過払い金請求にかかる費用の相場と選び方と安くする方法

士業関係依頼

過払い金請求は、貸金業者などに返済金を支払いすぎている場合に、交渉や訴訟を行って、それらの払い過ぎた費用(過払い金)を回収することを指します。弁護士や司法書士事務所が行ってくれる業務となります。

この記事では、過払い金請求の料金相場や、専門家の選び方、安くする方法について紹介していきます。

過払い金請求にかかる費用の相場

過払い金請求にかかる費用については、実際に回収した代金の20%~25%程度が成功報酬として発生するパターンが多いです。

この相場は、弁護士であっても司法書士であってもほとんど変わりません。事務所によっては、事案を受ける際、最初に着手金がかかる場合もあります。

アディーレの場合;2万円+回収金の20~25%

弁護士法人アディーレ法律事務所の過払い金請求費用は、着手金が完全無料となっています。回収を依頼する際、最初にかかる費用がかからないということです。

実際に回収できた場合の報酬金は、任意交渉で返還された場合、「2万円+返還金額の20%」となります。訴訟によって返還された場合には、「2万円+返還金額の25%」の費用がかかります。

たとえば、訴訟にまで至らず交渉で過払い金100万円が回収できた場合の費用は、2万円+100万円の20%で22万円となります。

実際に過払い金が回収できた場合のみ料金が発生する料金体系となっているので、お金に困っている方であっても、安心して依頼できますね。


(※アディーレより料金抜粋)

弁護士法人勝浦総合事務所の場合:着手金0円、1社あたり18,000円、減額報酬7%、過払い報酬14%

青山、池袋、大阪、横浜に拠点をもつ勝浦総合法律事務所の過払い金請求の場合、着手金は0円、1社あたりの報酬は18,000円、減額報酬7%、過払い報酬14%と、良心的な料金体系となっています。

勝浦総合法律事務所の過払い金請求の費用
(※弁護士法人勝浦総合事務所の料金抜粋)

司法書士法人杉山事務所の場合:回収した金額の20%~

過払い金の回収実績で日本一にも輝いたことがある司法書士法人杉山事務所の過払い金回収の場合、相談料や着手金は一切かかりません。初期費用がかからないので、お金に困っている方でも安心して相談・依頼ができますね。

過払い金の報酬は、実際に返還された場合「回収金額の20%~」となっています。他の司法書士や弁護士などとほぼ同じ、相場通りの料金と言えるでしょう。

杉山事務所は、大阪・東京・名古屋・福岡・広島・岡山・仙台・札幌と各地に事務所をかまえていますので、地方の方でも安心して依頼することができるのが利点です。


(※杉山事務所の料金抜粋)

司法書士法人黒川事務所の場合:基本報酬1万9800円+成功報酬15%

業界の中でトップクラスに安い成功報酬を設けている司法書士法人黒川事務所の過払い金請求の場合、事案を請け負う際に最初にしはらう着手金は0円となっています。

過払い金請求を行う業者1社につき基本報酬が19,800円かかります。これは成功したか否かに関わらず発生する料金です。

そして、過払い金の回収が無事できた場合、成功報酬として、取り戻した過払い金の15%の費用がかかります。裁判・訴訟をした場合には回収できた額の23%がかかります。

基本報酬はかかりますが、成功報酬は相場の20%よりも5%も安く、セールスポイントとしてうたっている業界トップクラスの安さは事実だということができるでしょう。


(※黒川事務所より料金抜粋)

【過払い金請求の費用相場】
アディーレ:2万円+回収金の20~25%
司法書士法人杉山事務所:回収した金額の20%~
司法書士法人黒川事務所:基本報酬1万9800円+成功報酬15%任意なら20%、訴訟なら25%が相場

