看護師の学校の料金相場と選び方、安くする方法

資格講座

医療現場での看護師の需要は、年々高まっています。

「社会人になったけど看護師になりたい」「どの看護学校を選べばいいのか分からない」とお悩みの方は多いと思います。今回の記事ではそのような方のために、看護師の学校(看護学校)の料金相場と選び方・安くする方法を紹介していきます。

看護師になるためには

看護師になるためには、看護学校に3~4年通った上で、看護師試験(国家試験)に合格する必要があります。

看護師には、正看護師と准看護師の2種類がありますが、今回の記事では現在主流となってきている正看護師について紹介していきます。

正看護師になるための看護学校にも種類があって、専門学校、短期大学(短大)、4年制大学の3種類があります。それぞれに国公立と私立とがありますので、合計6種類の看護学校があることとなります。専門学校と短大は3年間修学する必要があり、大学は4年間通う必要があります。通常専門学校といえば私立なのですが、看護学校の場合、効率の専門学校もあるのが特徴的です。

「3年でもいいのにわざわざ4年通う意味はあるのか?」と思う方もいるでしょうが、この1年間は給料の差として現れてきます。看護師転職サイトのcoconasによると、専門学校・短大卒の看護師と、大卒看護師とでは月収にして7,000円ほどの差が出るようです。大卒の看護師の方が給料が高くなるのです。職場によっては数万年給料が違ってくることもあります。
coconas調べ

看護師の平均年収は525万円となっています。正看護師の場合には平均586万円、准看護師は481万円です。
※「平均年収..JP」調べ

看護師の学校の料金相場:808,400円~4,878,450円

看護学校の料金相場は、808,400円~4,878,450円となっています。

最安値は、東京都立板橋看護専門学校で808,400円となっています。公立の専門学校が一番安くなるのですね。

最高値は、大阪信愛女学院短期大学で、4,878,450円です。私立の大学・短大は高くなる傾向があります。

【東京の公立大学】東京都立大学の看護師の学校の料金相場:2,382,200円

東京都立大学(旧・首都大学東京)の健康福祉学部・看護学科の学費は、入学考査料が17,000円、入学料が282,000円と、授業料が前期・後期でそれぞれ260,400円かかります。初年度は819,800円の費用がかかることになります。4年間卒業するまでの授業料は2,382,200円です。

東京都立大学の看護学部の授業料料金
東京都立大学公式サイトより、授業料抜粋)

東京都が運営している公立の大学です。国公立ですから、授業料も安くなっているのが特徴です。

受験する際の偏差値は、前期日程で56となっています。
マナビジョンより

看護職としての専門性を学べるように、学年担当の教員がしっかりサポートしてくれます。

【東京の私立大学】駒沢女子大学の看護師の学校の料金相場:3,968,000円

駒沢女子大学の看護学部・看護学科の学費は、入学金が300,000円、授業料が525,000円など初年度で1,093,000円かかります。卒業する4年間での学費は諸経費込みで3,968,000円程度になります。

駒沢女子大学公式サイトより授業料抜粋)

駒沢女子大学の看護学科は、4年間かけて看護学を学ぶ私立大学学部です。

受験する際の偏差値は59となっています。
マナビジョン調べ

看護のための基礎となる教養を学ぶことからはじめます。仏教学など様々な科目が準備されています。その後、看護の実践のための能力・技術も学びます。

看護学部には実習館が設けられており、充実した環境・設備の下で学んでいくことができるのが特徴です。

【東京の公立専門学校】東京都立板橋看護専門学校の料金相場:808,400円

東京都立板橋看護専門学校の学費は、入学料が11,300円、授業料が年額265,700円となっています。卒業するまでの3年間の授業料は、808,400円となります。
※別途教科書代やユニフォーム大・模試代金などが必要となります。

板橋看護専門学校の授業料
東京都立板橋看護専門学校公式サイトより、授業料抜粋)

板橋区にある東京都立板橋看護専門学校は、東京都が運営している公立の看護専門学校です。

東京都立の看護専門学校は、以下の7つの学校があります(授業料・学費は板橋と同じです)。

  • 広尾看護専門学校
  • 荏原看護専門学校
  • 府中看護専門学校
  • 北多摩看護専門学校
  • 青梅看護専門学校
  • 南多摩看護専門学校
  • 板橋看護専門学校

都立看護専門学校は、参加型の授業となっており、授業の質にこだわっています。

また、実習は少人数制で一人ひとりに丁寧に教えているのが特徴です。

【東京の私立専門学校】東京女子医科大学看護専門学校の料金相場:1,940,000円

東京女子医科大学看護専門学校の学費は、入学金が200,000円、授業料が400,000円など、1年次に780,000円の学費が必要となります。卒業する3年生までの学費は、1,940,000円となります。

東京女子医科大学看護専門学校の授業料
東京女子医科大学看護専門学校公式サイトより料金抜粋)

東京女子医科大学看護専門学校は、その名の通り、東京女子医科大学が経営している私立の看護専門学校です。3年間の全日制コースがあります。

「至誠と愛」をモットーとしており、心のこもった看護ができるように教育・育成していく学校です。

校舎には在宅看護のための実習室や、母子実習室などが揃えられており、充実した環境の下で学習できます。

【大阪の私立短大】大阪信愛女学院短期大学の看護師の学校の料金相場:4,878,450円

大阪信愛女学院短期大学の看護学科の学費・授業料は、入学金が200,000円、授業料が前期・後期でそれぞれ550,000円などとなっており、初年度には1,823,250円の学費が必要となります。卒業する3年生までの学費は、4,878,450円となります。

