マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の料金相場、選び方、安くする方法

資格講座

現在、ExcelやWordを使えることが、必須となっている企業は多いです。

しかし、自分の能力がいかに高くても、客観的に証明するのは難しいですよね。

そこで、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得することで、自分のスキルについて客観的に証明できるようになります。

この記事では、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得するためのおススメの講座や、受講の相場、さらに安く講座を受ける方法などについてまとめています。

マイクロソフト オフィス スペシャリストとは

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取得することにより

マイクロソフト社が提供する「Excel」「Word」「PowerPoint」「Access」「Outlook」など、現代のオフィスでは必須と言えるビジネスソフトに対してのスキルレベルを証明することができます。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格試験の難易度

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格試験は、スタンダードタイプのスペシャリストコースと、上級レベルのエキスパートコースが用意されています。

スペシャリストコースは、全てのビジネスソフトが対応していますが、エキスパートコースが用意されているのは、オフィスでの使用頻度が特に高い「Excel」と「Word」の2種類になります。

難易度が低い、スペシャリストの資格試験の合格率は約80%
上級レベルの、エキスパートの資格試験の合格率は約60%程度になっています。

引用元:ユーキャン

マイクロソフト オフィス スペシャリストのメリット

・パソコンスキルを客観的に証明できる

Excelやwordなどのビジネスソフトを使いこなせても、実際に自分のスキルレベルを証明することは難しいです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得することにより、スキルの基準が明確となり、客観的に自分のレベルを証明することが可能です。

それにより、現在のオフィスでの評価アップや、転職、就職の際の自己アピールにもに役立てることができます。

・実務作業の効率が上昇する
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得の学習を行うことが、自分のパソコンのスキルレベルアップに直結します。

資格試験に合格できるということは、実際に自分のスキルがレベルアップしていることになりますので、今まで以上に仕事の作業効率はアップします。

参考:マイクロソフト公式サイト

マイクロソフトオフィススペシャリストの将来性

大手企業では、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得が義務付けられていたり、企業研修のプログラムとして、MOSの資格講座を受講しているところも多いです。

世界基準の国際資格のため、海外に拠点を持つ企業や、外資系の企業を目指す方にとっても、必須資格の1つになると考えられています。

参考:マイクロソフト公式サイト

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の料金相場の資格試験の料金相場は29,000円~228,800円

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得を目指す方に、おススメのスクールを5つ紹介します。

ユーキャンの資格試験の料金相場:29,000円~

ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト資格講座の受講料は29,000円~です。

ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得講座は、利用するオフィスのバージョンにより3段階に分かれています。

受講費用はオフィスのバージョンが新しいものが高く、バージョンが古くなるにつれて受講費用もアップします。

【2019対応】Excel&Word両方対応コース29,000円
【2016対応】Excel&Word両方対応コース29,000円
【2013対応】Excel&Word両方対応コース35,000円

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得講座は1ヵ月で受講完了するものが最短で、最長4ヵ月間のコースまで用意されています。

ユーキャンの講座には指導サポートの延長がついており、会社や学校が忙しくて受講ができなかった場合でも、1ヵ月コースなら受講開始から3ヵ月、2ヵ月コースなら受講開始から6ヵ月の延長が可能です。

 

ユーキャンは1954年に「東京人形学院」として専門学校をスタートし、1978年から様々な資格講座を展開している日本最大級の通信講座教室です。

通信講座を開講してからの受講生は1,800万人にも上り、現在ではアメリカや中国など海外への進出も積極的に行っています。

資格の大原の資格試験の料金相場:35,600円~

資格の大原

資格の大原のマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座の受講料は35,600円~になります。

大原料金

資格の大原のマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座は、Excel、wordを個別に受講するものと、二つの資格を同時に学習するパックプランがあります。

初めてマイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得する人にはパックプランがおススメです。既に、ExcelやWordの資格を取得している方であれば、個別のプランで受講費用を節約することができます。

受講スタイルは、教室通学、映像通学、通信教育の3つのスタイルが選択可能で、どのコースを選んでも費用は変わりません。

MOS Word&Excel2科目パック35,600円~
MOS 3科目パック50,000円~

資格の大原は、1957年に大原簿記学校として資格取得の専門学校の運営をスタートし、現在は、全国に111校のグループ学校を展開しています。

資格の大原と名前を変更してからは、簿記資格以外の講座も数多く開いており、教室通学、映像通学、通信教育など様々なスタイルでの講座受講が可能です。

「一発合格主義」をモットーにしており、専門学校を長年運営したノウハウと、総勢 1,798名にも及ぶ教職員の親身な指導により、受講生の合格率には特に自信を持っている専門学校になります。

パソコンスクールISAの資格試験の料金相場:186,610円~

ISA

パソコンスクールISAのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座の料金は186,610円~になります。

ISAryoukin

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座には、完全合格保証がついています。標準カリキュラムの受講は80時間ですが、試験に合格できなかった場合は無料で受講を延長することができます。

延長期間は無制限になりますので、合格するまで受講を続けることができます。

MOS Excel・Word・PowerPoint 一般 合格保証コース217,800円
MOS Excel・Word・PowerPoint 上級 合格保証コース229,900円

パソコンスクールISAは1986年に第一校のPC専門学校を開校しました。パソコンスクールの草分け的存在として25年の運営実績を誇ります。

IT関連総合の講座が用意されており「プログラミング」「システム」をはじめとして「WEBデザイナー」や「動画クリエイター」などの講座も人気があります。

実務的な資格にも力を入れており、マイクロソフトオフィススペシャリストをはじめとした、実用的な資格取得も得意分野の1つとなっています。

アビバの資格試験の料金相場:34,800円~

アビバ

アビバのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座の受講料は34,800円~です。

アビバ料金

アビバのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座は、2週間の短期間で受講完了できる「バリューパック」がお得です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト バリューパック34,800円

アビバは2005年にパソコンスクールとして運営を開始、全国各地にパソコン教室を100校以上を展開しています。現在は、通学コースだけではなく、通信教育やオンライン授業を取り入れており、受講者数は年間15,000人です。

やはりIT部門、パソコン部門の講座の実績が高く、1人1人に対して専門インストラクターが個別に指導するきめ細やかな指導が人気です。

自分のスケジュールに合わせて、通学コースやオンライン受講を選ぶことが可能なので、仕事や学校で通学できない人や、近くにパソコンスクールがないといった人でも、手軽に受講できるコースを選べるのが魅力です。

Winスクールの資格試験の料金相場:228,800円~

winスクール

Winスクールのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座の受講料は228,800円~です。

winスクール料金

MOSエキスパート2科目資格取得228,800円
Office総合プロⅡ288,200円
Office総合プロⅢ292,600円

office総合プロⅡはExcelVBAの講座をプラス、office総合プロⅢはパワーポイントとアクセスについての講座がプラスになります。

北海道から鹿児島まで全国に55ヶ所のスクールを運営しているWinスクールは、IT講座や、パソコンの実務指導に定評があり、業界ではナンバー1の企業研修数を誇るPCスクールです。

IT関連の講座だけでも300以上が用意されており、資格取得を目指す人なら、必ず自分の目指したい資格講座が見つかることでしょう。

豊富な企業研修の経験から、実戦的な指導に自信を持っており、講座で学んだことがすぐに職場や学校で活かせるようになるのが指導の特徴となっています。

KENスクールの資格試験の料金相場:192,5000円~

KENスクール
KENスクールのマイクロソフトオフィススペシャリストの資格講座の受講料は192,500円~です。

KENスクール料金

基礎からのMOS Word&Excel192,500円
基礎からのMOS Master491,700円

開校31年の運営実績を誇る「KENスクール」

今や資格スクールでは当然となっている「個別指導」「現場指導」といった指導方式を最初に取り入れたスクールです。

そのため、生徒一人一人が理解するまで徹底的に教える個別指導には自信をもっており、資格試験合格後の進路指導にも多くの実績があります。

KENスクールの全ての講座受講には、完全合格オプションがついているので一度受講した人ならば試験に合格するまで、追加料金なしで何度でも講義を受けることができます。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の料金相場講座の料金相場比較まとめ

各スクールのマイクロソフトオフィススペシャリスト講座は29,000~228,000円になっており、最安価格はユーキャンの29,000円になります。

ユーキャン【2019対応】Excel&Word両方対応コース29,000円
資格の大原MOS Word&Excel2科目パック35,600円
パソコンスクールISAMOS Excel・Word・PowerPoint 一般 合格保証コース217,800円
アビバマイクロソフトオフィススペシャリスト バリューパック34,800円
WinスクールMOSエキスパート2科目資格取得228,800円
KENスクール基礎からのMOS Word&Excel192,500円

【単科目対策講座比較】

科目別に受講する場合、最安値はユーキャンの16,000円になります。Excelコースとwordコースが用意されており、価格はどちらの講座も16,000円になっています。

ユーキャン【MOS365&2019】一般レベルExcelコース16,000円
資格の大原MOS Excel試験対策コース19,300円
パソコンスクールISAMOS Excel 一般資格取得コース112,000円
WinスクールExcelまたはWordスペシャリスト資格取得コース103,400円
KENスクール基礎からのMOS Excel102,300円

