沖縄移住にかかる費用相場は?メリットデメリットを解説

沖縄移住の費用相場レジャー

「沖縄移住の費用はどれくらいかかる?」

「沖縄移住の魅力は?」

「移住するのにコツは何があるの?」

疑問や不安を徹底解説しています。

沖縄移住のコツを知って、南の島に住んでみませんか?

目次
  1. 地元民が教えちゃいます 沖縄移住のメリットデメリット
  2. 沖縄移住いくらかかる?
  3. 沖縄移住のコツやアドバイス
  4. 沖縄移住を安くする方法
  5. まとめ

地元民が教えちゃいます 沖縄移住のメリットデメリット

まず「沖縄移住を考えているけど沖縄って実際どうなの?」

という疑問に関して地元目線でメリット、デメリットを解説いたします。

メリット①時の流れがゆったり

一定のペースで進んでいるはずなのに、ゆったり感じる時間の流れは、不思議な気持ちに包まれます。日本人の多くが仕事に追われる毎日で、沖縄に癒しを求めに来る人も少なくありません。

メリット②冬が快適

暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいいと、よく本土の方がいうのを耳にします。冬であっても少し肌寒いひんやりしたぐらいの気候が、快適につながっているのかもしれません。

メリット③花粉症とは無縁

沖縄では、スギやヒノキが植えられていないと間違えられがちですが、実際は植えられています。しかし、数が圧倒的に少ないので花粉症には無縁な人が多いです。

スギもヒノキも、沖縄県では森林面積の約0.3%に植えられているのに対して、東京都は森林の約40%も植えられているようです。

メリット④豊富な飛行機のアクセス

本土行きに限らず、海外にも多くの航路を結んでいます。那覇空港発着の飛行機(直行便)でいける都市は、国内32都市、国外15都市の48都市です。離島、国内、国外、選択肢が多くて選ぶのが楽しいですね。

メリット⑤おバーが作る郷土料理は無敵

手慣れた手つきでおバーがちゃっちゃっと作ってしまう、沖縄郷土料理。晴明祭(シーミー)、お盆、お正月、お祝い事、何かがある時に大活躍する「おバーの手料理」は最強です。

同じレシピで、同じように作っても、絶対同じ味を再現することができません。本土にも沢山の沖縄料理屋さんがありますが、沖縄で味わうおバーの郷土料理は別格です。

メリット⑥郷土料理や海外メニュー美味しいご飯がいっぱい

付近に米軍基地があるということで、沖縄の街はまるで異国のようです。

日本なのに海外気分を味わえるお店が沢山あります。

A&W

・A&W:https://www.awok.co.jp/

 

ステーキハウス

ステーキハウス:http://s88.co.jp/

ブルーシールアイス

・ブルーシールアイス:https://www.blueseal.co.jp/

 

jimmy

・jimmy:http://jimmys.co.jp/

ハワイアンカフェ

・多くのハワイアンcafe
https://haleaina-hoa.com/

 etc…

PIZZAHOUSE

・PIZZA HOUSE:https://www.pizzahouse.co.jp/

など、ジャンルも様々あります。

アメリカンっぽいKING TACOSも地元の大人気なお店です。

KING TACOS
KING TACOS

より沖縄料理を味わいたいという方には、地域の行事に参加するのがオススメです。

公民館などで郷土料理を作ってみんなで食べることが多いため、地域の行事に参加するのもアリかもしれません。

メリット⑦沖縄在住の特権!毎日絶景暮らし

何といっても「すぐそこに海がある」という幸せを毎日感じることができます。有名なスポットには人がたくさんいるため、隠れスポットが地元民にはそれぞれあります。自分だけが知っているスポットを探してみても楽しいかもしれません。

ちょこっと紹介。沖縄移住に地元民が推すスリー観光スポット。

メリット⑧親近感がある名前の呼ばれ方

名前を伸ばす傾向がかなり強いです。

ももか→もーもー、カイト→かーいー、なつき→なーつーといった感じです。

家族も、ネーネー(姉)、ニーニー(兄)、オジー(祖父)、オバー(祖母)、オトー(父)、オカー(母)といった感じで呼び合います。もしかすると、沖縄で新しい名前が増えるチャンスかもしれません。

デメリット①車が必要

沖縄には那覇の一部だけ「ゆいレール」というモノレールあるだけです。

それ以外の交通手段は主に車を使います。タクシーやバスもありますが、車が安いので地元民はあまり使いません。沖縄で生活するには、車があるのが一番助かります。

また、沖縄県民はびっくりするほど歩きません。

近場のコンビニにも、近所のおバーたちの家にも車で行くほど、歩きません。地元のCMでは、外野に飛んだボールをバイクで取りに行くCMがあり、歩かない沖縄県民をうまく表現しています。

