ウォーターサーバーの料金相場と選び方、安くする方法【各社徹底比較】

ウォーターサーバーの料金相場家具・家電

我が家にウォーターサーバーを導入したい、と思う方は多いでしょう。しかし、ウォーターサーバーの月額費用がいくらかかるかわからないと不安になりますね。

水代、サーバーレンタル料などの料金から、ウォーターサーバーには月額費用がいくらかかるのかを調べました。

水の料金以外にもウォーターサーバーの料金には、サーバーレンタル料やサポート料など月々かかる料金があります。ウォーターサーバーの月額費用がわかると、1ヶ月の家計のやりくりもしやすくなります。

ウォーターサーバーの定期購入は月額料金もわかりやすい反面、割高感もあります。必要なときに水の注文をするほうが安く感じますが、最低購入数があることなども知っておかないと、ウォーターサーバー選びに失敗してしまうこともあります。

水の消費量も異なるので、我が家に合ったプランのあるウォーターサーバーを選びましょう。ウォーターサーバーには料金が安くなる割引もあり、賢く利用していきたいですね。

家族みんなが納得できる、コスパのよいウォーターサーバーを選ぶ参考にしてほしいと思います。

今回は、ウォーターサーバーの料金相場と選び方、安くする方法をご紹介します。

目次
  1. ウォーターサーバーとは
  2. ウォーターサーバーのメリットとデメリット
  3. ウォーターサーバーの月額費用の料金相場:3,300円~4,233円
  4. ウォーターサーバーの選び方
  5. ウォーターサーバーの料金を安くする方法
  6. ウォーターサーバーの料金相場と選び方、安くする方法まとめ

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは電源を使用して、給水タンク等から冷水や温水を出すことができる機器のことです。

オフィスなどでは冷水機として冷たい水が出るものが、昔から利用されていました。ここ数年で一般家庭にも普及し、ウォーターサーバーにも多くの機能が増えました。

水道水でお茶を入れるとおいしくない、と思ったことはありませんか。昔は水道から水を飲んでいたけれど、もう絶対飲めないと思ってしまうことも。

ウォーターサーバーがご家庭でも利用されるようになった理由のひとつには、水道水の問題がありました。

老朽化した水道管が多くなり、水道水の味に苦情が出るようになりました。厚生労働省「水道における異臭味被害の発生状況」では、年々水道水の味などに問題が増えていることがわかります。

このような背景から安全でおいしい水を飲みたいと、ウォーターサーバーを利用する方が増えてきました。

ウォーターサーバーに使用する水にはどのような種類があるのか、サーバーの基本的な仕組みについてご紹介します。

参考:東京都水道局

参考:厚生労働省

ウォーターサーバーの必要性

水道の蛇口を開けるといつでも安全な水が出てくるのは当たり前だ、と思っている方は多いですね。世界には水道水をそのまま飲めない国もありますが、日本ではどこでも安全な水が飲めます。

しかし水道管は時間と共に劣化し、いずれ取り替えなければならなくなります。古くなった水道管には、破損事故や老朽化など問題が多くあります。

水道水がまずいと感じたことがある方もいるでしょう。それは老朽化した水道管のサビや汚れなどが水道水に混ざってしまったから。

水道管が老朽化した地域では、水道水から異臭や変な味がするなどの苦情が多く出ています。厚生労働省「水道における異臭味被害の発生状況」からは、そのような地域が年々増えていることがわかります。

水道における異臭味被害の発生状況

水道における異臭味被害の発生状況

厚生労働省「水道における異臭味被害の発生状況」から引用)

水道水の味に疑問を持ち、そのまま飲むことに抵抗がある方が多くなりました。健康志向の影響から甘い清涼飲料水よりも水を好んで飲む方が増え、ミネラルウォーターの人気が高くなっています。

すっきりと飲める水は気持ちがよいものですが、ペットボトルはゴミの問題など環境に影響があります。また、重いペットボトルを購入することも負担に感じますね。

このような理由から、ウォーターサーバーを使うご家庭が増えました。ウォーターサーバーが必要とされる理由は、いつでも安全でおいしい水が飲めること。

ウォーターサーバーとはどのような仕組みなのか、使用する水の種類や硬度についてみていきましょう。

ウォーターサーバーの仕組み

我が家にウォーターサーバーを導入したいと思ったとき、どのようなものを選べばよいのか迷いますね。ウォーターサーバーのことを知っておくと、サーバー選びに失敗しません。

ウォーターサーバーは水を冷やしたり温めたりするサーバー本体と、水を供給するボトルがセットになっています。ウォーターサーバーの仕組みを知ると我が家に必要な機能は何か、ということもわかります。

ウォーターサーバーの仕組みや、ボトルの種類について解説していきます。

ウォーターサーバーのタイプ

ウォーターサーバーには、床置き型と卓上型の二つのタイプがあります。電源を使用するので放熱のため、サーバー本体の周りにある程度の空間が必要になります。

ウォーターサーバーのタイプ

ウォーターサーバーのタイプ

(※プレミアムウォーターより引用)

タイプ特徴
床置き型・最もポピュラーなタイプ

・床に設置するので卓上タイプよりも縦に長い

卓上型・床置き型よりも場所を取らない

・容量が少なめでボトル交換が簡単

床置き型のウォーターサーバーは高さもあり、設置する場所の確保が必要です。ご家庭で使用するときはリビングなど、使いやすい場所に置くと手軽に水が飲めますね。

床置き型のウォーターサーバーは給水位置が低めなことが多く、小さな子供がいるご家庭では、いたずらやお湯を出すときの事故も心配です。チャイルドロックがついたウォーターサーバーを使用すると、事故防止に役立ちます。

卓上型のウォーターサーバーは、テーブルや台の上に置いて使用するので狭い住宅にも向いています。卓上型はコンパクトでキッチンや各自の部屋に置くなど、パーソナルな使い方もできます。

ウォーターサーバーの本体は買取ではなく、レンタルとして貸し出す形式になっているものがほとんどです。サーバーレンタルの最低契約年数があるものでは、中途解約をすると違約金などが発生することもあります。

ウォーターサーバーのボトルタイプ

ウォーターサーバーで使用する水には、2種類のタイプがあります。水の入ったボトルを使用するボトルタイプと、水道水を使用する水道水浄化型のウォーターサーバーです。

ボトルタイプのウォーターサーバーは、水の入ったボトルをサーバー本体にセットして使用します。ボトルの水がなくなると新しいボトルと交換します。水のボトルはガロンボトルともいわれ、7~12リットル程度の水が入っています。