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の料金相場資格講座の選び方

講座受講の目的は「合格すること」です。

講座の受講費用だけではなく、次のポイントもチェックすることで、資格合格の可能性はさらに高くなります。

合格率の高さで選ぶ

各スクールで講座には特色があり、どの講座がいいのか?は一概に決めることはできませんが、確実に数字に表れているものが、受講生の合格率です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト講座で、各校が発表している合格率について調べてみました。

合格率

スクール名合格率
Winスクール99.3%
パソコンスクールISA99.0%
KENスクール98.7%
アビバ91.0%

4校がマイクロソフトオフィススペシャリストの試験合格率を公表しており、どれも90%という高い水準での合格率を誇っています。

人気のスクールで選ぶ

生徒数の多いスクール=人気の高いスクールは、口コミなどの評判が高く、講座内容や指導方法が優れているスクールだと言えるでしょう。

人気が高く、満足度が高いスクールならば、受講した講座を途中で諦めることなく、最後まで完了させられることができると思います。

各スクールの生徒数を比較してみましょう。

通信教育の知名度が高いユーキャンの受講者数が60万人、次いでアビバの15万人となっています。やはり通学コースよりも、通信教育コースの方が受講者数は多いです。

スクール名年間受講者数
ユーキャン60万人
アビバ15万人
Winスクール1万7千人

完全合格オプションで選ぶ

どのスクールも基本は一発合格を目標にしていますが、残念ながら全ての受講者が一発で合格できるわけではありません。

もし、試験に失敗してしまったときでも、合格オプションがついている講座であれば、最終的に合格できるまで受講を続けることが可能なので、何度も講座を受け直すよりも結果的には費用は安くなります。

パソコンスクールISAの「MOS Excel・Word・PowerPoint合格保証コース」では、何度失敗しても合格するまで受講を延長することができます。

合格オプション

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の料金相場資格講座をもっと安くする方法

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得をもっと安くするなら、以下のような方法があります。

キャンペーン割引を利用する

マイクロソフトオフィススペシャリストの講座では、早期割引などを適用しているスクールがないため、さらに安くするためには、各スクールが定期的に発表するキャンペーン期間に受講を申し込むことで、割引を受けることができます。

・winスクールの入学金無料キャンペーン

winスクールでは入会金の9,900円が無料になるキャンペーンを行っています。

winキャンペーン

・アビバのWEB限定入学費用免除キャンペーン

アビバではWEBからの申込限定で入会金の22,000円全額OFFになるWEB特別割引クーポンを定期的に発行しています。

アビバ割引

独学で学ぶ

ExcelやWordの基本的な知識があるならば、独学で試験合格を目指すのも1つの方法です。
マイクロソフトオフィススペシャリストに関する書籍や動画は、数多く販売されているので、自分で計画を立てて学習することは難しくありません。

・書籍で学習する
マイクロソフトの公式サイトでは、最新版のマイクロソフトオフィススペシャリストに関する教材が販売されています。

ExcelやWordのバージョンによって、教材が異なりますので、自分が使っているオフィス製品のバージョンに対応した教材を購入しましょう。

マイクロソフト教材

マイクロソフト公式サイト

・動画で学習する
youtubeでも無料で、マイクロソフトオフィススペシャリストに関する講座を配信しているものは多いです。

仕事や学校が忙しい方でも、時間に縛られることなく無料動画で学習することが可能で、わからないときは繰り返し見ることもできるのがyoutubeでの学習のメリットになります。

人気の高いおススメの無料動画を紹介します。

パソコン教室パレハの無料講座

Excelの使い方や、HPの作成方法などの基本的なPCの操作方法から、MOSの合格対策まで幅広い講座を無料で配信しています。

Excel講座の「JIMOVE」

Excelの使い方の講座がメインになります。MOSスペシャリストの資格の出題例なども取り上げており、独学でExcelを勉強する方にはおススメの動画になります。

まとめ

今回はマイクロソフトオフィススペシャリスト講座の相場についてまとめました。

マイクロソフトオフィススペシャリスト講座の料金相場は29,000円~228,800円で、最安値はユーキャンの29,000円でした。

マイクロソフトオフィススペシャリスト講座は、早期割引などを行う学校がなく、職業給付金の対象にもなっていませんので、定期的に発行される各スクールのクーポンなどを利用することで費用を節約できます。

youtubeの無料動画や、書籍で独学を行ったり、WordやExcelのどちらかだけを受講することで費用を節約することも可能です。