沖縄移住が少し慣れてくると、とても親近感が湧くかもしれません。

デメリット②バスが時刻通りにこない

時刻表の時間ぴったりにバスが来るなんて本当に珍しい事です。

沖縄を出て、本土に行った時に電車が時間通りに到着した事に感動するほど、時間通りをあまり経験したことがありません。

そのため、バスを利用する際は、予定時間より早めに行動することをオススメします。

デメリット③渋滞がひどい

家に車がないと生きていけません。県民の多くがその言葉を口にします。本当に車がないと不便であるため、多くの人が高校3年生から自動車学校に通います。

そのため、必然的に車の利用者が増えるため、「渋滞」というお祭りが、通勤ラッシュ、帰宅ラッシュの時間帯に毎日開催されます。

沖縄移住をする前に、長時間車の中にいられるようになっていたら、無敵になるかもしれません。

デメリット④湿気が多い

なんといっても湿気はかなりすごいです。革製品、ベットマット等身の回りにあるものが、全て湿気てしまいます。

物を置く際に対応しなければ、せっかくのインテリアたちがカビだらけに。ベットマットの下に除湿シート、そして、除湿機、除湿剤等を完備しているとより快適に過ごせますよ。

デメリット⑤収入が低い

令和2年10月の時点で792円で、最低賃金のやすさは沖縄県内でも深刻な問題です。
(参照:沖縄労働局

沖縄の平均年収は約377万、全国で46位と金銭面の厳しさは正直なところあります。

しかし、横のつながりが強い分、助け合い精神も互いに持っています。人のつながりに期待する方がいいかもしれません。

デメリット⑥物価が高い

沖縄は物価が安いというイメージがありますが、全てがそうではありません。

本土からの輸入品になると運搬費用が加わってしまうため高くなる傾向があります。

その代わり、沖縄で作っているシーチキンとポークは本土の価格に比べると、かなり安くで手に入れることができます。やはり現地調達できるものに関しては、お手頃価格です。

ですが、気候の問題により、本土から野菜などを調達しなければならないものが多数あるため、どうしても高くなってしまいます。

デメリット⑦ゲリラ豪雨が多く、過ごしづらい

本当に突然ゲリラ豪雨に襲われます。洗濯物を干す時は気をつけましょう。

予期もせず、太陽が出ているカンカンな時でも、一瞬曇ってゲリラ豪雨。そしてすぐ止み、何もなかったように、また太陽が出でくるというような場面がよくあります。

本当に突然降るので、折りたたみ傘を持っていても使い物にならないことも、よくあるパターンです。そのため、県民は、さしても意味がないと考える人が多く、傘を持つ人もあまりいません。

デメリット⑧「ナイチャー(本土出身の人)」のレッテルが貼られる

本土の人のことを、よくナイチャーと呼びます。

本土の人=内地の人 ナイ(内地)チャー(人)という意味です。沖縄の人は縄張り意識が強く、地元出身と県外出身を明確に区別します。

これは「屈辱の日」という日本から切り離された、沖縄の過去の歴史も深く関わってきます。その文化がある事を知った上で沖縄移住にくると、よそ者扱いされるストレスの軽減にかなり役立つと思われます。

デメリット⑨飽きる可能性あり

観光の県であるため、自然に慣れてしまうと、正直なところ、他の部分で本土に勝るものはあまりありません。

買い物マニアや最先端が気になって仕方がない方は、沖縄にいると時代が遅すぎて窮屈かもしれません。

SNSが発展していく中で、情報だけが先走り、手元に届くまでかなりの時間がかかる可能性があります。全国放送、全国開催も「沖縄は除く」とよくあるので、気をつけてください。

沖縄移住いくらかかる?

実際の引っ越し相場と家賃相場はいくらなのか。沖縄で人気の6地域を会社別に比較していきます。(基本はワンルーム家賃相場ですが、LIFULL HOME’S は1K,1DK、at homeは1R~1Kの家賃相場でサイズが異なります。)

引っ越し料金相場

引っ越し侍(引越一括見積業者)によると

全国平均 単身(荷物小) 平均20,340円
(荷物大) 平均39,000円
2人家族  平均40,000円
3人家族 平均43,950円
4人家族 平均50,000円
5人家族以上  平均50,000円

全国平均 単身(荷物小) 平均43,000円
(荷物大) 平均50,000円
2人家族  平均70,000円
3人家族 平均108,500円
4人家族 平均113,000円
5人家族以上  平均90,000円

と、条件や距離で大きく異なっています。

引用元:https://hikkoshizamurai.jp/estimate/prefecture-okinawa/

那覇市

那覇市の家賃は、SUUMO4.3万円、ホームメイト 4.17万円、アパマンショップ 4.94万円、CHINTAI 4.50万円 、at home 5.06万円、LIFULL HOME’S 5.14万です。

那覇市の1LDK家賃

引用元:https://suumo.jp/chintai/soba/okinawa/area/

この値段で、県の都市に住むことができるのは、とてもお得です。古い町並みと近代的な都市の風景の両方を楽しめる魅力的な地域です。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
那覇市4.3万円4.17万円4.94万円4.50万円5.06万円5.14万

宜野湾市

宜野湾の家賃は、SUMO 3.9万円、ホームメイト3.91万円、アパマンショップ3.81万円、CHINTAI 4.50万円、at home 4.2万円です。

宜野湾市の家賃

引用元:https://www.homemate.co.jp/soba/pr-okinawa/

那覇にも行きやすく、中部にも行きやすい立地は、交通の便がとても良いと地元都民から人気な地域です。ビーチや公園もあり、お洒落感も満載な街です。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
宜野湾市 3.9万円3.91万円 3.81 万円4.50万円4.2万円

浦添市

浦添市の家賃は、SUMO4.0万円、ホームメイト4.81万円、アパマンショップ4.52万円、CHINTAI 4.70万円、at home 4.93万円、LIFULL HOME’S 5.38万です。

浦添市の家賃

引用元:https://www.homes.co.jp/chintai/okinawa/city/price/

那覇市のベットタウンとも呼ばれ、パイプラインという大きな道路が走っているため、車のアクセスもとても便利です。手厚い医療費助成のサポートも欠かせないポイントです。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
浦添市4.0万円4.81万円4.52万円4.70万円4.93万円5.38万

沖縄市

沖縄市の家賃は、SUMO 3.6万円、ホームメイト4.05万円、アパマンショップ3.08万円、
CHINTAI 4.20万円、at home 4.06万円です。

沖縄市の賃貸

引用元:https://www.apamanshop.com/yachinsobasearch/101201/okinawa/

伝統芸能の街として発展を進めており、エイサーなどの沖縄特有の文化を楽しむことができます。「沖縄全島エイサーまつり」も沖縄市で開催されています。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
沖縄市3.6万円4.05万円3.26万円4.20万円4.06万円

糸満市

糸満市の家賃は、SUMO 3.5万円、ホームメイト4.1万円、CHINTAI4.50万円、at home3.9万円です。

糸満市の家賃

引用元:https://www.chintai.net/okinawa/area/47210034/list/

豊富な農作物、隠れcafeも多く、ウミンチュ(海人)の町ともいわれる地域です。サバニという伝統漁船に乗り、どこが一番早くゴールにたどり着けるかを競い合う「糸満ハーレー大会」も必見です。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
糸満市3.5万円4.1万円4.50万円3.9万円

うるま市

うるま市の家賃は、SUMO 3.6万円、ホームメイト4.13万円、アパマンショップ4.19万円、
CHINTAI 4.30万円、at home  4.07万円です。

うるま市

引用元:https://www.athome.co.jp/chintai/souba/okinawa/uruma-city/

闘牛やエイサーなど、沖縄伝統文化に触れる機会も多くあります。また、ドライブスポットの海中道路が走っていることや子育てがしやすいといった利点があります。

SUUMOホームメイトアパマンショップCHINTAIat homeLIFULL HOME’S
うるま市3.6万円4.13万円4.19万円4.30万円4.07万円

那覇での一人暮らし約80万〜

家賃が約5万(1ヶ月)、引越し料金約20万円(5月〜2月の単身荷物(大)、沖縄から500km以上離れている場合)、飛行機 約1万5000円、初期費用25万、生活費約10〜15万、生活用具(家電、家具等)約20〜30万最低でも、約80万〜100万は必要になってくるでしょう。

(あくまでも簡単な目安なので、場所や時期、引っ越す人数で異なります。)

沖縄家賃比較表 (1R、1K~)

那覇市宜野湾市浦添市沖縄市糸満市うるま市
SUUMO4.3万円3.9万円4.0万円3.6万円3.5万円3.6万円
ホームメイト4.17万円3.91万円4.81万円4.05万円4.1万円4.13万円
アパマンショップ4.94万円3.81 万円4.52万円3.08万円4.19万円
CHINTAI4.50万円  4.50万円4.70万円4.20万円4.50万円4.30万円
at home5.06万円  4.2万円4.93万円4.06万円3.9万円4.07万円
LIFULL HOME’S5.14万5.38万

(注意:基本はワンルーム家賃相場ですが、LIFULL HOME’S は1K,1DK、 ホームメイト,at homeは1R~1Kの家賃相場でサイズが異なります。)

