バーチャルオフィスの料金相場と選び方、安くする方法

オフィスビジネス

自宅でも起業することは可能ですが、やはり仕事とプライベートの区別はつけたいですよね。しかしオフィスを開くほど資金がない。そんな時に役に立つのがバーチャルオフィスです。

事業が軌道に乗ったら自分のオフィスを持ちたいけれども、最初は開業資金を節約したいと言う方や、都内の一等地を会社の住所にしてブランディング化を図りたい方など、さまざまな目的で利用することができます。

この記事では、バーチャルオフィスの料金相場と選び方、もっとお得に利用する方法などを解説していますので、是非バーチャルオフィス選びの参考にしてください。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスはレンタルオフィスと同じものと思っている人も多いようですが、バーチャルオフィスとレンタルオフィスは全くの別物です。

レンタルオフィスは、仕事場としてオフィス空間を借りるものです。

それに対してバーチャルオフィスは、登記や連絡先として住所を借りるものなので、オフィス空間の貸し出しはありません。

起業のために必要な登記住所や、会社の連絡先としての住所、電話や顧客対応、郵送物の管理などの連絡業務をサービスとして提供するのがバーチャルオフィスになります。

バーチャルオフィスでできること

バーチャルオフィスにはどんなメリットがあるのでしょうか?バーチャルオフィスを借りるとできることを紹介します。

法人の登記が可能

起業するには会社の登記が必要です。バーチャルオフィスでは用意された拠点の好きな住所を会社の住所として登記することができます。

オプションで登記作業の代行を行ってくれるところもありますので、開業時の手間を大幅に減らすことができます。

郵送物の受け取りサービス

バーチャルオフィスの住所を郵送物の発走先に指定すると、届いた郵送物を保管してくれます。オフィスまで自分が取りにいくか、転送サービスを申し込むことで自宅を発送先に指定しなくても、郵送物を受け取ることが可能です。

転送サービス

引用元:スタートアップ

電話代行サービス

起業したら会社の電話への問い合わせが増えてきます。自身の携帯電話を問い合わせ番号とする方法もありますが、企業の連絡先電話番号が固定電話ではなく、携帯番号だけではお客様にあまりいいイメージを与えません。

バーチャルオフィスの電話番号を指定しておくことで、かかってきた電話を携帯や自宅の固定電話に転送したり、オペレーターに対応してもらうことが可能です。

電話代行サービス

引用元:レゾナンス

会社のブランディング化

会社の住所を六本木や銀座など都内の一等地にすることで、会社のブランディング化を行うことができます。逆に東京在住の方が、福岡や札幌のバーチャルオフィスを利用して、地元企業としてアピールすることも可能です。

企業のブランディング化

引用元:ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィスの料金相場:700円~11,000円

バーチャルオフィスの料金相場は700円~11,000円と幅広いです。立地条件やプランに組み込まれたサービス内容によって差がでてきます。

格安プランでオプションサービスをつけるよりも、価格が多少高くてもプラン内のサービスが充実している方が安く済む場合もあるので比較してみてください。

レゾナンスのバーチャルオフィス料金相場:3,300円~7,700円

レゾナンスのバーチャルオフィスの料金相場は3,300円~7,700円になっています。

レゾナンスは都内に4店舗のバーチャルオフィスを運営しています。浜松町、渋谷、新宿、銀座と全て都内の一等地になりますので、オフィスのイメージに合わせた場所を選ぶことが可能です。

バーチャルオフィスのプランは4種類用意されており、登記の住所登録と郵送物転送だけなら最安値のプランで十分!バーチャルオフィスの機能をフルに利用したいならば秘書代行やオペレーターでの電話対応を利用する最上級プランが用意されています。

レゾナンスの各拠点には常駐スタッフおり、訪問されたお客様への対応や届いた郵送物をいつでも取りにいくことが可能です。また、会員専用のマイページを利用することで、郵送物の到着状況をリアルタイムで把握することができるのも魅力の1つです。

レゾナンスのプラン

引用元:レゾナンス

格安バーチャルオフィスコース3,300円住所・郵送
転送電話2点セットコース5,500円住所・郵送・電話
転送電話3点セットコース6,600円住所・郵送・電話・FAX
電話秘書代行セットコース7,700円住所・郵送・電話・FAX・電話対応

ゼネラルリサーチの「バーチャルオフィス顧客満足度部門」では2019年~2022年まで3年連続1位に輝いた実績があり、長期契約お客様やリピーターのお客様が多いのも特徴の1つです。

フリーナンスのバーチャルオフィスの料金相場:770円~2,400円

フリーナンスのバーチャルオフィスの料金相場は770円~2,400円になっています。

フリーナンスはGMOあおぞらネット銀行やGMOクリック証券などの大手金融機関を手掛けるGMOグループが運営する金融サービスの会社です。

2022年2月からバーチャルオフィスの運営も開始!現在は東京の銀座と福岡に2店舗のオフィスを用意しております。

フリーナンスのプラン

引用元:フリーナンス

フリーナンスの特徴は業界最安値と自負する利用料金の安さ。ライトプランは月額700円でバーチャルオフィスを利用することが可能です。

プラン名月額料金プラン内容
ライトプラン770円~住所(登記NG)、転送月1回
スタンダードプラン2,400円~住所(登記OK)、転送週1回

郵便物の転送や会社のブランディング化のためにバーチャルオフィスを利用する方にとっては非常に経済効果が高くおススメです。

ライトプランの住所は登記住所として利用することができないので、これから起業される方は上位プランのスタンダードプランがおすすめです。

既に登記登録を済ませている方で、東京や福岡へ進出の足掛かりとされる方ならばコストパフォーマンスの高いライトプランを利用するのがおすすめですね。

スタートアップのバーチャルオフィス料金相場:1,780円

スタートアップのバーチャルオフィスの料金相場は1,780円です。

スタートアップは、東京都の一等地青山でバーチャルオフィスの運営を行っています。広告宣伝費を極力まで削減し必要なサービスのみを提供するシンプルなプランでバーチャルオフィスを用意、格安料金での提供が可能になりました。

拠点は青山のみになりますが、格安プランのサービスでも電話対応がセットされており本格的にビジネスを始める方には最適なプランと言えるでしょう。

オンラインで申込~契約まで完結することが可能なので、時間のない方でもすぐにバーチャルオフィスを契約することができます。

スタートアップのプラン

引用元:スタートアップ

プラン名月額料金プラン内容
バーチャルオフィスプランB1,780円住所・郵送・電話・電話対応

スタートアップの返金保証システム

引用元:スタートアップ

スタートアップの特徴は、30日間の返金保証がついていることです。バーチャルオフィスを利用して会社登録を行い起業を目指していたけれども、バーチャルオフィスの住所の為、ビジネスの目標が達成できなかった場合は初期費用と月額費用を迅速に返金するシステムです。

返金システムが用意されているので、初めてバーチャルオフィスを使って起業を考えている方でも安心して利用することができるでしょう。

fabbitのバーチャルオフィス料金相場:3,828円~11,000円

fabbitのバーチャルオフィスの料金相場は3,828円~11,000円になっています。

fabbitは東京都内の10ヶ所をはじめとして、国内に23拠点アメリカ、バンコクなど海外にも拠点を持つバーチャルオフィスです。

拠点によって月額には差があり、一番安い日本橋のバーチャルオフィスは月額3,828円から利用可能です。最近はネットビジネスで海外との取引を行う方も増えてきました。海外に23拠点を持つfabbitなら海外進出への足掛かりとして、とても役に立つと思います。

fabbitのプラン

引用元:fabbit

拠点月額料金プラン内容
日本橋3,828円住所・郵便
小倉5,500円住所
銀座11,000円住所
サンフランシスコ5,000円住所

また、起業のためのセミナーやイベントを随時開催しており、これから起業を目指す方にとってバーチャルオフィスとしてだけではなく、様々な面でのサポートも行っています。

カスタマープラスのバーチャルオフィス料金相場:5,217円~10,434円

カスタマープラスのバーチャルオフィスの料金相場は5,217円~10,434円になっています。

カスタマープライスは2008年の創業以来、バーチャルオフィスを15年間運営している老舗ブランドです。都内には11拠点のオフィスがありますが、その6拠点が自社所有物件であることが強みです。

バーチャルオフィスを運営している企業の中には、賃貸で借りているビルをバーチャルオフィスとして貸し出しているところも少なくありません。賃貸物件の場合ビルのオーナーの都合によっての移転のリスクが伴います。

