トイレリフォームの費用相場と安くする方法 【監修者によるリフォーム成功のコツもご紹介】

トイレのリフォームの費用相場 リフォーム

トイレのリフォームにかかる費用相場と業者の選び方、安くする方法をご紹介します。

古いトイレだと、便器の汚れが目立ったり水が流れにくかったりするので、使いにくさを感じることも多くなります。

トイレを新しくしたいと思っている方は多いと思います。

そこで、今回の記事ではトイレのリフォーム費用の相場について紹介していきます。トイレ交換を安くで済ませる方法も紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

住空間設計室CUBE代表 長菅 由美子様
この記事を監修いただいた専門家

住空間設計室CUBE代表 河野ゆみこ
二級建築士インテリアコーディネーター健康管理士

住空間設計室CUBE代表。一般社団法人感性ひらく空間代表理事。住宅コンサルタント会社勤務後、独立。住宅やオフィス・医療施設・店舗など約1200件の設計やインテリアコーディネートに携わる。セミナー講師多数。住宅設備機器メーカーに5年、住宅コンサルタント会社に3年勤務、2003年より独立。

◆住空間設計室CUBE:http://cube-restyle.com/
◆一般社団法人感性ひらく空間:https://kansei-hiraku.com/

トイレのリフォームの費用相場:2万円~70万円

トイレのリフォームの費用相場
まずは、トイレリフォームの費用相場について紹介していきます。

トイレのリフォームといっても、便座を替えるだけの簡単なものから、トイレの床や壁などを丸ごと一新する大規模なものまでさまざまな種類があります。

ですから、トイレリフォームの費用は、安ければ3万円、高ければ70万円ほどの広い範囲となります。

それでは、具体的な例を紹介します。

トイレの便座を交換する場合の費用相場:2万円~5万円前後

トイレの便座を交換するだけでしたら、2万円~5万円など格安の費用で済みます。

できるくん便座交換の費用相場:11,000円~13,200円

「交換できるくん」の便座交換などは、26,074円から受け付けています。ウォシュレットの取付け・交換工事の料金は11,000円~と非常にリーズナブルです。

交換できるくんのトイレのリフォーム費用相場

交換できるくんの費用相場

(※交換できるくん公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例 料金(税込・工事費込)
QR+トワレセットに交換 96,140 円
パナソニックNewアラウーノV+専用トワレS3セットに交換 122,980 円
TOTOGG1セットに交換 150,972 円

(※交換できるくんトイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

ウォシュレットがついていないので、洗浄機能付きの便座に交換したい、というライトなリフォームの場合、わずかな出費で対応してもらえるのですね。

ただし、コンセントを新設する必要がある場合、さらに出費がかさむ可能性もあります。

>>交換できるくんの公式サイトはコチラ

業者名 交換できるくん
運営会社
株式会社 交換できるくん
住所
〒150-0011
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
電話番号 0120-12-4353
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝も営業
料金
便座交換で11,000円~13,200円
アクセス
JR山手線渋谷駅から徒歩6分
公式HP
お問い合わせ先

トイレの便器を交換する場合の費用相場:5万円~30万円

トイレを便座だけでなく便器ごと交換するという場合、「トイレ本体の価格+工事費」で対応してもらうことができます。

生活堂トイレの便器を交換の費用相場:50,000円~200,000円

トイレを便座だけでなく便器ごと交換するという場合、「トイレ本体の価格+工事費」で対応してもらうことができますので、5万円~20万円ほどの費用で済みます。

たとえば、トイレリフォーム専門店の「生活堂」の場合、工事費は34,800円の工事費で対応してくれます。

生活堂のトイレのリフォーム費用相場

生活堂の費用相場

(※生活堂公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例 料金(税込・工事費込)
LIXIL LC便器に交換 39,800円
TOTOピュアレストQに交換 69,800円
パナソニックアラウーノS141に交換 132,400円

(※生活堂トイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

交換の工事費自体は3万円~ですが、便器の本体の値段帯によって大きく差が開いてきます。

便器の機能が良ければ良いほど、価格が高くなってきます。

もちろん、節水機能やウォシュレット機能など、値段に応じて利便性も良くなっていきます。

タンクの位置など見た目・デザインも値段に応じたものとなります。便座本体をどれにするのかについては、きちんと機能などを比較した上で選ぶようにするといいでしょう。

>>生活堂の公式サイトはコチラ

業者名 住宅設備の超特価専門店 生活堂
運営会社 株式会社ライフワン
住所
〒163-0714東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ピル14階
電話番号 050-3533-0303
営業時間 10:00~17:00
定休日 無 土日祝でも工事は対応
料金 トイレの便器を交換で50,000円~200,000円
アクセス 都営大江戸線都庁前駅から徒歩3分
公式HP https://www.seikatsu-do.com/
お問い合わせ先 https://www.seikatsu-do.com/mail.php

同じ便器の交換でも和式便器から洋式便器に交換する場合は30万円以上になります。

リノコ和式トイレを洋式トイレに交換の費用相場:300,000~

和式トイレを洋式トイレに丸ごと交換する場合は30万円以上の相場になります。

例えば、リフォームマッチングサイトのリノコの場合、材料費、工事費、本体価格込で、314,000円で対応してくれます。

リノコの費用相場

リノコ

(※リノコ公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例
リフォーム料金(税込)
和式トイレを洋式トイレに交換するTOTOネオレスト 314,600円
お手入れのしやすいトイレに交換リフォレ 246,500円
お手入れ簡単なピカピカの便座に交換ピュアレスト 139,500円

(※リノコトイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

リノコだとスマホ決済に対応していますので、お使いのスマホ決済で支払いが可能になり、ポイントも貯めることが出来ます。

>>リノコの公式サイトはコチラ

業者名 リノコ
運営会社 セカイエ株式会社
住所 〒106-0044 東京都港区東麻布1-3-7 第二渡邊ビル 8F
電話番号 0120-480-350
営業時間 9:00 ~ 19:00(年中無休)
定休日
料金 和式トイレを洋式トイレに交換で300,000円~
アクセス 都営大江戸線「赤羽橋」駅 徒歩5分
公式HP https://www.renoco.jp/
お問い合わせ先 https://www.renoco.jp/form/contact/

トイレの丸ごとリフォームする場合の費用相場:20万~70万円

トイレを便器だけでなく部屋ごと床や壁なども含めてリフォームする場合、20万円~70万円ほどの費用がかかります。

たとえば、リショップナビによる集計データによると、20万円以下の事例が19%、21~50万円の事例が52%、51~70万円の事例が20%となっています。

トイレのリフォームの価格帯
(※リショップナビより画像抜粋)

価格帯 割合(%)
~10万 8
11~20万円 23
21~30万円 22
31~40万円 16
41~50万円 13
51~70万円 9
71万円~100万円 5
101万円~110万円 3

また、パナソニックの集計情報によると、20万円以下が19.9%、21~40万円が47.5%、41~60万円が21.7%となっています。

トイレのリフォーム相場
(※パナソニックよりトイレリフォーム料金抜粋)

価格帯 割合(%)
~20万 19.91
21~40万円 47.51
41~60万円 21.72
61~80万円 7.24
81~100万円 2.26
101~120万円 0.45
121万円~ 0.9

それでは、具体的な例を紹介します。

suumoバリヤフリートイレにリフォームの費用相場:10,000円~500,000円

リクルートが運営している不動産仲介サイトsuumoはリフォームの仲介も行っています。

suumoでバリヤフリーのトイレにリフォームする場合、リフォーム内容にもよりますが、10,000円~500,000円の費用が掛かります。

suumoの費用相場

suumo(※suumo公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例 リフォーム料金
手すり設置 約1万円~2万円
引き戸に交換 約10万円~15万円
サティス/INAXに交換、内装貼替、その他 61万円

(※suumoトイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

suumoではお客様のリフォームの悩みや要望を無料で相談できるので、どのようなリフォームが良いのか悩んでいる方であれば気軽に相談できます。

>>suumoの公式サイトはコチラ

業者名 suumo
運営会社 株式会社リクルートホールディングス
住所 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
電話番号 03-6835-1111
営業時間 平日9:00〜17:40
定休日 土日祝
料金 便器・便座交換と内装を一新で200,000円~630,000円
アクセス JR 「東京」駅 八重洲南口より徒歩2分
公式HP https://suumo.jp/?suit=STcm20190624005
お問い合わせ先 https://suumo.jp/edit/sogotoiawase/

価格.com便器交換・内装一新の費用相場:200,000~600,000円

パソコンや家電などの価格比較サイトの価格.comではリフォームの価格比較サービスも行っています。

例えば、便器交換と内装を一新する場合は200,000~600,000円の費用が掛かります。

価格.comの費用相場

価格コム(※価格.com公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例 リフォーム料金
築30年集合住宅のトイレリフォーム 30万円
スッキリした見栄えのトイレ 38万円
床がおしゃれなトイレ 70万円

(※価格.comトイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

口コミに定評がある価格コムが運営しているので口コミには具体的な内容の口コミが多く掲載され、信頼感があります。
また、色々なリフォーム例を紹介しているので、費用やリフォーム後のイメージが分かりやすくなっています。

>>価格.comの公式サイトはコチラ

業者名 価格.com
運営会社 株式会社カカクコム
住所 〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番7号 デジタルゲートビル
営業時間 平日9:00〜17:40
定休日 土日祝
料金 便器交換・内装一新で200,000~600,000円
アクセス JR、東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」 徒歩8分
公式HP
お問い合わせ先 https://kakaku.com/reform/contact.html

パナソニックトイレ本体と内装も全て刷新の費用相場:500,000~600,000円

大手メーカーのパナソニックではリフォームの仲介サービスも行っています。

例えば、トイレ本体と内装も全て刷新させるような大規模なリフォームの場合、500,000~600,000円の費用が掛かります。

パナソニックの費用相場

パナソニックのトイレのリフォーム費用相場
(※パナソニック公式サイトより料金抜粋)

 

リフォーム例 料金
トイレ本体と内装も全て刷新し、トイレ空間をリフレッシュ 約57万円
見た目すっきりなトイレ 約54万円
インテリアの細部までこだわったトイレ 約55万円

(※パナソニックトイレのリフォーム費用一覧:2020年12月4日時点)

パナソニックではリフォーム会社の選び方を無料で相談できる他、リフォーム中やリフォーム後でも保険や保証でサポートしてくれますので、もし依頼したリフォーム会社が倒産になった場合やリフォーム施行後に、不具合があった場合でも、保障してくれますので、安心して任すことができます。

>>パナソニックの公式サイトはコチラ

業者名 パナソニック株式会社
運営会社 パナソニック株式会社
住所 〒571-8501
大阪府門真市大字門真1006番地
電話番号 06-6908-1121
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週水曜日、夏季・年末年始
料金
トイレ本体と内装も全て刷新で500,000~600,000円
アクセス 京阪電車 守口市駅下車 徒歩約18分
公式HP https://sumai.panasonic.jp/sumai_create/
お問い合わせ先 https://sumai.panasonic.jp/sumai_create/inquiry/

トイレ空間を丸ごと工事するとなると、やはりある程度の金額がかかってしまうのですね。便器の交換だけで15~20万円ほどかかるので、床や壁などにかかる料金は10万~50万円ほどとなります。

床と便器を交換しても20万円未満に収まるケースもあります。

どのようなトイレを、どのようにリフォームするかによって費用には大きくばらつきがあると言えるでしょう。

トイレを丸ごとリフォームする利点は、全体の雰囲気を一新できることでしょう。タイル張りなど古いタイプのトイレは、寒さを感じることが多かったですが、最新式のトイレの場合、温かみを感じることができるものが多くなっています。

その他、トイレを丸ごとリフォームする利点として

  • 壁パネルや汚れ防止クロスを採用すると掃除がしやすい
  • 隣接した廊下や洗面室などとの床の段差が解消できる
  • 壁の下地補強をすることで手すりを増設できる
  • トイレ全体を広くすることも可能で車椅子でも入りやすい
  • タンクレストイレと手洗いカウンターというレイアウトが選択できる

などが挙げられます。

トイレ全体に寒さや古さを感じさせるお宅の場合、全体のリフォームを検討するといいかもしれません。

【トイレのリフォームの費用相場】
トイレのリフォームの費用相場:2万円~70万円トイレの便座を交換:2万円~5万円前後
トイレの便器を交換:5万円~20万円
トイレの丸ごとリフォームの場合:20万~70万円

