MBAスクールの講座の料金相場と選び方、安くする方法

資格講座

経営学を深く学んでビジネスシーンで活用させてみたい、という方におすすめの資格がMBAです。「MBAって何?」「MBA取得にはいくらくらいかかるの?」と疑問にお持ちの方のために記事を書きました。

今回の記事では、MBAスクールの講座の料金相場と選び方・安くする方法について紹介していきます。

MBAを取得する場合、大学院に進学して勉強に専念する方法と、通信制大学院を選び働きながら学ぶ方法とがあります。今記事では、働きながら学べる通信制大学院を紹介していきます。

MBAとは

MBAとは、「マスターオブビジネスアドミニストレーション」の頭文字で、大学院で経営学を学んだ人に与えられる学位のことです。ビジネスの場面で実際に活用できるような形で学んでいくのが特徴となっています。
※MBAについてより深く知りたい方はSBI大学院大学のサイトをご覧ください。

MBAを取得すると、各種の企業での評価がグンと高まり、就職・転職・求人・昇格などの各場面で役立ってくれます。

MBAを取得するためには、ビジネススクールといわれる大学院に入学し、経営学に関する授業を取り単位を取得し、卒業する必要があります。

どこの大学を卒業したかが、就職で重大な要素となるのと同じように、どこの大学院を卒業してMBAを取得したかも重視されます。日本の大学で取得した場合、日本MBA、アメリカの大学で取得した場合には米国MBAとなります。

MBAを取った人の平均年収は915万円と高くなっています。
AXIOM調べ

MBAは働きながら、日本にいながらにして取得可能です。今回の記事では日本で通信で学べるスクールを紹介していきます。

MBAスクールの講座の料金相場:1,830,000円~3,075,000円

MBAスクールの料金相場は、1,830,000円~3,075,000円です。

最安値はExeJapanビジネススクールで1,830,000円、最高値はBBT大学院で3,075,000円となっています。

グロービスのMBA講座の料金相場:2,998,000円

グロービス経営大学院のMBA取得料金は、標準修業期間の2年間で2,998,000円となっています。

グロービス経営大学院の受講料金
グロービス公式サイトより料金抜粋)

グロービス経営大学院は、日本で一番選ばれている(※)ビジネススクールです。
※公式サイトより

授業では、ケーススタディのみならず、ディスカッションにより実務的な知識を学んでいきます。

オンライン学習の場合でも、一堂に会する「あすか会議」といわれる合宿も実施されており、モチベーションを維持することができます。

SBI大学院大学のMBA講座の料金相場:2,620,000円

SBI大学院大学のMBAスクール講座の料金は、初年度が入学金込みで1,360,000円となっています。標準修学期間は2年で、2年間の学費は2,620,000円となります。

SBI大学院大学のMBAスクール料金
SBI大学院大学公式サイトより料金抜粋)

SBI大学院大学は、オンラインに特化した専門職大学院(ビジネススクール)です。

オンラインで講義を受けるので、通勤時間やお昼休みなど好きな時間に授業で学ぶことができます。

学校に通って対面して授業するスクーリングも実施されていますが、こちらもオンラインで受講が可能となっており、地方在住でも安心です。

アビタスUMassのMBA講座の料金相場:2,999,800円

アビタスのUMassMBAプログラムのMBAスクールの学費は、卒業までに2,999,800円が必要となります。

アビタスUMassのMBAスクールの受講料金
アビタスUMass公式サイトより料金抜粋)

アビタスのUMassMBAプログラムは、日本にいながらアメリカのMBAを取得できるプログラムです。

世界でも評価の高い米国MBA、マサチューセッツ州立大学のMBAを取得できるのが特徴です。日本にいながらにして、オンライン授業で学んでアメリカの学位を取得できるのです。

基礎課程は、日本語のオンライン授業で学んでいくので、英語が苦手な方でも安心です。

ExeJapanのMBA講座の料金相場:1,830,000円

ExeJapanビジネススクール/のアングリア・ラスキン大学MBA取得コースの料金は、1,830,000円となっています。

ExeJapanのMBAスクールの受講料金
ExeJapan公式サイトより料金抜粋)

ExeJapanビジネススクールは、英国のMBA取得を目指す大学院です。

具体的には、英国国立アングリア・ラスキン大学のMBA学位を取得することができます。

通信制の大学ではありますが、全国どこでも受講できるわけではなく月に3回、日本の教室に通わなければなりません。地方の方は厳しいかもしれません。

授業は日本語で受けられるので英語力に自信がない方でも安心です。

BBT大学院のMBA講座の料金相場:3,075,000円

BBT大学院は、2年間合計の費用で3,075,000円となっています。

BBT大学院の授業料金
BBT大学院公式サイトより料金抜粋)

BBT(ビジネス・ブレークスルー)大学院大学は、オンラインでMBA取得を目指せるビジネススクールです。

オンデマンド形式で講義映像を観ていくことで、MBA取得に必要な知識を学ぶことができます。ストリーミング形式の講義なので、分からない箇所は何度も見直すことができます。再生速度の変更やダウンロードも可能です。

