TOEIC対策講座の料金相場と選び方と安くする方法

資格講座

TOEIC(トーイック)は、就職活動や転職活動に役立つ、英語の能力を問う資格試験です。TOEICの対策の方法には様々なものがありますが、予備校・スクールを活用したいと思っている方は多いと思います。しかし、予備校・スクールの数が多すぎて料金相場や選び方がわからない方が多いことでしょう。

この記事では、TOEIC対策講座の料金相場と選び方、安くする方法について紹介していきます。この記事を参考にして、難関資格試験のTOEICの対策を講じましょう。

TOEIC対策講座の料金相場は3万~45万円程度

TOEIC対策講座の料金ってどれくらいするのか、分からない方も多いと思います。TOEIC対策講座の料金はおおむね3万円~45万円程度となっています。

安い講座ですと10万円を切ってくることもありますが、実力を十分養えるだけの期間通うとなると10万円以上かかってしまうのが実情です。スタディングやイングリッシュイノベーションズは安くなっています。ライザップなどはやや高めの料金設定です。

スタディングTOEIC対策講座の料金相場:45,000円

スタディングの料金はTOEICのリスニングとリーディングを完全攻略する600点コースで、わずか45,000円となっています。

スタディングのTOEIC対策講座の料金相場
スタディング公式サイトより料金抜粋)

安い料金で分かりやすい講義を届けてくれる資格スクールのスタディングは、TOEIC対策講座も提供しています。

英語指導で豊富なノウハウを持つアルクと共同開発された講座なので、授業のクオリティには安心感があります。講師はTOEICで満点を取得したことがある早川講師となっています。

ただし、600点攻略コースのみの提供となっているので、700点以上の点数を目標としている方には少しレベルが不足しているかもしれません。

日米英語学院TOEIC対策講座の料金相場:80,000円~

日米英語学院の「TOEICテストベーシックプラン」は、36回のグループレッスン(週に1回で9か月・週に3回で3か月)の料金が、198,000円となっています。12回のレッスンで構成されている「TOEICテスト短期プラン」は80,000円です。より高い点数をとりたい方には、48回レッスンの「TOEICテスト実践プラン」が288,000円、マンツーマンレッスンが20回で180,000円などとなっています。

日米英語学院のTOEIC対策講座の料金相場
日米英語学院の公式サイトより料金抜粋)

40年の実績を誇る日米英語学院は、実力に合わせたコースを選ぶことができるので、効率よく学習可能です。

レッスン形態も、グループレッスンとプライベートレッスン(マンツーマン)から選ぶことができるのが特徴です。

プログリット(PROGRIT)TOEIC対策講座の料金相場:328,000円~

プログリットの料金は、入会金が50,000円、2か月プランが8週間で328,000円、3か月プランが12週間で468,000円となっています。

プログリットTOEIC対策講座の料金相場
プログリット公式サイトより抜粋)

プログリットは、英語力を伸ばしたい人に向けた英語コーチングサービスです。1か月に90時間もの集中学習によって、短い期間で英語力を伸ばしてくれます。

ビジネス英会話・TOEFLに加え、TOEIC専用のコースが用意されているので、TOEIC対策に適したスクールといえるでしょう。

イングリッシュイノベーションズTOEIC対策講座の料金相場:29,250円~

イングリッシュイノベーションズ料金は、月10時間のスピーキング&ライティングで、4週間で29,250円、12週間・3か月で78,000円などとなっています。

月20時間のレギュラーコースは4週間で58,500円、12週間で156,000円です。

イングリッシュイノベーションズのTOEIC対策講座の料金相場
イングリッシュイノベーションズ公式サイトより料金抜粋)

アメリカで10年以上研究して作られたカリキュラムを提供しているイングリッシュイノベーションズ(English Innovations)は、TOEICやTOEFLの対策を専門とするスクールです。

イングリッシュイノベーションズ最大の魅力は、「点数保証制度」を導入していること。定められた期間内にスコアが一定値に達しない場合、スコアが取れるまで無料で授業を受け続けることができます。たとえば、1年間の学習で850点を保証しています。

RIZAP ENGLISH TOEIC対策講座の料金相場

RIZAP ENGLISHのTOEICコース料金は、16回で328,000円、24回で450,000円、32回で572,800円となっています。別途50,000円の入会金も必要となります。

raizapのTOEIC対策講座の料金相場
RIZAP ENGLISHの公式サイトより料金抜粋)

ダイエットでおなじみのライザップが提供している英語塾がRIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)です。

ダイエットコースと同様、結果にコミットすることに徹底的にこだわった英語塾です。アウトプットにこだわったトレーニングで、ネイティブ講師との実践スピーキングも準備されています。また、授業は個々人の能力に応じたマンツーマン形式の指導となっており、どんな実力からでも高得点を獲得することができるようになっています。

ECC外語学院TOEIC対策講座の料金相場:130,400円~

ECC外語学院の料金は、1ターム10回で130,400円、2ターム20回で252,960円です。22,000円の入学金も別途必要になります。

ECC外語学院のTOEIC対策講座の料金相場
ECC外語学院の公式サイトより料金抜粋)

大手英語塾のECC外語学院は、TOEICにターゲットを絞った指導も行っています。

今現在の各自の英語力に合わせたコース設計で、効果的な学習が可能となります。500点を目標とするBasicクラス、500点~695点を目標とするStandardクラス、700~800点を目標とするAdvancedクラスの3つのコースが用意されています。

やる気を引き出してくれるプロ講師が教えるから、勉強のモチベーションを継続することが可能となります。

TOEIC対策講座の料金相場まとめ

以上、6社のTOEICスクールを紹介してきました。表でまとめると以下のようになります。

 

スクール 回数・期間 料金
スタディング 3か月 45000円
日米英語学院 12回

36回

48回

80,000円

198,000円

288,000円

プログリット(PROGRIT) 2か月

3か月

328,000円

468,000円

イングリッシュイノベーションズ 4週間

3か月

29,250円

78,000円

RIZAP ENGLISH 16回

24回

32回

328,000円

450,000円

572,800円

ECC外語学院 10回

20回

130,400円

252,960円

料金は受講期間やスクールによって大きく異なっていますが、料金相場は、3万~45万円程度といえるでしょう。

4週間29,250円のイングリッシュイノベーションズが最安値でした。3か月という長い学習期間なのに安かったのはスタディングです。スタディングの600点を目標とする講座が45,000円と安い料金になっていました。

一番料金が高かったのは、RIZAP ENGLISHで、32回で572,800円でした。ライザップはマンツーマンレッスン形式が基本なので、高い料金になるのも仕方がないのかもしれません。

期間や回数が多いコースほど1回あたりの料金が安く設定されているのも特徴的でした。これだと決めたスクールがあった場合、長期間の契約をした方がお得になります。

TOEIC対策講座の選び方

以下では、数多くあるTOEIC対策講座の選び方のコツについて解説していきます。多数あるTOEICスクールの中から、自分に合ったものを選ぶ方法を身に着けましょう。

TOEICに特化したコースがあるかどうか

英会話スクールでは、英語会話について学ぶことができますが、英会話とTOEIC対策とは異なる部分が多くあります。単なる英会話を漫然と続けているだけでは、TOEICのスコアは上がらないのです。

TOEICというテストの対策をしたいのであれば、TOEIC対策に特化したコースがあるスクールを選ぶようにしましょう。

例えば今回紹介したスタディングは、TOEICに特化したコースを準備しています。TOEICのクセや攻略方法などを教えてもらうことができるコースとなっています。

スタディングのTOEIC特化コース
スタディング公式サイトより抜粋)

講師が日本人もいるかどうか

英会話教室では、英語を母国語とするネイティブの教師が好まれる傾向があります。しかし、TOEICというテストの対策では、テスト攻略のコツ・ポイントなどを教授してもらう必要があります。コツの教授は日本語で行われるので、ネイティブ教師よりも日本人の教師の方が得意といえるでしょう。

