トイレのリフォームの料金相場と安くする方法

リフォーム

自宅のトイレは落ち着ける空間ですよね。しかし、古いトイレだと何かと落ち着かなくなってしまうことも多くなります。トイレを新しくしたいと思っている方は多いと思います。

そこで、今回の記事ではトイレのリフォーム料金の相場について紹介していきます。トイレ交換を安くで済ませる方法も紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

トイレのリフォームの費用相場:2万円~70万円

まずは、トイレリフォームの料金相場について紹介していきます。

トイレのリフォームといっても、便座を替えるだけの簡単なものから、トイレの床や壁などを丸ごと一新する大規模なものまでさまざまな種類があります。

ですから、トイレリフォームの費用は、安ければ3万円、高ければ70万円ほどの広い範囲となります。

トイレの便座を交換:2万円~5万円前後

トイレの便座を交換するだけでしたら、2万円~5万円など格安の費用で済みます。

たとえば、「交換できるくん」の便座交換などは、26,074円から受け付けています。ウォシュレットの取付け・交換工事の料金は11,000円~と非常にリーズナブルです。

ウォシュレットがついていないので、洗浄機能付きの便座に交換したい、というライトなリフォームの場合、わずかな出費で対応してもらえるのですね。

便座交換の費用
(※交換できるくんより、便座交換の費用抜粋)

ただし、コンセントを新設する必要がある場合、さらに出費がかさむ可能性もあります。

トイレの便器を交換:5万円~20万円

トイレを便座だけでなく便器ごと交換するという場合、「トイレ本体の価格+工事費」で対応してもらうことができます。

5万円~20万円ほどの費用で済みます。たとえば、トイレリフォーム専門店の「生活堂」の場合、工事費は34,800円の工事費で対応してくれます。

生活堂の便器交換料金
(※生活堂より、便器の交換料金)

交換の工事費自体は3万円~ですが、便器の本体の値段帯によって大きく差が開いてきます。

便器の機能が良ければ良いほど、価格が高くなってきます。

もちろん、節水機能やウォシュレット機能など、値段に応じて利便性も良くなっていきます。

タンクの位置など見た目・デザインも値段に応じたものとなります。便座本体をどれにするのかについては、きちんと機能などを比較した上で選ぶようにするといいでしょう。

BXゆとりフォームの集計データによると、便器交換のみのリフォームの場合、15万~20万円の費用をかけていることが多いようです。

ゆとりボックスによる集計データ 便座の交換費用
(※BXゆとりフォームより、便座の交換費用平均)

トイレの丸ごとリフォームの場合:20万~70万円

トイレを便器だけでなく部屋ごと床や壁なども含めてリフォームする場合、20万円~70万円ほどの費用がかかります。

たとえば、リショップナビによる集計データによると、20万円以下の事例が19%、21~50万円の事例が52%、51~70万円の事例が20%となっています。

リショップナビのトイレリフォーム費用平均相場
(※リショップナビよりトイレリフォーム費用抜粋)

パナソニックの集計情報によると、20万円以下が19.9%、21~40万円が47.5%、41~60万円が21.7%となっています。

パナソニックのトイレリフォーム料金平均
(※パナソニックよりトイレリフォーム料金抜粋)

トイレ空間を丸ごと工事するとなると、やはりある程度の金額がかかってしまうのですね。便器の交換だけで15~20万円ほどかかるので、床や壁などにかかる料金は10万~50万円ほどとなります。

床と便器を交換しても20万円未満に収まるケースもあります。

どのようなトイレを、どのようにリフォームするかによって費用には大きくばらつきがあると言えるでしょう。

トイレを丸ごとリフォームする利点は、全体の雰囲気を一新できることでしょう。タイル張りなど古いタイプのトイレは、寒さを感じることが多かったですが、最新式のトイレの場合、温かみを感じることができるものが多くなっています。

トイレ全体に寒さや古さを感じさせるお宅の場合、全体のリフォームを検討するといいかもしれません。

【トイレのリフォームの料金相場】
トイレのリフォームの費用相場:2万円~70万円トイレの便座を交換:2万円~5万円前後
トイレの便器を交換:5万円~20万円
トイレの丸ごとリフォームの場合:20万~70万円

トイレのリフォームを安くする方法

以上、トイレのリフォームの料金相場を紹介してきました。以下では、トイレリフォームを安くする方法について紹介していきます。

リフォームする範囲を限定する

上記ですでに紹介したように、トイレ全体をリフォームすると20万円~70万円ほどの費用が発生してしまいます。新しく手洗場を作ったり、トイレの間取りを変更したりすると50万円以上の費用がかかります。

そこで、少しでもリフォームを安くしたい場合には、便器だけの交換や便器だけの交換にしぼり、限定的なリフォームをするといいでしょう。便座を替えるだけでも快適さはまったく異なってきますし、便器の交換だけでも印象はずいぶんと変わってきますよ。

リフォームで費用が上積みされる要素は、以下のような点となっています

  • 手洗場を新設する
  • 手すりをつける
  • コンセントを増設する
  • 便器の位置を替える
  • 間取りを替える

これらをやめるだけで、数万円の費用を安く済ませることができます。

トイレ本体のグレードを下げる

リフォームの費用の中で、大きなウェイトを占めているのが、トイレ本体(便器)の価格です。便器だけで数十万円の費用となりますので、これを安めの料金に抑えるだけで費用を大きく抑えることができます。

トイレの便器にもグレードがあります。シンプルな最低限の機能だけのものから、最先端で多機能なものまで、さまざまです。リフォームを安くしたい方は、便器の費用を安くできないかを再検討してみるといいでしょう。本当に自分に必要な機能なのかどうかを軸に見直しをするとはかどります。

一括見積りサービスを使う

トイレのリフォームを扱う業者には、さまざまな種類の業者がいます。当然、業者によって値段が異なってきますので、複数社から見積りを取ることで、費用を安く抑えることが可能となります。

複数社から見積りをとる際には、リショップナビの一括見積りサービスなどを活用するとより便利で簡単に見積りを取ることができます。

見積りを複数社からとっただけで、数十万円の費用が浮くケースなどもありますので、ぜひ一括見積りサービスを活用してください。

リショップナビのトイレリフォーム一括見積りサービス
(※リショップナビのトイレリフォーム一括見積りサービスより抜粋)

トイレのリフォームの料金相場と安くする方法まとめ

以上、トイレのリフォームの料金相場と、それを安くする方法について紹介してきました。

トイレリフォームの相場は、何をどこまでリフォームするかによって大きく異なります。たとえば、便座だけを交換するのであれば数万円で済みますし、便器だけのリフォームですと、5万円から20万円ほどの費用で済みます。トイレ全体を綺麗に改修するのであれば、20万~70万円の費用がかかります。

トイレのリフォーム代金を安くする方法としては、リフォームする点を最小限にする、便器のグレードをおさえる、多数の業者から見積りをとる(一括見積りサービスを活用する)、などの方法があります。

トイレのリフォームを検討されている方の一助となれたのであれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント