格安スマホ(MVNO)の料金相場と業者の選び方と安くする方法

通信・スマホ

スマホの通信料金を少しでも安くしたいという方は、MVNOと呼ばれる格安スマホ(格安SIMカード)を契約するのがオススメです。

しかし、MVNOのサービスは非常に数が多く、選ぶのが難しいと感じている方も多いでしょう。

そこで、この記事では格安スマホ(MVNO)の料金を比較しながら相場を紹介し、さらに通信会社の選び方や安くする方法まで紹介していきます。ぜひ最後まで目を通して参考にしてみてください。

格安スマホ(MVNO)の料金相場:1,000~2,000円

格安スマホ(格安SIMカード・MVNO)には数多くの業者があります。以下では、格安スマホの料金について比較していきます。相場は、月に3GB使う場合で月額1,000円~2,000円となります。

楽天モバイル:1,480円~

格安スマホの中でもトップクラスの人気を誇っているのが楽天モバイルです。

DoCoMoの回線を使う月2GB使えるプランの料金は2,980円で、楽天会員割引を使うと1,480円となります。楽天会員になるだけで割引となるのは嬉しいサービスですよね。

楽天モバイルの料金抜粋
(※楽天モバイルの料金抜粋)

UQ mobile:1,980円

UQモバイルは、月に3GB使えるSプランの月額が1,980円です。家族で加入した場合に適用されるUQ家族割を使えば、2台目以降が1,480円となる割引が適用されます。

月9GBのMプランは月額2,980円、月14GBのLプランは月額3,980円となります。余ったデータは翌月に繰越しとなるので、容量大き目のプランに加入するのもいいかもしれません。

UQモバイルの料金抜粋
(※UQモバイルの料金抜粋)

BIGLOBE(ビッグローブ):1,600円

BIGLOBEは、月に3GB使える3ギガプランが月額1,600円となっています。2回線目以降は、1,400円です。

6ギガプランは2,150円、12ギガプランは3,400円となっています。大容量プランでもリーズナブルなのがいいですね。

BIGLOBE(ビッグローブ)の料金抜粋
(※BIGLOBE(ビッグローブ)の料金抜粋)

LINEモバイル:1,100円

LINE(ライン)モバイルの月額料金は、音声通信がついてくるSIMカードなのかデータ通信専用のSIMなのかによって料金が異なってきます。

通話付きSIMの場合、500MBが月額1,100円、3GBが月額1,480円などとなっています。データ専用SIMの場合、500MBは月額600円、3GBで980円と非常にリーズナブルとなっています。スマホを2台持ちする方などはデータSIMを検討してみるのもいいでしょう。

LINEモバイルの料金抜粋
(※LINEモバイルの料金抜粋)

Y!mobile:2,680円

Yモバイル(ワイモバイル)は、月3GBのSプランで基本料金が2,680円となっています。

新規の方は、最初6か月間の料金が1,980円となり、2回線目以降は1,480円となります。10分以内の国内電話の通話料金が無料となるサービスもあるので、電話をよく使う方にもピッタリです。

Y!mobileの料金抜粋
(※Y!mobileの料金抜粋)

IIJmio(みおふぉん):900円~

IIJmio(みおふぉん)は、月3GBの「ミニマムスタートプラン」の基本料金が900円です。音声通話をつける場合には700円が上乗せされ、月額1,600円となります。

データ通信のみのプランですと、6GBプランは1,520円、12GBは2,560円となります。

みおふぉんの料金抜粋
(※みおふぉんの料金抜粋)

mineo(マイネオ):700円~

mineo(マイネオ)は、音声通話付きのプランですと、500MBで1,310円、3GBが1,510円、6GBで2,190円などとなっています。30GBまで使えるプランもあるなど、大容量を求めている方にオススメです。

データ通信のみのプランですと、500MBで700円、3GBで900円と非常に格安となっています。

マイネオの料金抜粋
(※マイネオの料金抜粋)

格安スマホの料金まとめ

以上、人気のMVNO業者の料金について紹介してきました。各社ごとに割引があることがありますし、使う容量によっても料金が異なってくるので各社の比較を慎重にする必要があります。月に3GBの場合、1,000~2,000円が相場と言えるでしょう。

業者名 料金
楽天モバイル 1,480円~
UQ mobile 1,980円~
BIGLOBE 1,600円~
LINEモバイル 1,100円~
Y!mobile 2,680円~
IIJmio(みおふぉん) 900円~
mineo(マイネオ) 700円~

格安スマホ(MVNO)の業者の選び方

以上で紹介してきましたように格安SIMカード(格安スマホ)には数多くの業者があります。いったいどうやって通信会社を選べばいいのでしょうか。以下、業者の選び方について紹介していきます。

回線の速度を事前に調べる

格安スマホは、DoCoMoなどのキャリアと比べると通信速度が低くなる傾向があります。モバレコなどのサイトでは、各社の通信速度を比較しています。こういったサイトで、各サービスの通信速度を調べて、早いところを選ぶようにすると、後悔しない乗り換えが可能となります。

モバレコより通信速度比較抜粋
(※モバレコより通信速度比較抜粋)

通話が多いかどうか

通話が多い場合、ワイモバイルを選ぶのがオススメです。というのも、ワイモバイルでは、すべてのプランに、10分以内の国内電話がかけ放題となるサービスがついているからです。10分以内の通話を何回もするという方にオススメです。

ワイモバより通話料金抜粋
(※ワイモバより通話料金抜粋)

格安スマホ(MVNO)を安くする方法

格安スマホ(格安SIM・MVNO)をより安く利用するためには、どうすればいいのでしょうか。以下では、格安スマホを安く済ませる方法について紹介していきます。

安い会社・プランを選ぶ

同じ通信容量でも、会社によって料金は異なっています。業者選びの際にはサービスの安定度など様々な判断要素がありますが、少しでも安くしたい場合には料金の安い会社で安い料金プランを選ぶのが一番です。

通信容量も月に3GB程度に抑えて利用すると安い料金で利用できますよ。

家族で契約する

UQ mobileやワイモバイル、BIGLOBEなどでは、2台目以降の基本料金が安くなる家族割を実施しています。

また、家族間でパケットを分け合えるサービスもあります。mineoのフリータンクというサービスを使えば、mineoのパケット・データ通信量を家族でシェアすることができます。

格安スマホに乗り換えるのであれば、家族まとめて同じ会社を選ぶ方がお得となるのです。

データ通信のみ利用する

格安SIMカードには、データ通信のみ利用できるタイプと、音声通話とデータ通信ができるタイプの2種類があります。データ通信のみのSIMカードを選べば、音声通話付きのものよりも安い料金で利用することができます。

電話が一切できないとなると不便ですので、スマホ1台のみで運用する場合にはデータ通信のみのSIMカードを選ぶのはあまり得策ではありません。データ通信のみのプランは、スマホを2台持ちしたりルーターを使う場合に選ぶようにしましょう。

格安スマホ(MVNO)の料金相場と業者の選び方と安くする方法まとめ

以上、格安スマホの料金相場などについて紹介してきました。

格安スマホの利用料金の相場は、月額3GBのプランで1,000円~2,000円程度となっています。

業者選びの際には、通信速度を比較検討し、通話の料金なども参考にするといいでしょう。

格安スマホを安くする方法として、安い業者・プランを選び、家族でまとめて加入し、データ通信のみのプランを選ぶなどの方法があります。

いかがだったでしょうか。格安スマホ選びの参考になったのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。