例えば、ECC外語学院の講師は外国人講師と日本人講師の両方がいる構成になっています。ネイティブ講師と日本人講師とで、教える部分の担当を変えているのですね。

ECC外語学院の講師
fECC外語学院公式サイトより抜粋)

グループレッスンかマンツーマンか

TOEIC対策講座には、数人~数十人のクラスで学ぶグループレッスンと、講師と1対1で学ぶマンツーマンレッスンの2つがあります。

ライザップのマンツーマンレッスン
RIZAP ENGLISH公式サイトより抜粋)
ライザップは、マンツーマンレッスンとなっています。

マンツーマンレッスンの方が料金は高いですが、自分の実力や苦手分野に特化した指導を受けられるというメリットがあります。とはいえ、グループレッスンにもモチベーションを持続させやすいなどのメリットがあります。自分がどちらに向いているのかを把握したうえでクラスを選ぶようにしましょう。

スコアの保証制度の有無

予備校・スクールの中には、一定のスコアが取れるまで育成してくれることを保証してくれているところもあります。点数が一定ラインに達さない場合、無料で追加授業を受けることができるのです。学習にかけてきたコストに見合った結果を確実に得ることができるので、安心して勉強していくことができるというメリットがあります。

今回紹介したスクールの中では、イングリッシュイノベーションズがスコア保証制度を導入しています。

イングリッシュイノベーションズのスコア保証制度
イングリッシュイノベーションズの公式サイトより抜粋)

TOEIC対策を安くする方法

TOEIC対策を安く済ませるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回は、TOEIC対策を安くするための方法をいくつか紹介していきます。

無料の対策サイトやアプリを利用する

TOEICには、無料で利用できる対策サイトや対策アプリなどが充実しています。お金をかけることなく、問題を解いたり、対策のコツを学んだりすることができるのです。

TOEIC公式サイトのサンプル問題
TOEIC公式サイトより抜粋)
代表的な無料サイトとして、TOEICの公式サイトがあります。公式サイトが、サンプルの問題を掲載してくれているのです。解説はついていませんが、TOEICというテストがどんなテストなのかを掴むにはちょうどいいといえるでしょう。

長期間受講する

多くの予備校は、短期間よりも長期間受講する方が、「時間あたりの受講料」が安くなるように料金設定をしています。今回紹介したイングリッシュイノベーションズの例が分かりやすいでしょう。

イングリッシュイノベーションズのTOEIC対策講座の料金
イングリッシュイノベーションズの公式サイトより料金抜粋)

長期間学んだ方が、より実力がつき、取得できるスコアも高くなります。まずは短い時間試してみようという気持ちがあるのも分かりますが、自分に合っていると確信が持てるのであれば、長期間の受講を選んでみるようにするといいでしょう。

教育訓練給付金を利用する

講座・コースによっては、教育訓練給付金の対象となっている場合があります。

教育訓練給付金とは、1年以上雇用保険を支払った社会人の方が利用することができる制度です。受講料の20%(最大10万円)が戻ってきます。対象となっている講座のみ利用できるので、必ず事前に対象となっているかどうかを確認しておくようにしましょう。

まとめ

以上、TOEIC対策講座について様々なことを紹介してきました。

紹介した6つのTOEIC対策講座の料金相場は、3~45万円程度。一番安いのがイングリッシュイノベーションズの4週間29,250円でした。一番料金が高かったのは、RIZAP ENGLISHで、32回で572,800円でした。期間や回数・指導形態に応じて料金は異なってきます。

TOEIC対策講座の選び方としては、TOEICに特化したコースがあるかどうか、日本人講師がいるかどうか、グループレッスンかマンツーマンか、スコア保証制度があるかどうか、などを基準とすると自分に合ったスクールを探すことができます。

TOEIC対策講座を安くする方法として、無料のサービスを活用したり、長期間受講したり、教育訓練給付金を活用したりする方法があります。

英語力の証明として、就職や昇進のツールとしてTOEICは重要な意味を持っています。今回の記事が講座選びのお役に立てたのであれば幸いです。