沖縄移住のコツやアドバイス

いざ引っ越すとなると、やることや考えることがいっぱいになるでしょう。そうなる前に、事前に知っておくと有利な沖縄移住の情報をお伝えいたします。

事前にお金を貯める

飛行機や船で運ぶ荷物代など陸が繋がっていない分かなりの金額がかかります。事前にお金を貯めて置かないと、移住した後の生活にゆとりがなくなる可能性が高いです。

移住体験をしてみる

一度自分で視察してみて、場所選びをしてみましょう。土地感を感じ、地域の雰囲気と自分の居心地の良さを照らし合わせながら場所探しをし、沖縄移住を決定しても良いかもしれません。

いきなり田舎は危険

もともと都会に住んでいる人が移住を機に田舎を選ぶのは少しリスキーな部分があります。今までにはなかった交通の便の不便さ、田舎の繋がりの深さ、これらを気づかず移住すると、苦労の方が大きいかもしれません。

田舎については、人が悪いという意味ではありません。

田舎である分、自分たちのことは自分たちで守らなければなりません。地元民が身を守るためにも、外部者として警戒される可能性が高いことを知っておくと有利です。

新しい住居形態の方法もあり

今の時代だからこそできる方法です。最近では、ゲストハウス、Airbnb(エアビーアンドビー)などの使用者も増えてきており、低価格でクオリティの高い宿に泊まることが可能です。

また、マンスリーやウィークリーでの宿泊、民泊を利用するのも一つの手段です。

待機児童が多い

子供の数が多いのにも関わらず、待機児童が多いのが現実です。働きに出ている保護者の子供が優先になります。

保育園児がいるご家庭は、移住する前に就職先などを決めておきましょう。保護者がバタバタしていると、子供に悪影響を及ぼす可能性もあるので、対策できることは前もって検討することが重要です。

「沖縄大好き」だと敵なし

地元民は、地元のことがかなり大好きです。そのため、そう思ってくれている人たちには、Welcome精神がとても強いです。

恥ずかしいと思わず積極的に発信している方が、県民からの反応は、かなり良いと思われます

飲まなくていい友達を作る

沖縄といえば、飲み会、といっていいほど、集まりが定期的に開催されます。お酒があまり得意でなければ、苦しい環境になる可能性があります。飲まない友達がいるとかなり心強くなれるでしょう。

県民性を知っておくとイライラは減る

県民の特権「ウチナータイム」は、きっと体験した事のないくらい、時間に対する価値観の違いを感じるかもしれません。

そこにイライラをもってしまうと、沖縄移住も嫌な思いになる可能性大です。

時間にルーズで、適当なのは、沖縄県民の特性です。

沖縄移住を安くする方法

どうしてもかさばる引っ越し費用を、少しでも安くするためにすぐに活用できる5点をご紹介いたします。

引越一括見積業者を上手く活用

一度で多数の引っ越し業者の見積もりを依頼できるため、価格の比較がしやすいです。また、引っ越し業者はライバル会社との価格交渉にさらされているので、値下げ交渉もしやすいのも利点です。
数多くある引越一括見積業者の中でも、提携業者数No.1の引っ越し侍、電話番号の入力がいらないSUUMOは人気です。

荷物を最小限に減らしておく

引っ越すとなると、大変なのは、荷物をまとめる事でしょう。少なくし小さくすればするほど、お得に配送可能になります。ゆうパックは複数口割引があるのでオススメです。

家具は現地調達あり

引っ越し先から送ると配送料も引っ越し業者にもお金がかかってしまいます。

全国展開しているお店を利用し、現地で配送してもらう方法も組み合わせると良いかもしれません。

引っ越しは繁忙期を避ける

繁忙期はやはりどこも高くなります。新生活が始める3~4月は避けた方が安く抑えられます。5月~2月の通常期に引っ越しできるよう、日程調整をすると良いかもしれません。

LCCを使用

なんとか少しでも安くするのであれば、飛行機はLCCを利用した方がいいです。

飛行機を降りてすぐに荷物を引き取り、空港からでることができます。また、ターミナルの移動もありません。

まとめ

沖縄移住はかなりお金がかかります。

単身の場合でも、最低で約80〜100万円はかかります。

しかし

  • 住む地域選び
  • 5〜2月の期間選び
  • 最小限の荷物

この3点を徹底するだけでも、無駄な出費を防ぐことができます。

文化の違いや価値観の理解もとても大切なことですが、それ以前に費用の確保がなければ、理解しようとする心の余裕も生まれません。

せっかく沖縄に来るのであれば、出来るだけ安価な価格で引っ越し、新生活、余裕を持ってスタートできると最高ですね。

「事前チェック、費用確保、違った価値観を楽しむことができる」

それがあれば、沖縄移住も最高なものになるでしょう。