FPに依頼する場合の料金相場と選び方

士業関係依頼

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、人生のさまざまな費用や計画についてアドバイスしてくれる専門職です。

FPに依頼する場合、料金は規程などで定められておらずFP側が自由に決められるので、どこを選ぶかによって費用が大きく異なってくるのが特徴です。

この記事では、FPに依頼する際の料金費用の相場について紹介していきます。選び方や費用を安くする方法についても解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

FPに依頼する場合の料金相場

FPに依頼をして相談をする場合の料金はどれくらいが相場となっているのでしょうか。

以下では、FP依頼の相場について紹介していきます。

FPに依頼をする場合、1時間当たりの料金を定めたり、月額や年額で定額制としたり、顧問契約を結んだりと、さまざまな形式があります。

日本FP協会のアンケート調査によると、1時間あたりの相談料金は、5,000円未満が25%、5000~10000円未満が41%、10000円~20,000円未満が28%となっています。1時間あたり2万円を超える事務所は2%にとどまっています。

5000~1万円未満がFPに相談する料金の相場と言えるでしょう。

FP依頼の料金相場
(※FP協会のアンケート調査抜粋)

山田FP事務所の場合:60分以下の相談11,000円など

東京にある山田FP事務所への依頼の場合、面談コースや顧問契約などさまざまなコースが設けられています。

山田FP事務所料金相場

(※山田FP事務所の料金抜粋)

時間制の面談や電話相談の場合、60分以下ですと11,000円、60分超90分以下の場合16,500円などとなっています。

資産運用の提案書やキャッシュフロー表の作成などで徹底サポートしてくれる顧問契約の場合、個人での契約なら1年間で110,000円、法人契約なら1か月で55,000円となっています。

その他、資産運用について提案書を作るコース(33,000円)や、住宅ローンのシミュレーションなどを行ってくれるコース(33,000円)、老後までのライフプランを計画立案してくれるコース(55,000円)などが設けられています。

家計の窓口の場合:50分の初回相談3,000円など

家計に関して困ったことがあるのであれば、「家計の窓口」のFP相談を利用するといいでしょう。

家計の窓口のFP相談では、初回の相談が50分で3,000円となっています。

そのほか、家計の見直し(30,000円)や、生命保険相談(3,000円)・住宅ローン相談(30,000円)、年間顧問契約(年額48,000円)などと料金が設定されています。

家計の窓口料金一覧
(※家計の窓口の料金抜粋)

FPに依頼する際の選び方

FPに何かを依頼する際、どのようにして選べばいいのでしょうか。

以下では、FPの選び方について解説していきます。

FPはさまざまな形態で勤務している

FPは、事務所をつくって独立している人もいますが、銀行などの金融機関や保険紹介サービスに勤務している人もいます。FP事務所以外にも、FPの資格・知識を持った人がいるのです。

相談・依頼する内容によっては、FP事務所ではなく、FPが勤務している会社などを選んだ方がいい場合もあります。

たとえば、保険について相談したい場合には、保険を比較して紹介してくれるサービスで勤務しているFPに相談した方がアフターケアも含めて満足する結果となることでしょう。

自分の相談内容に応じて、FP探しをするのが重要なのです。

資格を持っているかどうかを確認する

ファイナンシャル・プランナーの業務は、実は資格がなくても行うことができます。

FPの国家資格・民間資格は「業務独占」の資格ではないので、資格がなくても業務を行うことができるのです。

相談や依頼を行う際には、FP検定の資格や、AFP・CFPなどの民間資格を取得している専門家かどうかをチェックしてから選ぶようにしましょう。

ちなみに、資格の難易度は、「FP検定3級<FP検定2級≒AFP<FP検定1級≒CFP」となっています。AFPやCFPは民間資格ですが、ある程度のレベルの知識を持った人にしか与えられないので、FPのレベルを判断するのに役立ちます。

見積りして費用・料金を明らかにする

FPの料金は、自由化のため事務所などによって違う費用となっています。そのため、FPに依頼する際には、事前にかかる費用の見積もりをしてもらい、具体的な料金を明らかにする必要があります。

見積りは、だいたいの事務所・サービスでは無料でできるので、積極的に活用していくようにしましょう。

自分との相性がいいかどうか確かめる

FPへの依頼は、中長期的なスパンでの付き合いとなることが多くあります。そのため、FPと相性がいいかどうかは非常に重要なポイントとなってきます。

無料相談を活用したり、FPが開催しているセミナーや説明会(安価だったり無料だったりすることが多い)を利用して、そのFPが自分と相性がいいかどうかを確認するようにするといいでしょう。

【FPの選び方のコツ】
・どんな資格を持っているか確認する
・見積りを出してもらい費用を明確にする
・無料相談やセミナーなどで自分との相性を確認する

FPの費用を安くする方法

以上、FPの料金相場や選び方について紹介してきました。

FP依頼の料金を安くする方法はないのでしょうか。

以下では、FP依頼の費用を安く済ませる方法について解説していきます。

無料相談を活用する

FPの費用を安くしたい場合、無料でFPに相談できるサービスがありますのでそれを活用する方法があります。

たとえば、ゼクシィ保険ショップでは、何度でも無料で保険の相談をすることができます。

プランナーの9割がFP資格を持っているほけん選科の相談も、無料で受けることができます。

どうして無料で相談することができるのでしょうか。

保険相談の結果、そのサービスを介して保険を契約する人が多いから、保険会社から報酬を受け取ることができるのです。

顧客からではなく、保険会社から費用を取っているので、無料で質の高い相談を提供することができるのですね。

保険紹介サービスの他に、FP事務所が独自に無料相談を実施していることもあります。近所のFP事務所が無料での相談を提供していないか確認してみましょう。


(※ゼクシィ保険ショップより抜粋)

多数のFPから見積りを取る

FPの料金相場は事務所によって大きく異なっています。無料で相談できるところから、1時間2万円以上の相談料金を取るところまでさまざまです。

少しでも費用を安くしたい場合、予算の見積りを複数社から出してもらい、その結果を比較検討してFP事務所を選ぶようにするといいでしょう。

見積りは各社無料で行っていることがほとんどですし、電話一本で簡単に確認できます。

FPに依頼する場合の料金相場と選び方・安くする方法まとめ

以上、FPに仕事を依頼する場合の料金相場と、FPの選び方・費用を安くする方法について紹介してきました。

FPの相談の相場は、1時間の相談の場合、5000円~1万円未満となっています。

FPを選ぶ際には、どのような資格を持っているのかを確認したり、見積りをしてもらい費用を明らかにしたり、FPと自分との相性がいいかどうかを確認したりするのが好ましいです。

FPの料金を安くする方法は、無料相談を有効活用し、多くのところに見積りを出してもらい比較検討するなどの方法があります。

フィナンシャル・プランナー選びの一助となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

※FP講座料金の相場についてはこちら
FP講座の料金の相場と安くする方法

コメント