トイレのリフォームの費用相場まとめ

トイレのリフォームの費用相場とトイレのリフォームごとの特徴を以下の表にまとめました。

トイレのリフォーム名 費用相場 特徴
交換できるくん 11,000円~13,200円 廃棄処分、諸経費まで含めた「総額」表示
商品が15,000円以上なら送料無料
生活堂 50,000円~200,000円 リフォーム実績50万件以上、トイレ交換実績は4万件突破
リノコ 300,000~ 材料費・工事費など必要な経費をすべて含んだコミコミ価格でリフォームを提供
スマホ決済に対応
suumo 10,000円~500,000円 リフォームの悩みや要望を無料で相談できる
価格.com 200,000~600,000円 色々なリフォーム例を紹介しているので、費用やリフォーム後のイメージが分かりやすく参考にしやすい
パナソニック 500,000~600,000円 リフォーム会社の選び方を無料で相談できる
リフォーム中やリフォーム後でも保険や保証でサポート

便座を交換するだけのライトなリフォームであれば、リフォームによる出費は少なくて済みますが、便器の交換やトイレ全体をリフォームする場合にはそれなりの出費になります。

色々なリフォーム業者から見積もりを取り、納得できる料金とデザインを選びたいものです。

また、リフォーム費用が嵩む場合は、業者の倒産やリフォーム後の保障なども気になりますので、パナソニックのようにアフターフォローがしっかりしている所を選ぶのも良いと思います。

トイレのリフォームを安くする方法

トイレのリフォームの費用相場
以上、トイレのリフォームの費用相場を紹介してきました。以下では、トイレリフォームを安くする方法について紹介していきます。

リフォームする範囲を限定する

上記ですでに紹介したように、トイレ全体をリフォームすると20万円~70万円ほどの費用が発生してしまいます。新しく手洗場を作ったり、トイレの間取りを変更したりすると50万円以上の費用がかかります。

そこで、少しでもリフォームを安くしたい場合には、便器や便座だけの交換にしぼり、限定的なリフォームをするといいでしょう。

便座を替えるだけでも快適さはまったく異なってきますし、便器の交換だけでも印象はずいぶんと変わってきますよ。

リフォームで費用が上積みされる要素は、以下のような点となっています

  • 手洗場を新設する
  • 手すりをつける
  • コンセントを増設する
  • 便器の位置を替える
  • 間取りを替える

これらをやめるだけで、数万円の費用を安く済ませることができます。

トイレ本体のグレードを下げる

リフォームの費用の中で、大きなウェイトを占めているのが、トイレ本体(便器)の価格です。便器だけで数十万円の費用となりますので、これを安めの料金に抑えるだけで費用を大きく抑えることができます。

トイレの便器にもグレードがあります。シンプルな最低限の機能だけのものから、最先端で多機能なものまで、さまざまです。リフォームを安くしたい方は、便器の費用を安くできないかを再検討してみるといいでしょう。本当に自分に必要な機能なのかどうかを軸に見直しをするとはかどります。

一括見積りサービスを使う

トイレのリフォームを扱う業者には、さまざまな種類の業者がいます。当然、業者によって値段が異なってきますので、複数社から見積りを取ることで、費用を安く抑えることが可能となります。

複数社から見積りをとる際には、リショップナビの一括見積りサービスなどを活用するとより便利で簡単に見積りを取ることができます。

見積りを複数社からとっただけで、数十万円の費用が浮くケースなどもありますので、ぜひ一括見積りサービスを活用してください。

当記事監修、住空間設計室CUBE代表 河野ゆみこ様よりリフォーム業者の選び方等のアドバイス

住空間設計室CUBE代表 長菅 由美子様
住空間設計室CUBE代表 河野ゆみこ様

トイレのリフォームを検討されている方にアドバイスさせていただきます。

トイレは毎日、家族全員が必ず使う場所です。「用を足す場所」という位置づけだった昔とは異なり、最近はリラックスできる空間ととらえる人が増えてきました。

使いやすくリラックスできるトイレ空間にリフォームするとしても、まず気になるのは費用ですね。

工事費用を安く抑えるには、記事でも触れているようにリフォームの範囲を限定する方法が有効です。

ただし、築年数によっては、既存のトイレの様式や配管位置が現行のトイレとは大きく違う場合があり、さらに手洗いカウンターを別途設けるといった希望があれば床や壁を解体せざるを得ないケースもあります。

せっかく行うリフォームですから、現在のトイレに対する不満を解消するのは大前提として、「こんなトイレにしたい」という希望をしっかりまとめておくことが大切です。

どんな機能が必要なのか、広さはそのままでいいのか変えたいのか、内装はどのようにしたいのかなどを家族でよく話し合った上で、予算とのバランスをチェックしましょう。

工事費用と同時にトイレリフォームで重要なのは、一日に何度も使用する場所だけに家族全員が使いやすい空間にすることです。

お年寄りや子どもでも立ち座りがしやすい、掃除が楽にできる、便器のふたの閉め忘れや照明の消し忘れを防止できるなど、使用者や使い方に合った機能や仕様が実現できるリフォームをしたいですね。

また、来客が多いご家庭の場合は来客が使いやすいという視点を加えてリフォームを考えるのも一つの方法です。

小さな鏡を壁面に設置する、壁の1面にアクセントクロスを貼っておしゃれな雰囲気にしたり消臭機能のあるクロスで仕上げるといったリフォームは、おもてなしの気持ちが伝わって好印象を与えられます。

どのようなトイレリフォームが適しているかはご家庭によって千差万別ですので、トイレリフォームを成功させるためにも業者はじっくり選びましょう。

便器や便座の交換だけでしたら業者による違いはあまり大きくありませんが、間取りや内装を変更する規模のリフォームだと、希望をきちんと反映しながらプラスαの提案をしてくれる業者を選んでください。

一括見積サービスを利用する際は、費用だけに注目するのではなく、提案力や技術力、トイレリフォームの実績数などもチェックして業者を絞り込むといいでしょう。また、リフォーム後に万が一不具合が出た時のことを考えて、アフターフォロー体制が充実している業者だと安心できますね。

費用とリフォーム内容のバランスを見ながら、我が家にぴったりなトイレ空間を手に入れられるトイレリフォームを進めてくださいね。

住空間設計室CUBE代表 長菅 由美子様
住空間設計室CUBE代表 河野ゆみこ様

読者の皆様のお役に立てれば幸いです。

まとめ

以上、トイレのリフォームの費用相場と、それを安くする方法について紹介してきました。

トイレリフォームの相場は、何をどこまでリフォームするかによって大きく異なります。たとえば、便座だけを交換するのであれば数万円で済みますし、便器だけのリフォームですと、5万円から20万円ほどの費用で済みます。トイレ全体を綺麗に改修するのであれば、20万~70万円の費用がかかります。

トイレのリフォーム代金を安くする方法としては、リフォームする点を最小限にする、便器のグレードをおさえる、多数の業者から見積りをとる(一括見積りサービスを活用する)、などの方法があります。

トイレのリフォームを検討されている方の一助となれたのであれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

リフォームに関する記事は他にもございますので、ぜひ参考に。

リフォームに関する他の記事を見る

トイレのリフォーム比較表

画像 交換できるくん 生活堂 リノコ suumo 価格.com パナソニック
名称 交換できるくん 生活堂 リノコ suumo 価格.com パナソニック
費用相場 11,000円~13,200円 50,000円~200,000円 300,000~ 10,000円~500,000円 200,000~600,000円 500,000~600,000円
特徴 廃棄処分、諸経費まで含めた「総額」表示
商品が15,000円以上なら送料無料
リフォーム実績50万件以上、トイレ交換実績は4万件突破 リフォームの悩みや要望を無料で相談できる 材料費・工事費など必要な経費をすべて含んだコミコミ価格でリフォームを提供
スマホ決済に対応
色々なリフォーム例を紹介しているので、費用やリフォーム後のイメージが分かりやすく参考にしやすい リフォーム会社の選び方を無料で相談できる
リフォーム中やリフォーム後でも保険や保証でサポート
公式リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る