モバイルバッテリーの価格相場、選び方、安く入手する方法

モバイルバッテリーの価格相場 ガジェット

「旅行中にスマートフォンの充電が少なくなってしまった」

「テーマパークの待ち時間でスマートフォンを使いすぎてしまって充電がなくなってしまった」

そんな悩みを解決してくれるのが、モバイルバッテリーです。

今回はモバイルバッテリーの価格相場や選び方、安く購入する方法についてご紹介します。

モバイルバッテリーとは

従来の携帯電話(いわゆるガラケー)では主な用途が電話、メールだけでした。

しかし、スマートフォンの普及とともに、その用途は電話、メールだけでなく、ゲーム、動画視聴、SNS、カメラ、音楽プレーヤー代わりと多岐に渡っています。

多機能になったのと同時にスマートフォンはバッテリーの消費も激しくなってしまいました。そこで、モバイルバッテリーの需要が高まったのです。

モバイルバッテリーはその名前が示す通り「携帯」できる「電源」です。モバイルバッテリーで充電できるのはスマートフォンだけでなく、タブレットや無線LANルーター、携帯ゲーム機など多数のデバイスになります。(参照:ELECOMホームページ

モバイルバッテリーのメリット

旅行のとき、長距離移動のときにモバイルバッテリーにお世話になった経験がある方も多いでしょう。そんなモバイルバッテリーのメリットを多数ご紹介します。

1.コンセントがない場所でも充電できる

モバイルバッテリーがあればいつ・どこでも充電できます。長時間のお出かけ時に鞄にモバイルバッテリーを入れておけば、スマートフォンやタブレットのバッテリー残量を気にする必要もありません。

2.同時に複数のデバイスを充電できるものもある

モバイルバッテリー側のポート(差し込み口)が複数あれば同時に複数のデバイスを充電できます。

3.急速充電可能なものもある

モバイルバッテリーの中には急速充電ができるものもあります。急速充電対応のモバイルバッテリーを使用すれば少ない時間でより充電ができます。

しかし、急速充電はモバイルバッテリーとデバイスの両方が対応していなければいけません。

4.Qi対応のものもある

Qi(チー)はワイヤレス充電の規格のひとつで、ケーブルを使用せずに充電できます。しかし、Qiでのワイヤレス充電もモバイルバッテリーとデバイスの両方が対応していなければなりません。

モバイルバッテリーのデメリット

モバイルバッテリーにはメリットだけでなく、デメリットも多数あります。デメリットもしっかり確認しておきましょう。

1.容量が大きいと持ち運びが大変

モバイルバッテリーの中にはデバイスを3〜4回充電できるほどの大容量のものもあります。しかし、これらはモバイルバッテリー自体も大きく、また、重くなってしまいます。

容量が20000mAhを超えると500gを超える重量のものもあるので、小さなお子さんや女性の方だと不便な場合もあるでしょう。

2.落下などの衝撃に弱い

モバイルバッテリーも精密機器なので、高いところから落とすなど雑な扱いをすると、壊れてしまったり、発火したりする恐れがあります。

3.モバイルバッテリーの充電を忘れると使えない

モバイルバッテリー自体を充電していなければ、デバイスを充電することはできません。いざというときに使えないと困るので、日頃からこまめに充電しておきましょう。

モバイルバッテリーの価格相場 1,799円〜4,378円

モバイルバッテリーの価格相場は1,799円〜4,378円と幅がありますが、これはモバイルバッテリー自体の容量の大きさ、複数ポートの有無、ワイヤレス充電機能の有無などが関係しています。

2.1.Anker(アンカー)のモバイルバッテリー価格相場 1,799円〜

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー

出典:Anker(アンカー)

Ankerのモバイルバッテリーの最安値は「Anker PowerCore+ mini」の1,799円(税込)になります。Amazonでは1,799円(税込)、楽天市場では3,168円(税込)です。

「モバイルバッテリー」で検索するとまずヒットするのがAnker製のモバイルバッテリーです。

nkerはその安心感のあるサービスと比較的安価ながら高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し続けていることで有名です。

Hyper(ハイパー)のモバイルバッテリー価格相場 4,180円〜

Hyper(ハイパー)のモバイルバッテリー

出典:Hyper(ハイパー)

Hyperのモバイルバッテリー最安値は「Hyper LEDコンパクトミラー&モバイルバッテリー パール」の4,180円(税込)です。

Amazonでは4,180円(税込)、楽天市場では3,850円(税込)です。

「Hyper LEDコンパクトミラー&モバイルバッテリー パール」はその名の通りコンパクトミラーとモバイルバッテリーがひとつになっている商品です。

Hyper(ハイパー)のモバイルバッテリー

出典:Hyper(ハイパー)

ミラー部分にはLEDリングライトもついていて、女性には嬉しい一石二鳥なモバイルバッテリーになっています。

AUKEY(オーキー)のモバイルバッテリー価格相場 1,980円〜

AUKEY(オーキー)のモバイルバッテリー

出典:AUKEY(オーキー)

