介護用ポータブルトイレの価格相場と選び方、安く入手する方法

ポータブルトイレ画像介護福祉

認知症や病気になると筋力の低下が低下し、トイレに間に合わないことがあります。

そんなときポータブルトイレがあると、部屋から出なくても用を済ませるので便利です。

しかしポータブルトイレには種類が多く、どれを選んだらいいか分からない人も多いでしょう。

そのため、今回はポータブルトイレの価格相場や選び方を解説しつつ、安く手に入れる方法を説明します。

介護用ポータブルトイレとは

介護用ポータブルトイレとは、便座・バケツ等でできており移動可能なトイレを指します。

主な用途は、下肢筋力の低下や病気などによりトイレに間に合わない人が部屋からでなくても用を足せるよう補助することです。

種類は大きく以下の4つの種類に分かれています。

  • プラスチック標準型
  • 木製イス型
  • 金属製コモード型
  • ベッドサイド設置型

プラスチック標準型

アイリスオーヤマ ポータブルトイレ

画像引用:アイリスオーヤマ公式サイト

プラスチック標準型は名前のとおり本体材料にプラスチックが使われているため、ほかの製品に比べて重量が軽いです。

また本体を丸洗いできるので、手入れも簡単にできる特徴があります。

比較的介護度が低い人から高い人まで使えます。

木製イス型

アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト

画像引用:アロン化成公式サイト

木製イス型は、本体の材料に木材を使用しているポータブルトイレです。

ポータブルトイレはお部屋に設置する必要がありますが、お部屋にトイレを置きたくないと嫌がる人もいます。

しかし木製イス型は見た目が家具に近いので、お部屋に設置しても違和感がありません。

またフタを閉めれば普通のイスと同じように使えるため、使い勝手にも優れています。

金属製コモード型

楽々健 ポータブルトイレ 

画像引用:Amazon

金属製コモード型は高さ調節や折りたたみ機能を搭載している製品が多いです。

特徴としては軽く持ち運びに適しています。

しかし安定感はないので、介護度が軽い人に向いている製品です。

ベッドサイド設置型

パナソニック ポータブルトイレ 背もたれ型SP

画像引用:パナソニック公式サイト

ベッドサイドに設置することを前提にされた製品です。

重さがあり安定感に優れているため、介護度が高い人も使うことができます。

設置する際はある程度スペースが必要なので、購入する前に確認しておきましょう。

参考サイト:公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット

介護用ポータブルトイレ価格相場(2,220~17,600円)

ここからは介護用ポータブルトイレの価格相場を確認していきます。

価格帯としては2,420~17,600円と幅があります。幅がある理由としては製品に使われている材料や機能に差があるからです。

パナソニック ポータブルトイレ<座楽> 背もたれ型SP

パナソニック ポータブルトイレ <座楽>  背もたれ型SP 13,380~26,400円です。

パナソニック ポータブルトイレ 背もたれ型SP

パナソニック ポータブルトイレ 背もたれ型SP 価格

画像引用:パナソニック公式サイト

公式サイト26,400円
Amazon13,380円
楽天市場15,840円
yahoo!ショッピング13,390円
大きさ幅62.3×奥行き59.7×高さ76~85
機能高さ調節、ペーパーホルダー

座面の高さ調節ができるベッドサイド設置型のポータブルトイレ。

座面の高さを10段階で調節できるので、使用者の体格に合わせて使用できます。

本製品の素材にはプラスチックが使われているため、あまり重くなく掃除をする際も簡単に行えます。

アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト

アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト の値段は17,500~32,000円です。

アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト

アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト 価格

画像引用:Amazon

公式サイト32,000円
Amazon17,600円
楽天市場19,350円
yahoo!ショッピング17,500円
大きさ幅48×奥行き55×高さ79~85
機能ペーパーホルダー

本製品は本体材料に木材を使用しているため普通のイスのような外見をしており、お部屋に置いても違和感がありません。

肘掛けの形状をアーチ型にすることで、ベッドから足を下ろす際に当たらないようにしているので怪我の防止にもなります。

木製のため重量があり、下肢の筋力が低下している人でも安全に使用できます。

アロン化成 安寿 ポータブルトイレSP

アロン化成 安寿 ポータブルトイレSP の価格は2,220~9,000円です。

アロン化成 安寿 ポータブルトイレSP

アロン化成 安寿 ポータブルトイレSP 価格

画像引用:Amazon

公式サイト9,000円
Amazon2,420円
楽天市場2,424円
yahoo!ショッピング2,220円
大きさ幅41×奥行き50×高さ32
機能座面カバー付属

本製品は座面の高さが30cmしかないため小柄な人に適した製品です。

背もたれや肘掛けなど身体を支える部品が付いていませんが、その分コンパクトな作りになっておりある程度狭い場所でも設置できます。

立ち上がりに必要な便座したの蹴り込みスペースもないので、比較的介護度が低い人の使用に向いてます。

リッチェル ポータブルトイレ きらく

リッチェル ポータブルトイレ きらくの価格は14,300~28,600円です。

リッチェル ポータブルトイレ きらく

リッチェル ポータブルトイレ きらく 価格

画像引用:Amazon

公式サイト28,600円
Amazon14,300円
楽天市場15,320円
yahoo!ショッピング14,565円
大きさ幅58×奥行き56.8×高さ76.8~86.8
機能ペーパーホルダー、座面・肘掛けの高さ調節

肘掛けを便座の高さまで下げられるので、ベッドからの移乗がしやすいポータブルトイレです。

本体に小物を収納できるスペースが付いているため、予備のトイレットペーパーや消臭剤を収納しておくことができます。

付属のペーパーホルダーは左右どちらにも取付ができるので、設置場所や使用者の利き手に合わせて使用もできます。

アイリスオーヤマ ポータブルトイレ

アイリスオーヤマ ポータブルトイレの価格は3,400~4,188円です。

アイリスオーヤマ ポータブルトイレ

アイリスオーヤマ ポータブルトイレ 価格

画像引用:Amazon

公式サイト3,830円
Amazon3,400円
楽天市場4,188円
yahoo!ショッピング3,654円
大きさ幅41×奥行き48.5×高さ41.5
機能抗菌加工

本製品は標準型のポータブルトイレながら、本体にペーパーホルダーや小物入れが付いているので便利です。

本体素材もプラスチックのため、汚れなどがついても簡単に取ることができます。

抗菌使用のため衛生面が気になる人にもおすすめの製品です。

楽々健 ポータブルトイレ

楽々健 ポータブルトイレの値段は7,080~7,580円です。

楽々健 ポータブルトイレ 

楽々健 ポータブルトイレ価格

画像引用:Amazon

公式サイト
Amazon
楽天市場7,580円
yahoo!ショッピング7,080円
大きさ幅57×奥行き52×高さ75~85
機能高さ調節、折りたたみ機能

金属製コモードタイプの簡易型ポータブルトイレ。

折りたたみ機能や本体の高さ調整ができるため、狭いスペースでも使用できます。

安定感はほかの製品に比べると低いので、介護度が低い人向けです。

介護用ポータブルトイレ一覧表

会社最安価格特徴
パナソニック ポータブルトイレ<座楽> 背もたれ型SP13,380円ベッドサイドに設置するタイプのポータブルトイレ。座面の高さを10段階に調節できるため、使用者に体格に合わせた使用ができます。
アロン化成 安寿 家具調トイレコンパクト17,500円本体に木材が使用されている家具調のポータブルトイレ。ほかの製品に比べると外見がトイレのような見えないので、部屋に置く際も気にせず置くことができます。
アロン化成 安寿 ポータブルトイレSP2,220円座面が低く腰掛けや肘掛けもないポータブルトイレ。使用する際は低い位置までかがむ必要があるため、比較的介護度が低い人向けの製品です。
リッチェル ポータブルトイレ きらく14,300円肘掛けを座面の高さまで下げることができるので、使用している人が自身で移りやすいです。付属のペーパーホルダーは左右どちらにも取り付けられます。
アイリスオーヤマ ポータブルトイレ3,400円標準型のポータブルトイレながらペーパーホルダーや小物入れが付いているため使いやすい。本体にはプラスチックが使われているため、汚れが付いても拭き取りやすい。
楽々健 ポータブルトイレ7,080円金属製コモード型のポータブルトイレ。折りたたみ機能を搭載しているため狭いスペースでも使用ができる。安定性は低いので介護度が人向けの製品です。

