民事再生にかかる費用の相場と弁護士の選び方

士業関係依頼

民事再生(個人再生・個人民事再生)とは、債務整理の一種で、大幅に減額された借金を、3年間の分割払いで返済していく手続です。借金をゼロにするかわりに全財産がなくなる自己破産と異なり、自動車やマイホームなどの財産を残すことができるのが特徴です。

民事再生を申し込むにも専門家への依頼費用などがかかります。民事再生を検討している方は、お金がなくて苦しんでらっしゃる方が大半だと思いますので、民事再生にかかる費用がいくらなのかは気になる点ですよね。

この記事では、民事再生・個人再生にかかる費用の相場を明らかにしていきます。また、専門家の選び方や、安くする方法についても紹介していきますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

民事再生にかかる費用の相場:20万~60万円

民事再生の費用は、「着手金+減額された金額の10~20%」が相場となっています。借金の額にもよりますが、具体的には20万円~60万円ほどの費用がかかると思っておくといいでしょう。

【民事再生の費用相場】
着手金+減額された金額の10~20%
20万円~60万円

以下では、民事再生・個人再生を専門家に依頼したときの具体的な費用について、各事務所ごとの料金設定の具体例を紹介していきます。

アディーレ法律事務所の場合;380,000円~

各地に拠点を構える大手の弁護士法人アディーレ法律事務所の民事再生手続きの場合、住宅ローンがある場合(マイホームを残す場合)には、48万円の費用がかかります。住宅ローン特例を使わない場合(マイホームがない場合)には、38万円の費用が着手金として必要になります。

これらの費用に加えて、申立費用が3万円必要となりますし、再生委員が選任されるケースの場合、15万円ほどが別途必要となります。

アディーレは、弁護士事務所の中でも特に借金問題に強い事務所ですし、全国に拠点を構えているので利用しやすい事務所だと言えるでしょう。


(※アディーレ法律事務所の料金抜粋)

弁護士法人ミライオの場合:290,000円~

借金問題を専門としている弁護士法人法律事務所MIRAIO(ミライオ)の民事再生手続きの場合、住宅ローン特例を使う場合、390,000円の費用がかかります。住宅ローンがない場合には、290,000円となります。

ミライオは、東京の日本橋と新宿に支店を構えている事務所です。遠方で依頼する場合には、弁護士の出張旅費などが別途発生する点には注意が必要です。

大きな事務所で、実績もある事務所なので、安心して依頼できる事務所といえるでしょう。


(※ミライオより料金抜粋)

LSC綜合法律事務所の場合:300,000円~+成功報酬100,000円~

東京都立川に拠点を置くLSC綜合法律事務所の民事再生手続きの場合、住宅ローンの特例を使わない場合には300,000円、使う場合には400,000円が費用として必要になります。

個人事業主・自営業の方が申し込む場合には、これらの料金にさらに100,000円が加算されるので注意が必要です。

LSC綜合法律事務所の場合、個人再生に成功した場合の成功報酬として、10~15万円が別途必要になります。住宅ローン特例を使う場合、150,000円、使わない場合には100,000円となります。

LSCの弁護士費用は、月々での分割払いも可能となっています。民事再生が認められやすいように、余裕をもった返済が可能ですので、分割払いの活用を検討してみるといいでしょう。


(※LSC綜合法律事務所より料金抜粋)

松谷司法書士事務所の場合;280,000円~

兵庫に拠点をおく松谷司法書士事務所の民事再生手続きの場合、着手金のみの料金体系となっています。

住宅がない場合には、280,000円。住宅がある場合には、330,000円で民事再生手続きを依頼することができます。

ただし、弁護士ではなく司法書士ですので、自分で裁判所に足を運ばなければならないことが多くなるというデメリットがあります。


(※松谷司法書士事務所より料金抜粋)

民事再生の専門家の選び方

以上、民事再生の場合の料金相場について紹介してきました。以下では、民事再生手続きでにおける専門家の選び方のコツ・ポイントについて解説していきます。

法律相談でフィーリングを確かめる

専門家を選ぶ際には、自分との相性や、先生の人となりなどが意外と大事になってきます。フィーリングがあわない事務所を選んでしまうと、やり取りが苦痛になり、必要な手続で失敗してしまうなどの問題が発生してしまいかねません。

弁護士・司法書士との相性をはかるために、法律相談を活用するといいでしょう。借金問題では初回法律相談無料という事務所も多いので、積極的に活用し、専門家選びの参考としましょう。

できるだけ近くの事務所を選ぶ

民事再生手続きでは、お住まいの住所を管轄する裁判所に通って手続を進めなければなりません。裁判所の場所を問わない手続であれば遠方の事務所に依頼するというのも1つの手段ですが、民事再生の場合には遠方の事務所を選んでしまうと、弁護士の出張旅費などにより料金が高くついてしまうことがあります。

民事再生をする際には、できるだけ近くの事務所に依頼するようにしましょう。

債務整理に関する実績を確認する

専門家選びでは、民事再生などの債務整理を、その事務所がどれくらい請け負っているのか、という実績に関する部分が非常に大事になってきます。実績をつんでいる事務所は、ウェブサイトなどでその実績を公開しているので、チェックした上で事務所選びをするようにするといいでしょう。

弁護士ドットコムを活用する

弁護士のポータルサイト・弁護士ドットコムは、全国の弁護士が登録している総合的なウェブサービスです。債務整理に強い弁護士を検索で簡単に探すことができるのが特徴です。

無料で相談できるコーナーもあるので、あわせて活用すると便利です。

弁護士ドットコムより個人再生
(※弁護士ドットコムより抜粋)

民事再生の費用を安くする方法

民事再生を検討している方は、お金がないという方でしょう。そのため、かかる費用は少しでも安くおさえたいですよね。以下では、民事再生の費用を安くする方法について紹介をしていきます。

見積りを複数から取り、安い事務所を選ぶ

民事再生手続きにかかる専門家の費用には、一定の相場はありますが、料金の幅が広く事務所によって料金が大きく異なることもあります。ですから、民事再生を依頼しようとする際には、複数の事務所から費用に関する見積りを出してもらい、比較検討してから事務所を選ぶようにするといいでしょう。

法テラスの民事法律扶助制度を使う

法律事務を一般市民でも利用しやすくするための公的機関・法テラスでは、お金がない方向けに「民事法律扶助」という制度を準備しています。

収入が一定額以下などの条件を満たせば、弁護士・司法書士にかかる費用を肩代わりして払ってくれます。法テラスへの返済は月額5,000円などと、各事務所での分割払いと比べるとずっと安い料金になっています。

また、法律相談の料金を3回まで無料にしてくれる制度も法テラスにはありますので、これらを活用して事務所選びをするというのも一つの手段ですね。

民事再生にかかる費用の相場と選び方と安くする方法まとめ

以上、民事再生にかかる費用の相場と、専門家の選び方、安くする方法についてまとめて紹介してきました。

民事再生にかかる費用は、20万円から60万円が相場でした。着手金のみのところもあれば、成功報酬をとる事務所も存在しています。料金に幅があるので、事務所選びが非常に大事になってきます。

専門家の選び方は、法律相談で相性を確認したり、できるだけお住まいの近くにある事務所を選んだり、実績を確認したりするなどのコツ・ポイントがあります。

民事再生手続きの費用を安くするためには、複数社を比較検討する方法や、法テラスの民事法律扶助を活用する方法などがあります。

いかがだったでしょうか。
民事再生を検討している方の参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント