新入社員の革靴(ビジネスシューズ)の価格相場と選び方

新入社員の革靴の料金相場ビジネスマナー

新入社員になると、スーツやネクタイなどさまざまなものを新しく買わなければなりません。特に、靴については、どのような革靴を履けばいいのか悩んでいることと思います。

そこで今回の記事では、新入社員の革靴の相場について紹介をしていきます。

新入社員の革靴の選び方についても紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

新入社員の革靴の価格相場:3万円前後

新入社員の革靴の料金相場

新入社員だからといって、数千円の安い革靴を履くのはオススメできません。

「ファッションは足元から」と言われることがありますが、足元はビジネスシーンでも同様に重視されます。スーツと同じか、スーツよりも高いぐらいの良質な革靴を選ぶのがコツです。

そのため、新入社員の革靴の相場は、3万円前後となります。

新入社員にオススメのブランドは、メイドインジャパンの「リーガル(REGAL)」か「SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)」の2つです。

アメリカやイギリスのメーカーにも良いものはあるのですが、ビジネスシーンでは日本国産の者の方が評価されやすい傾向にあります。

また、ブランドのものを取り揃えておけば、外すことはありませんから、安心できます。

以下、新入社員にオススメの革靴ブランド・メーカーについて紹介していきます。

REGAL(リーガル)の価格相場:19,800円〜41,800円

国産革靴で定番のREGAL(リーガル)は、高すぎず安過ぎない19,800円〜41,800円程度という価格相場のブランド・メーカーです。

多くのビジネスマンに愛され日本の革靴業界を引っ張ってきた定評のあるブランドが、リーガルです。

リーガルの価格相場

リーガルの料金相場

(※リーガル公式サイトより引用)

プレーントウ19,800円〜41,800円
ストレートチップ19,800円〜41,800円
ウィングチップ19,800円〜39,600円
Uチップ19,800円〜38,500円

(※リーガルの価格一覧:2021224日時点

高級品といえるほど高くはありませんが、国産で丁寧に作り込まれているため、愛着がわきやすい一品となること間違いなしでしょう。

稀に「リーガルは安すぎて」などという方もおられるようですが、「高い物=良品」だという思い込みが強い方です。

リーガルは高級品とはいえませんが、そこらの安物とは一線を画しているクオリティです。

「若い癖に生意気だ」とされるようなブランド品でもありませんので、安心して新人から履ける一品だと言えるでしょう。

>>リーガルの公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社リーガルコーポレーション
会社住所〒279-8553
千葉県浦安市日の出2-1-8
電話番号0800-222-8123
価格19,800円〜41,800円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.regal.co.jp/R/contact/contact.aspx
特徴多くのビジネスマンに愛され日本の革靴業界を引っ張ってきた定評のあるブランドです。高級品とはいえませんが、そこらの安物とは一線を画しているクオリティです。
公式HPhttps://shoes.regal.co.jp/shop/default.aspx

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)の価格相場:26,400円〜66,000円

革靴の雄・SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)は、東京・墨田区発の本格革製シューズブランドです。ブランド名から海外製と勘違いされるかもしれませんが、れっきとした国産ブランドです。

価格相場は26,400円〜66,000ほどとなっており、リーガルより少し高めとなっています。

スコッチグレインの価格相場

スコッチグレインの料金相場

(※スコッチグレイン公式サイトより引用)

ストレートチップ26,400円〜66,000
パンチドキャップ26,400円〜46,200円
セミブローグ33,000円〜46,200円
フルブローグ35,200円〜42,900円
プレーントウ35,200円〜38,500円

(※スコッチグレインの価格一覧:2021224日時点

グッドイヤーウェルト製法と言われる伝統的な製法にこだわりを持っており、すべての革靴でグッドイヤーウェルト製法を採用しています。

この製法で作られた靴は、長く履けば履くほど自分の足にフィットしてくるのが特徴です。長く靴を愛用したいのであれば、スコッチグレインを選んでおけば間違いないでしょう。

