登録販売者の講座の料金相場と安くする方法

資格講座

登録販売者は、ドラッグストアや薬局などで第二類医薬品と第三類医薬品を販売することができる資格です。薬剤師に次ぐ薬のスペシャリストということができるでしょう。

登録販売者は、2014年まで受験資格が設けられており実務経験などが必要で、一般の方は受験できない試験でしたが、2015年からは受験資格が廃止され誰でも受験することができるようになりました。

今回の記事では、登録販売者の資格を取得するための講座の料金相場について徹底リサーチして、比較検討できる形で紹介していきます。また、料金を安くする方法についても解説していきます。ぜひ最後まで読んで、登録販売者取得のための参考にしてみてください。

登録販売者の講座の料金相場

登録販売者の資格講座を提供している資格スクールは、ユーキャン・キャリカレ・たのまな・三幸医療カレッジの4つです。それぞれいくらで受講できるのでしょうか。登録販売者試験講座受講の料金相場について紹介していきます。

ユーキャンの場合:49,000円

さまざまな資格を取り扱っている総合資格スクールのユーキャンの場合、一括払ですと49,000円で受講できます。分割ですと3,800円の13回払い(合計49,400円)となります。

添削課題6回分と、模擬試験1回分、合計で7回の添削指導がついてくるので、通信教育であっても理解を深めることができます。標準学習期間は8か月となっていますが、最長14か月までサポートしていますので、自分のペースでじっくりと資格学習に取り組むことができます。

ユーキャンの場合、紙教材が送られてくるだけで、講義のDVDなどはつかないので注意が必要です。

キャリカレの場合:35,000円~44,800円

医療・福祉系の資格に強いキャリカレ(キャリアカレッジジャパン)の場合、35,000円で「登録販売者合格指導講座」を受けることができます。9800円プラスした44,800円で、「登録販売者試験直前対策講座」もセット受講することができます。

「合格指導講座」では合格に至るために必要な知識を身に着けることができ、「試験直前対策講座」では、合格するための対策を講じることができます。初学者の方には、セット講座の受講がオススメされています。

キャリカレは、テキスト類などの紙教材に加えて、Webで学習できる映像講義も提供されています。テキストを淡々と読み続けるだけの学習が苦手な方にオススメできる講座です。

標準学習期間はわずか3か月と、短期間で合格に至ることができます。無料サポート期間は12ヶ月ですので、なかなか勉強の時間がとれない方でも安心することができるでしょう。

 

ヒューマンアカデミー「たのまな」の場合:37,700円~44,800円

多種多様な資格を取り扱っているヒューマンアカデミーの「たのまな」では、37,700円で講座を受講することができます。eラーニング学習がついてくる「登録販売者合格総合口座」では、44,800円となります。

標準学習期間は6か月に設定されていますが、熱心に勉強すれば最短3か月でも合格する実力を身に着けることが可能です。なお、在籍期間は18ヶ月あるので、勉強に時間をあまりさくことができない方でも安心して受験勉強ができます。

分かりやすいテキストに加え、丁寧な解説講義のDVDもついてくるので、分かりやすさが断然違ってきます。3回の添削指導もついてくるので、合格に必要な実力を効率よく身に着けていくことが可能です。

eラーニング付きの44,800円の講座では、細切れの時間に5分間の動画を見て学習することができます。個々の学習状況を管理することもできますので、最後までくじけずに受講することができるのも強みです。

三幸医療カレッジの場合:32,000円~64,800円

登録販売者の講義に特化した三幸医療カレッジの場合、32,000円で「eラーニングコース」を受講することができます。DVDのコースの場合には、43,000円。通学で学ぶ場合には、64,800円となります。

三幸医療カレッジの受講生の合格率は、全国平均の2倍の82%にものぼります。基礎力の定着と、直前期の総仕上げの2ステップで、初学者でも一発合格を目指すことができるようになっているのです。

合格後には、求人紹介などの就職サポートもついてくるので、資格取得後の心配も不要です。就職サポート制度は、受講者に無料でついてくるサポートです。他の資格スクールにはないサービスですので、うれしいですね。

ユーキャン:49,000円
キャリカレ:35,000円~44,800円
ヒューマンアカデミー「たのまな」:37,700円~44,800円
三幸医療カレッジ:32,000円~64,800円
相場は3万円~5万円程度

登録販売者の費用を安くする方法

以上、登録販売者の講座の料金相場について紹介してきました。それでは、これらの費用を安く済ませる方法はないのでしょうか。以下、登録販売者の学習費用を安く済ませる方法について解説していきます。

独学で勉強してみる

登録販売者試験のテキスト・基本書や問題集は、一般の書店で市販されています。これらを購入して、講座に頼らずに自力で勉強してみるのも一つの手段です。

書籍代しかかからないので、予備校に頼った場合と比べてずっと安い費用で受験勉強をすることができます。

ただし、分からない部分が出てきても質問できませんし、学習のペースを自分で作らなければならないという難点もあります。独学にあまり慣れていない方は、予備校の講座に頼るのが一番です。

幸い、登録販売者の講座は3万円~5万円とそれほど高くないので、講座に頼ってもそれほど費用はかかりません。独学を選択する方は、独学での学習に慣れている人のための裏技なのだと理解しておくようにするといいでしょう。

無料の問題集サービスを利用する

登録販売者.com」というネット上のサービスで、無料で問題を学習することができます。合格に必要な実力を身に着けるために、問題集サービスをうまく使っていくといいでしょう。

なお、資格によっては無料の講義動画で全範囲を学習することができることがあります。

しかし、登録販売者試験については網羅的に学習できる無料動画はアップされていません。完全無料で登録販売者の試験対策をすることはできないのですね。

教育訓練給付金を受ける

雇用保険に加入しているサラリーマンなどの方は、教育訓練給付金という公的サービスを利用して、受講料金の一部を返金してもらうことができます。教育訓練給付金は、受講料金の20%が戻ってくる制度です。

この制度を利用するためには、一定期間以上雇用保険に加入しておく必要があります。

また、教育訓練給付金の対象となっている講座を選ばなければなりません。ユーキャンやたのまなの講座は教育訓練給付金に対応しています。すべての講座が対象となるわけではないので、受講する前に電話で問い合わせするなどして対象講座となっているかどうかを確認するといいでしょう。。

登録販売者の講座の料金相場と安くする方法まとめ

以上、登録販売者の講座の費用相場と、それを安くする方法について紹介してきました。

登録販売者の講座の料金相場は、3万円から5万円程度です。

安くする方法としては、独学を選んだり、無料のWEB過去問集を使ったり、教育訓練給付金を使ったりする方法があります。

いかがだったでしょうか。
登録販売者講座選びの参考になったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント