,000円319,000円〜
再生委員費用15万円~
319,000円〜・債務整理の相談実績279,639件以上
・経験豊富な弁護士がサポート
東京
司法書士法人
黒川事務所
基本報酬22,000円+
返還金額16.5%〜
1社につき33,000円327,800円〜
再生委員費用18万円〜
272,800円〜・相場の半額ほどの低料金・着手金なし
・10年以上の豊富な実績
東京・神奈川・大阪
弁護士法人
勝浦総合法律事務所
着手金1社あたり27,500円
減額報酬8.8%
過払報酬17.6%
着手金1社あたり27,500円
減額報酬8.8%
過払報酬17.6%
38.5万円~33万円・累計3,500件以上の債務整理実績
・過払い金請求・債務整理専門
東京・大阪

このように各事務所によって基本費用や追加報酬の有無が異なります。

総合的に見て司法書士法人黒川事務所が比較的、低価格となっています。

債務整理の専門家の選び方

債務整理の専門家の選び方

以上、債務整理にかかる費用の相場について紹介してきました。以下では、債務整理の専門家の選び方について紹介していきます。

債務整理を専門としている事務所なのかを確かめる

弁護士や司法書士には、それぞれ専門があります。さまざまな業務を取り扱っている中で、特に得意としているものが各専門家ごとにあるのです。

債務整理一般はどの事務所でも取り扱ってはいますが、やはり実際に多数の債務整理を手掛けている実績がある事務所を選ぶようにしたいものです。

弁護士法人法律事務所所MIRAIO(ミライオ)は債務整理だけでも279,639件の相談実績があります。

弁護士法人法律事務所所MIRAIO

弁護士法人法律事務所所MIRAIO

(※弁護士法人法律事務所所MIRAIO公式サイトより引用)

ウェブサイトなどで債務整理専門のページがあるかどうか、実績などが掲載されているかどうか、などをチェックしてから依頼するようにしましょう。

弁護士に依頼すべきか司法書士に依頼すべきか

債務整理を専門としている専門家は、弁護士と司法書士の2つがあります。

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い

(※アディーレより引用)

司法書士の場合、法務大臣の認定を受けた認定司法書士でないと、金額にかかわらず過払い金請求や任意整理を取り扱うことができません。

認定司法書士だったとしても、1社あたりの借金額が140万円を超えていると扱うことができません。この場合、司法書士から弁護士に切り替えて再度依頼しなければならなくなります。

借金の額が低い場合には、司法書士に依頼するのもアリですが、借金の額が140万円を越えている場合には最初から弁護士に依頼するようにしましょう。

なお、自己破産や民事再生(個人再生)の申し立ては、債権額や認定を受けた司法書士であるか否かにかかわらず、そもそも弁護士しか取り扱うことができません。

債務整理にかかる費用を安くする方法

債務整理にかかる費用を安くする方法

では、続いて債務整理にかかる費用を安くするテクニックをご紹介します。

複数の事務所から見積りを取る

債務整理を専門としている弁護士事務所・司法書士事務所は多数存在しています。料金に一定の相場はあるものの、中には相場よりも安い費用でサービスを提供している事務所もあります。

そのような業者を探すため、複数の専門家・事務所から見積りをとって、その中で最も安く受け付けてくれるところを選ぶようにするといいでしょう。

複数の弁護士に無料で見積もり依頼をすることができるサービス弁護士ドットコムが便利でオススメです。

弁護士ドットコム

弁護士ドットコム

(※弁護士ドットコムより引用)

遠方の事務所に依頼する

自分が住んでいる地域の弁護士や司法書士の料金設定が高い場合、遠方の事務所に依頼してしまった方が安くつくことがあります。

全国に多数拠点を構えている事務所などは、遠隔地からの依頼も受け付けていることがあります。

弁護士事務所の場合、債務整理の依頼に関しては依頼者と直接面談することが弁護士会のガイドラインで義務付けられています。ただ、どうしても事務所に直接行くことができない事情がある場合には、やり取りは電話や郵送などで済ませられる可能性があります。

