ドッグカフェの料金相場と選び方、安くする方法

ペット

愛犬と一緒にドッグカフェを利用したことはありますか。

愛犬と一緒に色々な所に行きたいものですが、犬を連れて入ることができる飲食店は多くありません。ドッグカフェなら愛犬と一緒に食事をすることができます。

愛犬と一緒に食事ができるドッグカフェは、犬友達とのコミュニケーションの場としても人気があります。

しかし、初めて利用する飼い主様はどのようなドッグカフェを利用すればよいのか、迷ってしまうと思います。

ドッグカフェには守るべきルールやマナーが存在していました。また、料金の面でも犬用フードがどのくらいかかるのかも気になりますね。

ドッグカフェを利用するときに持っていくものや、しておくことなど初めて利用するときの注意点を調べました。特色のあるドッグカフェや、お得に利用できる割引がある店舗情報もありました。

今回は、ドッグカフェの料金相場と選び方、安くする方法をご紹介します。

ドッグカフェとは

ドッグカフェとは、愛犬と一緒に食事をすることができる飲食店です。

飼い主様の食事はもちろんのこと犬用メニューもあり、愛犬も一緒に食事ができます。しかし、初めてドッグカフェを利用するときには、どのようなことに注意をすればよいのかわからず困ってしまいますね。

ドッグカフェの入店ルールや利用できる犬の条件、持っていくものなどを調べました。飼い主様や犬にとってもドッグカフェが必要な理由がわかります。

ドッグカフェを利用したい飼い主様に、ドッグカフェの必要性やマナーについてご紹介します。

参考:環境省

参考:農林水産省

ドッグカフェの必要性

愛犬を連れてお出掛けしたときに、食事をしたくても犬は入店できない飲食店が多くあります。そのようなときにはドッグカフェを利用すると、愛犬と一緒に食事ができます。

ドッグカフェの必要性のひとつには、愛犬を連れた飼い主様が食事をとることができる、ということがあります。

もうひとつは愛犬にとってのドッグカフェの必要性で、犬用メニューがあり犬も食事をとることができるということです。

犬には人間と違い、食べることのできない食材があります。食べてしまうことで生命に害を及ぼす危険性があるからです。

犬の食性について知識がないと、手作りごはんは大変危険なものになります。ドッグカフェに必要なことは、犬にとって安全な食べ物を与えてあげることです。

ドッグカフェで出されている食べ物が安全な理由や、安心して店舗が利用できる理由をご紹介します。

ペットフード安全法の対象と対象外のフード

愛犬が食べるペットフードには「ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律 )」という法律があります。

ペットの法律

環境省「ペットフード安全法のあらまし」より引用)

これはペットフードの安全性を確保するために定められたペットのための法律で、有害な物質や安全でない食材を使用することを禁止するものです。

しかし、ドッグカフェ店内で食べる犬用フードはこの法律の対象外になっています。

ドッグカフェの犬用フードがペットフード安全法の対象となるのは、テイクアウトの場合のみになります。

2 届出が必要な事業者の範囲

②「販売用ペットフード」

袋、缶、レトルトパウチ等の容器包装に入れられたものなど、販売を目的とされている犬用及び猫用のペットフードをいい、無料で配付されるサンプル品等も含まれます。なお、いわゆるドッグカフェのように、その場で製造してペットに与えられる場合、そのペットフードは対象外となりますが、ドッグカフェ等で製造されるペットフードであっても、容器包装に入れられてテイクアウトされるものは除外されません。

農林水産省「ペットフード安全法 届出や帳簿に関するマニュアル」より引用)

このようにテイクアウトの場合には、ペットフード安全法の対象になるので、安全なフードとして安心して食べることができます。

お持ち帰りができるフードがあるドッグカフェは、必要な安全性が確保されたドッグフードを提供していると判断することができます。

犬が食べてはいけないもの

人間と犬では食べることができる食材が異なり、犬にとっては危険な食べ物があります。食べてしまうと生命に害を及ぼす危険性があります。

犬の食性を知らないと、犬に安全な手作りごはんを作ることはできません。犬が食べると危険な食材には以下のものがあります。

ペットの法律

環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン/与えてはいけないもの」より引用)

このように人間が食べても大丈夫なものでも、ペットが食べると危険なものがあります。ドッグカフェでは犬の食性に詳しい専門の人が作っているので、安心して食べさせることができます。

もともと犬は雑食性なので、色々なものを食べる習性があります。いつものドッグフードだけでなく違うものを食べることは、愛犬にとって楽しみなことなのです。

ドッグカフェに入店するための条件

ドッグカフェに入店するためには、いくつかの条件があります。

店舗によりルールは若干異なりますが、ドッグカフェでは次のようなルールを設けているところが多くあります。

・入店できる犬の条件は1年以内に狂犬病予防接種をしていること

・混合ワクチンを接種していること

・ノミやダニなどの寄生虫予防をしていること

・しつけができていること

・ヒート中はドッグカフェを利用することはできません

犬を飼うときには犬の登録をすることと、狂犬病予防接種をすることが義務付けられています。

年1回の狂犬病予防接種は飼い主様に義務付けられているので、来店する犬は接種済みであることがほとんどです。狂犬病予防接種未接種の子犬は、接種が済んでからドッグカフェを利用するようにしましょう。

接種する混合ワクチンの種類については、ドッグカフェごとに違います。ドッグカフェには色々な犬が来店しているので、ある程度の種類の混合ワクチンは接種していた方が、愛犬が病気にかかる心配も少なくなります。

外を散歩する犬には、ノミやダニなどの寄生虫が付くことがあります。寄生虫を持った犬は他の犬に移してしまいます。予防のための処置をしておくことは愛犬だけでなく、他の犬に対してのマナーになります。

しつけができていないと無駄吠えをしたり、大人しくしていられないなどトラブルの原因になります。また、他の犬と喧嘩をしてしまうと、怪我をすることにもなりかねません。ドッグカフェでは凶暴性のある犬の来店を断っているところがほとんどです。

避妊手術をしていない雌犬には定期的にヒート(発情期)がきます。ドッグカフェに来店している他の雄犬を興奮させてしまうため、ヒート中の犬は来店を断られることがあります。

このように、ドッグカフェを利用することができない犬の条件を知っておくと、入店時のトラブルを回避することができます。

ドッグカフェ利用の流れ

ドッグカフェを利用するための持ち物や、事前にするべきことを知っておくと慌てることが少なくなります。ドッグカフェではマナーを守り、お互いに気持ちよく過ごせることが必要です。

初めてドッグカフェを利用する飼い主様のために、持っていくものや来店前にしておくことをご紹介します。

持ち物

ドッグカフェに来店するときには、リードを付けることが必要です。特に小型犬では、ケージに入れたり抱っこをしていると忘れてしまうかもしれませんが、リードを持っていきましょう。

愛犬が使い慣れたマットを持っていくことも大切です。ドッグカフェでは、飼い主様の食事中は愛犬は足元で待機させるのがマナーになります。自分の匂いが付いているマットなら、知らない場所でも安心して過ごすことができます。

店内では犬の排泄は禁止されています。トイレシートを持参して、ドッグカフェ入店前に排泄を済ませましょう。トイレシートで排泄訓練をしておくと、どこでもすぐに排泄ができるようになります。

他の犬が多く来店していると、縄張り意識からマーキングをしてしまうこともあります。雄犬にはそのような習性があるので、マーキング防止にマナーベルトを持っていくと安心できます。

被毛が抜けやすい犬種では、愛犬に洋服を着せておくことも必要なマナーになります。特に換毛期には被毛が飛びやすく、洋服を着ることで飛散防止になります。

万が一、粗相をしたときのために掃除用具を持っていくことも必要です。愛犬と出掛けるときには、掃除用具を持っていくことを習慣にしている飼い主様も多くいます。

必要なものを用意しておくと、何かあったときにも対応に困ることが少なくなります。ドッグカフェに行くときには、マナーとして持っておくと安心です。

来店前にしておくこと 

ドッグカフェに来店する前にしておくことがあります。

ドッグカフェには最低限のルールがありますが、一人ひとりがマナーとして守ることで皆が気持ちよく過ごすことができます。

ドッグカフェに来店する前に愛犬の排泄を済ませておきましょう。慣れない場所や多くの犬がいるところでは、思わず粗相をしてしまう犬もいます。事前に排泄を済ませておけば、粗相の心配も少なくなります。

ドッグカフェに行く前に愛犬のブラッシングをしておきましょう。犬種によっては被毛が抜けやすいので、店内で毛が舞ってしまいます。事前によくブラッシングをしておくと、店内で抜け毛が飛び散ることを防止できます。

ドッグカフェのメリットとデメリット

ドッグカフェには愛犬と一緒に楽しめる良い点がありますが、悪い点もありました。

ドッグカフェのメリットとデメリットをご紹介します。

ドッグカフェのメリット

・愛犬と一緒に食事ができる

・犬の社会化に貢献する

・犬友達とのコミュニケーションの場

・普段とは違うフードを食べることができる

愛犬と一緒に食事に出掛けたいと思っても、犬が入店できる飲食店は限られています。ドッグカフェなら愛犬と一緒に行くことができるので、行動範囲が広がります。

ドッグカフェは犬の社会化に貢献します。人間社会で生活するためには、犬にもしつけを行わないとなりません。しつけが終わった後も定期的に人間社会と接することで、身に付けた社会性を維持することができます。

犬を飼っている飼い主様同士のコミュニケーションの場としても、ドッグカフェは役立ちます。愛犬を連れてドッグカフェで過ごすことで、情報交換や困りごとの相談もできます。貸切でパーティができるドッグカフェがあるなど、愛犬家同士の楽しみが増えます。

犬はもともと雑食性なので、色々な食材に興味をもちます。普段はいつものドッグフードを1日2回しか与えてもらえませんが、ドッグカフェへ行くとおやつが貰えます。犬用のフードがあり、安心して与えることができるのもドッグカフェのよいところです。

ドッグカフェのデメリット

・愛犬がおとなしくしていない

・粗相をしないか心配

・他の犬と喧嘩する可能性がある

・事前に排泄を済ませるなど面倒なことが多い

愛犬をドッグカフェに連れて行くときには、しつけを済ませておく必要があります。飼い主様が食事をしている間、大人しく待っていられるか、無駄吠えをしないかなども気になります。

普段、粗相をすることはない愛犬でも、環境が変わるとできるかどうかわかりません。ドッグカフェの中で粗相をしてしまうと周りの迷惑になるため、なかなか行く決心がつかないことがあります。また、雄犬の場合ではマーキングをしてしまうことも心配です。

ドッグカフェにはたくさんの犬がきます。知らない犬がいると縄張り意識から喧嘩をしてしまうこともあるので、わんぱくな愛犬を連れて行くことに躊躇してしまいます。

ドッグカフェを利用するには店舗のルールに従うことが必要です。来店前のブラッシングや排泄を済ませることなど、事前にしなければならないことが多く、面倒だと感じてしまいます。

ドッグカフェの料金相場:1,330円~2,820円

ドッグカフェの料金相場の目安は、1,330円~2,820円となっています。

ドッグカフェにはメニューの違いがあり、料金もそれに合わせて差がありました。

おいしいものを食べたい飼い主様は、食事の内容やスイーツなども気になるところですね。また、愛犬にはいつもとは違うごはんを食べさせてあげたいと思うもの。

メニュー内容や料金が異なるので、比較するために手軽に利用できるランチメニューと犬用フードの料金を調べました。

愛犬とおいしいものを一緒に食べたい飼い主様のために、ドッグカフェを利用するときの料金の目安を比較しました。

PETHOUSER ドッグカフェのドッグカフェの料金相場:1,330円~

ドッグカフェ

PETHOUSER ドッグカフェ公式サイトから引用)

PETHOUSER ドッグカフェのドックカフェの料金の目安は、1,330円~(ランチ1,000円~+犬用フード330円~)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

PETHOUSER ドッグカフェ公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

PETHOUSER ドッグカフェ公式サイトから引用)

東京都八王子市にあるドッグカフェです。

室内席とテラス席があり、ドッグカフェの全ての席は個室になっています。テラス席には、人工芝敷きのプライベートドッグランが付いているので運動もできます。全席個室なのでノーリードで愛犬と一緒に過ごせるのが特徴です。

犬用メニューはチキンパテ(330円)やヤギミルク(330円)などがあり、手頃な料金設定になっています。

3種類の平日限定ランチ(1,000円)の他にも、ホットサンド(660円)などの軽食があります。コーヒー(440円)や自家製クリームブリュレ(400円)などのスイーツも用意されています

PETHOUSER ドッグカフェのドックカフェの料金の目安は、1,330円~(ランチ1,000円~+犬用フード330円~)です。

ランチ1,000円~
犬用フード330円~

PETHOUSER ドッグカフェ公式サイトはコチラ

カフェレストラン ソラのドッグカフェの料金相場:1,500円~

ドッグカフェ

カフェレストラン ソラ公式サイトから引用)

カフェレストラン ソラのドックカフェの料金の目安は、1,500円~(ランチ1200円~+犬用フード300円~)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

カフェレストラン ソラ公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

カフェレストラン ソラ公式サイトから引用)

茨城県筑西市にあるドッグラン併設のドッグカフェです。

ドッグカフェで何か1品頼むと無料でドッグランを利用することができ、利用時間に制限がないのが特徴です。愛犬と食事をすることができるのはデッキ席のみとなります。

犬用メニューには「わんちゃん B(鶏ひき肉と野菜のスープ)」(300円~)の他に「わんちゃん A(牛肉と野菜のスープ)」(400円)、「わんちゃんクッキー」(100円)がありリーズナブルな料金設定です。

日替わりのランチ(1200円)の他にピザ(850円)などがあります。デザートメニューには、ドリンクがセットになったお得なスペシャルデザートセット(1,050円)も用意されています。

カフェレストラン ソラのドックカフェの料金の目安は、1,500円~(ランチ1200円~+犬用フード300円~)です。

ランチ1200円~
犬用フード300円~

カフェレストラン ソラ公式サイトはコチラ

つま恋リゾート彩の郷「ドッグコミュニティ」のドッグカフェの料金相場:2,750円~

ドッグカフェ

つま恋リゾート彩の郷公式サイトから引用)

つま恋リゾート彩の郷「ドッグコミュニティ」のドックカフェの料金の目安は、2,750円~(ランチ1,000円~+犬用フード100円+ドッグコミュニティ利用料1,650円)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

つま恋リゾート彩の郷公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

つま恋リゾート彩の郷公式サイトから引用)

ドッグコミュニティ利用料になります。

入場料

つま恋リゾート彩の郷公式サイトから引用)

静岡県掛川市にあるドッグカフェ「ドッグコミュニティ」です。

つま恋リゾート彩の郷は飼い主様が宿泊できる総合リゾートホテルです。ドッグカフェは乗馬倶楽部クラブハウス内の「ドッグコミュニティ」にあります。

愛犬の入場時には、ドッグコミュニティ利用料(1,650円)がかかりますが、1台分の駐車料金が含まれています。2頭目の犬ではドッグコミュニティ利用料は550円です。

宿泊時の愛犬のお預かり(小型犬4,400円+1,650円/ドッグコミュニティ利用料~)や、一時預かり(小型犬440円/1時間+1,650円/ドッグコミュニティ利用料~)もしています。

犬用フードはアニマルクッキー(100円)だけですが、施設内のペットショップではおやつやフードの販売をしています。

ランチセット(1,000円)の他にパスタ(750円)やピザ(750円)、お得な日替わりケーキセット(800円)などがあります。

つま恋リゾート彩の郷「ドッグコミュニティ」のドックカフェの料金の目安は、2,750円~(ランチ1,000円~+犬用フード100円+ドッグコミュニティ利用料1,650円)です。

ランチ1,000円~
犬用フード100円
ドッグコミュニティ利用料1,650円

つま恋リゾート彩の郷公式サイトはコチラ

ドッグカフェCockerのドッグカフェの料金相場:2,400円~

ドッグカフェ

ドッグカフェCocker公式サイトから引用)

ドッグカフェCockerのドックカフェの料金の目安は、2,400円~(ランチ1200円~+犬用フード1,200円~)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

ドッグカフェCocker公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

ドッグカフェCocker公式サイトから引用)

兵庫県西宮市にあるドッグカフェです。

ドッグカフェだけでなく、ドッグトレーナーによるドッグトレーニングや、獣医師による犬の飼い方セミナーも行っています。災害時にはペットと一緒に避難することができる、安心スポットになっているのも特徴です。

犬用メニューには鶏のつくねバーグ(1,200円)の他に鹿肉カット&野菜(1,000円)、ヤギミルク(350円)などがあります。

ランチセット(1,200円)は昼食時にコーヒーとサラダが付いたお得なセットで、カレーなど好きなものを選ぶことができます。その他のメニューにはケーキセット(1,000円)などもあります。

ドッグカフェCockerのドックカフェの料金の目安は、2,400円~(ランチ1200円~+犬用フード1,200円~)です。

ランチ1200円~
犬用フード1,200円~

ドッグカフェCocker公式サイトはコチラ

にくきゅうカフェのドッグカフェの料金相場:1,600円~

ドッグカフェ

にくきゅうカフェ公式サイトから引用)

にくきゅうカフェのドックカフェの料金の目安は、1,600円~(食事800円~+犬用フード800円~)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

にくきゅうカフェ公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

にくきゅうカフェ公式サイトから引用)

東京都西東京市にあるドッグカフェで、店内席とテラス席があります。

小型犬、中型犬、大型犬など体格に合わせて犬用メニュー(800円~)をオーダーできます。

犬用ケーキの種類が豊富にあり、オーダーメイドが可能となっています。食材を選ぶことができるので、アレルギーがある犬にも配慮されているのが特徴です。

犬用お誕生日ケーキ(シフォンケーキベース1,628円~)などがあり、店内での飲食だけでなく通信販売も行っています。

食事メニューには豚肉と三種のキノコのトマトカレー(800円)の他に、しょうが焼き(980円)やブレンドコーヒー(380円~)などもあります。

貸切で利用することもできるので、愛犬やお友達とお誕生日パーティなども楽しめます。

にくきゅうカフェのドックカフェの料金の目安は1,600円~(食事800円~+犬用フード800円~)です。

食事800円~
犬用フード800円~

にくきゅうカフェ公式サイトはコチラ

愛犬ヴィレッジのドッグカフェの料金相場:2,820円~

ドッグカフェ

愛犬ヴィレッジ公式サイトから引用)

愛犬ヴィレッジのドッグカフェの料金の目安は、2,820円~(ランチ1,500円~+犬用フード1,320円~)となっています。

人用のランチメニュー料金になります。

ランチ料金

愛犬ヴィレッジ公式サイトから引用)

犬用メニュー料金です。

ドッグフード料金

愛犬ヴィレッジ公式サイトから引用)

東京都新宿区にあるドッグカフェです。

犬の総合施設(ショップ、ドッグカフェ、ドッグラン、ドッグホテル、トリミング)なので、利用する機会が多いのが特徴です。

犬用フードは獣医師監修なので安心して与えることができます。犬用ケーキは、ハッピー米粉プチロール(1,320円)の他にハッピープチシャルロット(1,980円)など、種類が豊富に揃っています。