背もたれや肘掛けなどがついて機能が充実すると、価格が高くなる傾向にあります。

標準型ポータブルトイレや金属製コモード型のポータブルトイレは価格は安くなりますが、安定感がなく介護度が高い人に向きません。

そのため長く在宅で長く介護を続けるなら、背もたれや肘掛け機能が付いている製品をおすすめします。

介護用ポータブルトイレの選び方

ここからは介護用ポータブルトイレの選び方を説明します。

ポータブルトイレを選ぶ際は、使う人が使いやすいものを選びましょう。

使いやすい製品であれば、自身でトイレへ移ることができトイレ解除の機会を減らすことができるからです。

選ぶ際は

  • 使用者の体格に合ったもの
  • 乗り移りやすいもの

を基準として選びましょう。以下説明していきます。

使用者の体格に合ったもの

画像引用:ダスキン

ポータブルトイレを購入する際は、画像のように使用者の体格に合わせたものを選ぶのが重要です。

なぜなら製品のサイズが使用者の体格に合っていないと、転倒や排泄の失敗などにつながるからです。

失敗が続くと使うのがつらくなり、使用を拒否する可能性もあります。

体格に合っているか確認するには、実際に使ってみるのが一番です。

福祉用具の販売をしている会社によっては、購入前の無料お試しサービスを実施しているところもあるので検討してみてください。

無料お試しサービス

乗り移りやすいもの

画像引用:ダスキン

ベッドからポータブルトイレに移る際に、肘掛けが邪魔になり上手く移れないこともあります。

そのため製品を選ぶ際は画像のように、乗り移りがしやすい製品を選ぶ必要があります。

購入する際は肘掛けが外せる製品を選ぶと、使う人の負担を減らせるのでおすすめです。

具体的には

  • 肘掛けの取り外しや跳ね上げ機能ついている
  • 重量があり安定感がある

製品を選ぶと移りやすいです。

また移る際は距離も重要になるので、ポータブルトイレを設置する際はベッドの横のように移りやすい位置に置きましょう。

ポータブルトイレを安く手にいれる方法

ここからはポータブルトイレを安くてにいれる方法を説明します。

方法は以下の2つがあります。

  • 介護保険を使って購入する
  • AmazonなどECサイトで購入する

介護保険を使って購入する

特定副用具販売

特定副用具販売

画像引用:宍粟市公式HP

ポータブルトイレは介護保険の保険給付に対応しています。

保険給付を受ければ、本体代の1~2割を払えば購入できるので費用の削減に繋がります。

ただし介護保険の保険給付を使える人は、要介護認定を2~5の人だけです。

費用の支給方法は上記の画像に記載されているように事後に支給される「償還払い」と、1~3割の負担金を購入時に支払う「受領委任払い」の2通りあります。

「受領委任払い」を使用する際は、事前に担当のケアマネージャーや福祉用具販売事業所と相談しておく必要があるので注意してください。

またECサイトで購入した製品は制度の対象にならないことが多いので、そちらも注意しましょう。

参考:厚生労働省公式HP

AmazonなどECサイトで購入する

画像引用:Amazon

介護度が低い人などの理由で介護認定を受けていな人は、ECサイトで買った方が安く手に入れられます。

例えば上記で紹介しているアロン化成 安寿 家具調トイレは、公式サイトでは32,000円で発売されてますが、Amazonでは17,500円と10,000円以上安く購入できるのでお得です。

ただ実際の製品の大きさが分からないので、購入する前に実物を確認することをおすすめします。

まとめ:介護用ポータブルトイレを購入する際は介護保険を使おう

介護用ポータブルトイレの価格相場は2,220~17,600円です

価格は性能や本体に使用されている材料で変わり、木材が使用されている製品は価格が高くなる傾向があります。

選ぶ際は使用する人が使いやすい製品を選びましょう。

使いやすい製品は体格に合っているものと乗り移りがしやすいものです。

体格に合っているか確認する際は、無料のお試しサービスを利用して実際に確認をしましょう。

乗り移りがしやすい製品に関しては、肘掛けの取り外し機能や重量があり安定感がある製品の使用すると移りやすいです。

安く手に入れる方法としては、介護保険を使うのとECサイトで購入するのがおすすめです。

ただし介護保険を使って購入する場合は、要介護2~5の人しか使えずECサイトで購入した場合は支給が受けられない場合があります。

そのため、購入前に住んでいる自治体や担当のケアマネージャーに支給を受けられるか確認しましょう。

ECサイトでの購入は要介護認定を受けていない人や、要介護2~5以外の人におすすめです。

自分の状況にあった購入方法を選んで、お得にポータブルトイレを手に入れましょう。