>>スコッチグレインの公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社 ヒロカワ製靴
会社住所〒131-0034
東京都墨田区堤通1丁目12番11号
電話番号03-3610-3737
価格26,400円〜66,000
店舗情報東京と大阪に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.scotchgrain-shop.com/inquiry.html
特徴スコッチグレインの靴は長く履けば履くほど自分の足にフィットしてくるのが特徴です。長く靴を愛用したい方にオススメです。
公式HPhttps://www.scotchgrain-shop.com/

texcy luxe(テクシーリュクス)の価格相場:6,600円〜25,300円

texcy luxe(テクシーリュクス)は本革使用の本格ビジネスシューズなのに「スニーカーのような履き心地」の革靴であることが特徴です。

価格相場は6,600円〜25,300円で、一番安い靴でも6,600円と天然皮革(牛革)を使用しているにも関わらず破格のお値段です。

テクシーリュクスの価格相場

テクシーリュクスの料金相場

(※テクシーリュクス公式サイトより引用)

ストレートチップ6,600円〜25,300円
プレーン6,600円〜16,500円
Uチップ6,600円〜16,500円
スワール6,600円〜16,500円

(※テクシーリュクスの価格一覧:2021224日時点

就職活動や冠婚葬祭に使えるシンプルな革靴やビジネスカジュアルなシーンにも使える革靴など様々な用途に合わせたデザインの革靴が取り揃えられています。

優れた防水耐久性・透湿性を誇るゴアテックスファブリクスを採用した全天候型ビジネスシューズが有名です。

軽くて履きやすい革靴を探しているのならtexcy luxeがオススメです。

>>テクシーリュクスの公式サイトはコチラ

運営会社名アシックス商事株式会社
会社住所〒654-0161
兵庫県神戸市須磨区弥栄台3丁目5番2号
電話番号0120-777-591
価格6,600円〜25,300円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.asics-trading.co.jp/shop/contact/contact.aspx
特徴本革使用の本格ビジネスシューズなのに「スニーカーのような履き心地」の革靴であることが特徴です。一番安い靴で6,600円と破格のお値段です。
公式HPhttps://www.asics-trading.co.jp/brand/texcy_luxe/

三陽山長の価格相場:19,800円〜143,000円

三陽山長は紳士靴を中心とした高級靴・鞄・革小物・雑貨のトータルブランドで、国産革靴ブランドでも指折りの人気を誇っています。

価格相場は19,800円〜143,000円です。

三陽山長の価格相場

三陽山長の料金相場

(※三陽山長公式サイトより引用)

ストレートチップ19,800円〜143,000円
プレーントゥ75,900円〜80,300円
モンクストラップ75,900円〜143,000円
セミブローグ80,300円

(※三陽山長の価格一覧:2021224日時点

「技」「匠」「粋」という和の精神をコンセプトに、日本の伝統職人の匠の技による日本人のための革靴を作り続けていることが高級紳士靴ブランド「三陽山長」の特徴です。

三陽山長の様々なドレスシューズの中でも特に有名なのがストレートチップ「友二郎(ともじろう)」という定番モデルです。

今回紹介したブランドの中では値段は高めですが靴選びに失敗したくない、靴擦れを起こしたくないという方にオススメのブランドです。

>>三陽山長の公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社三陽商会
会社住所〒160-0003
東京都新宿区四谷本塩町6-14
電話番号03-3357-4111(代表)
価格19,800円〜143,000円
店舗情報東京・愛知・神奈川・京都・大阪に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://f.msgs.jp/webapp/form/
18652_kpbb_4/index.do
特徴国産革靴ブランドでも指折りの人気を誇っています。日本の伝統職人の匠の技による日本人のための革靴を作り続けていることが高級紳士靴ブランド「三陽山長」の特徴です。
公式HPhttp://www.sanyoyamacho.com/

 UNION IMPERIAL(ユニオンインペリアル)の価格相場:39,600円〜69,300円

 UNION IMPERIAL(ユニオンインペリアル)は1972、73、74年にイタリアの国際芸術皮革製品コンテストで日本初のオスカー賞を受賞した「UnionImperial」ブランドをリバイバルして2008年にスタートしたブランドです。

価格相場は39,600円〜69,300円です。

ユニオンインペリアルの価格相場

ユニオンインペリアルの料金相場

(※ユニオンインペリアル公式サイトより引用)

レースアップ:内羽根41,800円〜66,000円
レースアップ:外羽根39,600円〜52,800円
モンクストラップ41,800円〜57,200円
ホールカット47,300円〜69,300円

(※ユニオンインペリアルの価格一覧:2021224日時点

履き心地がよく耐水性に優れるハンドソーン・ウェルテッド製法と、安定性・耐久性のあるグッドイヤー・ウェルテッド製法が使われています。

日本人の足型を研究してできた立体的な木型設計により職人がテクニックを駆使して作った靴はシルエットが美しく、フィット感が抜群だと好評です。

最新のテクノロジーを駆使したスポーツシューズとは違った履きやすさがユニオンインペリアルにはあります。

>>ユニオンインペリアルの公式サイトはコチラ

運営会社名世界長ユニオン株式會社
会社住所〒132-0035
東京都江戸川区平井7丁目12番8号
電話番号03-5631-5143
価格39,600円〜69,300円
店舗情報UNIONIMPERIAL 日比谷OKUROJI店
お問い合わせseca_union@yahoo.co.jp
特徴日本人の足型を研究してできた立体的な木型設計により職人がテクニックを駆使して作った靴はシルエットが美しく、フィット感が抜群だと好評です。
公式HPhttps://www.union-royal.com/

madras(マドラス)の価格相場:22,000円〜84,700円

madras(マドラス)は創業から90年、多くのビジネスマンから支持されている靴メーカーです。イタリアの世界的高級靴メーカー「マドラス社」と技術提携をしています。

価格相場は22,000円〜84,700円です。

マドラスの価格相場

マドラスの料金相場

(※マドラス公式サイトより引用)

ストレートチップ22,000円〜84,700円
プレーントゥ22,000円〜46,200円
Uチップ35,200円
モンクストラップ22,000円〜36,300円
スリップオン25,300円〜36,300円

(※マドラスの価格一覧:2021224日時点

常に現代の洗練されたデザインを取り入れ、GORE-TEXなどの革新的機能も取り入れて日々進化し続けているブランドです。

マッケイ製法、グッドイヤーウエルト製法、ブラック ラピド製法、セメント製法などを駆使して作られた靴は日本人の足にフィットする履き心地を特徴としています。

デザインやカラー・素材などバリエーションが幅広いため、お手持ちのスーツに合う一足がすぐに見つかるでしょう。

>>マドラスの公式サイトはコチラ

運営会社名マドラス株式会社
会社住所〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄二丁目15-6
電話番号0120-30-4192
価格22,000円〜84,700円
店舗情報全国に展開
(※詳しくはこちら
お問い合わせhttps://www.shoe-style.jp/shop/contact/contact.aspx
特徴創業から90年、多くのビジネスマンから支持されている靴メーカーです。常に現代の洗練されたデザインを取り入れ日々進化し続けているブランドです。
公式HPhttps://www.shoe-style.jp/shop/default.aspx
【新入社員の革靴の相場】
REGAL(リーガル):19,800円〜41,800円
SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン):26,400円〜66,000円
texcy luxe(テクシーリュクス):6,600円〜25,300円
三陽山長:19,800円〜143,000円
UNION IMPERIAL(ユニオンインペリアル):39,600円〜69,300円
madras(マドラス):22,000円〜84,700円

各メーカー・ブランドの革靴の価格比較まとめ

各メーカー・ブランドの革靴の価格相場と特徴を以下の表にまとめました。

ブランド名価格相場特徴
REGAL(リーガル)19,800円〜41,800円高すぎず安すぎない値段で多くのビジネスマンに愛されているブランドです。
SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)26,400円〜66,000円東京・墨田区発の本格革製シューズブランドです。長く履けば履くほど自分の足にフィットしてくるのが特徴です。
texcy luxe(テクシーリュクス)6,600円〜25,300円本革使用の本格ビジネスシューズなのに「スニーカーのような履き心地」の革靴であることが特徴です。
三陽山長19,800円〜143,000円日本の伝統職人の匠の技による日本人のための革靴を作り続けていることが高級紳士靴ブランド「三陽山長」の特徴です。
UNION IMPERIAL(ユニオンインペリアル)39,600円〜69,300円日本人の足型を研究してできた靴はシルエットが美しく、フィット感が抜群だと好評です。
madras(マドラス)22,000円〜84,700円多くのビジネスマンから支持されている靴メーカーです。デザインやカラー・素材などバリエーションが幅広いのが特徴です。

革靴の価格相場は2万円〜7万円程度です。

今回紹介した中ではtexcy luxe(テクシーリュクス)が一番安くて6,600円と、一万円以下で革靴を購入できることがわかりました。

新入社員の革靴の選び方

新入社員の革靴の選び方

以上、オススメの革靴メーカー・ブランドについて紹介してきました。

新入社員が革靴選びをする際のポイントは何かあるのでしょうか。

以下では、新入社員の革靴の選び方のコツ・ポイントについて紹介していきます。

リーガルとスコッチグレインの違いについて

すべてをグッドイヤーウェルト製法で作っているスコッチグレインに対して、リーガルはセメント製法と言われる安価な製法の靴も展開しています。

セメント製法は、雨に強いので革靴に実用性を求める方にオススメです。ファッション性を求める方はスコッチグレインですね。

ブランドネーム・ネームバリューについては、両社とも並び立つほどですので、あまり差はありません。どちらもテッパンであるのは事実です。

黒色を選ぶ

革靴は、大半の方が黒色を選んでいます。明るめの革靴は会社によってはNGとなることもありますし、変に目立ってしまうので黒色を選ぶのが新人の革靴選びのコツです。

黒色以外をどうしても揃えたい方は、ダークブラウンといわれる光が当たったら茶色に見える暗めの茶色を選ぶようにするといいでしょう。

これ以上明るいものについては、ビジネスシーンにふさわしくないとされてしまう可能性があります。

ちなみに、身に着ける革製品は、革靴の色に合わせるのがポイントです。

革靴が黒で、ベルトが茶色だとちぐはぐな印象を与えてしまい好ましくありません。革靴を黒にしておくと、黒の革製品を持っておくだけでいいので、全身のコーディネートもしやすくなります。

内羽根を選ぶ

革靴の甲の部分のデザインとして、「内羽根」を選ぶのがポイントです。

靴ひもの穴があるパーツが内側で縫われているか、外側で縫われているかで、「内羽根」「外羽根」という区別がなされています。

外羽根と内羽根の違い

外羽根と内羽根の違い

(引用:外羽根、内羽根とはなんぞ?

外羽根はカジュアルなデザインとされていますので、新人の頃はよりフォーマルな内羽根を選ぶのが鉄則です。最初から勝負に出たような柄を選ぶのは好ましくないですよね。内羽根のデザインのものを選ぶようにしましょう。

ストレートチップを選ぶ

つま先に一本横向きの直線が引かれたようになっているものが「ストレートチップ」と呼ばれるデザインです。シンプルな見た目で、フォーマルな雰囲気が出るため、ビジネスシーンに最適とされているつま先のデザインです。

覚えておきたい代表的な靴のデザイン

覚えておきたい代表的な靴のデザイン

(引用:覚えておきたい、代表的な靴のデザイン

つま先のデザインが何もない「プレーントゥ」も、フォーマルでビジネスでよく使われていますが、最初のうちはストレートチップを選んでおいた方が無難でしょう。

デザイン性が高い派手なものについては、最初の数年は避けておくようにするといいでしょう。あまり派手なものを身に着けていると、上司や取引先の印象が悪くなる可能性があります。

3~4足ほど持っておく

革靴は、「1日履いたら2日休ませる」履き方が良いとされています。休ませずに使うと、ファッションとしても好ましくありませんし、寿命もグッと短くなってしまいます。

そのため、革靴は新入社員のうちから3~4足ほど持っておくようにするといいでしょう。

3万円の品を4足揃えると、それなりの額となりますが、スーツと並ぶほどビジネスファッションで重視されるポイントですので、お金をかけるべきポイントなんだと思って出資するといいでしょう。

