ネットワークスペシャリストの資格講座の料金相場と選び方、安くする方法

資格講座

ネットワークエンジニアとして就職、転職を希望する方が増えています。

そういった中、就職するにあたり、最も重要視されている資格の1つが、ネットワークスペシャリストの資格です。

合格率が約15%の難関資格試験なので、試験に合格するためには十分な学習や対策が必要です。

この記事ではネットワークスペシャリストの資格講座の料金相場や、講座の選び方、おすすめ、安く講座を受ける方法などについてまとめています。

ネットワークスペシャリストとは

昭和63年に創設された「オンライン情報処理技術者試験」が改定されて、新たに名前を変更したものが「ネットワークスペシャリスト試験」になります。

主催するのは独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)で、経済産業大臣が認定する国家試験「情報処理技術者試験」の12ある区分の中の一つです。

2019年度でも年間1万人以上の受験者がおり、高度試験中では、セキュリティースペシャリスト試験に次いで受験者が多い資格試験となっています。

ネットワークスペシャリストの資格を取るメリット

ネットワークスペシャリストの資格を取るメリットは第一に「キャリアアップ・就職・転職に有利になること」です。

大企業では特に、システム管理者になるためには、必須の資格となっています。

システムの設計・構築・管理といった、ネットワークシステムの全体についての知識を持っているため、企業でのシステム管理者を任せやすくなります。

システム管理者はどこも需要があり、人手不足ですので、転職が有利となります。

また、現在、ネットワーク関連の仕事に携わっている方にとっては、自身のキャリアアップや収入アップなどが可能とります。リーダー候補として、将来的に会社内でのポジションアップも期待できます。

参考:itec:ネットワークスペシャリスト【NW】情報処理技術試験

ネットワークスペシャリストの資格が活かせる職業は?

ネットワークスペシャリストの資格が活かせる職業について見ていきましょう。

ネットワークスペシャリストはやはり、IT企業や通信系企業、ネットワーク関連企業での需要が高いです。

そして、社内ネットワークを所有している大手企業のシステム管理部門でも需要があります。

また、ネットワークスペシャリストの資格を取得することで、試験科目が免除になるものもあるので、その仕事に携わっている方が資格試験を受験することも多いようです。

ネットワークスペシャリストの資格で免除される試験科目など

・弁理士試験の科目免除(理工Ⅴ[情報])
・技術陸曹・海曹及び予備自衛官補(技能公募)の任用資格
・警視庁特別捜査官など都道府県警察の4級職(警部補)のサイバー犯罪捜査官の任用資格
・中央省庁の4級職~6級職CIO補佐官(主査,課長補佐,班長,企画官,調査官)等の職員の・任用資格
・各独立行政法人の情報技術関連職員の任用資格

引用元:itec

ネットワークスペシャリストの平均年収は?

ネットワークスペシャリストの資格取得者の平均年収は450万円~800万円とされています。

経験や年齢などの要因もあるため、年収には幅がありますが、他の情報系資格取得者と比較してみると

  • セキュリティーマネージメント資格取得者は510万~600万円
  • 基本情報技術者試験の資格取得者の平均年収が350万~600万円

とされているので、ネットワークスペシャリストの資格は市場価値も高いことが推測されます。

ネットワークスペシャリスト講座の料金相場:1,700円(単科)~595,700円

では、ネットワークスペシャリスト講座の各予備校の料金相場を見ていきましょう。

ShareWisのような単科ごとで提供しているスクールもあり、1,700円から受講することが可能です。また、Softcampusのようなマンツーマンレッスンの50万円超の講座もあり幅広いです。

ですが、概ね、5万円前後で一式受講することができます。

以下、通学やオンラインでネットワークスペシャリストの資格対策ができるおすすめの講座を紹介します。

ShareWisの料金相場:1,700円~

ShareWisの価格相場は1,700円(税込)になります。

sharewis

引用元:ShareWis

2012年にスタートしたShareWisはオンラインで学習できる各種講座を掲載しています。

ShareWisはネットワークやプログラミングなどのIT系の講座も多いですが、中国語講座や英語講座、小説の書き方など多岐にわたる講座が用意されています。仕事の都合でなかなかスクールに通ううことができない社会人に人気が高いサービスです。

ShareWisのネットワークスペシャリストの講座は、過去の問題について講師が解説するといった、実践的なプログラムが用意されています。

基礎から学びたいという方よりも、ある程度ネットワークの知識がある方に向いていると思います。

単科のみの販売で初学者が一から学ぶスタンダードコースのようなものは現在のところ販売されておりません。

itecネットワークスペシャリスト講座の価格相場は18,700円~

itecの価格相場は18,700円~になります。

itec

引用元:itec

株式会社アイテック教育事業本部が運営しているスクールがitecです。

itecは、資格取得を目指す人への講座だけではなく、各企業の社内研修も数多く依頼されており、試験対策専門だけではなく、教育ということに力を入れています。

まずは、受講者の弱点を浮き彫りにして、弱点を克服するためのカリキュラムが組まれます。午前と午後に模試を行う、1日2度の実戦的な試験を受けることで、実践力の強化や、自分がどれだけ力がついているかわかるようになっています。

講座以外にも、全国統一模試なども用意されており、確実に資格試験をパスする力をつけることが可能です。

TACネットワークスペシャリスト講座の価格相場は60,000円~

TACの価格相場は60,000円~です

tac価格

引用元:TAC

TACは公認会計士や簿記の資格の学校というイメージが強いですが、2000年にIT技術者養成スクールを開設して以来、IT系の資格取得にも強いスクールとなっています。

首都圏を中心に全国36ヶ所に直営校と提携校がありますが、専門学校が設置されていない都道府県もまだあるため、学校に通えない人にはオンラインや通信教育などのカリキュラムが用意されています。

専門知識対策講義+演習+公開模試という実践的なカリキュラムなので、ネットワークの知識をある程度持っている人でないと、カリキュラムについていけない可能性があります。
初心者の方は別の講座で基礎力をつけてからネットワークスペシャリスト対策講座に移るのがおすすめです。

Softcmpusの料金相場は595,700円~

Softcmpusのネットワークスペシャリスト講座の料金相場は595,700円~になります。

SOftcampus価格

引用元:Softcampus

首都圏の新宿校、横浜校の他にも東北に専門学校を持つソフトキャンパスですが、通学での講座受講だけでなく、オンライン受講にも力をいれております。

ソフトキャンパスの特徴は、講師と受講生が1対1のマンツーマン指導です。そのため他社と比較すると高額になっています。

自分のペースに合わせて学習を進めることができることや、わからないことはすぐに講師に質問できるのは大きなメリットになるでしょう。

通学だけでなく、オンライン受講もマンツーマンで行っているので、近くに専門学校がなく通えない方でも心配することはありません。

i-Learningの料金相場は69,870円~

i-Learningのネットワークスペシャリスト資格講座の料金相場は69,870円~です。

ilerning

引用元:i-Learning

i-Learningはアイラーニング株式会社が運営している資格対策講座です。

アイラーニングは企業の社内研修などにも力を入れており、専門学校自体を持っていないため、通信教育がメインとなっており、通信教育最大手企業のユーキャンと提携していることから、通信教育での資格試験突破に大きな自信を持っています。

現在、新年度移行による、教材や料金の改訂のため、ネットワークスペシャリストの講座が一時的に申込停止になっていますが、改訂作業が完了次第、募集が再開されますので、確認してみてください。

富士通ラーニングメディアの料金相場相場は29,200円~

富士通ラーニングメディアの合格キャンパスのネットワークスペシャリスト講座の価格相場は29,000円~になります。

富士通ラーニング

引用元:富士通ラーニングメディア

富士通ラーニングメディアは、パソコンやOA機器メーカーの富士通が運営している通信教育システムです。

企業での社内研修プログラムがメインですが、e-ラーニングというコンテンツの中に、個人で受講できる講座が用意されています。IT系や語学系の講座の中にネットワークスペシャリスト資格対策講座があります。

オンライン学習になるので、普段は時間が取れない方や、近くにネットワークスペシャリストの講座が用意されている専門学校がない方におすすめです。

ネットワークスペシャリスト講座比較まとめ

ShareWis1,700円
itec18,700円
TAC60,000円
Softcampus595,700円
i-learning69,870円
富士通ラーニングメディア44,000円

最安値がShareWisの1,700円、最高値がSoftcampusの595,700円と、かなり相場に幅があることがわかりました。

ShareWisの価格が安いのは、50分程度の動画を一コマずつ購入するため、ある程度、ネットワークの知識や実践経験のある人なら必要最小限の費用で済むからです。

Softcampusは完全マンツーマンの講座のため、価格も高めになっています。独学に近い形で自分のペースで進めることができる人ならば、動画やオンラインでの授業がおすすめですし、まだ初心者に近いかたならば、すぐに講師に質問できるマンツーマンが向いているかもしれません。

ネットワークスペシャリスト講座の選び方

ネットワークスペシャリスト講座を選択する際に重要視したいポイントなどを紹介します。

詳細なカリキュラムが発表されている講座を選ぶ

受講する講座がどのような内容なのか知っておく必要があります。

初日から最終日までの授業内容や、試験の日程などの詳細を発表している講座ならば、内容を確認して、現在の自分の知識に足りないところがあるか?自分には必要な講座なのか判断することができます。

カリキュラムの内容がわからないまま、講座を受けた場合、既に自分に十分に知識があるものを再度、受講しなければならなくなり、学習時間のロスができてしまいます。

カリキュラムを確認して、自分の弱い分野に、それほど時間がかけられていないならば、その部分だけ、コマ単位のオンライン講座で学習して、弱点克服するなどの対策ができます。

カリキュラム

引用元:i-learning

今回紹介したスクールの中で、詳細なカリキュラムを公表しているのは、ソフトキャンパスと、アイラーニングのみです。

受講前に無料体験ができる講座を選ぶ

1日や2日といった集中型の講座ならば、特に問題はありませんが、何日間にもわたってカリキュラムが組まれているのであれば、受講するまえに無料体験などが用意されているスクールを選ぶのがおすすめです。

合格率が高いとか、人気が高いというのも重要な要素ですが、自分に合った講座や雰囲気でないと、効果も半減してしまいます。

無料体験で、どのように学習が進められるのか?学校の雰囲気はどんな感じかというのを確認して、自分に合った学校を選びましょう。

無料体験

引用元:Softcampus

スクール名無料体験
ShareWisなし
itecなし
TACあり
Softcampusあり
i-learningなし
富士通ラーニングメディアなし

合格率が高い講座を選ぶ

講座を受講する目的は、ネットワークの知識をつけることはもちろんのこと、やはり試験を突破するのが第一の目的となります。

そのため、講座を選ぶときは、資格試験の合格率についても確認するのは重要です。ネットワークスペシャリスト試験だけに限らず、その他の講座での合格率が高いということも学校を選ぶ際の重要な目安になります。

マンツーマンでの指導が好評なSoftcampusは、各種資格試験の合格率が95%と発表されています。わからないことをすぐに隣にいる講師に聞いて解決できるマンツーマン指導が効果的であることは間違いないようです。

Softcampus合格率

オンライン講座が可能な講座を選ぶ

地方などにお住まいの方だと、自分の住んでいるところの近くに希望する講座を行っている学校がなくて通えないということも多いと思います。

また、社会人の方は、仕事の都合でなかなか通学ができないという方も多いでしょう。

ネットワークスペシャリスト講座は、通学での学習とオンラインでの受講の二つの方法で開講しているスクールも多いです。

shaewisオンライン

ShareWisオンライン講座専門
itecネットワークスペシャリストのオンライン講座なし
TACネットワークスペシャリストのオンライン講座なし
Softcampusオンラインのマンツーマン講座あり
i-learning通信講座あり
富士通ラーニングメディアオンライン講座あり

