オンライン秘書の料金相場と選び方、安くする方法

ビジネス

個人事業主や社員数の少ない小規模な会社では、事務業務専門の社員を雇用していない場合も多いですね。

そのようなときには、社員の誰かが事務業務を兼務することになり、本来のコア業務が行えないことがあります。オンライン秘書を利用すると、自社社員をコア業務に専念させることができます。

オンライン秘書はインターネットを介し、社員に代わり事務業務などのサポートをします。

オンライン秘書は必要な期間だけ契約することができます。繁忙期や閑散期など仕事量に合わせて契約プランを変えられるので、人件費を調整することができるメリットがあります。

オンライン秘書のできる業務や契約プラン、月額料金を調べました。

今回は、オンライン秘書の料金相場と選び方、安くする方法をご紹介します。

オンライン秘書とは

オンライン秘書とはインターネット上で事務や経理、メール対応などの業務をサポートするサービスのことです。

事務や経理を専門に行う社員がいないと他の社員がしなくてはならず、本来のコア業務に集中することができませんね。

オンライン秘書に業務を依頼すると自社社員はコア業務に専念できるようになり、仕事の効率が上がります。

オンライン秘書の必要性やできる業務の内容、セキュリティなどの安全性についてご紹介します。

参考:Fammオンラインアシスタント

参考:Slack

参考:Chatwork

参考:公正取引委員会

参考:総務省

オンライン秘書の必要性

個人事業主や小規模な会社では、事務専門に業務を行う人材を雇用するのは大変ですね。しかし、事務業務をする社員がいないと誰かが代わりに行うことになり、本来のコア業務に支障をきたすこともあります。

事務業務には繁忙期や閑散期など仕事量に違いがあり、常時雇用する場合には人件費も気になります。オンライン秘書は仕事量に応じて必要なときだけ依頼できるので、人件費を調整することができます。

オンライン秘書には様々な業務分野があり、事務業務や経理、Webサイト関連の仕事まで必要な業務に合わせて依頼することができます。

Fammオンラインアシスタントの業務

Fammオンラインアシスタント公式サイトより引用)

依頼者に合わせたサービスを提供するオンライン秘書は、人件費の節約やコア業務に専念したい個人事業主、小規模な会社にとって必要なサービスになります。

オンライン秘書ができること

オンライン秘書ができる業務は、スケジュール管理やメール対応などの秘書業務や事務業務、経理など様々なものがあります。

オンライン秘書の業務は基本的にインターネットを介したオンライン上のやり取りで、対応できる業務などは以下になります。

秘書業務

秘書業務はスケジュール管理やメール対応、名刺管理など、上司が動きやすいように仕事の段取りを整えることです。

オンライン秘書も同様に上司が業務に専念しやすいように環境を整えてくれます。オンライン上の連絡にはコミュニケーションツールを使用するのでタイムラグがなく、スムーズに仕事を進めることができます。

事務・営業事務

事務業務には一般事務や営業事務が含まれ、書類作成からデータ入力などパソコンを使用した様々な業務があります。仕事量が多い事務業務には経験豊富なスタッフがいると、正確で素早い仕事ができます。

オンライン秘書では経験豊富なスタッフが事務業務を担当するので、短い時間でも効率的に業務が行えます。

人事・労務

人事や労務は社員に関する業務を行います。社員の入社手続きや退職手続き、出退勤の管理などが人事や労務の業務になります。

社員を雇用している会社では人事に関する業務が発生するので、オンライン秘書はそのサポートをしてくれます。

経理業務

経理は会社のお金の出入りに関する業務を行います。備品の購入や売り上げと仕入れなど、お金の出入りは帳簿に記録し管理する必要があります。

オンライン秘書では、お金に関する管理業務のサポートを行います。経理の専門知識や経験があるスタッフが担当するので、安心して任せることができます。

Webサイト運営など

Webサイトを運営している場合には、更新やメンテナンスなど管理が必要になります。個人商店では繁忙期など、Webサイトまで手が回らないことも多いですね。

Web関連業務に対応しているオンライン秘書では、経験豊富なスタッフが業務を担当するのでスムーズなWebサイト運営ができます。

コミュニケーションツール

オンライン秘書とのコミュニケーションは電話ではなく、インターネット上でやり取りをします。SlackやChatworkなどのコミュニケーションツールがあると、スムーズに連絡を取ることができ仕事が捗ります。

Slackはオンライン上でやり取りができるチャットサービスです。グループチャットや、プライベートな連絡ができる1対1でのメッセージング機能があります。やり取りを一箇所で行うので連絡ミスも少なくなります。基本的な機能は無料で利用することができます。

Slack公式サイト

Slack公式サイトより引用)

Chatworkは複数人でやり取りができる、グループチャットです。リマインド機能で仕事の納期を知らせてくれるので、うっかりミスを防ぐこともできます。ファイル共有ができるので、効率よく仕事を進められます。無料プランでは基本的な機能が利用できます。

Chatwork公式サイト

Chatwork公式サイトより引用)

オンライン秘書のセキュリティ

社内の秘密情報の漏洩が気になり、オンライン秘書の利用をためらっている方もいるかもしれません。多人数のスタッフが関わるオンライン秘書では、秘密情報の取扱いが気になりますね。

社外に情報を漏洩させないためには、NDA(秘密保持契約)というものがあります。

1 NDA(秘密保持契約)

(1) NDAの概要

スタートアップと連携事業者が、事業連携に当たって、相互に秘密情報を交換する場合があるが、その際、秘密情報が当事者以外に流出しないように、また、契約で定められた一定の目的以外に情報が流出しないように締結する契約がNDAである。

公正取引委員会「スタートアップとの事業連携に関する指針/NDA(秘密保持契約)」より引用)

NDA(秘密保持契約)は社外に秘密情報を漏洩させないと誓う契約です。

NDAを締結するオンライン秘書は、安心して依頼できる目安になります。オンライン秘書を契約する前に、NDAがあるか確認しておくとよいでしょう。

オンライン秘書サービスでは、依頼者とのやり取りに安全性の高いSSL通信を使用しています。SSL通信はインターネットの通信が外部に読み取られたり、改竄されないセキュアな通信です。

SSLの仕組み

SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのひとつです。クレジットカード番号や、一般に秘匿すべきとされる個人に関する情報を取り扱うWebサイトで、これらの情報が盗み取られるのを防止するため、広く利用されています。

(中略)

SSLは、WebサーバとWebブラウザとの通信においてやりとりされるデータの暗号化を実現する技術です。たとえば、インターネットバンキングで利用者登録する場合などは、このSSLを使ったホームページが使われます。ここで入力された情報は 暗号化され、 金融機関のWebサーバに送られるのです。これにより、通信の途中で情報が盗み見られることを防いでいます。

総務省「国民のための情報セキュリティサイト/SSLの仕組み」より引用)

SSL通信のなかでもインターネットバンキングなど、セキュリティを重要視している通信に使用されているのが256bitSSL方式です。

256bitSSL方式を採用しているオンライン秘書を選ぶと、安全にやり取りすることができます。

オンライン秘書を利用するときのポイント

オンライン秘書はインターネット上のやり取りのため、対面で仕事をする場合と異なる注意点もあります。

オンライン秘書を効率よく使うために、いくつか気をつけるポイントをご紹介します。

・依頼を具体的に伝えること

・依頼したい業務に対応しているか

・営業日や対応時間を確認する

・スキルなどをトライアルプランで確かめる

オンライン秘書とのやり取りはすべてインターネット上で行うため、微妙なニュアンスが伝わりにくいことがあります。効率よく仕事を進めるためには、依頼を具体的に伝えることが大切です。

オンライン秘書はサービス提供会社により、多少業務内容が異なります。適切な業務を行ってもらうためには、依頼したい業務内容に対応しているオンライン秘書を選ぶことが必要です。

多くのオンライン秘書の営業日は平日のみのところが多く、対応時間も一般的な会社の営業時間帯に合わせています。土日や祝日、時間外の対応をしてもらいたい場合には、予め確認をするとよいでしょう。

オンライン秘書では面接をすることができないため、契約前にスタッフのスキル確認をすることができません。不安があるときには、トライアルプランを用意しているオンライン秘書でお試しをしてみましょう。

オンライン秘書のメリットとデメリット

オンライン秘書にはたくさんのメリットがある反面、デメリットも存在していました。

オンライン秘書のメリットとデメリットをご紹介します。

オンライン秘書のメリット

・コア業務に集中できる

・人件費を調整できる

・専門的な業務に対応できる

・新人教育の手間がかからない

会社には書類作成や経費の帳簿付け、メール対応などコア業務以外の業務があります。オンライン秘書に書類作成などの事務業務を依頼することで、自社社員は本来のコア業務に集中することができます。

会社には決算期など業務が多くあるときや、それほど仕事がない時期があります。事務専門の社員を雇用していると、暇な時期でも給与が発生します。オンライン秘書は繁忙期と閑散期など、仕事量で使い分けられるので人件費を調整できます。

Webサイト運営など専門性が必要な業務は、社内に詳しい社員がいないと効率的に運用できません。専門性が必要な業務は、その業務に対応しているオンライン秘書に依頼するとよいでしょう。

新人社員には業務を教える手間がかかり、小規模な会社では教育をする余裕がない場合もあります。オンライン秘書は豊富な経験をもつスタッフが担当するので、すぐに業務に入ってもらえます。

オンライン秘書のデメリット

・料金がかかる

・オフラインに対応していない

・時間外の対応ができない

・スタッフのスキルがわからない

オンライン秘書に業務を依頼すると料金がかかります。しかし、社員を直接雇用するよりもトータル的な費用は安く済みます。また、短期契約より長期契約をするほうがオンライン秘書の料金を安くすることができます。

オンライン秘書はインターネットを介したオンラインサービスなので、オフラインには基本的に対応していません。名刺など紙の書類を整理する場合やオフィスでの業務など、オフライン対応をしてくれるサービスもあります。

オンライン秘書は営業日時が決まっているため、土日や祝日、時間外の対応ができません。カスタムプランを用意しているオンライン秘書サービスでは、土日や祝日、時間外の対応ができるので相談してみましょう。

オンライン秘書は担当スタッフの面接をすることができないため、スキルの確認ができません。オンライン秘書では経験豊富な人材を多数確保しています。業務に合わせた適切なスキルをもつスタッフが担当するので、安心して任せることができます。

オンライン秘書の料金相場:33,000円~132,000円

オンライン秘書の料金相場は、33,000円~132,000円となっています。

オンライン秘書は多くあり、どのサービス提供会社を選べばよいのか迷いますね。オンライン秘書ごとに対応してる業務にも幅がありました。

オンライン秘書のできる業務やプラン、月額料金など契約前に知っておきたいことを調べました。

オンライン秘書に依頼できる最低契約期間のプランで月額料金を比較しました。

i-STAFF「ライトプラン」のオンライン秘書の料金相場:89,100円~125,400円

i-STAFF公式サイト

i-STAFF公式サイトより引用)

i-STAFF「ライトプラン」のオンライン秘書の月額料金は、125,400円~となっています。

i-STAFF「ライトプラン」料金

i-STAFF公式サイトより引用)

セキュリティソフトを導入し、社内の機密情報を取り扱う場合には本社勤務のスタッフが対応するなど、セキュリティ体制が整っているのが特徴です。

秘書、経理、Webサイト運用、人事、営業アシスタントなどの業務に対応しています。

営業は平日9:00~18:00ですが、土日や深夜対応のプラン(応相談)もあります。

名刺や領収書など紙の書類の整理には、オフライン対応をしています。

i-STAFF「ライトプラン」のオンライン秘書の月額料金は、89,100円~125,400円です。

i-STAFFには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
ライトプラン3ヶ月125,400円・3ヶ月契約のプランです

・月の実働時間は30時間まで

ベーシックプラン6ヶ月102,300円・6ヶ月契約のプランです

・月の実働時間は30時間まで

プレミアムプラン12ヶ月89,100円・12ヶ月契約のプランです

・月の実働時間は30時間まで

カスタマイズプラン応相談お問い合わせ・月30時間以上や土日や深夜業務対応できるプラン

i-STAFF公式サイトはコチラ

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」のオンライン秘書の料金相場:51,700円~108,900円

オンラインアシスタント フジ子さん公式サイト

オンラインアシスタント フジ子さん公式サイトより引用)

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」のオンライン秘書の月額料金は、51,700円~となっています。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」料金

オンラインアシスタント フジ子さん公式サイトより引用)

金融機関セキュリティレベルの256bitSSL方式で通信を行い、セキュリティソフトの導入など安全対策がされているのが特徴です。

経理、秘書・総務、人事、Webサイト運用業務に対応しています。

通常営業日は平日9:00〜18:00ですが、土日や祝日、1ヶ月の実働時間が50時間を超える場合のプラン(応相談)もあります。

契約プランの実働時間数を超える場合には、時間単価x1.5倍の超過料金を払うことで延長できます。オフラインでの対応はしていません。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」のオンライン秘書の月額料金は、51,700円~108,900円です。

オンラインアシスタント フジ子さんには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
PLAN201ヶ月(自動更新)51,700円・アシスタントの実働時間は1ヶ月で20時間まで
PLAN301ヶ月(自動更新)75,900円・アシスタントの実働時間は1ヶ月で30時間まで
PLAN501ヶ月(自動更新)108,900円・アシスタントの実働時間は1ヶ月で50時間まで
月80時間プラン(半日)相談相談・月80時間稼働(半日)

・応相談

月160時間プラン(フルタイム)相談相談・月160時間稼働(フルタイム)

・応相談

オンラインアシスタント フジ子さん公式サイトはコチラ

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」のオンライン秘書の料金相場:118,800円~132,000円

CASTER BIZ公式サイト

CASTER BIZ公式サイトより引用)

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」のオンライン秘書の月額料金は、132,000円~となっています。

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」料金

CASTER BIZ公式サイトより引用)

NDA(秘密情報保持契約)を締結し、暗号化管理ツール (Lastpass)で情報を保管しています。

対応できる業務には秘書、営業事務、人事、経理、クリエイティブ、翻訳などがあります。

依頼に不慣れな方には導入コンシェルジュオプション(55,000円/月)があり、業務の依頼がスムーズに行われるようにサポートするサービスがあるのが特徴です。

営業は平日9:00~17:00で、1ヶ月の実働時間は30時間までとなっています。

オプションで実働時間延長(延長時間x1.2倍)をすることもできます。

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」のオンライン秘書の月額料金は、118,800円~132,000円です。

CASTER BIZには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
6ヶ月プラン6ヶ月132,000円・6ヶ月契約のプランです

・月の実働時間は30時間まで

12ヶ月プラン12ヶ月118,800円・12ヶ月契約のプランです

・月の実働時間は30時間まで

カスタムプラン相談相談・要望にあわせてカスタマイズできるプラン

・料金などは相談

CASTER BIZ公式サイトはコチラ

SUPPORT+iA「月6時間」のオンライン秘書の料金相場:33,000円~99,000円

SUPPORT+iA公式サイト

SUPPORT+iA公式サイトより引用)

SUPPORT+iA「月6時間」のオンライン秘書の月額料金は、33,000円~となっています。

SUPPORT+iA「月6時間」料金

SUPPORT+iA公式サイトより引用)

公認会計士がサービスを運営しているので財務や経理業務に強く、スタッフはすべて正社員なのが特徴です。

庶務、財務、経理、人事・労務、総務などの業務に対応しています。

営業時間は平日9:00~18:00で、契約プランの実働時間を超えた分は、超過料金(時間単価x1.25倍)での対応が可能です。

東京23区内ではオフライン対応があり、銀行窓口での納付や印鑑証明書の取得なども代行してくれます。

また、オフィス常駐での業務対応の相談にも応じています。

SUPPORT+iA「月6時間」のオンライン秘書の月額料金は、33,000円~99,000円です。

SUPPORT+iAには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
月6時間1ヶ月33,000円・1ヶ月の間の実働時間は6時間のプラン