革靴を安く入手する方法

革靴を安く入手する方法

以上、各メーカー・ブランドの革靴の価格相場と選び方について紹介してきました。以下、革靴を安く入手する方法について解説していきます。

テクシーリュクスのベーシックタイプを選ぶ

ベーシックタイプはtexcy luxe(テクシーリュクス)の定番モデルで「スニーカーのような履き心地」が特徴の革靴でお値段6,600円です。

テクシーリュクス TU-7704S

テクシーリュクス

(※テクシーリュクス公式サイトより引用)

安くて不安になるかもしれませんが「お手軽なお値段で高品質」「期待通りです」「履き心地は最高です」など評判がとてもいいです。

価格の割にはお買い得感があり、見た目がいいので革靴初心者の方にオススメの一足です。

オンラインショップのセールを利用する

オンラインショップでは期間限定のセールを行なっていたり、アウトレットコーナーが用意されていたりする時があります。

現在REGAL(リーガル)SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)三陽山長でセールが行われており通常価格から10〜30%引きでビジネスシューズが販売されています。

madras(マドラス)のアウトレットコーナーでは通常価格の半額に近い値段でビジネスシューズが販売されています。

マドラスのアウトレットコーナー

マドラスのアウトレットコーナー

(※マドラス公式サイトより引用)

元値より安く新品を購入できるので、気になるブランドのオンラインショップは必ずチェックすることをオススメします。

通販サイトを利用する

公式のオンラインショップよりもAmazonや楽天といった他の通販サイトの方が安い値段で販売していることがあります。

例えば UNION IMPERIAL(ユニオンインペリアル)の公式オンラインショップだと42,900円の靴がAmazonだと13,910円も安い28,990円で販売されています。

ユニオンインペリアル メンズ ビジネスシューズ

ユニオンインペリアル

(※Amazonより引用)

少しでも安い値段で購入したい場合はAmazonや楽天、 Yahooショッピング、多少の傷や汚れありでもいいならメルカリでも探してみるといいでしょう。

新入社員の革靴の価格相場と選び方まとめ

以上、新入社員の革靴の価格相場と選び方について紹介してきました。

新入社員の革靴の価格相場は、3万円前後でした。リーガルとスコッチグレインの2つが、日本国産で良質なオススメのブランドです。

実用性を重視するのであればリーガル、ファッション性を重視するのであればスコッチグレイン、履き心地を重視するならユニオンインペリアル、安さを重視するならテクシーリュクスという風に選ぶといいでしょう。

新入社員が革靴を選ぶ際には、黒色を選ぶのが一番無難です。全身のコーディネートもしやすくなるというメリットがあります。

また、内羽根・ストレートチップのものを選ぶようにしましょう。つま先のデザインが派手なものは、新人のうちは控えておくのが賢明です。また、3~4足ほど揃えて、適宜靴を休ませるようにしましょう。

新入社員の方の革靴選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

各ブランドの革靴の価格相場の比較表

画像REGALSCOTCHGRAINtexcyluxe三陽山長UNIONIMPERIALmadras
名称REGAL(リーガル)SCOTCH GRAIN
(スコッチグレイン)
texcy luxe
(テクシーリュクス)
三陽山長UNION IMPERIAL
(ユニオンインペリアル)
madras(マドラス)
価格相場19,800円〜41,800円26,400円〜66,000円6,600円〜25,300円19,800円〜143,000円39,600円〜69,300円22,000円〜84,700円
キャンペーンなどオンラインセール中最大30%OFFオンラインセール中10%OFF商品代金の合計金額が5,500円以上で配送料無料オンラインセール中最大45%OFF特になしアウトレットコーナーあり
特徴高すぎず安すぎない値段で多くのビジネスマンに愛されているブランドです。東京・墨田区発の本格革製シューズブランドです。長く履けば履くほど自分の足にフィットしてくるのが特徴です。本革使用の本格ビジネスシューズなのに「スニーカーのような履き心地」の革靴であることが特徴です。日本の伝統職人の匠の技による日本人のための革靴を作り続けていることが高級紳士靴ブランド「三陽山長」の特徴です。日本人の足型を研究してできた靴はシルエットが美しく、フィット感が抜群だと好評です。多くのビジネスマンから支持されている靴メーカーです。デザインやカラー・素材などバリエーションが幅広いのが特徴です。
公式リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る