ただし、遠隔地ということで別途費用が上乗せされるケースもあります。アディーレなどは拠点がないところの事案は、料金を割高に設定しています。初回相談のときなどにしっかり値段設定について確認するようにしましょう。

当記事監修、弁護士松浦絢子様よりアドバイス

弁護士 松浦絢子様
弁護士
松浦絢子様

債務整理を検討されている方、弁護士をお探しの方にアドバイスさせていただきます。

債務整理を依頼すべきか悩んだら

債務整理を依頼する方の中には、借金の支払いが苦しくてもギリギリまで弁護士や司法書士に依頼しない方がよくいらっしゃいます。

しかし、将来的にも支払いのめどが立たないようであれば、早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談した方がよいといえます。

弁護士や司法書士に相談するのをためらう理由の一つに、債務整理をした場合に、何か重大な不利益があるのではないかと考えていることがあります。

よくある誤解は、「自己破産をすると選挙権がなくなる」といったものです。

そこまでではなくても、勤務先や家族に債務整理をしたことが知られるのではないか、などといった不安が債務整理にはつきものです。

しかし、弁護士や司法書士などの専門家に債務整理を相談したとしても、専門家が直接勤務先や家族に知らせたりすることはありません。

勤務先との関係では、勤務先から借り入れをしているとか、警備員や保険外交員、一部の士業などのように自己破産をすると資格の停止等がありうる仕事をしているケースを除いて、実際に知られることはあまりありません。

また、家族との関係でも、自己破産や個人再生をした場合には家計が同一の家族の収入などを裁判所に知らせる必要があるため、その限りでは家族に気付かれる可能性はあります。

しかし、任意整理であれば、ほとんどの場合に家族に知られることはないでしょう。

弁護士や司法書士によっては、書類を依頼者の自宅に送る際に事務所名を記載しないで送るといった配慮をしてくれることもあります。

なお、自己破産や個人再生の場合には、国が発行する官報に掲載(公告)されます。官報は誰でも購入して内容を見ることはできますが、実際に官報を毎回購入して逐一読んでいる人はそう多くありません。

このため、官報公告が原因となって家族や勤務先に自己破産等をしたことがばれたというケースはほとんど聞いたことがありません。

債務整理に関しては初回無料相談を受け付けている事務所がほとんどです。

このため、不安がある場合には、弁護士や司法書士に詳しく話をして、専門家の回答を踏まえて依頼するかを決めるとよいでしょう。

債務整理にかかる費用について

債務整理にかかる弁護士費用や司法書士費用は、事務所によって多少の違いがあります。

とはいえ、弁護士の場合には、弁護士会が「債務整理事件処理の規律を定める規程」の中で弁護士費用の上限額などを決めていますので、極端に費用が高い事務所というのは、まずありません。

もっとも、弁護士会の規程では下限額は定められていませんので、事務所によっては相場より少し安い費用を提示していることはあるでしょう。

債務整理を依頼する事務所の選び方

債務整理を依頼する事務所をどのように選ぶかに関しては、相談実績が多いことに加えて、事務所内の管理体制がしっかりしているかを確認することが大切です。

債務整理を多く取り扱う事務所の場合、大量の事件を効率的に処理するために弁護士や司法書士本人ではなく事務員が窓口対応をすることがよくあります。

これ自体はやむを得ないことだとしても、事務所内部では弁護士や司法書士が主体的に事件を処理していないと、せっかく専門家に依頼した意味がありません。

これを見極めるためにも、弁護士が依頼者との面談に立ち会っているか、弁護士が債務整理に詳しく親身に話を聞いてくれるか、事務所に連絡するとすぐに折り返しの連絡があるか、などといった点を確認するとよいでしょう。

 