過払い金請求で依頼する専門家の選び方

以上、過払い金請求の料金相場について紹介してきました。以下では、過払い金請求をする場合の専門家の選び方について紹介していきます。

過払い金請求についての実績があるか

司法書士や弁護士を選ぶ場合、その事務所が過払い金請求をした実績がどれくらいあるのかを見るようにしましょう。

弁護士や司法書士の業務内容は多岐にわたっていますので、事務所によっては過払い金請求にあまり強くない(あまり受任したことがない)場合もあります。

過払い金請求にはコツがありますので、やはり業務を多く手掛けている実績のある事務所を選ぶ方がいいでしょう。

訴訟を前提に話を進めてくれるかどうか

貸金業者は資金難となっている業者が多く、任意の交渉だけで取り戻せる過払い金の金額はだんだん少なくなってきているのが実情です。

ですから、しっかりと過払い金を回収するためには、訴訟に持ち込む方が得策です。しかし、訴訟には手間もかかるので、事務所によっては訴訟をあまりやりたがりません。司法書士も認定司法書士の資格を持っていなければ、訴訟業務ができません。

訴訟を回避しようとばかりしている事務所は避けるようにして、きちんと訴訟まで提案してくれる事務所を選ぶようにしましょう。

弁護士と司法書士の違い

弁護士は、法的なトラブルについて取り扱う専門家です。これに対して、司法書士は登記を行うのが本来の専門です。

弁護士も司法書士も過払い金請求を取り扱っていますが、司法書士には債務の金額に応じた制限があります。

司法書士は、借金の金額や過払い金など個別の債権額が140万円以下の事案でなければ取り扱うことができません。

しかも、通常の司法書士ではなく、認定司法書士という特別の資格を持っていなければ過払い金請求についての相談や交渉・訴訟などができないのです。

つまり、借金や過払い金の金額が多い場合、司法書士では業務を請け負うことができず、弁護士に依頼しなければならないのです。

借金問題や過払い金請求事案については、本来法的な事案であるため、司法書士よりも弁護士の方が本来的には専門であると言えるでしょう。

過払い金請求にかかる費用を安くする方法

以上、過払い金請求での専門家の選び方を紹介してきましたが、過払い金請求にかかる費用を安くする方法はないのでしょうか。以下、費用を安くする方法について解説していきます。

成功報酬以外の費用がかからないところを選ぶ

過払い金請求では、実際に過払い金を回収できなければ専門家に依頼した意味がありません。回収できなかったのに、着手金や相談料金だけを取られるのはバカバカしいですよね。

ですから、過払い金請求の費用を安くしたい場合、成功報酬以外の費用を設定しているところを避けるようにしましょう。

相場よりも安く設定している事務所を選ぶ

過払い金請求の上限額は弁護士会や司法書士会が20%(訴訟では25%)と定めていますので、その上限額がそのまま相場となっています。しかし、弁護士や司法書士事務所の中には、相場よりも安い費用を設定している事務所があります。

少しでも費用を安くしたい場合、そのような安い設定の事務所を選ぶようにするといいでしょう。

近くの事務所にこだわらない

過払い金請求は、自分が住んでいる場所から遠くに位置する事務所に依頼することもできます。電話や郵送などで十分やり取りができて、手続を進めることができるので、住所に関係なく事務所選びをすることができるのです。

自分の近くに安い事務所がない場合、遠くに位置している事務所に依頼してしまうというのも一つの手です。

過払い金請求にかかる費用の相場と選び方と安くする方法まとめ

以上、過払い金請求をする場合にかかる費用の相場と、専門家の選び方、安くする方法について紹介してきました。

過払い金請求の費用相場は、回収した金額の20%(訴訟なら25%)が相場となっています。相談料金や着手金は無料となっているところも数多く存在しています。

過払い金請求での専門家の選び方は、過払い金請求の実績があるかどうかや、訴訟を提示してくれるかどうかなどがコツです。回収金額が大きい場合、司法書士ではなく弁護士に任せるようにするのもポイントとなります。

過払い金請求にかかる費用を安くしたい場合、成功報酬以外の費用を設定している事務所を避けたり、相場よりも安い料金設定となっている事務所を選んだり、自分の家の近くの事務所にこだわらなかったりすることで安く済ませることができます。

いかがだったでしょうか。
過払い金請求の専門家選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事:債務整理にかかる費用の相場と選び方・安くする方法

コメント