毎月の保険料の相場と見直しのタイミング【保険相談窓口各社比較】

保険

保険には、生命保険をはじめとしてさまざまな種類のものがあります。

自分の家庭は、保険にもうちょっとお金をかけるべきではないのか、もう少し安めの保険に見直しした方がいいのではないか、などの疑問を持っている方は多いと思います。

この記事では、各家庭が毎月保険にどれだけお金をかけているのか、その料金相場について紹介していきます。

どんな保険に入っているのか?保険の種類

毎月の保険料の相場

一般的な家庭では家庭内のリスクに備えて様々な保険に加入していると思います。
代表的な保険は主に2種類に分けられます。

生命保険

主にヒトの生命や病気・ケガに対するリスクに備える保険

損害保険

主に家や持ち物に対するリスクの備える保険(損害保険)

 

更に生命保険には以下のように分けられます。

生命保険の種類

死亡保険
被保険者(対象となる人)が死亡した時に支払われる保険。掛け金によって死亡保障額が違う

医療保険・入院保険
病気やケガなどによって入院が必要になった時、公的医療保険では賄えれない自己負担分の入院・治療費を補う為の保険

がん保険
入院や治療が長期になり、経済的な負担が大きいガンに特化した保険。保障は「ガン」と診断された時に一時金が支払われる診断給付金や入院時に入院日数が無制限の入院給付金、ガン治療の為の通院時に支払われる通院給付金、ガン手術時に支払われる手術給付金があります。

これらの保障を色々組み合わせることができ、更に特約を加えたものなど色々な保険があります。

女性保険
乳ガンや子宮ガンなど女性特有の病気の保障を手厚くした保険です。他の病気の時の保障に上乗せして保障が支払われます。
10年間まで保障する定期タイプと一生が保証するタイプがあります。

学資保険
子供の教育や進学に備えて進学祝い金や満期保険金を受け取れる保険。契約者に不測の事態が起きた場合にはそれ以降の支払いを免除してくれる特約が付帯しているので人気があります。

個人年金保険
ゆとりのある老後生活を送るために公的年金とは別に生活費を上乗せするための保険。積み立て定額預金のように手軽に始めることができます。
生命保険控除とは別枠の個人年金保険控除も受けれます。

介護保険
介護が必要になったときに公的介護保険ではまかなえない自己負担の介護費を軽減するのが目的の保険。受け取れる保障タイプが一時金や年金など複数ある。

認知症保険
医師の診断で認知症と診断された時に保障してくれる保険。認知証になった場合、介護が必要となり、公的介護保険ではまかなえない自己負担分の施設への入所費や介護ヘルパーを依頼する場合、その利用料金の負担軽減に備えるための保険です。

損害保険の種類

損害保険には以下のように分けられます。

自動車保険
強制保険の自賠責の補償では賄えない自動車による事故によって相手の自動車や同乗者、又は建物や電柱、信号、又は、自己の自動車などに損害を与えた時に補償してくれる保険

バイク保険
強制保険の自賠責の保障では賄えない自分のバイクや建物などの補償に備える為の保険。

火災保険
火災という名がつく通り火事によって建物が被害に遭った場合補償してくれる保険になります。建物の他に家電や家具などの家の中にある物に対しても補償してくれる家財特約がついている保険もあります。他にも落雷や水害、盗難によって被害を受けた場合のも補償してくれます。

海外旅行保険
日本よりも治安が悪い海外への旅行で盗難や誘拐、傷害などのトラブルに備える為の保険です。

国内旅行保険
国内での旅行中の病気やケガ、様々なトラブルに備えるための保険。

国内旅行保険
国内での旅行中の病気やケガ、様々なトラブルに備えるための保険。

傷害保険
事故などのケガによって入院、通院、死亡、後遺症が残った場合に保険金が受け取れる保険。ケガに限定しているので、病気の場合は補償してくれません。

ペット保険
ペットを飼っている人が多くなっている昨今、人気が高いのがペット保険です。
飼っているペットに不測の事態(盗難、家出、傷害など)や病気になった時にその治療費を補く為の保険になります。

(※参考:保険種類一覧

毎月支払っている保険料金の平均相場

毎月の保険料の相場

生命保険文化センターによると、1世帯が年間で支払っている保険料の平均は、38.2万円となっています。月間だと約3.2万円になります。

これは、生命保険やガン保険・自動車保険・火災保険などの各種保険を合わせた金額です。この調査によると、2世帯に1世帯は、3種類以上の保険に加入しているとされています。

生命保険文化センター 夫婦の保険料平均額

保険料月間の平均額(生命保険文化センターの調査結果をもとに画像作成)

義理での保険加入は15%

この調査結果では、知り合いや知人の勧めで保険に加入している「義理保険」も15%にも上ってることが明らかになっています。本当は必要ないけど、知り合いから勧められたからという理由で加入している場合もあるのですね。保険料金を見直す際には、このような義理保険を最優先で見直しするのがいいかもしれません。

年代による保険料金の違い

保険の相場・平均料金は、年齢によっても大きく異なっています。生命保険に関する全国実態調査によると、年代によってもかなり保険料金の額が違ってくることがよく分かります。

生命保険文化センター 世代別平均保険料金額

毎月の保険料(※生命保険に関する全国実態調査結果を元にグラフ作成

 

20代の場合:20,000円

29歳以下の場合、月額20,175円が保険に支払う費用の平均となります。20代の場合、月額1万円以下と2~3万円が一番多くなっています。若い人の場合には、あまり保険料金が高くありませんし、若くて健康な人が多いので、保険のことにあまり関心がないのかもしれません。

特にまだ子供がいない場合などには、医療保険・生命保険などにはあまり加入しようと考えないのが通常で、月額1万以下の保険料しか支払っていない方が多いのも頷けます。

しかし、生命保険などは若いうちから加入しておく方が基本的に料金が安く済みます。「まだ大丈夫」と考えず、「今ならお得」と考えて、保険への加入を検討してみるといいでしょう。

ちなみに、生命保険・がん保険・医療保険などは若ければ若いほど料金が安くなりますが、自動車保険の場合には若い人の方が事故を起こす確率が高いので若ければ若いほど料金が高く設定されています。最近は若者の自動車離れが叫ばれていますが、地方などでは必需品の自動車。任意保険(自動車保険)は欠かせないものですから、節約したくてもできない部分ですね。

30代の場合:25,000円

30代が1ヶ月のうちに支払っている保険料金の平均は約25,000円となっています。年間30万円近くの保険料金を支払っていることとなります。7万円以上の保険料を支払っている人もいるので平均額は髙くなりますが、実際の中央値は1~2万円程度となっています。

30代ですと、子供の年齢もある程度いっている場合が多く、保障は増やしたいけど先つものが多くてなかなか費用を増やせない家庭が多いことでしょう。

40代の場合:36,000円

40代の方が、1月で支払っている保険料は、平均で約3.6万円ほどです。実際の中央値は2~3万円程度が多くなっています。

この年になると、病気やケガになりやすくなるので保険料金も高くなってきます。若い頃から安い継続保険に加入していれば安く済むのですが、更新型の保険などに加入している場合には保険料金の値上げが特に激しくなります。40代になると、保険料金を安くしたくても安くできない場合が増えてくるのですね。

しかし、40代ですと子供が高校生・大学生などになっている場合も多く、保障を減らすわけにはいきません。高いけれども加入しておかなければ不安という状態になっているわけです。

50代の場合:41,000円

50代の場合、20代の倍近い41,000円もの費用を保険支払いにあてています。平均額だけでなく中央値も高くなっており、2~3万円を毎月支払っている人が多いようです。7万円以上保険にかけている世帯も10%程度存在しています。

この年代になると、医療保険などを見直してもあまり安くならない場合が多く、20~40代などと若いうちから見直しをして対策をしないと、保険で家計が圧迫されてしまうことになりかねません。知り合いから勧められたから、などと義理保険に加入している方などは特に、早いうちから保険の見直しをしておくといいいでしょう。

60代の場合:32,000円

60代の方の場合、平均の月額保険料は32,000円程度となっています。中央値は、1~2万円が再び多くなってきます。

生命保険などの場合、60歳や65歳で支払が終わる保険が多いので、60代になると保険料金が安くなるのです。ただ、定期保険や養老保険などは支払いを続けないと保障が亡くなってしまいます。そのため、加入している保険の種類によって、保険料金が大きく分かれてくる年代でもあります。

年金がしっかり支給される場合には、保険の必要性は薄れます。逆に、年金の額が安い方は、保険にもしっかりと料金を支払っていないと大変な事態になってしまいかねません。

70代の場合:25,000円

70歳以上の方の保険料金の相場は、月額約25,000円となっています。

65歳などで満期を迎える終身保険に加入していた場合ですと、70歳台になってからの保険料支払いはグッと少なくなります。しかし、掛け捨てタイプの定期保険の場合、支払いを継続しなければ保険加入を続けることができません。70歳ともなると、病気や死亡などのリスクも高いので、保険料金も膨大な額になってしまいます。

定期保険を早めに終身保険に切り替えるなどして、若い頃から保険見直しを進めておくことが本当に大事なのですね。

【保険料月額の平均】
20代の場合:20,000円
30代の場合:25000円
40代の場合:36,000円
50代の場合:41,000円
60代の場合:32,000円
70代の場合:25,000円全世代での平均:32,000円

保険の見直し方法

毎月の保険料の相場

以上、年齢ごとの保険料金について紹介してきました。できるだけ若い頃から保険の見直しを進めておかないと、50代や60代以降に見直しをするのは大変なのだ、ということがよく分かったかと思います。以下では、保険の見直しについて簡単に解説していきます。

保険を見直すタイミングはいつがいいのか

保険、中でも保険支出の中心となる生命保険の場合、大きな人生の転機が訪れた際に見直しするのがいいと言われています。

 

生命保険文化センター ライフステージ別年間払込保険料の平均額

ボックスタイトル
(※生命保険文化センターの調査結果をもとにグラフ作成)

具体的には、結婚したときや、子供が生まれたとき、転職したときなど人生の転換期を迎えた時が保険見直しのタイミングとされています。

特に子供が生れた時は教育費の用意をしなくてはいけないので、その為にも学資保険や養老保険の加入を考える時期になります。

また、子供が独立した時は保障を小さくしても良いので、この時も保険の見直しをしても良いです。
保険の見直しが面倒だからと、ずるずる先延ばしにしていると、保険料金を安くしたくても安くできないという事態になってしまいます。

50代以降での生命保険の見直しは、あまり料金が安くならないのです。一家の大黒柱となった時期で、しっかりと保障を受けなければならないと自覚し、しっかりと見直しをするようにしましょう。

(※参考:ライフステージ別|子どもが生まれると必要な保障が増える

保険の見直しでは、どのようなところを見直せばいいのか

保険の見直しをする際には、保障額やオプションなどを見直ししていくのが中心となります。自分にもしものことがあった場合、今の保障額で足りるのかどうかをしっかり考えるといいでしょう。

義理加入したような保険の場合、不要な特約がついている場合もありますので、オプションの見直しをするといいでしょう。

しかし、一般的な家庭では保険に対する知識が無く、今加入している保険のどこを見直せば良いのか分からないものです。

そこで、活用したいのが、保険の見直しを行っている会社です。

専属のFP(ファイナンシャルプランナー)が所属しており、たくさんある保険の中から今の収入や家族構成を元にご家庭にあった保険の見直しをしてくれます。

保険見直し会社は保険代理店でもあり多くの保険を取り扱っているので、一か所で複数の保険の情報を知ることができるので手間が掛けずに保険の見直しができます。

また、疑問や不明な事があってもその場で質問ができ、疑問を解消しながら保険の見直しが可能になります。

保険相談窓口会社 各社比較

以下では、保険見直しを行っている代表的な会社を6社紹介します。

ほけんの窓口:相談料は何度でも無料

ほけんの窓口はテレビCMでもおなじみの知名度が高い老舗の保険見直し会社で、全国740店舗を構えています。

取扱保険会社数の40社以上で、相談料は何度でも無料で行っています。

「ライフ・デザイン・システム」を導入していますので、お客さまのライフプランをもとに必要な保障を趣味レーションし、アドバイザーの主観に頼らず客観的に保険を選ぶことが出来ます。

事前に予約するとご希望の日時に相談ができ、優先的に相談してもらえます。

また、相談後も見積や保険のパンフレットを持ち帰れますので、帰宅後もじっくり検討することができます。

相談後、複数社の保険契約をすることになっても、ひとつの窓口で契約内容の確認や各種手続きも出来ます。

保険見直し会社名 ほけんの窓口
運営会社名 ほけんの窓口グループ株式会社
会社住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目8番2号 鉃鋼ビルディング20階
営業時間 平日10:00~16:00
電話番号 0120-86-3593
料金相場 何度でも無料
アクセス 西部新宿駅より徒歩6分
お問い合わせ先 https://www.hokennomadoguchi.com/inquiry/
主な店舗 札幌駅前通店
仙台駅前店
銀座支店
横浜店
名古屋駅前店
大阪駅前店
神戸三ノ宮店
広島店
高知札場店
博多駅前店
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.hokennomadoguchi.com/

保険市場:相談料は何度でも無料

保険市場は創業26年で専業保険代理店で唯一東証1部上場してい会社が運営しています。

取扱保険会社数は国内最大級の取扱保険会社数89社でオンライン相談実績も3万件以上と業界最高水準です。

相談はお店でも電話でもオンラインでも相談してもらえます。また、小さいお子さんが要る方など外出が難しい方なら訪問相談も受けています。

コンサルタントは総勢100名以上在籍し経歴や実績を見ながら指名することが可能で女性のコンサルタントを選ぶこともできます。

また、セキュリティ面でも安心できる自社開発のシステムを使い、PCやスマホでも簡単に接続ができ、相手の顔を見ながら保険の説明や見積を作成することができます。

保険見直し会社名 保険市場
運営会社名 株式会社アドバンスクリエイト
会社住所 住所:大阪市中央区瓦町3-5-7 野村不動産御堂筋ビル
営業時間 平日9:00~21:00 土日祝9:00~21:00(年末年始を除く)
電話番号 0120-816-318
料金相場
アクセス 阪神高速13号東大阪線本町駅から徒歩3分
お問い合わせ先 https://www.hokende.com/information/toiawase
主な店舗 保険市場 札幌コンサルティングプラザ
保険市場 仙台コンサルティングプラザ
保険市場 東京コンサルティングプラザ
保険市場 横浜コンサルティングプラザ
保険市場 名古屋コンサルティングプラザ
保険市場 本店コンサルティングプラザ
保険市場 梅田阪急コンサルティングプラザ
保険市場 神戸コンサルティングプラザ
保険市場 福岡コンサルティングプラザ
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.athuman.com/

保険見直し本舗:相談料は何度でも無料

保険見直し本舗は全国313店舗を構えており、お客様のニーズに合わせた保険選びのお手伝いをしてくれる保険ショップです。

取扱保険会社は40社以上で、相談料は何度でも無料で行っています。

 

保険見直し本舗の料金相場

保険見直し本舗の料金相場

(※保険見直し本舗公式サイトより画像抜粋)

保険見直し本舗は、コンサルティング料や事務手数料など無料で、就職や結婚・出産など、ライフステージの変化に合わせた保険の見直しも、いつでも無料で相談できます。

相談も店舗来店・オンライン・電話・訪問の4種類から選べるのでご自身の都合の良い方法が選択できます。

また、担当コンサルタントは1世帯1担当者制でずっと変わらないので安心して相談することができます。

保険見直し会社名 保険見直し本舗
運営会社名 株式会社保険見直し本舗
会社住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-18 H&Iビル6階
営業時間 平日9:00~20:00
電話番号 0120-330-526
料金相場 何度でも無料
アクセス 都電荒川線新宿3丁目駅から徒歩2分
お問い合わせ先
主な店舗 札幌パセオ店
仙台ロフト店
新宿アイランドタワー店
横浜店
名古屋駅前店
野田阪神ウイステ店
神戸ハーバーランド店
アルパーク広島店
イオンモール高知店
博多駅前店
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.hokepon.com/

保険クリニック:相談料は何度でも無料

保険クリニックは全国242店舗を構えており、オリコン2020年度来店型保険ショップ顧客満足度調査で1位獲得した実績のある保険見直しショップです。

取扱保険会社は40社以上で、無料で相談を受けてくれます。

 

保険クリニックの料金相場

保険クリニックの料金相場

(※保険クリニック公式サイトより画像抜粋)