使用するボトルには回収して繰り返し使用するリターナブルボトルと、1回使い切りのワンウェイボトルがあります。

ウォーターサーバーボトルタイプ
タイプ特徴
ワンウェイボトル・1回使い切りタイプ

・回収不要

・使用済みボトルはゴミ箱へ

リターナブルボトル・繰り返し使うタイプ

・業者が回収するため使用済みボトルは保管する必要がある

水道水浄化型・水道水を浄水してミネラルウォーターに変える

・ボトルを回収する必要はない

ワンウェイボトルは使用後ご家庭で廃棄しやすいように、柔らかな材質でできています。そのため軽く、扱いやすいのが特徴です。

リターナブルボトルは硬質のボトルを使用し、繰り返し使うことができます。無駄なゴミが出ないため環境にやさしいですが、業者が回収に来るまで保管しておく必要があります。空ボトルの置き場所があるご家庭向きです。

水道水浄化型のウォーターサーバーは、水道水をサーバー本体の貯水タンクに入れて使用します。

浄水カートリッジが水道水を濾過し、ウォーターサーバーからはおいしい水を飲むことができます。水道水を使用するので水のストックやボトルの回収の必要もなく、いくらでも水が使えるのが特徴です。

水の種類

ウォーターサーバーに使用する水には水道水、RO水、ボトルドウォーター、天然水があります。飲料水には基準があり、これをクリアした安全な水が市場で販売されています。

ウォーターサーバーで使用する水の種類を知っておくと、サーバーを選ぶときに役立ちます。ミネラル成分がある天然水か、赤ちゃんでも飲めるRO水にするか、など家族構成で選ぶ水の種類もかわります。

水道水

水道水は水道法に定められた水質基準をクリアした、安全に飲める水です。水道水の水質基準には、水道法第四条で定められた水質基準が義務づけられています。

ご家庭の水道の蛇口から出る水は水質基準をクリアしているので、いつでも安全に飲むことができます。その反面、消毒のため塩素を残留させるのでカルキ臭がするという問題もありました。

(水質基準)

第四条 水道により供給される水は、次の各号に掲げる要件を備えるものでなければならない。

一 病原生物に汚染され、又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を含むものでないこと。

二 シアン、水銀その他の有毒物質を含まないこと。

三 銅、鉄、弗素、フェノールその他の物質をその許容量をこえて含まないこと。

四 異常な酸性又はアルカリ性を呈しないこと。

五 異常な臭味がないこと。ただし、消毒による臭味を除く。

六 外観は、ほとんど無色透明であること。

水道法「第4条 水質基準」より引用)

RO水

RO水とはRO膜(逆浸透膜)を使用し、水を濾過した純水に近い水のことです。RO水は水に含まれる不純物をRO膜(逆浸透膜)で取り除くためミネラル成分が失われ、味わいがないのが特徴です。

ミネラル成分が消化できない小さな子供やペットでも飲むことができます。軟水でミネラル成分が少なく、赤ちゃんのミルク作りにも向いています。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターは水道水をボトリングした水です。水道水は水道法に定められた基準をクリアしている飲用水なので、安心して飲むことができます。

水質は水道水と同じですが各家庭に届けられる水道水とは違い、水道管や貯水槽を経由していません。そのため汚れや臭いが少なく、水道水よりきれいな水になっています。

天然水

天然水とは特定の水源地から採取された水のことです。自然のミネラル成分が含有され、水源地により味が異なるのが特徴です。

天然水はナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの2つに分類されます。ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターをブレンドさせたものや、人工的に調合されたものをミネラルウォーターといいます。

ナチュラルウォーターとは水源地から採取された後に沈殿や濾過処理、加熱殺菌以外がされていない水のことです。そのため水源地から採取されたままの状態に近く、天然の水の味わいがあります。

ナチュラルミネラルウォーターは地下水を原水としています。水に溶け込んだ鉱物由来のミネラル成分が多く含まれているため、水源地により味が異なります。

水の硬度

水には硬度というものがあり、含有されるカルシウムとマグネシウム等の量で硬水と軟水にわけられます。

軟水に分類される水には含有されるカルシウムとマグネシウム等が少なく、硬度は100mg/L未満となっています。

軟水は柔らかい口当たりが特徴で、料理に使うと出汁などの繊細な味わいを活かすことができます。ミネラル成分が少ないので、赤ちゃんのミルクにも使用できます。

硬水は硬度100mg/L以上あるもので、カルシウムとマグネシウム等が多く重い口当たりが特徴です。日本の水源地では軟水が多いですが、外国では硬水が多くなっています。

水の硬度

水の硬度

東京都水道局「水の硬度」より引用)

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーは、いつでも手軽においしい水が飲めるなどのメリットがある反面、デメリットもありました。

ウォーターサーバーのメリットとデメリットをご紹介します。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリット
  • いつでも冷温水が利用できる
  • 安全でおいしい水が飲める
  • 自然のミネラル成分が入っている
  • チャイルドロックがありお子様にも安全
  • 災害用の備蓄水になる
  • 買いに行く手間がいらない

ウォーターサーバーは、冷水もお湯もコップ1杯から手軽に利用できます。水を冷やす必要もなく、冷蔵庫がいっぱいなときでも冷たい水が飲めるのがうれしいですね。お湯もすぐに使えるので、忙しい朝でも熱いお茶が飲めます。

ウォーターサーバーは安全でおいしい水を飲むことができます。水は濾過処理されているので、有害物質が含まれている心配もありません。軟水なので赤ちゃんのミルク作りにも使用できます。

運動をしたときなどは発汗のため、体に必要なミネラル成分が失われています。微量の天然ミネラル成分が入っている天然水を飲めば、体にミネラル成分を補うことができます。

お子様のいるご家庭では、ウォーターサーバーをいたずらしてしまうことや、お湯で火傷をする心配もあります。チャイルドロックがあるウォーターサーバーなら、簡単にお湯を出すことができないため安全です。

ウォーターサーバーは水を切らさないように、ストックのウォーターボトルがあります。1ボトルが12リットル入りなど大容量で、ストックしておくと災害時の備蓄水になります。災害時に停電しても使うことができるウォーターサーバーもあります。

ペットボトル入りの水は重く買いに行くのも大変ですが、ウォーターサーバーは自宅まで届けてくれます。ウォーターサーバーはボトルを回収して再利用するものもあり、環境にやさしくなっています。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリット
  • お金がかかる
  • 設置する場所を用意しなければならない
  • 日常的なメンテナンスが必要
  • ウォーターボトルの交換が大変
  • 空容器を保管しておく場所がいる
  • 故障することもある

ウォーターサーバーの利用には水の購入費など、お金がかかります。おいしい水が手軽に飲める反面、水道水をそのまま使用するより費用が高くなります。

ウォーターサーバーの設置には置き場所が必要です。電源を使用して水を冷やしたり温めたりするため、ウォーターサーバーの周りに放熱させる空間も必要になります。

ウォーターサーバーの定期メンテナンスは、専門のスタッフがしてくれます。しかし、日常的なメンテナンスはご家庭でしなくてはなりません。ウォーターサーバー本体の汚れを掃除する手間がかかります。

ウォーターサーバーの水がなくなると、新しいウォーターボトルと交換しなくてはなりません。ウォーターボトルは12リットル入りが多く、重さもあります。女性など力がない場合には、持ち上げるのが大変です。

ウォーターサーバーのウォーターボトルには、環境にやさしく何回も使用できるリターナブルボトルがあります。ウォーターボトルの回収まで空容器を保管しておかなくてはならず、置き場所が必要です。

ウォーターサーバーは機械なので故障することがあります。故障すると、原因によっては修理費用が発生します。また、修理中はウォーターサーバーを使うことができなくなります。

ウォーターサーバーの月額費用の料金相場:3,300円~4,233円

ウォーターサーバーの料金相場

ウォーターサーバーの月額費用の料金相場は、3,300円~4,233円となっています。

ウォーターサーバーには月額費用がいくらかかるのか気になりますね。ウォーターサーバーの料金には、水の料金、サーバーレンタル料、配送料、その他手数料などがあります。

各社の料金体系が異なるため、ウォーターサーバーの月額費用を単純に比較することは難しく感じられます。

ウォーターサーバーの月額費用を比較するため、毎月かかる料金を調べました。水の購入ノルマなど、ウォーターサーバー各社が設定している最低利用料金をもとに比較していきます。

各社の通常プランの料金で、ウォーターサーバーの月額費用を比較しました。

アクアクララ「アクアスリム」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,124円~

ウォーターサーバー 

アクアクララ公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用(通常プラン)は、4,124円(水代1,512円/1本(x2本)+あんしんサポート料1,100円)となっています。

アクアクララの料金相場

アクアクララの料金相場

(※アクアクララ公式サイトより引用)

アクアスリム通常プラン(1年)2年割プラン(2年)
月額費用4,124円3,908円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,512円/1本

(2本)

1,404円/1本

(2本)

サーバーレンタル料0円0円
あんしんサポート料1,100円1,100円

(※アクアクララの料金一覧20210918日時点)

アクアクララ「アクアスリム」は床置き型のウォーターサーバーです。リターナブルボトルで、RO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水を使用しています。

月額費用の料金内訳は、ウォーターボトル(1本/12L)の料金とあんしんサポート料のみで、ウォーターサーバーのレンタル料金は無料です。

ウォーターサーバーの料金プランは、通常プランと2年割プランの2種類です。

契約期間は通常プランは1年、2年割プランは2年で中途解約をすると解約料(通常プラン6,600円、2年割プラン11,000円)がかかります。

アクアクララ
公式サイトはコチラ

運営会社名アクアクララ株式会社
商品名アクアクララ アクアスリム
料金4,124円〜
最低契約期間通常プラン…1年(中途解約料6,600円)
2年割プラン…2年(中途解約料11,000円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅275×奥313×高さ966mm
ボトル装着時:高さ約1,235mm
給水方式リターナブルボトル(1本/12L)
水の種類RO水
温度仕様冷水/5~12℃
温水/80~90℃
宅配エリア全国各地 ※離島、一部地域を除く(※詳しくはこちら
特徴水の購入ノルマはありませんが、水の注文本数は2本からになります。
公式HPhttps://www.aquaclara.co.jp/

アルピナウォーター「スタンダートサーバー」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,031円~

ウォーターサーバー 

アルピナウォーター公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、4,031円(水代1,134円/1本(x3本)+サーバーレンタル料629円)となっています。

アルピナウォーターの料金相場

アルピナウォーターの料金相場

(※アルピナウォーター公式サイトより引用)

スタンダードサーバー料金(税込)
月額費用4,031円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,134円/1本(3本)
サーバーレンタル料629円

(※アルピナウォーターの料金一覧20210918日時点)

アルピナウォーター「スタンダードサーバー」は床置き型のウォーターサーバーです。北アルプスの水源地から採取した原水をRO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水で、リターナブルボトルを使用しています。

ウォーターボトル(1本/12L)の料金とサーバーレンタル料が、毎月かかる月額費用です。水の購入は3本以上からの配送になります。

最低利用期間があり、1年以内に利用をやめると11,000円の解除料がかかります。

アルピナウォーター
公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社楽楽エージェント
商品名アルピナウォーター スタンダートサーバー
料金4,031円〜
最低契約期間1年(中途解約料11,000円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅270×奥370×高さ1,000mm
ボトル装着時:高さ約1,250mm
給水方式リターナブルボトル(1本/12L)
水の種類RO水
温度仕様冷水/約5℃
温水/約85℃
宅配エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県、栃木県・群馬県・福島県、愛知県、大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県(※詳しくはこちら
特徴水の購入ノルマはありませんが、3ヶ月間水の注文がないと事務手数料としてウォーターサーバー1台につき880円がかかります。
公式HPhttps://www.alpina-water.jp/

エブリィフレシャス「mini」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:3,300円~

ウォーターサーバー 

エブリィフレシャス公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、3,300円(サーバーレンタル料、浄水カートリッジ、配送料、その他手数料込み)となっています。

エブリィフレシャスの料金相場

エブリィフレシャスの料金相場

(※エブリィフレシャス公式サイトより引用)

mini料金(税込)
月額費用3,300円
水代水道料金

(※エブリィフレシャスの料金一覧20210918日時点)

エブリィフレシャス「mini」は、水道水を利用した水道水浄化型のウォーターサーバーです。卓上型で置き場所を取らず、一人暮らしの方にも向いています。

月額費用はサーバーレンタル料、浄水カートリッジ、配送料、その他手数料で定額制になっています。水道水を利用するので水道料金がかかります。

水道水をウォーターサーバーで濾過する浄水カートリッジが、6ヶ月に1回送られてくる定期配送になります。

契約期間は3年で、中途解約をすると解約料11,000円がかかります。

エブリィフレシャス
公式サイトはコチラ

運営会社名富士山の銘水株式会社
商品名エブリィフレシャス mini
料金3,300円〜
最低契約期間3年(中途解約料11,000円)
タイプ卓上型
本体サイズ幅250×奥295×高さ470mm
給水方式水道水浄化型
水の種類水道水
温度仕様冷水/5~10℃
温水/80~85℃
配達エリア沖縄及び離島など一部地域を除くすべての地域
特徴ウォーターサーバーに水道水を入れて使用するので、工事などは必要ありません。
公式HPhttps://every.frecious.jp/

クリクラ「クリクラサーバーL型」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:3,380円~

ウォーターサーバー 

クリクラ公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、3,380円(水代1,460円/1本(x2本)+あんしんサポートパック460円)となっています。

クリクラの料金相場

クリクラの料金相場

(※クリクラ公式サイトより引用)

クリクラサーバーL型料金(税込)
月額費用3,380円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,460円/1本(2本)
サーバーレンタル料0円
あんしんサポートパック460円

(※クリクラの料金一覧20210918日時点)

クリクラの「クリクラサーバーL型」は床置き型のウォーターサーバーです。リターナブルボトルを使用し、配達地域に近い採水地の原水をRO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水です。

月額費用の料金内訳は、ウォーターボトル(1本/12L)の料金とあんしんサポートパックの料金のみです。

水の購入ノルマは3ヶ月間に6本以上注文することが必要で、ノルマ本数に満たないとウォーターサーバーのレンタル料金(1,100円/月)がかかります。水の配送は2本からです。

契約期間の定めはありません。

クリクラ
公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社ナック
商品名クリクラ クリクラサーバーL型
料金3,380円〜
最低契約期間なし
タイプ床置き型
本体サイズ幅305×奥350×高さ990mm
給水方式リターナブルボトル(1本/12L)
水の種類RO水
温度仕様冷水/5~10℃
温水/80~90℃
宅配エリア全国各地 ※沖縄・離島など一部地域を除く(※詳しくはこちら
特徴あんしんサポートパックには、故障時の無償対応や年に1回のサーバーメンテナンスが含まれます。
公式HPhttps://www.crecla.jp/

コスモウォーター「smartプラス」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,104円~

ウォーターサーバー 

コスモウォーター公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、4,104円(水代2,052円/1本(x2本))となっています。

コスモウォーターの料金相場

コスモウォーターの料金相場

(※コスモウォーター公式サイトより引用)

smartプラス料金(税込)
月額費用4,104円
料金の内訳
水代(最低購入本数)2,052円/1本(2本)
サーバーレンタル料0円

(※コスモウォーターの料金一覧20210918日時点)

コスモウォーター「smartプラス」は床置き型のウォーターサーバーです。ワンウェイボトルを採用し、国内で採取された軟水の天然水を使用しています。

ウォーターボトル(1本/12L)の料金のみが、月額費用としてかかります。

ウォーターサーバーの契約は、毎月決まった水の本数が送られてくる定期配送です。定期配送の宅配周期の間隔は、最長で28日(4週間)に1回になります。

契約期間の定めはありませんが、2年以内に解約した場合にはサーバー引取手数料として9,900円がかかります。

コスモウォーター
公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社コスモライフ
商品名コスモウォーター smartプラス
料金4,104円〜
最低契約期間2年(中途解約のサーバー引取手数料9,900円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅300×奥340×高さ1,100mm
給水方式ワンウェイボトル(1本/12L)
水の種類天然水
温度仕様冷水/6~10℃
温水/80~90℃
宅配エリア全国各地 ※沖縄・離島など一部地域を除く
特徴1回に配送される水の最低本数は2本からです。
公式HPhttps://www.cosmowater.com/

サントリー天然水「ウォーターサーバー」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,050円~

ウォーターサーバー 

サントリー天然水公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用(スマートプラン)は、4,050円(水代1,350円/1箱 (x3箱 ))となっています。

サントリー天然水の料金相場

サントリー天然水の料金相場

(※サントリー天然水公式サイトより引用)

ウォーターサーバースマートプランバリュープラン
月額費用4,050円4.502円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,350円/1箱

(3箱)

1,134円/1箱

(3箱)

サーバーレンタル料0円0円
月会費1,100円

(※サントリー天然水の料金一覧20210918日時点)

サントリー天然水「ウォーターサーバー」は床置き型のウォーターサーバーです。南アルプスの水源地から採取されたナチュラルミネラルウォーターで、ダンボール箱入りのワンウェイボトルを使用しています。

月額費用の料金内訳は、ウォーターボトル(1箱/7.8L)の料金のみです。

2ヶ月間水の購入がないと、事務手数料として1,100円がかかります。1回に配送される水の最低箱数は3箱からになります。

ウォーターサーバーの料金プランにはスマートプランとバリュープランがあり、月に6箱以上購入する場合にはバリュープランがお得です。

サントリー天然水
公式サイトはコチラ

運営会社名サントリーホールディングス株式会社
商品名サントリー天然水 ウォーターサーバー
料金4,050円〜
最低契約期間2年(中途解約料9,900円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅300×奥340×高さ1,240mm
給水方式ワンウェイボトル(1箱/7.8L)
水の種類天然水
温度仕様冷水(2段階)4~9℃/12~15℃
温水(2段階)70~75℃/85~92℃
宅配エリア全国各地 ※一部、サービス対象外の地域あり
特徴ウォーターサーバーの最低利用年数は2年で、中途解約をすると解約金9,900円がかかります。
公式HPhttps://www.suntoryws.com/

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,233円~

ウォーターサーバー 

プレミアムウォーター公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用(基本プラン)は、4,233円(水代4,233円/2本)となっています。

プレミアムウォーターの料金相場

プレミアムウォーターの料金相場

(※プレミアムウォーター公式サイトより引用)

スリムサーバーⅢ基本プランPREMIUM3年パック
月額費用4,233円3,974円
料金の内訳
水代(最低購入本数)4,233円/2本(2本)3,974円/2本(2本)
サーバーレンタル料0円0円

(※プレミアムウォーターの料金一覧20210918日時点)

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」は床置き型のウォーターサーバーです。ワンウェイボトルで、水源地から採取された非加熱処理の天然水を使用しています。

ウォーターボトル(1本/12L)の料金のみが月額費用になり、2本1セットが最低購入本数になっています。

契約期間2年の基本プランと、水代が安くなる契約期間3年のPREMIUM3年パックがあります。

契約期間内に解約をすると、解約料(基本プラン10,000円、PREMIUM3年パック15,000円)がかかります。

プレミアムウォーター
公式サイトはコチラ

運営会社名プレミアムウォータ株式会社
商品名プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)
料金4,233円〜
最低契約期間基本プラン…2年(中途解約料10,000円)
PREMIUM3年パック…3年(中途解約料15,000円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅270×奥363×高さ1,276mm
給水方式ワンウェイボトル(1本/12L)
水の種類天然水
温度仕様冷水/約6℃
温水/約85℃
宅配エリア全国各地 ※離島など一部地域を除く
特徴初回のみ、初回登録事務手数料3,300円がかかります。
公式HPhttps://premium-water.net/

ワンウェイウォーター「smart」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,050円~

ウォーターサーバー 

ワンウェイウォーター公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、4,050円(水代1,350円/1本 (x3本))となっています。

ワンウェイウォーターの料金相場

ワンウェイウォーターの料金相場

(※ワンウェイウォーター公式サイトより引用)

smartプラスプレミアム料金(税込)
月額費用4,050円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,350円/1本 (3本)
サーバーレンタル料0円

(※ワンウェイウォーターの料金一覧20210918日時点)

ワンウェイウォーター「smart」は床置き型のウォーターサーバーです。ワンウェイボトルを使用し、ミネラル成分含有の天然水をRO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水です。

プラスプレミアムの月額費用の料金内訳は、ウォーターボトル(1本/12L)の料金のみで、サーバーレンタル料や配送料は無料になります。

定期購入契約になり、1ヶ月の水の最低購入本数は3本以上で配送間隔は最長20日です。

契約期間は2年で、中途解約をすると解約料9,900円がかかります。

ワンウェイウォーター
公式サイトはコチラ

運営会社名ワンウェイウォーター株式会社
商品名ワンウェイウォーター smart プラスプレミアム
料金4,050円〜
最低契約期間2年(中途解約料9,900円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅300×奥340×高さ1,100mm
給水方式ワンウェイボトル(1本/12L)
水の種類RO水
温度仕様冷水/6〜10℃
温水/80〜90℃
宅配エリア本州・四国・九州 ※北海道、沖縄、離島を除く
特徴足元ボトル設置型なので楽に取り付けることができます。
公式HPhttps://onewaywater.com/

ハミングウォーター「flows」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:3,300円~

ウォーターサーバー 

ハミングウォーター公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、3,300円(サーバーレンタル料、浄水フィルター、配送料込み)となっています。

ハミングウォーターの料金相場

ハミングウォーターの料金相場

(※ハミングウォーター公式サイトより引用)

flows料金(税込)
月額費用3,300円
水代水道料金

(※ハミングウォーターの料金一覧20210918日時点)

ハミングウォーター「flows」は水道水を使用した浄水型ウォーターサーバーです。床置き型で給水タンクの容量は4リットルあり、給水タンクに水道水を注いで使用します。

毎月定額制で料金の内訳には、サーバーレンタル料、浄水フィルター、配送料が含まれています。

水道水を利用しているため水道料金がかかります。

ウォーターサーバーには水道水を濾過する浄水フィルターがあり、定期配送で4ヶ月に1回送られてきます。

契約期間は2年で、中途解約をするとサーバー引取手数料16,500円がかかります。

ハミングウォーター
公式サイトはコチラ

運営会社名株式会社コスモライフ
商品名ハミングウォーター flows
料金3,300円〜
最低契約期間2年(中途解約のサーバー引取手数料:16,500円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅260×奥370×高さ1,200mm
給水方式水道水浄化型
水の種類水道水
温度仕様冷水/6~10℃
温水/80~90℃
宅配エリア全国各地 ※沖縄・離島はサービス対象外
特徴初回のみ出荷手数料(2,200円)が必要です。
公式HPhttps://www.hummingwater.com/

富士の湧水「ウォーターサーバー」のウォーターサーバーの月額費用の料金相場:4,128円~

ウォーターサーバー 

富士の湧水公式サイトより引用)

ウォーターサーバーの月額費用は、4,128円(水代1,645円/1本(x2本)+サーバーレンタル料838円)となっています。

富士の湧水の料金相場

富士の湧水の料金相場

(※富士の湧水公式サイトより引用)

ウォーターサーバー料金(税込)
月額費用4,128円
料金の内訳
水代(最低購入本数)1,645円/1本(2本)
サーバーレンタル料838円

(※富士の湧水の料金一覧20210918日時点)

富士の湧水「ウォーターサーバー(床置きタイプ)」は床置き型のウォーターサーバーです。富士箱根伊豆国立公園から採取した、天然ミネラル含有の天然水を使用しています。

月額費用の料金内訳は、ウォーターボトル(1本/12L)の料金とサーバーレンタル料です。

毎月注文しなければならない水のノルマはなく、1回の最低配送本数は2本からになります。

最低利用期間は1年で、中途解約をした場合には解約料5,500円がかかります。

富士の湧水
公式サイトはコチラ

運営会社名富士の湧水株式会社
商品名富士の湧水 ウォーターサーバー(床置きタイプ)
料金4,128円〜
最低契約期間1年(中途解約料5,500円)
タイプ床置き型
本体サイズ幅290×奥300×高さ1,200mm
給水方式ワンウェイボトル(1本/12L)
水の種類天然水
温度仕様冷水(2段階)6~12℃/12~16℃
温水(2段階)80~89℃/90~93℃
宅配エリア全国各地 ※沖縄・離島など一部地域を除く
特徴ダンボール箱に入った柔らかなワンウェイボトルで、環境にも配慮されています。
公式HPhttps://www.fujinoyusui.net/water/

ウォーターサーバーの月額費用の料金相場まとめ

ウォーターサーバーの月額費用の料金相場を以下の表にまとめました。

商品名月額料金料金内訳タイプ給水方式水の種類特徴
アクアクララ
アクアスリム
4,124円~・水代1,512円/1本(x2本)
・あんしんサポート料1,100円
床置き型リターナブルボトル
(1本/12L)
 RO水・サーバーレンタル料なし
・注文ノルマなし
アルピナウォーター
スタンダートサーバー
 
 4,031円~ ・水代1,134円/1本(x3本)
・サーバーレンタル料629円   
  床置き型   リターナブルボトル 
(1本/12L)
  RO水  ・北アルプスの純水を使用
・硬度数が1mg/L未満と超軟水   
エブリィフレシャス
mini
3,300円~・サーバーレンタル料、浄水カートリッジ、配送料、その他手数料卓上型水道水浄化型水道水・安心の定額制
・浄水用カートリッジは6ヶ月に1回、配送される
クリクラ
クリクラサーバーL型
3,380円~・水代1,460円/1本(x2本)
・あんしんサポートパック460円
床置き型リターナブルボトル
(1本/12L)
RO水・サーバーレンタル料なし
・ミネラルをバランス良く含んだ軟水
コスモウォーター
smartプラス
4,104円~・水代2,052円/1本(x2本)床置き型ワンウェイボトル
(1本/12L)
天然水・軟水の天然水
・定期的なメンテナンスは不要
サントリー天然水
ウォーターサーバー
4,050円~・水代1,350円/1本(x3本 )床置き型ワンウェイボトル
(1箱/7.8L)
天然水・南アルプスの天然水
・ミネラル分の少ない軟水
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
4,233円~ ・水代4,233円/2本床置き型  ワンウェイボトル
(1本/12L)
天然水・非加熱処理の天然水
・弱アルカリ性の軟水
ワンウェイウォーター smart プラスプレミアム4,050円~ ・水代1,350円/1本(x3本) 床置き型 ワンウェイボトル
(1本/12L)
RO水 ・業界最安クラスの価格設定
・サーバーレンタル料なし
ハミングウォーター
flows
3,300円~ ・サーバーレンタル料、浄水フィルター、配送料床置き型 水道水浄化型 水道水 ・定額料金、追加費用はなし
・浄水フィルターは4ヶ月に1回、配送される

富士の湧水
ウォーターサーバー
4,128円~ ・水代1,645円/1本(x2本)
・サーバーレンタル料838円
床置き型  ワンウェイボトル
(1本/12L)
天然水 ・富士箱根伊豆国立公園の天然水
・注文ノルマはなし

今回ご紹介したウォーターサーバーの月額費用が一番安かったのは、エブリィフレシャス「mini」、ハミングウォーター「flows」で3,300円、一番高かったのはプレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」で、4,233円でした。

各社により料金体系が異なるため、ウォーターサーバーの1ヶ月にかかる月額費用にも違いがみられました。

ウォーターサーバーには最低購入しなければならない水の個数が決められていたり、毎月定期的に配送される定期購入もあり、単純には比較しづらい印象を受けました。

月額費用に特徴があるウォーターサーバーには、以下のものがありました。

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを導入するときは、何を基準に選ぶのでしょうか。ウォーターサーバーを選ぶときに一番注目したいのは、水の種類かもしれませんね。

天然のミネラルを補給したい方には、天然水を使用したウォーターサーバーがよいでしょう。赤ちゃんやペットがいるご家庭では、ミネラル成分が少ない軟水が向いています。

また、ウォーターサーバーの機能も同じではなく、機種ごとに特徴があります。お子様がいるご家庭なら、チャイルドロックがあるウォーターサーバーを選ぶと安心です。

最高温度が高いウォーターサーバーがあると、カップラーメンなどをおいしく作ることができます。やや温めのお湯では、赤ちゃんのミルクを適温にできるのも嬉しいですね。

我が家のライフスタイルに合う、最適なウォーターサーバーの選び方をご紹介します。

ミネラル成分がある天然水を選ぶ

天然水は水源地から採取された、自然の風味があるのが特徴です。

自然のままの天然水には地層から溶け出したミネラル成分が含まれるので、体に必要なミネラルを摂取することができます。

ミネラル成分が含まれている天然水は味に深みがあるので、水をそのまま飲みたい方に向いています。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」は南アルプスから採取された、ナチュラルミネラルウォーターです。硬度は約30mg/Lの軟水なので、やわらかい口当たりです。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」には、国内の7ヶ所の採水地があります。非加熱処理なので、天然水のおいしさを味わうことができます。

富士山の標高950mにある採水地から採取された、天然水を使用しているのが富士の湧水「ウォーターサーバー」です。硬度24mg/Lの軟水に天然ミネラルのバナジウムが含まれ、まろやかな口当たりになっています。

富士の湧水

富士の湧水

富士の湧水公式サイトから引用)

コスモウォーター「smartプラス」は、国内の3ヶ所の採水地から採取された天然水を使用しています。天然水を素早くボトルに充填し出荷する、新鮮さが特徴です。軟水なので、赤ちゃんでも安心して飲めます。

軟水のRO水を選ぶ

RO膜(逆浸透膜)を使用し、水を濾過したものをRO水といいます。

不純物やミネラル成分も除かれた純水に近く、水の味わいはありません。RO膜(逆浸透膜)は有害物質を限りなく取り除くので、安全な水を求める方に向いています。

ウォーターサーバーで使用されるRO水には、軟水の範囲でミネラル成分が添加され、水の味わいを出しているものもあります。

アクアクララ「アクアスリム」は水をRO膜(逆浸透膜)を使用し、濾過したRO水にミネラル成分を添加しています。ミネラル調整があるため、水に味を感じることができます。

アルピナウォーター「スタンダートサーバー」は、天然水をRO膜で濾過したRO水です。水の硬度は1mg/L未満の軟水で、水の粒子がとても細かいため体に吸収されやすくなっています。

アルピナウォーター

アルピナウォーター

アルピナウォーター公式サイトから引用)

クリクラ「クリクラサーバーL型」は、RO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水です。硬度は30mg/Lで非加熱殺菌の軟水で、やわかい口当りになっています。

ワンウェイウォーター「smart」は、RO膜(逆浸透膜)で濾過した天然水を使用しています。天然のミネラル成分を残しているので水に味わいがあります。

たくさん使える水道水を選ぶ

水道水の水源には河川やダム湖、井戸水があり水道法により水質基準が定められているので、安全に飲むことができます。

水道の蛇口からいくらでも、たくさん使えます。料理などに水を多く使用する場合には、水道水を使用するウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

消毒殺菌されているため、水道水には多少の残留塩素があり臭いが気になることもあります。浄水器で濾過することで臭いなどを軽減することができます。

エブリィフレシャス「mini」は、水道水浄化型のウォーターサーバーで、貯水タンクに水道水を注いで使用します。浄水カートリッジが16物質の有害物質を取り除き、カビ臭やカルキ臭のないおいしい水が飲めます。貯水タンクに水が残っていても継ぎ足して使え、水を切らす心配もありません。

エブリィフレシャス「mini」

エブリィフレシャス「mini」

エブリィフレシャス公式サイトから引用)

ハミングウォーター「flows」は水道水浄化型のウォーターサーバーで、水道水を貯水タンクに注いで使用します。2種類の浄水フィルターで水道水を濾過し、12種類の有害物質の除去ができます。給水タンクの容量は4リットルあり、料理にも気兼ねなく使えるのが嬉しいですね。

停電時も備蓄水として使用できる

ウォーターサーバーがあると水のストックができ、備蓄水としても役立ちます。しかし、災害が起きたとき停電すると使えない、では困りますね。

災害時に停電がおきても、使用できるウォーターサーバーがあります。ウォーターサーバーを備蓄水として使用したい方に向いています。

クリクラ「クリクラサーバーL型」は、災害時に停電が起きても使用することができます。電源がないので冷水や温水は出ませんが、ウォーターサーバーから常温の水が使えます。

富士の湧水「ウォーターサーバー」は停電時に、ストックの水を備蓄水として使用できます。水パック専用非常時用コックをストックの水に差し込み、手動でコップなどに注ぎます。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」は、非常時用コックをストックの水に差し込んで使います。ウォーターサーバーの水は使えないですが、ストックの水を手動で使用します。

ハミングウォーター「flows」は、災害時に停電が起きても使えます。オプション販売の「非常用電源ユニット」(1,760円)を使用することで、ウォーターサーバーから水を出すことができます。使用できるのは常温水のみです。

ハミングウォーター「flows」

ハミングウォーター「flows」

ハミングウォーター公式サイトから引用)

チャイルドロックがある

小さなお子様がいるご家庭では、ウォーターサーバーがいたずらや事故につながる恐れがあります。ウォーターサーバーのお湯はかなり高温なので、間違って出してしまったときの火傷も心配ですね。

チャイルドロックがあれば簡単に水やお湯が出せず、事故の心配もありません。とくにいたずら盛りのお子様がいるご家庭では、簡単にロックを外せないウォーターサーバーを選ぶと、より安心できます。

二重チャイルドロックがあるのは、サントリー天然水「ウォーターサーバー」です。初期設定で冷水、温水のどちらにもロックがかかっています。

使用時はロック解除ボタンを押してから、冷水やお湯のボタンを押し水を出します。大人だけのご家庭では、ロック機能をあらかじめ解除しておけば二重にボタンを押す必要はありません。

富士の湧水「ウォーターサーバー」には、二重チャイルドロックがついています。パネル式ボタンにはチャイルドロックがあり、使用するときは解除ボタンを押してから水を出します。小さなお子様には操作がしづらいので、いたずらや事故防止になります。

コスモウォーター「smartプラス」のチャイルドロックには、3つの設定があります。冷水と温水にチャイルドロックがあり「常時ロック」「常時フリー」「ボタンを押して作動」の3種類から設定を選べます。

コスモウォーター「smartプラス」

コスモウォーター「smartプラス」

コスモウォーター公式サイトから引用)

お子様のいるご家庭では「常時ロック」で完全に出ないようにしておけば、いたずらや事故の心配もなく安心です。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」は、冷水も温水にもチャイルドロックがかかります。チャイルドロックにチャイルドロックボタンカバーがあり、お子様には押しづらく間違って水を出してしまうことを防ぎます。

さらにダブルロックカバーがあり、これをチャイルドロックボタンカバーに取り付けると、水を出すことができません。お子様のいたずらや事故の防止になり安心です。

温水にチャイルドロックがあるのは、アクアクララ「アクアスリム」、アルピナウォーター「スタンダートサーバー」、クリクラ「クリクラサーバーL型」、ワンウェイウォーター「smart」、ハミングウォーター「flows」です。

4段階の温度設定がある

4段階の温度設定が使用できるウォーターサーバーは、家族が多いご家庭に向いています。

ウォーターサーバーの温水が90℃まで出るものでは、カップラーメンやカップスープなどをおいしく作ることができます。赤ちゃんのミルクを適温で作るには、温水の設定が弱めにできるウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」には、4段階の温度設定があります。冷水には通常モード(4~9℃)と弱冷モード(12~15℃)の2段階があり、冷たい水を飲みたい方に向いています。

温水では通常モード(85~92℃)と弱温モード(70~75℃)の2段階のお湯が出ます。ミルクを適温で作ることができるので、赤ちゃんのいるご家庭によいでしょう。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」

サントリー天然水「ウォーターサーバー」

サントリー天然水公式サイトから引用)

富士の湧水「ウォーターサーバー」は4段階の温度設定から水温が選べます。冷水は冷水モード(6~12℃)、弱冷モード(12~16℃)の2段階あり、常温に近い水を飲みたい方に向いています。

温水は高温モード(90~93℃)、温水モード(80~89℃)の2段階が使えます。高温モードは90℃以上のお湯が出るので、カップラーメンやカップスープなど食事を作るときに便利です。

90℃以上のお湯が出るウォーターサーバーは、アクアクララ「アクアスリム」、クリクラ「クリクラサーバーL型」、コスモウォーター「smartプラス」、ワンウェイウォーター「smart」、ハミングウォーター「flows」です。

ご家庭にあったウォーターサーバーの選び方には、次の方法があります。

水道水を使用しているウォーターサーバー

ウォーターサーバーの料金を安くする方法

ウォーターサーバーの料金を安くする方法

いつでも安全でおいしい水が飲めるウォーターサーバーは、我が家にも欲しいものです。しかし、料金の高さも気になるところ。家族が多くなれば水も消費するので、できれば料金は安くしたいですね。

ウォーターサーバーには初めての方を対象に、新規加入割引を用意しているところもあります。

また、無料お試しがあるウォーターサーバーでは本契約の前に利用して、使い勝手をみるのもよいでしょう。

現在使っているものに不満がある場合、乗り換え割引を使うこともウォーターサーバーを安くする方法のひとつです。

安全でおいしい水を使いたい方に、ウォーターサーバーの料金を安くする方法をご紹介します。

新規加入割引

ウォーターサーバーの料金を安くするには、新規加入割引を利用するという方法があります。

アクアクララ「アクアスリム」の「サンキューセット」は、新規加入者を対象にした特別料金です。通常ならかかる「あんしんサポート料」が無料になり、さらに2本のウォーターボトルが付いてきます。

通常料金では6,324円かかるところ、特別料金999円で契約することができ、最大5,325円も安くなります。

コスモウォーター「smartプラス」の新規加入割引には、「初月0円キャンペーン」があります。

期間限定(2021年9月30日まで)のキャンペーンで通常料金が2,054円の天然水ボトル2本が無料になります。通常料金から4,108円安くなり、さらに抽選で商品が当たるキャンペーンにも参加できます。

コスモウォーター初月0円キャンペーン

コスモウォーター初月0円キャンペーン

コスモウォーター公式サイトから引用)

サントリー天然水「ウォーターサーバー」は新規加入すると、通常料金1,350円の天然水7.8リットルのボックスが2箱無料になります。通常料金から2,700円安くなるのでお得感があります。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」は新規加入をWEB経由で申し込むと、2,000円分のQuoカードがもらえます。2021年9月5日までの期間限定です。

乗り換え割引

現在使用しているウォーターサーバーから、新しく乗り換える方を対象にした割引が乗り換え割引です。乗り換え割引を利用すると、ウォーターサーバーの料金を安くすることができます。

ウォーターサーバーは実際に使ってみないとわからないこともあり、不満がある場合には乗り換えてみるのもよさそうです。

アルピナウォーター「スタンダートサーバー」の乗り換え割引は、期間限定(2021年9月30日まで)の「ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン」です。

アルピナウォーター「スタンダートサーバー」

アルピナウォーター「スタンダートサーバー」

アルピナウォーター公式サイトから引用)

他社のウォーターサーバーから乗り換えると10,000円キャッシュバックがあり、契約初月はサーバーレンタル料が無料になります。さらに、12リットルのウォーターボトル4本も無料です。

通常料金ではサーバーレンタル料が629円/月、12リットルボトル4本が4,536円なので、15,165円安くなります。

クリクラ「クリクラサーバーL型」は新規で他社から乗り換えをする方を対象に割引をしています。

「クリクラにのりカエルとお得だゾ!キャンペーン」では新規乗り換え契約をすると、クオカード3,000円と水のボトル2本が無料です。水のボトル2本は通常料金2,920円なので5,920円安くなります。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」の乗り換え割引は、他社のウォーターサーバーから乗り換える方を対象にしています。

天然水ボックス7.8リットル2箱が無料になり、JCBギフトカード8,000円分がもらえます。天然水ボックス7.8Lリットル2箱は通常料金2,700円なので合計すると10,700円安くなります。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」の乗り換え割引は、他社のウォーターサーバーから乗り換える方が利用できます。他社サービスを解約するときに発生する解約料が最大16,500円キャッシュバックされます。

プレママや子育て家族に割引がある

小さなお子様がいるご家庭や妊娠中のママでは、重いペットボトルを購入するのは大変です。プレママやマタママ、授乳中のママの飲む水は赤ちゃんの健康に影響するので、体によい水を飲みたいものですね。

赤ちゃんのいるご家庭では、ミルク作りにウォーターサーバーが役立ちます。ママを応援する割引があるので、利用するとウォーターサーバーの料金を安くすることができます。

アクアクララ「アクアスリム」には、小さいお子様のいるご家庭を対象にした「子育てアクアプラン」割引があります。妊産婦から未就学の6歳以下のお子様がいるご家庭が対象で、利用料金から毎月550円が割引されます。毎月550円が安くなるのはうれしいですね。

また「子育てアクアお試しセット」では最大3ヶ月、ウォーターサーバーと水のボトル5本が2,700円でお試しすることができます。ウォーターボトル12リットルが1,460円なので、4,600円安くなります。

クリクラ「クリクラサーバーL型」には、プレママや1歳未満のお子様がいるご家庭を対象にした「クリクラママになろう!キャンペーン」があります。

通常料金1,460円の12リットル入りウォーターボトルが、最大9本無料になります。最大9本利用した場合には、13,140円安くなります。

クリクラ「クリクラサーバーL型」

クリクラ「クリクラサーバーL型」

クリクラ公式サイトから引用)

無料お試しを利用する

初めてウォーターサーバーを契約するときには、どれを選べばよいのか悩みますね。一度契約してしまうと変更するのは、なかなか大変です。

契約をする前にお試しでウォーターサーバーを使うと、よい点や気に入らないことがわかってきます。無料お試しを利用することで、ウォーターサーバーの料金を安くすることができます。

アクアクララ「アクアスリム」には「無料お試しセット」があり、ウォーターサーバーとウォーターボトル1本が無料になります。お試し期間は1週間で通常はかかる、あんしんサポート料も無料です。

通常料金ではウォーターボトル12リットル1本が1,512円、あんしんサポート料が1,100円なので2,612円安くなります。

アクアクララの無料お試しセット

アクアクララの無料お試しセット

アクアクララ公式サイトから引用)

クリクラ「クリクラサーバーL型」では、ウォーターサーバーとウォーターボトル1本が無料お試しできます。ウォーターボトル12リットル1本の通常料金は1,460円になります。無料お試し期間は1週間で1,460円安く利用できます。

長期契約で安くなる

ウォーターサーバーは契約年数により料金が異なります。期間が長い契約では割引があり、契約年数が長いプランほど、ウォーターサーバーの料金を安くすることができます。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」には、契約期間が長くなると料金が安くなる割引があります。「基本プラン」の契約年数は1年で、天然水の料金は12リットル2本セットで4,233円になります。

契約期間が3年の「PREMIUM3年パック」では、天然水の料金が12リットルのウォーターボトル2本が3,974円になります。「基本プラン」と比べると「PREMIUM3年パック」を契約をするほうが、259円安くお得です。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」

プレミアムウォーター公式サイトから引用)

アクアクララ「アクアスリム」の契約プランには、「通常プラン」と「2年割プラン」があります。「通常プラン」のウォーターボトル12リットルの料金は、1,512円です。

契約年数が2年の「2年割プラン」では、ウォーターボトル12リットルの料金が、1,404円になるので、通常プランより108円安くなります。

購入本数が多いと安くなる

ご家族が多いご家庭では、水の消費量も多くなりますね。おいしい水は遠慮しないで飲みたいものです。水の使用料が多い場合には注文本数を多くすることで、ウォーターサーバーの料金を安くできます。

サントリー天然水「ウォーターサーバー」では、ウォーターサーバーの契約プランが2つあります。注文本数が多い方向けの「バリュープラン」では割引料金があり、水の料金が安くなります。

「通常プラン」の1箱の水の料金は、1,350円ですが、注文本数が多い「バリュープラン」にすると、水1箱の料金が16%安い1,134円で購入できます。

「バリュープラン」の注文は3箱単位で4週間に1回の配送では、6箱以上注文すると水の料金が安くなります。6箱注文で304円、9箱注文で1,006円安くなりお得です。「バリュープラン」は水の料金の他に月会費(1,100円)がかかります。

サントリー天然水のバリュープラン

サントリー天然水のバリュープラン

サントリー天然水公式サイトから引用)

割引を利用し、ウォーターサーバーの料金を安くすることができるのは以下になります。

購入本数が多いと割引がある

ウォーターサーバーの料金相場と選び方、安くする方法まとめ

ウォーターサーバーの月額費用の料金相場は、3,300円~4,233円でした。

ウォーターサーバーの月額費用が一番安かったのは、エブリィフレシャス「mini」、ハミングウォーター「flows」で3,300円、一番高かったのはプレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」で、4,233円でした。

ウォーターサーバーの1ヶ月にかかる月額費用は、各社料金体系が異なるため、単純に比較しづらい印象を受けました。

ウォーターサーバーの月額費用には、最低購入しなければならない水の個数など、最低利用料金というものがありました。

ウォーターサーバーの選び方では、水の種類やサーバーの機能に特徴がありました。

小さいお子様がいるご家庭には、二重チャイルドロックがあるウォーターサーバーが向いていました。また、災害時に停電になっても使えるウォーターサーバーもありました。

水道水を使用しているウォーターサーバー

ウォーターサーバーの料金を安くする方法には、新規加入割引や乗り換え割引、無料お試しがありました。

購入本数が多いと割引がある

我が家にウォーターサーバーがあると、手軽に水分を補給することができ、熱中症予防にも役立ちます。家族が健康でいられるためには、毎日飲む水はとても大切です。

小さなお子様がいるご家庭では、安全に使えるウォーターサーバーを選びたいもの。安全でおいしい水を選んであげたいですね。

赤ちゃんにもやさしく、ママにも便利な家族の中心になれる、ウォーターサーバー選びの参考にしてくださいね。

ウォーターサーバーの月額費用の比較表

画像ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー ウォーターサーバー 
名称アクアクララ
アクアスリム
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
エブリィフレシャス
mini
クリクラ
クリクラサーバーL型
コスモウォーター
smartプラス
サントリー天然水
ウォーターサーバー
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
ワンウェイウォーター
smart プラスプレミアム
ハミングウォーター
flows
富士の湧水
ウォーターサーバー
料金相場4,124円〜4,031円〜3,300円〜3,380円〜4,104円〜4,050円〜4,233円〜4,050円〜3,300円〜4,128円〜
タイプ床置き型床置き型卓上型床置き型床置き型床置き型 床置き型 床置き型 床置き型 床置き型
給水方法リターナブルボトル
(1本/12L)
リターナブルボトル
(1本/12L)
水道水浄化型リターナブルボトル
(1本/12L)
ワンウェイボトル
(1本/12L)
ワンウェイボトル
(1箱/7.8L)
ワンウェイボトル
(1本/12L)
ワンウェイボトル
(1本/12L)
水道水浄化型 ワンウェイボトル
(1本/12L)
水の種類 RO水 RO水 水道水 RO水 天然水 天然水 天然水 RO水 水道水 天然水
特徴月々に必要になるのはあんしんサポート料とボトル代のみです。北アルプスの天然水をろ過して作られた超軟水です。専用の貯水タンクに水道水を注ぐだけで綺麗な水に変わります。560の産院で使用されてる実績を持つ安心・安全な水です。国際的な味覚品評会や水のアカデミー賞で受賞するなどの実績があります。南アルプスのナチュラルミネラルウォーターです。 2021年モンドセレクションで優秀品質最高金賞した「非加熱処理」の天然水です。 独自の製造方法によりバランスよくミネラルが含まれた水です。水道水が浄水専用フィルターによって美味しい水に生まれ変わります。 富士箱根伊豆国立公園の地下200mを超える深井戸から組み上げた天然水です。
公式リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る