・東京23区内はオフライン対応あり

月12時間1ヶ月55,000円・1ヶ月の間の実働時間は12時間のプラン

・東京23区内はオフライン対応あり

月25時間1ヶ月99,000円・1ヶ月の間の実働時間は25時間のプラン

・東京23区内はオフライン対応あり

SUPPORT+iA公式サイトはコチラ

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」のオンライン秘書の料金相場:70,000円~73,500円

Fammオンラインアシスタント公式サイト

Fammオンラインアシスタント公式サイトより引用)

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」のオンライン秘書の月額料金は、73,500円~となっています。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」料金

Fammオンラインアシスタント公式サイトより引用)

情報のセキュリティには、NDA(秘密情報保持契約)の締結をしています。

対応できる業務は、事務、秘書、経理、ウェブデザイン、動画編集、営業事務、ライティング、人事事務、電話代行、ECショップ、SNS運用代行と幅広くなっています。

Webデザインやコーディング、動画編集が低価格でできるのが特徴です。

依頼方法はシフト制と業務発生時に都度依頼する方法があり、オフラインには対応していません。

1ヶ月あたりの稼働時間が30時間以上の場合には、超過料金(プラン月額の時間単価)で対応できます。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」のオンライン秘書の月額料金は、70,000円~73,500円です。

Fammオンラインアシスタントには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
3ヶ月3ヶ月73,500円・3ヶ月契約

・1ヶ月の稼働時間は30時間まで

6ヶ月6ヶ月70,500円・6ヶ月契約

・1ヶ月の稼働時間は30時間まで

12ヶ月12ヶ月70,000円・12ヶ月契約

・1ヶ月の稼働時間は30時間まで

Fammオンラインアシスタント公式サイトはコチラ

Genny「ライトプラン」のオンライン秘書の料金相場:105,600円~115,500円

Genny公式サイト

Genny公式サイトより引用)

Genny「ライトプラン」のオンライン秘書の月額料金は、115,500円~となっています。

Genny「ライトプラン」料金

Genny公式サイトより引用)

セキュリティは金融機関レベルの256bitSSL通信方式を採用しています。

2名1チーム体制でスタッフは同じ人が担当します。

1ヶ月の実働時間に上限がなく、多くの仕事を頼めるのが特徴です。

依頼できる業務は、メール確認、返信代行、スケジュール管理、ドライバー手配、運行管理、アポイント調整、調査、報告、ビジネスランチ、会食予約、出張手配、契約書作成補助、名刺管理、経費精算補助など多岐にわたります。

営業時間は平日9:00~18:30で、オフラインでの対応はありません。

Genny「ライトプラン」のオンライン秘書の月額料金は、105,600円~115,500円です。

Gennyには以下のプランもあります。

プラン名契約期間料金/月額プラン内容
ライトプラン2ヶ月115,500円・2ヶ月契約のプラン

・実働時間の上限はなし

スタンダートプラン6ヶ月107,800円・6ヶ月契約のプラン

・実働時間の上限はなし

プレミアムプラン12ヶ月105,600円・12ヶ月契約のプラン

・実働時間の上限はなし

カスタムプラン相談相談・1つの業務および特急で仕上げてもらいたい業務のプラン

・料金などは相談

Genny公式サイトはコチラ

オンライン秘書の料金相場まとめ

オンライン秘書の料金相場を以下の表にまとめました。

サービス名料金/月額実働時間営業時間特徴
i-STAFF「ライトプラン」125,400円月30時間平日9:00~18:00(土日、深夜時間帯の営業も可能)・オフライン対応あり

・月30時間以上も応相談

・返金保証付き

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」51,700円月20時間平日9:00~18:00(月50時間以上や土日、祝日は応相談)・1ヶ月のみの契約もできる

・月の実働時間は20時間までのプラン

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」132,000円月30時間平日9:00~17:00・6ヶ月契約のプラン

・延長は延長時間x1.2倍が加算される

SUPPORT+iA「月6時間」33,000円月6時間平日9:00~18:00・月の実働時間が6時間のプラン

・オフィス常駐のオフライン対応あり(東京23区内)

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」73,500円30時間までシフト制と業務発生時に依頼する方法がある・3ヶ月のプラン