保険クリニックは、独自に開発した『保険IQシステム』導入でコンサルタントの主観に偏ることなく相談者に合う保険を短時間で選ぶことができます。

また、無理な勧誘が一切なく納得された方だけがご契約になります。

保険見直し会社名 保険クリニック
運営会社名 株式会社アイリックコーポレーション
会社住所 〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-20本郷センタービル4F
営業時間 9:00~19:00
電話番号 0120-366-929
料金相場 何度でも無料
アクセス 東京メトロ丸ノ内線本郷3丁目駅から徒歩2分
お問い合わせ先 https://www.hoken-clinic.com/contact/agree.html
主な店舗 サッポロファクトリー店
仙台PARCO(パルコ)2店
文京本郷店(本店)
横浜関内店
アピタ名古屋南店
大阪梅田店
神戸三宮店
広島段原店
四国中央店
福岡天神店
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.hoken-clinic.com/

保険見直しラボ:相談料は何度でも無料

保険見直しラボは全国約70支社を構えており、業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントが多く在籍している保険見直しショップです。

取扱保険会社は約30社以上で、無料で相談を受けてくれます。

 

保険見直しラボの料金相場

保険見直しラボの料金相場

(※保険見直しラボ公式サイトより画像抜粋)

保険見直しラボは、点数評価制度やイエローカード制度導入でコンサルタントの質が高く、安心して相談できます。

また、特定の保険会社のこだわることなく、多くの保険商品からお客様に最適な組み合わせの保険をわずか10分で提案してくれますので、お客の貴重な時間を無駄にしません。

今なら保険相談と面談後のアンケート回答でプレゼントキャンペーン実地中です。

保険見直し会社名 保険見直しラボ
運営会社名 株式会社Jリスクマネージメント
会社住所 〒105-0021
東京都港区東新橋2-11-4 マヤパダ汐留プラザ11階
営業時間 平日9:00~18:00
電話番号 0120-222-785
料金相場 何度でも無料
アクセス JR山手線新橋駅から徒歩8分
お問い合わせ先 https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/form1A/input.php
主な店舗 保険見直しラボ 札幌支社
保険見直しラボ 仙台支社
保険見直しラボ 東京支社
保険見直しラボ 横浜支社
保険見直しラボ 名古屋支社
保険見直しラボ 大阪支社
保険見直しラボ 神戸支社
見直しラボ 広島支社
保険見直しラボ 高知支社
保険見直しラボ 福岡支社
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/

保険ほっとライン:相談料は何度でも無料

保険ほっとラインは全国169店舗を構えており、保険の見直し・相談の実績が15年で30万件以上ある保険見直しショップです。

取扱保険会社は約30社以上で、無料で相談を受けてくれます。

 

保険ほっとラインの料金相場

保険ほっとラインの料金相場

(※保険ほっとライン公式サイトより画像抜粋)

保険ほっとラインは、あなたの街のかかりつけ保険ショップとしてアフターフォローに力を入れています。

ご加入中の保障の確認や見直し、保険金のご請求、住所変更など生活の変化が有った場合や困りごとが出来た時は直ぐに対応。

お客様一人ひとりにカルテを作成し、お客様の状況をきちんと把握しているので素早く対処してくれます。

保険見直し会社名 保険ほっとライン
運営会社名 マイコミュニケーション株式会社
会社住所 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル2階
営業時間 10:00~19:00(土・日・祝もOK)
電話番号 0120-114-774
料金相場 何度でも無料
アクセス JR山手線・京浜東北線・東京メトロ「有楽町」駅すぐ
お問い合わせ先 電話でお問い合わせ
相談予約フォームはこちら↓
簡単入力1分!無料相談予約フォーム|保険の相談・見直しなら「保険ほっとライン」
保険の相談・見直しなら15年30万件以上の実績「保険ほっとラインの無料相談窓口」へ。ショップでもご自宅でも保険の見直し、保険に関する相談、アフターフォローをお約束します。
主な店舗 保険物語 ラソラ札幌店(協力店)
保険物語 ガーラタウン青森店(協力店)
保険ほっとライン 新有楽町ビル店
保険ほっとライン サミット横浜岡野店
保険ほっとライン メッツ大曽根店
保険ほっとライン 新大阪店
保険ほっとライン デュオこうべ店
ほけん相談(株)メイワ 広島本店(協力店)
ほけん相談(株)メイワ 広島本店(協力店)
(等⇒全国店舗案内参照
公式HP https://www.hoholine.com/