大阪信愛女学院短期大学公式サイトより料金抜粋)

大阪信愛女学院短期大学は、大阪にキャンパスをかまえる女子専門のカトリック系短期大学です。

入学の際の偏差値は48となっています。
大成会調べ

「一人ひとりを大切にする親愛教育」をモットーにしており、少人数グループ担当制できめ細やかな指導・教育が特徴となっています。

大阪の総合病院などと連携しており、ほぼ100%の就職率を誇っています。実習も近くの総合病院で、同じ病院で各領域を学ぶことができるようになっています。

【大阪の私立専門学校】大阪病院付属看護専門学校の料金相場:1,860,000円

大阪病院付属看護専門学校の学費は、入学金が300,000円、授業料が年額で420,000円となっており、初年は720,000円程度です。卒業する3年生までの学費は、諸経費30万円を加え、1,860,000円程度になります。

大阪病院付属看護専門学校の授業料
大阪病院付属看護専門学校公式サイトより料金抜粋)

大阪病院付属看護専門学校は、大阪市に校舎を構える私立の専門学校です。

豊かな人間性を養いながら看護師としての資質・能力を養っていくことを目的し、教育を行っています。

看護師国家試験の合格率は、過去8年間100%をキープしています。着実に学力を身に着けることができる学校という証拠といえるでしょう。

卒業後の進路としては、JCHO大阪病院など大きな病院に就職しています。中には、大学編入したりする卒業生もいます。

看護師の学校の料金相場まとめ

学校名卒業までの料金地域と種類
東京都立大学2,382,200円東京の公立大学
駒沢女子大学3,968,000円東京の私立大学
東京都立板橋看護専門学校808,400円東京の公立専門学校
東京女子医科大学看護専門学校1,940,000円東京の私立専門学校
大阪信愛女学院短期大学4,878,450円大阪の私立短大
大阪病院付属看護専門学校1,860,000円大阪の私立専門学校

看護師の学校の授業料・料金相場は、808,400円~4,878,450円です。

最安値は、東京にある公立専門学校の東京都立板橋看護専門学校で808,400円となっています。私立の専門学校の場合、200万円弱で公立と私立とで2倍ほどの開きがあります。

最高値は、大阪信愛女学院短期大学で、4,878,450円となっています。私立の4年制大学や3年制短大は、学費が高くなる傾向があります。

看護師の学校の選び方

以下では、看護学校の選び方のポイントを紹介していきます。

どの種類の学校に通うかを決める

まずは、どの種類の学校に通うのかを決めましょう。

4年制の大学に通うのか、3年制の短大・専門学校に通うのか。冒頭でも紹介しましたが、4年制大卒看護師の方が年収・給料が高くなる傾向にあります。1年遠回りしただけの価値が出てくるのです。

看護師の年収の差
coconasより抜粋)

私立に通うのか公立に通うのかも、看護学校選びでは非常に重要な要素となります。私立よりも公立の方が授業料等の学費が安くなります。その代わり、設備などは私立の方が整っている場合もあるでしょう。

実績等を確認する

行きたい学校の候補が決まった場合、公式サイトをじっくり見てみるようにしましょう。過去の実績が掲載してあることがあります。この場合、実績が学校選びで大きな要素となってきます。

たとえば、過去の看護師国家試験の合格率や、就職率・就職先などは、学校選びで重要な要素となります。
大阪信愛女学院短期大学の就職率100%
大阪信愛女学院短期大学公式サイトより、過去の就職率抜粋)

公式サイトに実績が掲載してない場合、学校名で検索して、口コミなどを探してみましょう。ネットの口コミは信ぴょう性が低いので、あくまで参考にする程度にとどめておくのがポイントです。

看護師になる費用を安くする方法

看護師になるための費用を少しでも安くするためにはどうすればいいのでしょうか。以下では、看護師になる費用を安くする方法について紹介していきます。

公立・専門学校を選ぶ

看護学校には、4年制大学・3年制短大・3年制専門学校の3種類があります。この3つの中では、専門学校が一番学費が安い傾向にあります。

また、それぞれ私立と公立とがありますが、公立学校の方が安くなります。

結果、公立の専門学校が一番学費が安くあがります。安く済ませたいのであれば、公立の専門学校を探してみましょう。住んでいる地域から引っ越してでも通うだけのコスト削減効果があるかもしれませんので、別地域の学校も視野に探してみるといいでしょう。

板橋看護専門学校の授業料
(東京都立の公立専門学校、板橋看護専門学校の授業料)

専門実践教育訓練給付金などの制度を活用する

学校の中には、専門実践教育訓練給付金を利用できるところもあります。この制度を活用すると、支払った授業料の50%に相当する額(年間上限40万円)が戻ってきます。ただし利用するためには、最低2年間雇用保険を支払っている必要があります。また、この制度を利用できない学校も多いので注意してください。この制度を使うためには、入学式の1か月前までにハローワークで手続きを終えている必要があります。
大阪病院付属看護専門学校公式サイト(PDF注意)より、抜粋)

この制度の他にも、お金を借りることができる奨学金制度や、授業料免除などの制度が学校ごとに存在していますので、何か使える制度がないか探してみるといいでしょう。

看護師の学校まとめ

以上、看護師になるための学校について様々な観点から紹介してきました。

看護学校の学費・料金相場は、808,400円~4,878,450円です。

看護学校の選び方としては、種類を決める、実績を確認する、などのポイントがあります。

看護師になる費用を安くする方法としては、公立の専門学校を選ぶ、専門実践教育訓練給付金などの制度を活用する、などの方法があります。

いかがだったでしょうか。看護師の学校選びの参考となったのであれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。