・プラン月額の1時間あたりの料金で延長できる

・オフライン対応なし

Genny「ライトプラン」115,500円実働時間に上限なし平日9:00~18:30・2ヶ月契約のプラン

・オフライン対応なし

オンライン秘書の料金が安かったのは、SUPPORT+iA「月6時間」で33,000円、高かったのはCASTER BIZ「6ヶ月プラン」で132,000円でした。

オンライン秘書には対応できる業務に差があり、月額料金にも違いがありました。依頼できる業務や対応の幅が広いほど、料金が高くなるという印象を受けました。

オンライン秘書には以下の特徴があります。

オンライン秘書の選び方

数多くのオンライン秘書サービスから、自社に合うサービスを選ぶのは大変ですね。

オンライン秘書の選び方は、依頼したい業務に対応しているサービスを選ぶことです。仕事量に合うプランがあることも、人件費節約の大切なポイントになります。

自社に合ったオンライン秘書の選び方をご紹介します。

少ない時間数から依頼できる

事業の種類によっては、書類の作成などの事務業務があまり発生しないこともあります。仕事量に合わせてプランを選ぶと人件費を節約できます。

定期的な仕事の発生があり月々の仕事量が少ない場合には、1ヶ月間の実働時間が少ないプランが向いています。

SUPPORT+iA「月6時間」は経理や財務に強いのが特徴です。1ヶ月間の実働時間は6時間で、個人事業主の確定申告など少しづつ進めたい業務がある場合に向いています。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」は、少ない時間から依頼できます。仕事量に合わせ実働時間を選ぶことができるプランがあります。1ヶ月の実働時間が20時間のプランは比較的仕事量が少ない会社向きです。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」特徴

オンラインアシスタント フジ子さん公式サイトより引用)

Web関連の業務ができる

Webサイトを運営している個人商店などでは、コア業務が忙しいとなかなか更新できないことがありますね。

Webサイトを持っていても運用が苦手な場合には、Web関連の業務に対応しているオンライン秘書が向いています。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」はWeb関連の業務にも対応し、業務経験が豊富なアシスタントが担当してくれます。

Webデザインや動画の編集のスキルがあるオンライン秘書は、Web関連の業務が苦手な方向きです。SNS運用代行業務にも対応しているので、店舗を持っている方の情報発信にも向いています。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」特徴

Fammオンラインアシスタント公式サイトより引用)

トライアルプランがある

オンライン秘書ではスタッフの指名をしたり、事前に面接をすることができません。オンライン秘書を初めて利用するときには、スタッフのスキルがわからず不安ですね。

オンライン秘書にはお試しできるトライアルプランもあります。初めてオンライン秘書を利用する場合は、トライアルプランがあるサービスが向いています。

オンライン秘書でトライアルプランがあるのは、i-STAFF「ライトプラン」、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」、Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」、Genny「ライトプラン」です。

i-STAFF「ライトプラン」のトライアルプランは、2週間契約のうち、6時間分の実働時間をトライアルとして利用できます。

1週間契約のうち2時間をトライアルとして利用できるオンライン秘書には、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」があります。

3ヶ月プランか6ヶ月プランを契約すると、初月料金が40,000円でトライアルできるのは、Fammオンラインアシスタントです。

Genny「ライトプラン」のトライアルプランは、2週間分が無料でお試しできます。ライトプランの2ヶ月間の契約のうち、2週間分が0円になるので実質5万円相当が無料になります。

Genny「ライトプラン」のトライアルプラン

Genny公式サイトより引用)

トライアルプランがあるオンライン秘書を以下の表にまとめました。

サービス名トライアル料金サービス内容
i-STAFF「ライトプラン」6時間無料・2週間の契約期間中のうち6時間分が無料で利用できる
オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」2時間無料・1週間契約のうち2時間分が無料で利用できる
Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」40,000円(初月料金)・3ヶ月プランか6ヶ月プランを契約すると初月の料金が40,000円で利用できる
Genny「ライトプラン」2週間分0円・ライトプラン(2ヶ月)を契約すると2週間分(5万円相当)が無料で利用できる

オンライン秘書の選び方には次のものがあります。

オンライン秘書の料金を安くする方法

会社における人件費は大きな割合を占めるため、少しでもオンライン秘書の料金を安くしたいものですね。

オンライン秘書の料金を安くするには、長期契約をすることや時間単価を安くすること、キャンペーンを利用する方法があります。

お得に利用したい方のために、オンライン秘書の料金を安くする方法をご紹介します。

長期契約をすると安くなる

オンライン秘書の料金を安くするには、長期契約をする方法があります。オンライン秘書との契約を長期契約にすると、月額あたりの料金が安くなります。

オンライン秘書の長期契約で料金が安くなるのは、i-STAFF「ライトプラン」、Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」、Genny「ライトプラン」、CASTER BIZ「6ヶ月プラン」です。

i-STAFF「ライトプラン」は、3ヶ月契約で月額料金は125,400円になります。

6ヶ月契約の「ベーシックプラン」の月額料金は102,300円なので「ライトプラン」より、23,100円安くなります。12ヶ月契約の「プレミアムプラン」の月額料金は89,100円で「ライトプラン」に比べ、36,300円料金を安くすることができます。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」の料金は、3ヶ月契約で73,500円です。

6ヶ月契約の「6ヶ月」プランの月額料金は70,500円なので「3ヶ月」プランに比べ3,000円料金を安くすることができます。12ヶ月契約の「12ヶ月」プランは70,000円で「3ヶ月」プランより料金が3,500円安くなります。

Genny「ライトプラン」の2ヶ月契約の料金は115,500円になります。

6ヶ月契約の「スタンダートプラン」の料金は107,800円なので「ライトプラン」より7,700円料金を安くできます。12ヶ月契約の「プレミアムプラン」の料金は105,600円で「ライトプラン」より9,900円料金が安くなります。

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」の6ヶ月契約の料金は132,000円です。

「12ヶ月プラン」は12ヶ月契約で、料金は118,800円になります。「12ヶ月プラン」は「6ヶ月プラン」を契約するより、13,200円料金を安くすることができます。

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」割引料金

CASTER BIZ公式サイトより引用)

時間単価を安くする

月額プランの1ヶ月の実働時間を増やすと、オンライン秘書の料金を安くすることができます。実働時間が増えることで、1時間あたりの単価が安くなります。

時間単価を安くすることができるのは、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」、SUPPORT+iA「月6時間」です。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」の料金は51,700円です。実働時間は20時間で、1時間あたりの料金は2,585円になります。

実働時間が30時間の「PLAN30」の料金は75,900円なので、1時間あたり2,530円です。「PLAN20」よりも、1時間あたり55円安くなります。

実働時間が50時間の「PLAN50」の料金は108,900円で、1時間あたり2,178円です。「PLAN20」を契約するより、1時間あたり407円料金を安くすることができます。

SUPPORT+iA「月6時間」の実働時間は1ヶ月6時間で、料金は33,000円になります。1時間あたりの料金は5,500円です。

「月12時間」プランの月額は55,000円で、実働時間は1ヶ月12時間あります。1時間あたり約4,583円なので「月6時間」プランに比べ、約917円安くなります。

「月25時間」プランの実働時間は1ヶ月25時間、月額は99,000円で1時間あたりの料金は3,960円です。「月6時間」プランより、1時間あたり1,540円料金を安くすることができます。

SUPPORT+iA「月6時間」割引料金

SUPPORT+iA公式サイトより引用)

キャンペーンを利用する

キャンペーンを利用すると、オンライン秘書の料金を安くすることができます。

期間限定キャンペーンを行っているのは、i-STAFF「ライトプラン」です。サービス開始から5周年記念キャンペーンとして、オンライン秘書の料金が安くなっています。

「ライトプラン」の通常料金は、月額125,400円です。キャンペーン料金では102,300円となり、23,100円料金を安くすることができます。

通常料金が月額102,300円の「ベーシックプラン」では、キャンペーンを利用すると89,100円となり、料金が13,200円安くなります。

「プレミアムプラン」の通常料金は月額89,100円です。キャンペーン料金では79,200円になり、9,900円料金を安くすることができます。

5周年記念キャンペーンは2022年1月31日までです。

i-STAFF「ライトプラン」割引料金

i-STAFF公式サイトより引用)

オンライン秘書を安くする方法には以下のものがあります。

キャンペーンを利用する

オンライン秘書の料金相場と選び方、安くする方法まとめ

オンライン秘書の料金相場は、33,000円~132,000円でした。

オンライン秘書の料金が安かったのは、SUPPORT+iA「月6時間」で33,000円、高かったのはCASTER BIZ「6ヶ月プラン」で132,000円でした。

オンライン秘書はサービス提供会社ごとに対応できる業務に幅がありました。対応できる業務やプランの内容により月額料金に差があらわれる、と感じました。

オンライン秘書にはサービスごとに特徴がありました。

セキュリティ対策にNDAや256bitSSL通信方式を採用していたのは、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」CASTER BIZ「6ヶ月プラン」Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」Genny「ライトプラン」でした。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」は、Webサイトの制作やSNS運用代行などWeb関連の依頼ができました。

i-STAFF「ライトプラン」オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」ではWebサイト運用の業務も行っていました。

依頼したい業務に合わせてカスタマイズできるプランがあるのは、i-STAFF「ライトプラン」CASTER BIZ「6ヶ月プラン」Genny「ライトプラン」で、自社に最適なプランをつくることができました。

名刺整理など紙の書類を整理できるオフライン対応があるのは、i-STAFF「ライトプラン」でした。

東京23区内でオフィス常駐の業務など、オフライン対応ができるオンライン秘書には、SUPPORT+iA「月6時間」がありました。

オンライン秘書の選び方は、依頼したい業務に対応しているサービスを選ぶことでした。

少ない時間数から依頼でき人件費を節約できるオンライン秘書には、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」SUPPORT+iA「月6時間」がありました。

Webデザインや動画の編集などWeb関連の業務は、Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」だと専門業者より安く依頼することもできました。

オンライン秘書にはトライアルプランがあるサービスもありました。

i-STAFF「ライトプラン」のトライアルプランでは6時間のお試しができました。

オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」には、2時間分のトライアルプランがありました。

Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」では3ヶ月プランか6ヶ月プランを契約すると、初月の料金が40,000円でトライアルできました。

Genny「ライトプラン」には、2週間分が無料でお試しできるトライアルプランがありました。

オンライン秘書の料金を安くする方法は、長期契約や時間単価、キャンペーンを利用することでした。

長期契約をすると料金が安くなるプランがあるのは、i-STAFF「ライトプラン」で12ヶ月契約の「12ヶ月」プランでは、「3ヶ月」プランより料金が3,500円安くなりました。

12ヶ月契約をすると3ヶ月契約より料金が3,500円安くなるのは、Fammオンラインアシスタント「3ヶ月」でした。

Genny「ライトプラン」で12ヶ月契約をすると、2ヶ月契約のプランより9,900円料金が安くなりました。

CASTER BIZ「6ヶ月プラン」は6ヶ月契約のプランより、12ヶ月契約のプランにしたほうが13,200円料金を安くすることができました。

1ヶ月の実働時間が増えると1時間あたりの単価が安くなるのは、オンラインアシスタント フジ子さん「PLAN20」でした。実働時間が50時間のプランは20時間のプランより、1時間あたり407円安くなりました。

SUPPORT+iA「月6時間」では、実働時間が6時間のプランより25時間のプランのほうが、1時間あたり1,540円料金を安くすることができました。

キャンペーンを利用してオンライン秘書の料金を安くすることができるのは、i-STAFF「ライトプラン」でした。「ライトプラン」では23,100円、「ベーシックプラン」は13,200円、「プレミアムプラン」では9,900円、通常料金より安くすることができました。

オンライン秘書を利用すると事務業務などから解放され、本来のコア業務に専念することができました。

経験豊富なオンライン秘書なら安心して業務を任せられますね。人件費も節約できるので、会社の業績を伸ばすことにも貢献してくれます。

事業の効率化を目指す方のための、オンライン秘書選びの参考にしてくださいね。