保険見直し会社の料金相場比較まとめ

保険見直し会社の料金相場と特徴を以下の表にまとめました。

保険見直し会社名 料金相場 特徴
ほけんの窓口 相談料は何度でも無料 テレビCMでもおなじみの知名度が高い老舗の保険見直し会社
店舗数も全国740店舗あり利便性が高い
保険市場 相談料は何度でも無料 国内最大級の取扱保険会社数89社
創業26年で専業保険代理店で唯一東証1部上場企業が運営
保険見直し本舗 相談料は何度でも無料 店舗来店・オンライン・電話・訪問の4種類の相談スタイルから選べる
1世帯1担当者制で変わらないので安心して相談できる
保険クリニック 相談料は何度でも無料 独自に開発した『保険IQシステム』導入でコンサルタントの主観に偏ることなく相談者の保険が選べる
オリコン2020年度来店型保険ショップ顧客満足度調査で1位獲得
保険見直しラボ 相談料は何度でも無料 業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントが多く在籍
点数評価制度やイエローカード制度導入でコンサルタントの質が高く安心して相談できる
保険ほっとライン 相談料は何度でも無料 保険の見直し・相談の実績 15年で30万件以上!
ご相談は店舗でも、ご自宅でも、ご希望の場所でできる

総評

保険見直し会社は複数ありますが、相談できるスタイルも店舗や電話、訪問、ネットと複数あります。

そこで、対面で相談したい方であれば店舗数が多く近くに店舗がある可能性がある保険の窓口や保険市場がお勧めです。

子供がいて外出が難しい方であれば、訪問で相談できる保険市場、保険見直し本舗、保険クリニック、保険見直しラボ、保険ほっとラインがお勧めです。

保険の見直しに時間をかけたくない方であれば、10分で最適な保険を選んでくれる保険見直しラボがお勧めです。

店舗だけでなく、家でもじっくリ検討したい方であれば、見積もりやパンフレットを持ち帰れるほけんの窓口がお勧めです。

保険に毎月どれだけお金をかけているのかの料金相場と見直しまとめ

以上、保険料金の相場と見直しのポイントについて紹介してきました。

保険料の平均は、全世帯では月額32,000円。若ければ若いほど保険料の平均は安く、50代がピークとなっています。

保険の見直しでは、人生の転機のタイミングで見直しをするのがコツでした。

いかがだったでしょうか。
保険料見直しの参考になったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

保険見直し会社比較表

画像 ほけんの窓口 保険市場 保険見直し本舗 保険クリニック 保険見直しラボ 保険ほっとライン
名称 ほけんの窓口 保険市場 保険見直し本舗 保険クリニック 保険見直しラボ 保険ほっとライン
相談料 何度でも無料 何度でも無料 何度でも無料 何度でも無料 何度でも無料 何度でも無料
取扱保険会社数 40社以上 89社 40社以上 40社以上 約30社 約30社
店舗数 全国740店舗 全国705店舗 全国313店舗 全国242店舗 約70支社 全国169店舗
女性相談員の有無 不明
自宅訪問
オンライン相談
特徴 テレビCMでもおなじみの知名度が高い老舗の保険見直し会社
店舗数も全国740店舗あり利便性が高い
国内最大級の取扱保険会社数89社
創業26年で専業保険代理店で唯一東証1部上場企業が運営
店舗来店・オンライン・電話・訪問の4種類の相談スタイルから選べる
1世帯1担当者制で変わらないので安心して相談できる
独自に開発した『保険IQシステム』導入でコンサルタントの主観に偏ることなく相談者の保険が選べる
オリコン2020年度来店型保険ショップ顧客満足度調査で1位獲得
業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントが多く在籍
点数評価制度やイエローカード制度導入でコンサルタントの質が高く安心して相談できる
保険の見直し・相談の実績 15年で30万件以上!
ご相談は店舗でも、ご自宅でも、ご希望の場所でできる
公式リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る