運営会社がオーナーとなることで長期に渡って安定した運営が可能となります。

カスタマープラスのプラン

引用元:カスタマープラス

プラン名月額プラン内容
住所プラン5,217円住所・郵送
電話転送プラン10,434円住所・郵送・電話・FAX

プランは2つで上位プランには電話受付のサービスがついています。プランの価格がかなり違うので、自分に必要なサービスを考えてどちらのプランにするか決めるのがいいでしょう。

Karigoのバーチャルオフィス料金相場:3,300円~10,400円

Karigoのバーチャルオフィスの料金相場は3,300円~10,400円になっています。

Karigoはバーチャルオフィスの先駆けと言っていいでしょう。まだバーチャルオフィスの存在が知られていなかった2006年に創業!最初は1店舗からのスタートでしたが、今年で既に16年の運営実績を誇り、店舗数も全国で53拠点まで伸ばしています。

北海道から沖縄までの各主要都市に拠点があるため、地方での起業を目指す方や副業のために郵送先、電話連絡先を用意したい方に適しています。

Karigoのプラン

引用元:Karigo

内容をシンプルにしてコストパフォーマンスに優れたホワイトプランから、電話代行までやってもらえるオールインワンサービスのオレンジプランまで3つのプランが用意されているので、目的によって予算に合ったプランを利用することが可能です。

プラン名月額プラン内容
ホワイトプラン3,300円住所・郵送
ブループラン8,300円住所・郵送・電話転送
オレンジプラン10,400円住所・郵送・電話代行

ユナイテッドオフィスの料金相場:3,500円~9,000円

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスの料金相場は3,500円~9,000円になっています。

ユナイテッドオフィスは銀座・青山をはじめとした東京都内の一等地に9拠点を構える老舗のバーチャルオフィスです。創業から18年バーチャルオフィスを運営しており、信頼性が高いとの評判が多く、ロータリークラブをはじめとした数多くの法人企業が利用しています。

会議室を併設しており、契約者の方は都内9拠点すべての会議室を利用することが可能なので、利便性は非常に高いです。

プランはシンプルなメールボックスプランからサービス内容が充実したテレボックス2プランまで4つのプランが用意されており、内容とコストに見合ったプランを選ぶことが可能です。

ユナイテッドオフィスのプラン

引用元:ユナイテッドオフィス

月額プラン内容
メールボックスプラン3,500円住所・郵送・会議室
メールボックス通知プラン4,000円住所・郵送・郵送物通知・会議室
テレボックスプラン7,000円住所・郵送・電話・FAX・会議室
テレボックスプラン29,000円住所・郵送・電話代行・FAX・会議室

バーチャルオフィスの料金相場比較まとめ

バーチャルオフィスの料金相場を比較してみました。各社で用意している最安値プランの月額料金と初期料金。住所が登記住所として利用できるかの比較表になります。

運営会社プラン名初期費用月額料金登記
レゾナンス格安バーチャルオフィスコース5,500円3,300円
フリーナンスライトプラン0円770円×
スタートアップバーチャルオフィスコースB5,000円1,780円
fabbit日本橋店0円3,828円
カスタマープラス住所プラン10,267円5,217円
Karigoホワイトプラン5,500円3,300円
ユナイテッドオフィスメールボックスプラン6,600円3,500円

価格重視で選ぶと、最も安いのはフリーナンスのライトプランが月額700円です。ただしこのプランは登記住所として利用することができないので、これから起業を予定している人には向いていません。

登記住所に利用できるプランで一番安いのはfabbitの日本橋店です。初期費用は無料で月額料金も安いのですが、基本プランのサービスが少なく郵便転送などもオプション料金となってしまいます。

バーチャルオフィスを選ぶ際は、価格はもちろんのことサービス内容もしっかり確認して選ぶことをおすすめします。

バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスを選ぶ時は、何を重視したらいいでしょうか?
ここではバーチャルオフィスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

立地・拠点数で選ぶ

バーチャルオフィスを利用する際に確認しておきたいのが、店舗の立地場所と拠点数です。会社のブランディング化のためにバーチャルオフィスを利用するならば、都内の一等地を住所にすることが効果的です。

バーチャルオフィス店舗一覧

また、所有している拠点が多いほど自分の目的にあったバーチャルオフィスを選択することが可能になります。

バーチャルオフィス銀座青山六本木渋谷国内拠点海外拠点
レゾナンス4拠点
フリーナンス2拠点
スタートアップ1拠点
fabbit23拠点23拠点
カスタマープラス11拠点
Karigo53拠点1拠点
ユナイテッドオフィス9拠点

