新入社員のネクタイの価格相場と色やブランドの選び方

ビジネスマナー

新入社員のうちで困るのが、ネクタイの選び方ではないでしょうか。いったいどれくらいの価格相場のものを選んでいけばいいのか分からないという方も多いかと思います。

そこで、今回の記事では、新入社員のためのネクタイの価格相場と、選び方について解説をしていきます。網羅的に解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

新入社員のネクタイの価格相場

2,000円~10,000円程度が新入社員のネクタイの相場となっています。

ネクタイの料金をパッと見てから判別できる人はほとんどいません。

色と柄さえ良ければ、100均のネクタイでもいいという人もいるくらいです。

とはいえ、100均ネクタイはチョイスのセンスが問われますので、1本2000円程度のものを中心に取り揃えて、1万円前後のブランドものを1本程度揃えるようにするといいでしょう。

ブランドものを選ぶならどれがいいのか

新入社員のうちは、ブランドにこだわらなくて安物でもいいのですが、ヴィトンなどの「ハイブランド」と言われる高級なものでなく、誰もが使っているような一般的なブランドものは着ていってもそう目立ちはしません。

ここぞというときのために、少し高め(1万円前後)のネクタイも揃えておけば安心できます。以下では、ブランドものでオススメできるものについて紹介します。

ポールスミス

ポールスミス(Paul Smith)のネクタイは、種類が豊富で1万円程度から購入できます。プレゼントとして最も人気のあるブランドといえるでしょう。


(※楽天市場よりポールスミス料金抜粋)

カルバンクライン

アメリカのブランド、カルバンクライン(Calvin Klein)のネクタイは、5,000円台から売られているので、新入社員でも気兼ねなく使うことができます。何か一本、ブランドものを揃えておきたいのであれば、カルバンクラインを選ぶといいかもしれません。


(※楽天市場からカルバンクライン料金抜粋)

フェアファクス

国内ブランドのFAIRFAX(フェアファクス)のネクタイは、5,000円台から購入できる安価なブランドです。安いのに良質なことでも定評があります。


(※楽天市場よりフェアファクス料金抜粋)

クリケット

国内ブランドでデザインに定評のあるのがクリケット(CRICKET)のネクタイです。少し派手目なデザインが多いのですが、地味目なものを選べば新人でも着こなすことができます。7,800円程度で購入できますので、新入社員へのプレゼントにも最適です。


(※楽天市場よりクリケット料金抜粋)

新入社員のネクタイの選び方

続いて新入社員のネクタイの選び方についてもご紹介しておきます。

高級ネクタイを1本買うよりも、安物を10本買おう

オシャレにこだわりたい方は、最初からブランド品のネクタイが欲しくなるものです。

しかし、1本数万円もするハイブランド品のネクタイよりも、1本2,000円程度のネクタイを5本~10本準備した方が、新入社員としては無難です。もちろん勝負用に、先ほど紹介したようなブランド物を数本持っておくのはまったく構いません。

安いネクタイを多数買って、毎日ローテーションさせて利用する方が、オシャレさをアピールでき「デキる」印象を残すことができるのです。そもそも、ネクタイをパッと見で傍からみて価格の相場を判断できる人なんてそうそういません。1本の価格にこだわるよりも、ネクタイをたくさん持っていることの方が評価につながりやすいのです。

ネクタイは毎日使うものですから、多くあるに越したことはありません。とはいえ、実際にローテーションするのは10本くらいになるケースが多いです。新入社員のうちは、5本~10本程度を目安にネクタイを揃えるようにするといいでしょう。

安物を購入する際、個性的すぎる柄や色は避けるようにしましょう。無難な青系の中で選んでいくのがポイントです。

ネクタイの色の選び方

新入社員のネクタイ選びで、まず迷うのは「色」だと思います。どのような色が新人にふさわしいのでしょうか。

新入社員は、清潔感や真面目なイメージを周囲や上司などにみせることが大切ですよね。

そこで、礼儀正しく知性的なイメージを与える青い色をチョイスするのがおすすめです。青といっても、色の幅があるので、日々のコーディネートにも困ることはありません。

明るめの青は、さわやかで礼儀正しい雰囲気となりますし、ダークな紺色系の青は落ち着いた理性的なイメージを与えます。青系も、さまざまな色を使い分けて活用していくことで、幅を持たせたファッションとなるのです。

就活では、赤を基調としたネクタイが勧められることが多いです。就活で使ったネクタイを仕事で使っても問題はありません。赤の2本目・3本目を選ぶ際には、真っ赤な派手なものは避けて、ボルドー系やエンジ系をチョイスするようにすると無難です。暗めの赤が新入社員の控えめさを表すのに最適なのです。

新入社員のうちは、ネクタイの色で勝負することは避けて、無難なカラーを選ぶようにしましょう。たとえば、黄色やピンク・紫などは、派手で目立ちますが、新人としては挑戦しすぎなカラーでコーディネートが難しくなってしまいます。新人にふさわしくないとされる可能性もあるので、色で挑戦するのはある程度社会人に慣れてからの方が好ましいでしょう。

柄はストライプ柄やドット柄を選ぶ

新入社員の場合、スーツやシャツの柄は無地を選ぶことが多くなります。無難だからです。そして、無地のスーツに映えるのは、なんといってもストライプ柄のネクタイです。無地のスーツ・シャツにぴったりと合うデザインが、ストライプ柄だとされているのです。

もしもスーツがストライプ柄の場合、ネクタイもストライプ柄にしてしまうと、ストライプ同士がぶつかりあってコーディネートの難易度があがってしまいます。この場合、ドット柄を選ぶのが無難でしょう。ドット柄は、点が大きい場合には派手すぎるイメージとなってしまいますが、小さいドット柄ですと新入社員が使っていてもあまり違和感はありません。

無地のネクタイはどうでしょうか。無地の場合、カラーや素材だけでの勝負となりますので、コーディネートのセンスが問われてしまいます。無地柄は逆にレベルが高いのです。

新入社員のネクタイの柄は、ストライプが基本で、場合によってドットを混ぜていくという選び方をするといいでしょう。

ネクタイの太さについて

ネクタイの太さには、3種類のものがあります。

・ナロータイ:幅が4~6センチの細目のネクタイで、細身なスーツに合わせてコーディネートすると映えます。
・ワイドタイ:幅が10センチ以上ある太目のネクタイで、体型がしっかりしている方が付けると似合います。
・オーソドックス:幅が8センチメートル程度の一般的な幅のネクタイで、ビジネスでもカジュアルでも使うことができる最も無難なネクタイです。

新入社員・新人のうちは、7.5センチから8.5センチくらいのオーソドックスタイプを選んでおけば無難です。太すぎたり細すぎたりすると、目だってしまうので新入社員のうちはナロータイ・ワイドタイは避けておくようにするといいでしょう。

新入社員のネクタイの価格相場と選び方まとめ

以上、新入社員のネクタイの価格相場と、ネクタイの選び方のコツ・ポイントについて紹介をしてきました。

新入社員が購入するべきネクタイの価格相場は、2,000~10,000円程度です。1万円前後のブランドものは1本持っておいても損はしません。

選び方については、色は青系や赤系でまとめ、柄はストライプやドットなどの無難なものにするのがポイントでした。ネクタイの幅については、オーソドックスなものを選ぶといいでしょう。

いかがだったでしょうか。
新入社員の方のネクタイ選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント