お掃除ロボット(ルンバ)の価格相場と選び方と安く買う方法

お掃除ロボットの価格相場家具・家電

掃除機をかけるのは割と重労働ですよね。お掃除ロボット(ロボット型クリーナー)を購入すれば、日々のお掃除の手間が大きく省けます。

今回の記事では、お掃除ロボットを具体的に比較紹介し料金相場を明らかにし、選び方や安く買う方法について紹介していきます。

お掃除ロボットとは

お掃除ロボット(ロボット・クリーナー)とは自動的に動いて掃除するロボットのことで、今回紹介するのは家庭で購入できる床掃除用のロボットです。

iRobot社の「ルンバ」という名前を聞けば、ピンと来る人も多いのではないでしょうか。

コードレスで床をランダムに動き回り、小さなゴミやホコリ、ペットの毛などを本体に吸引して掃除します。

一般的には丸型が主流ですが三角型や四角型などのタイプも存在します。

最近では人工知能(AI)が搭載された機種や、スマホアプリで遠隔操作が可能な機種など様々なタイプのお掃除ロボットがあります。

あと掃除ロボットは普通の掃除機並みの音がします。騒音で近所迷惑にならないためにも朝から昼の間に稼働させることを心がけましょう。

参考:Wikipedia

吸引タイプ

お掃除ロボットには吸引タイプと水拭きタイプの2種類があります。

吸引タイプはブラシで床にあるホコリやゴミなどを本体のダストボックス内に吸引して床を綺麗にします。

吸引タイプ

吸引タイプ

(※iRobotより引用)

床に掃除機をかける手間を省くための家電なので一般的なお掃除ロボットは吸引タイプが多いようです。

高さが10cm以上、幅は40cm以上あればお掃除ロボットが入れるようです。フローリングはもちろん畳やカーペットの上でも動き回ることができます。

製品によってはホコリや花粉、ダニ、ハウスダストを捕捉することが可能です。

水拭きタイプ

水拭きタイプは床に水を噴射し、こびりついた汚れを浮かして本体についた専用のシートやモップで綺麗に拭き取ることができます。

水拭きタイプ

水拭きタイプ

(※iRobotより引用)

食べ物・飲み物をこぼしてベタついてしまった床やキッチンの床などを綺麗にすることができ、掃除中にホコリが舞い上がることも防ぎます。ただ、畳やカーペットの上では使うことができません。

フローリングやタイルなどの固い床で使用することができます。

お掃除ロボットの機能

お掃除ロボットには様々な機種があり、その機能も多種多様です。

そこで「minimaru RV-EX20」に搭載されている機能を紹介します。

minimaru RV-EX20

minimaru RV-EX20

床質センシング床質とごみの量にあわせて吸引力を自動で調整
ごみハンター走行ごみが多い場所を自動で判断する
壁ぎわ走行壁との距離を検知して走行する
落下防止機能段差を検知して落下を自動で回避する
自動充電機能電池残量が少なくなったときは自動で充電台へ行く
専用スマホアプリスマホをリモコン代わりに、遠隔操作することができる

衝突防止機能や落下防止機能がある場合は壁にぶつかる、落ちること回避することができるので壊れる心配がありません。あると嬉しい機能ですね。

専用スマホアプリで掃除のスケジュールを予約したり、どう動いたかの掃除履歴が見れたりする便利な機能も搭載されています。

このように自分に必要な機能を搭載していて使いやすいものを選びましょう。

お掃除ロボットの価格相場:15,000~50,000円程度

お掃除ロボットの価格相場

ロボット掃除機には、さまざまな機種があります。以下では、売行きの良い人気のお掃除ロボットを比較しながら紹介していきます。

値段の幅は、1万円台から10万円台のものまで様々ですが、人気のモデルは15,000~50,000円程度となっています。

iRobotの「ルンバ e5(e515060)」:39,800円~

ロボット型クリーナーの代名詞ともなっているiRobot社のルンバですが、ルンバにも様々なモデル・グレードがあります。その中でも4万円以下で入手できるのがルンバのe5です。

ルンバ e5の料金相場

ルンバ e5の料金相場

(※楽天市場より引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト49,800円
Amazon39,800円
楽天市場39,800円

(※通販サイトでの料金一覧:20210814日時点)

ハイエンドモデルにも搭載されている、部屋の状況を把握するシステム「iAdapt」が搭載されているので、部屋の状況に応じたお掃除をしてくれます。

Wi-Fiを利用してスマホからも操作できるので、留守の間のお掃除にも適しています。ただし、ハイエンドモデルと比べるとカメラが搭載されていないなど、値段に応じて機能もスリムとなっています。

吸引力は旧来のモデルから5倍になっており、2本のゴムブラシが汚れを強力に清掃してくれます。

ブランド名iRobot
商品名ルンバ e5
料金39,800円~
掃除タイプ吸引タイプ
外形寸法(mm)幅351mm・高さ92mm・奥行351mm
質量(kg)約4.0kg
電源方式充電式リチウムイオン電池
稼働時間1回の充電につき最大90分
集塵容積記載なし
特徴公式サイトから月額1,650円でレンタルすることが可能です。ただし6ヶ月未満の解約には違約金が発生します。
公式HPhttps://store.irobot-jp.com/top.html

iRobotの「ブラーバジェット250(B250060)」:30,780円~

ルンバを販売しているiRobot社の拭き掃除ロボットが「ブラーバジェット250(B250060)」です。ブラーバジェットにも様々なグレードがありますが、このモデルは30,780円から入手することができます。

ブラーバジェット250の料金相場

ブラーバジェット250の料金相場

(※楽天市場より引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト32,868円
Amazon30,780円
楽天市場32,860円

(※通販サイトでの料金一覧:20210814日時点)

吸い掃除タイプが大半のお掃除ロボットの中でも、拭き掃除に特化しているのが特徴です。水拭きに対応しているロボットクリーナーは少ないので、花粉が気になる方など拭き掃除をしたい方にはオススメです。

高さ8.4cmとコンパクトな設計ですので、家具の隙間などにも入り込み家を隅々まで綺麗にしてくれます。

床の段差をセンサーで感知するため、落下やカーペットへの乗り上げも防ぐことができます。ルンバにも搭載されている「iAdapt」が搭載されていますので、部屋の形状を把握し効率よく掃除をしてくれるのも特徴となっています。

ブランド名iRobot
商品名ブラーバジェット250
料金30,780円~
掃除タイプ水拭き+乾拭きタイプ
外形寸法(mm)幅178mm・高さ84mm・奥行170mm
質量(kg)約1.2kg
電源方式充電式リチウムイオン電池
稼働時間記載なし
集塵容積記載なし
特徴水拭きと乾拭き両方できる。バーチャルウォールモードで清掃エリアを制限することができます。
公式HPhttps://store.irobot-jp.com/top.html

Panasonicの「RULO(ルーロ) MC-RS520」:51,600円~

国内大手メーカー・パナソニックのロボット型クリーナーが、「RULO(ルーロ) MC-RS520」です。

RULO(ルーロ) MC-RS520の料金相場

RULO(ルーロ) MC-RS520の料金相場

(※楽天市場より引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト
Yahoo!ショッピング51,600円
楽天市場60,980円

(※通販サイトでの料金一覧:20210814日時点)

円形のルンバと異なり、三角形の形状をしており、部屋の隅までしっかりとブラシが届くのが最大の特徴です。

3種類のセンサーを搭載しているので、障害物にぶつからず、落下もしないようになっています。目に見えないサイズのゴミまで検知し、キレイになるまで何度も往復して掃除してくれるのでハウスダスト対策もバッチリです。

ブランド名Panasonic
商品名RULO(ルーロ) MC-RS520
料金51,600円~
掃除タイプ吸引タイプ
外形寸法(mm)幅330mm・高さ92mm・奥行325mm
質量(kg)3.0kg
電源方式充電式(リチウムイオン電池)
稼働時間約32分
集塵容積0.25L
特徴RULOナビアプリを使ってスマホで操作することができます。
公式HPhttps://panasonic.jp/

HITACHIの「minimaru(ミニマル) RV-EX20」:52,480円~

日立が出しているお掃除ロボットが「minimaru RV-EX20」です。52,480円から購入することができます。

minimaru RV-EX20の料金相場

minimaru RV-EX20の料金相場

(※Yahoo!ショッピングより引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト
Yahoo!ショッピング52,480
楽天市場54,690円

(※通販サイトでの料金一覧:20210814日時点)

本体25cm、高さが9.2cmとコンパクトなボディを採用しているので、テーブルの足回りなど狭い場所の掃除にピッタリです。

専用のアプリを使ってスマホと接続できる機能もあり、便利に掃除をすることができます。外出先からでも掃除の指示を出すことができるので便利ですね。

ブランド名日立製作所
商品名minimaru RV-EX20
料金52,480円~
掃除タイプ吸引タイプ
外形寸法(mm)幅250mm・高さ92mm・奥行250mm
質量(kg)2.3kg
電源方式充電式(リチウムイオン電池)
稼働時間最長約60分
集塵容積0.25L
特徴独自のダブルかきとりブラシと小型ハイパワーファンモーターRによる高い集塵力を備えています。
公式HPhttps://www.hitachi.co.jp/

ILIFE社の「V3s pro」:16,861円~

ILIFE(アイライフ)社が出しているロボット掃除機が「V3s pro」です。料金は16,861円〜と他のロボットクリーナーと比べて破格の安さとなっているのが人気の理由でしょう。

V3s proの料金相場

V3s proの料金相場

(※楽天市場より引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト
Amazon16,900円
楽天市場16,861円

(※通販サイトでの料金一覧:20210814日時点)

安くても機能面は充実しており、安心して使うことができます。

吸い込み口にブラシがないので、髪の毛がブラシに絡むことなく、すっきりと吸い取ってくれるのが最大の特徴です。ペットの毛が気になる方にもオススメできます。

充電がなくなったら自動で充電ドッグに戻ってくれる自動充電機能も搭載されています。

12mmまでの段差を乗り越える能力もあるので、カーペットもしっかりと掃除してくれます。衝突防止・落下防止のセンサーもあるので、安心してお掃除してもらえますよ。

ブランド名ILIFE(アイライフ)
商品名V3s pro
料金16,861円~
掃除タイプ吸引タイプ
外形寸法(mm)幅300mm・高さ81mm・奥行300mm
質量(kg)約2.2kg
電源方式自動充電
稼働時間90±10分
集塵容積0.3L
特徴ペットの抜け毛に強いロボット掃除機です。空気濾過技術で異臭を吸引することも可能です。
公式HPhttps://www.iliferobot.jp/

Anker JapanのEufy RoboVac G10 Hybrid:26,800円〜

Anker Japan(アンカージャパン)の「Eufy RoboVac G10 Hybrid」は吸引による掃除と水拭きの両方ができるタイプで価格も26,800円ととてもリーズナブルです。

Eufy RoboVac G10 Hybrid

Eufy RoboVac G10 Hybrid

(※楽天市場より引用)

ショップ価格(税込)
公式サイト26,800円
Amazon26,800円
楽天市場26,800円

衝突防止機能や落下防止センサー、自動充電機能が搭載されています。

高さも約7cmと薄いのでソファやベッドの下など手の届かない狭い隙間を掃除することができます。

独自のナビゲーションシステムを搭載しており、ランダム走行とは違った効率的な動きで短時間での掃除が可能です。

Eufy RoboVac G10 Hybridの最大の特徴が掃除機特有の騒音がしないことです。一般的な電子レンジの動作音と同じくらいの掃除音を実現しました。

ブランド名Anker Japan(アンカージャパン)
商品名Eufy RoboVac G10 Hybrid
料金26,800円〜
掃除タイプ吸引+水拭きタイプ
外形寸法(mm)幅335mm・高さ72mm・奥行335mm
質量(kg)約2.5Kg
電源方式自動充電
稼働時間最大80分
集塵容積0.45L
特徴Amazon Alexaに対応し、掃除開始・一時停止・再開・終了・充電ステーションへ戻す・位置確認を音声で操作することが可能です。
公式HPhttps://www.ankerjapan.com/

お掃除ロボットの料金まとめ

以上、お掃除ロボットの人気モデルを紹介してきました。

製品名料金掃除タイプ稼働時間集塵容積特徴
iRobot
ルンバ e5
39,800円~吸引タイプ最大90分記載なし・床の種類に合わせて自動調節
・ダスト容器は水洗い可能
iRobot
ブラーバジェット250
 30,780円~  水拭き+乾拭きタイプ  記載なし   記載なし  ・拭き掃除に特化したお掃除ロボット
・3種類の専用クリーニングパッド付き
Panasonic
RULO MC-RS520
51,600円~吸引タイプ約32分0.25L・三角形お掃除ロボット
・3種類のセンサーを搭載
HITACHI
minimaru RV-EX20
52,480円~吸引タイプ最長約60分0.25L・本体25cmというコンパクトボディ
・専用スマホアプリ搭載
ILIFE
V3s pro
16,861円~吸引タイプ90±10分0.3L・強力な吸引力と空気濾過技術
・先進的なセンサーが搭載されている
Anker Japan
Eufy RoboVac G10 Hybrid
26,800円〜吸引+水拭きタイプ最大80分0.45L・騒音がしない
・最大2000Paの吸引力

5万円を大きく超えるモデルもありますが、人気なのは15,000~50,000円程度のモデルとなっています。

お掃除ロボットの選び方

お掃除ロボットの選び方

お掃除ロボットを上手に選ぶためにはどうすればいいいのでしょうか。選び方のポイントについて紹介していきます。

種類から選ぶ

ロボット掃除機には、吸引タイプと水拭き掃除タイプの2種類があります。

今回紹介したお掃除ロボットのタイプをまとめました。

お掃除ロボットのタイプ
吸引タイプ水拭きタイプ
ルンバ e5ブラーバジェット250
RULO MC-RS520
minimaru RV-EX20
V3s pro
Eufy RoboVac G10 Hybrid

花粉や細かいハウスダストが気になる方は、拭き掃除タイプを選ぶといいでしょう。吹き掃除タイプはロボット掃除機市場全体からすると珍しくなっています。吹き掃除タイプの人気モデルは、ブラーバジェットです。

数多くの種類がある吸引タイプの場合、ブラシの種類(ゴム製か否か等)や吸引力を基準に選ぶようにします。

たとえば、「V3s pro」の場合、吸引口にブラシがついておらず、髪の毛がからまらず吸い込みやすくなっています。

Eufy RoboVac G10 Hybrid」は吸引と水拭き両方の機能が搭載されているので、その日の部屋の状態から掃除タイプを選ぶことができます。

複数の部屋の掃除にはカメラ機能が有効

掃除したい部屋が多数にわたる場合、センサー機能やカメラ機能が充実したモデルを選ぶようにしましょう。

ルンバの高機能モデルなどは、空間認識能力が高いので広い家でもバッチリ隅々までキレイにしてくれます。

ただし、カメラ付きのモデルは5万円を超えるような料金となっていますので、注意しましょう。

静かな機種を選ぶ

お掃除ロボットは掃除機なので、一般的な掃除機の音がします。

口コミでは思った以上の騒音で購入したことを後悔している人もいるようです。

パナソニックの「在宅ワーク時の床掃除」に関する調査でもロボット掃除機に追加したい性能で「音が静か(仕事の邪魔になりにくい)」が70%を占めました。

在宅ワークが増える中、「Eufy RoboVac G10 Hybrid」のように静音性が非常に高い機種が求められているようです。

Eufy RoboVac G10 Hybrid

Eufy RoboVac G10 Hybrid

(※Anker Japanより引用)

お掃除ロボットを選ぶ際には騒音でトラブルを起こさないためにも静音性の高い機種を選びましょう。

お掃除ロボットを安く買う方法

お掃除ロボットを安く買う方法

お掃除ロボットを安く購入するためにはどうすればいいいのでしょうか。安く買うコツについて紹介していきます。

型落ちのモデルを狙う

家電は日々新しいモデルが開発され販売されています。お掃除ロボットも例外ではありません。

最新モデルではなく、型落ちとなったモデルを狙って購入することで比較的安く購入することができます。

たとえば、水拭き掃除ができるブラーバジェットの200シリーズは、最新モデルがブラーバジェット250で32,860円ですが、型落ちのブラーバジェット240は28,450円と4,410円も安く購入することができます。

ブラーバジェット240

ブラーバジェット240

(※ヨドバシcomより引用)

グレードを落とす

同じ掃除機のシリーズであっても、機能を増やしたハイエンドモデルから格安のモデルまで様々なグレードがあります。

どうせ買うならハイエンドモデルがいいという方もいらっしゃるかもしれませんが、Wi-Fi接続など実際に使わないことがある機能がついている場合もあります。

少しでも安く入手したい場合には、安いグレードのものがないかどうか確認してみるといいでしょう。

代表的なロボット掃除機のルンバの場合を見てみましょう。当記事でも紹介したe5は39,800円です。カメラが搭載されているモデル「ルンバ 961」の場合には、52,800円と13,000円近い値段の差が出てきます。

ルンバ 961

ルンバ 961

(※Amazonより引用)

メルカリなどで中古を入手する

最近では、メルカリやヤフオクなどに何でも出品されています。ロボット型クリーナーも例外ではありません。中には未使用の新品も格安で出品されていることもあります。

一度人の手にわたったものであるという点が気にならないのであれば、メルカリなどで中古品を狙ってみるといいでしょう。

メルカリのロボット型クリーナー検索結果

メルカリのロボット型クリーナー検索結果

(※メルカリより引用)

中古品を購入したい場合、メルカリではなくAmazonで購入するのも一つの手です。

たとえば、ブラーバジェット250の中古品をAmazonで購入した場合、新品よりも1.7万円近く安い料金で購入することもできます。

ブラーバジェットの中古品

ブラーバジェットの中古品

(※Amazonより引用)

お掃除ロボットの料金相場と選び方と安く買う方法まとめ

以上、お掃除ロボットの料金などについて紹介してきました。

人気のお掃除ロボットの料金相場は、15,000円~50,000円程度となっています。

お掃除ロボットを選ぶ際には、掃除機の種類や、掃除したい部屋の数などに気を付けましょう。

安く買うためには、型落ちを狙ったり、グレードの低いものを買ったり、中古品を買ったりする方法があります。

いかがだったでしょうか。お掃除ロボット選びの参考となったのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

お掃除ロボットの料金比較表

画像ルンバ e5ブラーバジェット250RULO MC-RS520minimaru RV-EX20V3s proEufy RoboVac G10 Hybrid
ブランド名iRobotiRobotPanasonicHITACHIILIFEAnker Japan
商品名ルンバ e5ブラーバジェット250RULO MC-RS520minimaru RV-EX20V3s proEufy RoboVac G10 Hybrid
料金相場39,800円~30,780円~51,600円~52,480円~16,861円~26,800円〜
タイプ吸引タイプ水拭き+乾拭きタイプ吸引タイプ吸引タイプ吸引タイプ吸引+水拭きタイプ
特徴iRobot独自の3段階クリーニングシステムを搭載。普段の清掃習慣を学習して最適な清掃スケジュールを提案します。操作はクリーニングパッドを付けCLEANボタンを押すだけです。ジェットスプレーで汚れを浮かせて拭き取ります。壁ギワやスミ、家具の脚などについたホコリを掃除することができます。小型タイプなので機敏な動作で細かく動き回ることができます。スマートスピーカーにも対応します。低価格ですが吸引力が強く排気が綺麗なお掃除ロボットです。異臭を削除することもできます。吸引と水拭きが両方が可能で騒音がしないお掃除ロボットです。
リンクAmazonで見る

楽天で見る

公式サイトで見る

Amazonで見る

楽天で見る

公式サイトで見る

Yahoo!で見る

楽天で見る

公式サイトで見る

Yahoo!で見る

楽天で見る

公式サイトで見る

Amazonで見る

楽天で見る

公式サイトで見る

Amazonで見る

楽天で見る

公式サイトで見る