拠点数が多いのはKarigoの国内53拠点です。札幌から沖縄まで全国の主要都市をカバーし、都内でも六本木地区を含めた一等地に拠点があります。

海外拠点を考えている方ならfabbitの拠点数が魅力だと思います。アメリカやハワイ、イギリス、バンコク、シンガポールといった海外の主要都市23拠点の住所を利用することが可能です。

オプションサービスの多さで選ぶ

バーチャルオフィスのオプションサービス

起業のための登記住所だけが必要という方もいらっしゃいますが、実際、会社を運営していく上でいろいろな作業が必要となります。

設立当初は資金を抑えたいのは当然ですが、スタッフが少ない場合作業に追われてせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことだって考えられます。

バーチャルオフィスでは、様々なオプションサービスを用意しているので、オプションの内容や料金でオフィスを比較し選択するのもおすすめです。

主なオプション電話転送専用FAX電話秘書代行
レゾナンス2,200円1,100円4,400円
fabbit2022年開始予定1,078円5,500円
Karigo基本サービスなし基本サービス
フリーナンスなしなしなし
スタートアップ1,080円~1,080円980円(10コールまで)
カスタマープラス基本サービス基本サービスなし
ユナイテッドオフィス基本サービス基本サービス基本サービス

※料金は月額のオプション料金です

転送サービスで選ぶ

バーチャルオフィスに送られてきた郵送物を転送するサービスは各社とも基本サービスに組み込まれていますが、各社のプランによって転送の回数などに違いがあります。

バーチャルオフィスの転送サイクル

それほど郵送物が届かない予定ならば、週1~2回でも十分ですが郵送物が毎日のように送られてくることが想定されるならば転送回数が多いバーチャルオフィスを選ぶのがいいでしょう。

郵便転送転送料金
レゾナンス月4回有料
fabbit毎週1回有料
Karigo転送サービスなし×
スタートアップ週1回有料
フリーナンス週1回~有料
カスタマープラス月7回無料
ユナイテッドオフィス週1回無料

バーチャルオフィスをもっと安くする方法

格安料金で起業し会社を運営できるのがバーチャルオフィスの魅力ですが、その料金をもっと安くする方法があります。ここではバーチャルオフィスをもっと安く利用する3つのポイントを紹介します。

キャンペーン期間を利用する

キャンペーン期間を利用することで、初回手数料無料や利用料金割引のお得な価格でバーチャルオフィスを利用することができます。HPなどでキャンペーン期間中であることがわかったら、期間内にお得な料金で契約してしまいましょう。

バーチャルオフィスのキャンペーン価格

引用元:fabbit

キャンペーン料金通常料金
fabbit3,980円3,828円~11,000円
カスタマープラス0円(初期費用)5,217~10,434円(初期費用)

年間一括払いを利用する

通常、バーチャルオフィスの利用料金は、月払いとなっていますが、年間契約して1年分の料金を一括で支払うことで月額の利用料金は半額近くまで割引となります。

短期ではなく、1年以上会社を運営していく予定であれば年間契約をしてコスト削減するのがおすすめです。

バーチャルオフィス料金年間一括払い

引用元:レゾナンス

月払い(月額)年間一括払い(月額)
レゾナンス3,300円1,650円
スタートアップ1,780円500円
ユナイテッドオフィス3,500円2,100円

紹介特典を利用する

カスタマープラスでは、現在バーチャルオフィスを利用している方が、他の方を紹介した場合、紹介した現在の利用者には10,000円相当の商品券をプレゼント!新規の利用者は初期登録費用が無料になる紹介特典があります。

バーチャルオフィスの紹介キャンペーン

引用元:カスタマープラス

自分の周りにも同じように起業を目指す方がいる場合、紹介特典でお得にバーチャルオフィスを利用してみましょう。

まとめ

以上、バーチャルオフィスについて様々な観点から紹介してきました。

バーチャルオフィスの料金の相場は、20,800円~666,400円となっており、価格の幅は比較的大きめです。

バーチャルオフィスを選ぶポイントとしては、拠点の数や立地店舗、オプションサービスの豊富さ、郵送物の転送回数などがあります。

バーチャルオフィスを安く利用する方法としては、キャンペーン期間に契約する、紹介キャンペーンを利用する、支払を年間一括払いにするなどがあります。

以上、これからバーチャルオフィスを選ぶ時の参考にしていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。