AUKEYのモバイルバッテリーの最安値は「PB-N66」の1,980円(税込)です。Amazonでは1,980円(税込)、楽天市場でも1,980円(税込)です。

AUKEYは2005年にドイツで会社を設立、2010年に本社を中国深圳市に移転しました。

Google×BrandZの発表では、2018年から3回連続で「中国のグローバルブランドTOP50」に選ばれているほどの会社です。

ELECOM(エレコム)のモバイルバッテリー価格相場 3,685円〜

ELECOMのモバイルバッテリーの最安値は「DE-M12L-2500」の3,685円(税込)です。

ELECOM(エレコム)のモバイルバッテリー

出典:ELECOM(エレコム)

Amazonでは1,300円(税込)、楽天市場では1,184円(税込)です。

このモバイルバッテリーの最大の特徴はそのコンパクトさ。高さが約8cmでとても小さく、ポケットにも容易に入れて持ち運べます。

cheero(チーロ)のモバイルバッテリー価格相場 1,980円〜

cheeroのモバイルバッテリーの最安値は「cheero Bloom 10000mAh」の1,980円(税込)です。

cheero(チーロ)のモバイルバッテリー

出典:cheero(チーロ)

Amazonでは「cheero Bloom 10000mAh」の取り扱いはありませんでした。楽天市場では1,980円(税込)です。

cheero(チーロ)のモバイルバッテリーのデザイン

出典:cheero(チーロ)

cheeroのモバイルバッテリーではこちらの「cheero DANBOARD」シリーズが有名です。

cheeroはかわいらしいデザインを手がけるのに定評があるブランドになっています。

maxell(マクセル)のモバイルバッテリー価格相場 4,378円〜

maxellのモバイルバッテリー最安値は「MPC-RTC3000」の4,378円(税込)です。

maxell(マクセル)のモバイルバッテリー

出典:maxell(マクセル)

Amazonでは1,800円(税込)、楽天市場では3,245円(税込)です。

このモバイルバッテリーはUSB Type-Cケーブルと一体になっているため、「モバイルバッテリーは持ってきたけど、充電ケーブルを忘れてしまった」という事態を防ぐことができます。

モバイルバッテリー価格相場一覧 比較まとめ

型番 容量 価格
Anker(アンカー) Anker PowerCore+ mini 3350mAh 1,799円
Hyper(ハイパー) Hyper LEDコンパクトミラー&モバイルバッテリー パール 3000mAh 4,180円
AUKEY(オーキー) PB-N66 10000mAh 1,980円
ELECOM(エレコム) DE-M12L-2500 2500mAh 3,685円
cheero(チーロ) cheero Bloom 10000mAh 1,980円
maxell(マクセル) MPC-RTC3000 3000mAh 4,378円

価格重視で比較すると、Ankerの「Anker PowerCore+ mini」が最安値でした。

容量と価格のバランスで比較すると、AUKEYの「PB-N66」、cheeroの「cheero Bloom」がそれぞれ10000mAhで1,980円という結果になりました。

モバイルバッテリーを選ぶときのポイント

モバイルバッテリーの価格を紹介しましたが、選ぶポイントは価格だけではありません。他にも無数にありますので、新しいモバイルバッテリーを購入する前に確認するポイントを紹介します。

具体的にはバッテリー容量、大きさ、重さ、デザイン・色、ポート数、出力の大きさ、入出力端子の規格、などです。

お気に入りのモバイルバッテリーを見つけるためには、これらの機能が自分の使いたい用途に合っているか確認を十分にしましょう。

1.バッテリー容量で選ぶ

モバイルバッテリーはmAh(ミリアンペアアワー)という表記がされています。

この数値が大きくほどスマホを充電できる回数が増えていきます。しかし、基本的には容量が大きくなるほど、モバイルバッテリーは大きく、重くなる傾向があるので気をつけてください。

容量の目安としては、「スマートフォンを1回充電するなら3000mAh」と覚えておきましょう。例えば10000mAhのモバイルバッテリーならスマートフォンを約3.5回充電できます。

今回ご紹介した中ではAUKEYの「PB-N66」とcheeroの「cheero Bloom 10000mAh」が10000mAhと最も容量が大きいです。

2.大きさ・重さで選ぶ

先ほど述べた通り、モバイルバッテリーは容量が大きくなるほど、モバイルバッテリー自体も大きくなり、重くなります。

モバイルバッテリーを選ぶ際にはあなたが普段使っているバッグに入るのか、その重さで許容できるのかなどをチェックしましょう。

今回ご紹介した中ではAnkerの「Anker PowerCore+ mini」が80gと最も軽量です。

3.デザイン・色で選ぶ

デザインや色で選ぶという考え方もあります。

今回紹介した中ではHyperの「Hyper LEDコンパクトミラー&モバイルバッテリー パール」はとても洗練されたデザインをしています。

また、cheeroの「cheero DANBOARD」シリーズはとても可愛らしいデザインで有名です。

4.ポート数で選ぶ

ポート数が多いと多くのデバイスを同時に充電できます。

3000mAhまでの小型なモバイルバッテリーなら1〜2ポート、10000mAhなどの大容量では2〜4ポートついていることが多いです。

旅行や長距離ドライブの際に家族でシェアして充電したい際には2ポート以上ついているモバイルバッテリーを採用しましょう。

今回紹介したモバイルバッテリーではAUKEYの「PB-N66」とcheeroの「cheero Bloom 10000mAh」が2ポートついており、他のモバイルバッテリーはポートが1つになっています。

5.出力の大きさで選ぶ

出力は接続したデバイスにどのくらいの電流を送れるか、という目安です。

言い換えれば、容量が「デバイスをどれくらいの回数充電できるか」の目安だったのに対し、出力は「デバイスをどのくらいの速度で充電できるか」という目安です。

単位は「A(アンペア)」で2A以上のモバイルバッテリーを選べばストレスフリーに使えるでしょう。

cheeroの「cheero Bloom 10000mAh」は最大合計出力が3.4Aと今回ご紹介したモバイルバッテリーでは最も出力が大きいです。

6.入出力端子の規格で選ぶ

あなたが充電したいデバイスに合った入出力の規格で充電できるモバイルバッテリーを選びましょう。

例えば、あなたが「Nintendo Switch」を充電したいと思っているならば、「USB-C(正式にはUSB Type-C)」という規格に対応しているモバイルバッテリーでなければなりません。

cheeroの「cheero Bloom 10000mAh」は入出力にUSB-C端子、出力にはUSB-A端子2つと多くの規格に対応しています。

7.人気で選ぶ

多くの人がおすすめしている人気なメーカーからモバイルバッテリーを選ぶのはどうでしょうか。

今回紹介した中ではAnkerが最も人気なメーカーです。

Ankerが人気な理由はその保証の手厚さです。初期不良、間違った商品を買った、買った商品がイメージと合わない、という場合でも購入から30日以内であれば、返品返金できます。

また、30日以上過ぎた後に故障などで使えなくなった場合も、18ヶ月製品長期保証で購入から18ヶ月以内なら交換・返金の保証があります。(参考:Anker

モバイルバッテリーをもっと安く手に入れる方法

モバイルバッテリーをさらに安く購入する方法はあるのでしょうか。

モバイルバッテリーを定価よりも安く買う方法は「Amazon・楽天市場などのネットショップを使う方法」と「電気屋の安売りを狙う方法」の2つがあります。

Amazon・楽天市場などのネットショップで買う

Amazonや楽天市場などのネットショップでモバイルバッテリーを定価よりも安く購入できます。

例えば、maxellのモバイルバッテリー「MPC-RTC3000P」はmaxell公式サイトで4,378円でしたが、Amazonでは「MPC-RTC3000P」を1,800円で購入できます。

MPC-RTC3000P Amazonの価格

出典:Amazon(最終確認 2021/2/22)

楽天市場では3,245円とこちらも定価よりも安く購入できます。

MPC-RTC3000P 楽天での価格

出典:楽天市場(最終確認 2021/2/22)

また、メルカリでは未使用品の「MPC-RTC3000P」が2,600円(税込)で最も安く購入できます。

しかし、メルカリ等の中古市場でモバイルバッテリーを購入する際はバッテリーが消耗したものを購入しないように気をつけましょう。未使用品や未使用に近いものを選ぶのがベターです。

2.電気屋の安売りを狙う

電気屋でたまにモバイルバッテリーが安売りされていることがあります。それを狙ってみるのもいいんではないでしょうか。

一般的には年末年始と決算時期(多くは9月と3月)に年末年始セールと決算セールをすることが多いです。

しかし、この方法はお店によって割引率が異なるのでどのくらい安く購入できるかわからず、また、安売りをするタイミングもお店次第のため、すぐにモバイルバッテリーができるだけ安くほしい方には向いていません。

まとめ

今回紹介したモバイルバッテリーの中で最も安かったのはAnkerの「Anker PowerCore+ mini」の1,799円でした。

容量と価格のバランスで比較すると、AUKEYの「PB-N66」、cheeroの「cheero Bloom」がそれぞれ10000mAhで1,980円という結果になりました。

モバイルバッテリーを購入するポイントは「バッテリー容量で選ぶ」、大きさ・重さで選ぶ」、「デザイン・色で選ぶ」、「ポート数で選ぶ」、「出力の大きさで選ぶ」、「入出力端子の規格で選ぶ」、「人気で選ぶ」でした。

自分の用途を考慮しながらじっくり選びましょう。

購入する際にはAmazon、楽天市場のどちらかで選ぶことをおすすめします。

メルカリ等の中古市場はバッテリーが消耗しているモバイルバッテリーも販売されているので購入の際には注意しましょう。