任意参加のスクーリングも実施していますので、疑問点についてレクチャーを受けたい方におすすめです。

BOND-BBT MBAのMBA講座の料金相場:2,880,000円

BOND-BBT MBAのMBA取得にかかる学費・料金は、2,880,000円となっています。

BOND-BBT MBAのMBA講座の料金
BondBBT公式サイトより料金抜粋)

「BOND-BBT MBA」は、オーストラリアの名門大学である私立総合BOND大学と、日本でビジネススクールを展開するBBT社とが国際協力して立ち上げた、海外正式MBAプログラムのことです。

オンラインのライブ授業で学んでいきます。「日本語と英語」で学べるコースがありますが、ある程度の英語力がなければ授業についていくのは難しいかもしれません。

また、卒業するには1週間の留学を2回こなさなければなりません。

MBAスクールの講座の料金相場まとめ

以上、6つのMBAスクールの料金相場を紹介してきました。以下では表形式で改めて料金相場を整理していきます。

スクール料金
グロービス経営大学院2,998,000円
SBI大学院大学2,620,000円
アビタスのUMassMBAプログラム2,999,800円
ExeJapanビジネススクール1,830,000円
BBT大学院3,075,000円
BOND-BBT MBA2,880,000円

MBAスクールの料金相場は、1,830,000円~3,075,000円となっています。

最安値はExeJapanビジネススクールの1,830,000円で、他の学校より100万円ほど安くなっています。

最高値はBBT大学院の3,075,000円ですが、他社も3,000,000円前後となっていることが多いので飛びぬけて高いというわけではありません。

MBAスクールの講座の選び方

多くのスクールを紹介してきましたが、どれを選べばいいのか分からないという方もおおいでしょう。以下では、MBAスクール講座の選び方についてポイントを解説していきます。

グロービス経営大学院で単科受講してみる

いきなり数百万円の学費を支払って入学するのに抵抗がある人も多いかもしれません。

そんな方は、グロービス経営大学院で行われている単科での授業を受講してみるといいでしょう。1科目につき10万円前後の授業料がかかりますが、実際の講義を肌で感じることができます。
グロービス経営大学院の公式サイトより、単科受講ができる)

どこのMBA資格が取れるのかに注目する

紹介してきたスクール・プログラムごとに、取得できるMBAの種類は違っています。

グロービス経営大学院・SBI大学院大学・BBT大学院の3つは、日本のMBAが取得できます。

これに対して、「アビタスのUMassMBAプログラム」では米国MBA(マサチューセッツ州立大学のMBA)を取得できます。また、ExeJapanビジネススクールでは、英国MBA(英国国立アングリア・ラスキン大学のMBA)が取得できます。「BOND-BBT MBA」ではオーストリアのBOND大学でのMBAが取れます。
日本でアメリカMBAが取得可能
UMassMBA公式サイトより、日本にいながら米国MBAが取得可能)

どこのMBAが価値があるのかというのは大学院のランクなどによって決まっています。日本MBAよりも海外MBAの方が評価される傾向もあります。どこのどんなMBAが取得できるのかは、受講前にしっかり確認しておくようにしましょう。

MBAスクールの講座を安くする方法

MBAスクールの料金を安くする方法について紹介していきます。

専門実践教育訓練給付金を利用する

キャリアアップしたい方のために、受講費用の一部を給付する制度が、「専門実践教育訓練給付金」です。

受講者が支払った学費の半分・50%が2年間支給されますが、1年間の上限金額は40万円です。

利用するためには雇用保険に2年以上加入していること・指定された学校の講座であること、が必要となってきます。

今回紹介した中では、グロービス経営大学院やBBT大学院・SBI大学院大学の3つが支給対象となっています。
「専門実践教育訓練給付金」の対象
アガルートHPより、専門実践教育訓練給付金の支給対象一覧)

安いスクールを選ぶ

今回紹介したMBAスクールは卒業まで300万円前後かかるところが大半でした。そのような中で、ExeJapanビジネススクールのコースは、1,830,000円と非常に安くなっています。

月に3回教室に通わなければならないというデメリットはありますが、通学圏内に住んでいる方はExeJapanビジネススクールを選べば大きく費用を節約することができるでしょう。

日本MBAではなく英国MBAを取得できるという点も魅力的です。
ExeJapanビジネススクールは英国MBAを取得可能
ExeJapanビジネススクールでは、英国のMBAが取得可能)

まとめ

以上、6つのビジネススクールを紹介してきました。

MBAスクールの料金相場は、1,830,000円~3,075,000円です。

MBAスクールの選び方は、まずグロービスで単科受講をしてみる、どこのMBAが取れるか確認する、などのポイントがありました。

MBAを安くする方法については、専門実践教育訓練給付金を活用する、安いスクールを選ぶ、などの方法があります。

いかがだったでしょうか。MBAスクール選びの参考となったのであれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。