弁護士 松浦絢子様
弁護士
松浦絢子様

債務整理を検討されている方の参考となれば幸いです。

まとめ

以上、債務整理にかかる料金の相場と、事務所の選び方、費用を安くする方法について紹介してきました。

債務整理には4種類の手続が存在し、それぞれ費用の相場が異なっています。過払い金請求は回収金の20%など、事案ごとに相場が形成されているのです。

事務所を選ぶ際には、債務整理を得意とする事務所を選ぶことが大事でした。債務の金額によっては、司法書士ではなく弁護士を選ぶようにする必要があります。

費用を安くするコツとしては、複数の事務所から見積りを取り比較すること、遠方の事務所に依頼すること、などが挙げられます。

債務整理の専門家選びの参考となったのであれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

債務整理業者の比較表

画像司法書士法人 浜松町歩法務事務所アディーレ法律事務所松谷司法書士事務所弁護士法人アシスト 法律事務所弁護士法人法律事務所 MIRAIO司法書士法人黒川事務所弁護士法人勝浦総合事務所
名称司法書士法人
浜松町歩法務事務所
弁護士法人
アディーレ法律事務所
松谷司法書士事務所 弁護士法人
アシスト法律事務所
弁護士法人
法律事務所所MIRAIO
司法書士法人
黒川事務所
弁護士法人
勝浦総合法律事務所
過払い金
請求
返還金額の20%〜 基本費用66,000円+
回収額の22%〜
回収できた額の20%〜 返還金額の20%〜 返還された金額の22%〜基本報酬22,000円+
返還金額16.5%〜
着手金1社あたり27,500円
減額報酬8.8%
過払報酬17.6%
任意整理基本報酬50,000円
減額報酬10%
基本費用44,000円
解決報酬金22,000円
減額報酬金11%
過払金報酬金22%〜
1社につき33,000円 着手金4万円〜
報奨金5万円~×債権者数
成功報酬金1万円~×債権者
減額報酬金10%
1件あたり44,000円 1社につき33,000円着手金1社あたり27,500円
減額報酬8.8%
過払報酬17.6%
民事再生350,000円~ 462,000円〜 308,000円〜 45万円〜
再生委員費用20万円
319,000円〜
再生委員費用15万円~
327,800円〜
再生委員費用18万円〜
38.5万円~
自己破産350,000円~ 363,000円〜 187,000円〜 40万円〜319,000円〜272,800円〜33万円
特徴法テラスに登録さてているので費用について安心できる司法書士事務所です。全国に拠点を持つ大手の法律事務所。料金も他より高めですが顧客満足度が90%を超えています。債務整理と過払い金返還請求が専門。大阪と神戸エリアも対応できます。借金問題に強く豊富な経験と相談実績を誇る事務所です。法律相談体制の徹底したシステム化により、あらゆる人たちが抱える様々な問題をスピーディーかつリーズナブルに解決してくれます。業界トップクラスの低料金を謳っています。土日も対応可能です。弁護士事務所としては、業界最安値クラスの料金設定となっています。
地域 東京(港区)全国に60カ所以上兵庫(川西市) 東京(中央区) 東京(新宿区) 東京・神奈川・大阪 東京・大阪
公式リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

関連記事

当サイトでは、債務整理の他、弁護士・法律関連士業に依頼する場合の費用相場をまとめています。

過払い金請求にかかる費用の相場」や「退職代行業者の料金相場」等も参考に。

過払い金請求にかかる費用相場と弁護士の選び方、安くする方法
過払い金請求を弁護士等に依頼するといくらかかるのか?依頼費用の相場と選び方をご紹介しています。 過払い金請求は、貸金業者などに返済金を支払いすぎている場合に、交渉や訴訟を行って、それらの払い過ぎた費用(過払い金)を回収することを指します。...

また、士業関係に関する記事は他にもございますので参考にしてくださいね。

士業・専門家に関する他の記事もみる