ネットワークスペシャリスト講座を安く受講する方法

ネットワークスペシャリストの講座をさらに安く受ける方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

各種割引を利用する

学校によって、様々な割引サービスを行っている場合があります。割引の条件などは各校で異なりますが、割引条件に該当するならば、受講料を安くすることができます。

i-tecのセット割引

試験突破のためには、講座受講だけではなく、模擬試験も重要なものになります。試験まで何度も模擬試験を受けたいところですが、やはり費用が気になります。

i-tecでは講座のセット割引が用意されており、ネットワークスペシャリストの講座を受講すると、セット割引として、公開模試が半額で受験できるというメリットがあります。

ネットワークスペシャリストの公開模試は、8,800円なので、半額で公開模試を受けることができれば、かなり費用の節約となるでしょう。

i-tecセット割

助成金を利用する

ネットワークスペシャリストの講座は、一般教育訓練給付制度の対象となります。

この制度は一定条件を満たした方が、最後まで講座を受講した場合、受講費用の20%(最大10万円)が給付金としてハローワークから戻ってくる制度です。

給付金

出席率や正答率などの条件を満たす必要がありますが、それほど厳しい条件ではないので、支給条件に当てはまる方は是非利用してください。

支給条件
初めて利用する方 雇用保険加入期間が通算1年以上
以前利用したことがある方 前回利用開始日から雇用保険加入期間が通算3年以上
終了条件
通学の場合 出席率80%以上&修了試験正答率60%以上
通信教育の場合添削答案提出率80%以上&修了試験正答率60%以上

引用元:TAC

独学で試験突破を目指す

テキストや教材を購入して、独学で資格試験合格を目指すならば、講座を受けるよりも大幅に費用を節約することが可能です。

twitterやネットの体験談を見ると、独学で試験を突破した人もいるようですが、超難関の資格試験のため、数はそれほど多くなさそうです。

カリキュラムなどを自分で決めなければならないことや、1人で学習を続けることに耐える精神力なども必要になりますが、自分のペースで時間に縛られることなく学習を進めることができます。

講座を受けなくても、模試を受けられるスクールもありますので、定期的に模試を受けてみて、学習の到達度を確認するという方法もできます。

Amazon

ネットワークスペシャリスト参考書(Amazon)

youtubeの無料講座で勉強する

youtubeでもネットワークスペシャリスト講座のチャンネルがあります。多くが個人チャンネルになりますが、その中でもおススメできるのは、過去の試験問題について解説を行っているチャンネルです。

実際に出題された試験問題をわかりやすく解説してくれているので、試験に対して実践的な勉強法が可能です。

youtubeのチャンネルの特徴として、総合的に教えてくれるチャンネルは少ないですが、個別の項目について解説してくれているものが多いです。

勉強していく中で、書籍だけでは理解できない部分が出た時に活用することはかなり効果的な勉強方法となると思います。

おすすめのyoutube動画

情報処理技術者試験・高校情報科対策の突破口ドットコム

・情報処理技術者メインの教材型チャンネルです。ネットワークスペシャリストの講座も用意されており、10分程度の動画で試験対策を学べます。

【ネスペ解説】令和1年(2019) 午後1(問1)

ネットワークスペシャリスト資格試験の最新の問題を解説している動画です。過去問題の深掘りを行うことで、試験に対する実践的な力がつきます。

まさるの勉強部屋

ネットワークスペシャリスト試験の受験生が開設したチャンネル。初心者でもわかりやすい言葉で、図解を交えながら丁寧に解説しています。

まとめ

ネットワークスペシャリストの講座は、通学でもオンラインでも数多くの講座がありますが、価格帯は1,700円~595,700円とかなりの幅がありました。

カリキュラムや学習のスタイルなどを確認して、自分に合った講座を選ぶのが試験突破への一番の近道になるでしょう。

講座の無料体験ができるところもあるので、申込の前に講座を体験することで、学校の雰囲気や、授業の進め方が自分に合っているかどうか判断することができるのでおすすめです。

また、時間に余裕がない方ならば、オンラインでの講座受講が可能なスクールを選ぶことで、自分のペースで勉強することが可能になります。

社会人の方ならば、給付金を受け取ることができますので、自分が条件に当てはまるかどうか確認してみてください。