ランチのフレッシュ野菜のグルメサラダランチ(1,500円~)の他にも、食パン1斤を使用したハニートースト(900円~)やコーヒー(600円)もあります。

屋上「天空のドッグラン」にはバーベキュー(4,980円/2時間~)ができる設備があります。

愛犬ヴィレッジのドックカフェの料金の目安は2,820円~(ランチ1,500円~+犬用フード1,320円~)です。

ランチ1,500円~
犬用フード1,320円~

愛犬ヴィレッジ公式サイトはコチラ

ドッグカフェの料金相場まとめ

ドッグカフェの料金相場を以下の表にまとめました。

料金(ランチ+犬用フード)特徴
PETHOUSER ドッグカフェ1,330円~(1,000円~+330円~)・全席個室でノーリードで過ごせる

・テラス席にはプライベートドッグランが付いている

カフェレストラン ソラ1,500円~(1200円~+300円~)・ドッグカフェ利用でドッグランが無料利用できる

・デッキ席で同伴できる

つま恋リゾート彩の郷「ドッグコミュニティ」2,750円~(1,000円~+100円+1,650円/ドッグコミュニティー利用料)・宿泊リゾート施設

・愛犬を預けられるので泊まりで出掛けることもできる

ドッグカフェCocker2,400円~(1200円~+1,200円~)・ドッグトレーニングや犬の飼い方セミナーを開催している

・災害時にペットの避難スポットになる

にくきゅうカフェ1,600円~(800円~+800円~)・ケーキの通信販売がある

・メニューはアレルギーに配慮されている

愛犬ヴィレッジ2,820円~(1,500円~+1,320円~)・犬専門の複合施設

・犬用フードは獣医師監修で安心

・屋上にはバーベキュー設備がある

今回ご紹介したドッグカフェで、低料金で利用できるものはPETHOUSER ドッグカフェで、1,330円~(ランチ1,000円~+犬用フード330円~)、料金が高かったのは愛犬ヴィレッジで、2,820円~(ランチ1,500円~+犬用フード1,320円~)でした。

ドッグカフェでは使用する食材の違いや店舗の立地条件などが異なるため、料金に差がありました。

犬用フードの料金の高さが大きな差が出る原因である、という印象を受けました。

犬用フードに主食系が多かったのは以下のドッグカフェです。

次のドッグカフェはおやつ系のフードが多かったものです。

ドッグカフェの選び方

ドッグカフェには店舗ごとに色々な特徴があります。

自分の愛犬の性格やどのようなときにドッグカフェを利用するのかなど、シーンに合わせて選ぶことが大切です。愛犬に楽しんで貰えるドッグカフェを選びたいですね。

愛犬と快適に過ごすことができる、ドッグカフェの選び方をご紹介します。

ノーリードで過ごせる個室がある

ドッグカフェを利用するときは、店舗のルールに従わなければなりません。店内では、犬にリードを付けることがルールになっているドッグカフェが多くあります。

せっかくリラックスできる場所にいても、リード付きでは窮屈に感じる犬もいますね。飼い主様の食事中に足元でじっと待機しているのが苦手な犬には、ノーリードで自由に過ごすことができるドッグカフェが向いています。

PETHOUSER ドッグカフェは全室個室になっています。店内の個室には仕切りがあり犬が勝手に出ないようになっているため、愛犬はノーリードで過ごすことができます。

また、テラス席には人工芝敷きのプライベートドッグランが付いています。テラス席も個室になっているので、ノーリードで自由に走り回ることができます。元気に走り回りたい愛犬に向いている、ドッグカフェです。

ドッグカフェ

PETHOUSER ドッグカフェ公式サイトより引用)

ワンオーダーするとドッグランが無料

飼い主様とのお出掛けでドッグカフェに行くことは、愛犬にとっても楽しみなものです。

犬のごはんは摂取カロリーを考えて1日に2回、朝と夜に与えていることが多いですね。しかし、ドッグカフェでおやつを与えてしまうと、1日の摂取カロリーをオーバーしてしまうこともあります。

特に肥満気味の愛犬では気になるポイントです。ドッグラン付きで運動ができるドッグカフェは、肥満気味の犬に向いています。

ドッグカフェでごはんを食べるときは、その日のうちに食べた分のカロリーを消費しておきたいですね。

カフェレストラン ソラでは、ドッグカフェにドッグランも併設されています。おいしいものを食べたあとに運動をすることができるので、肥満気味の犬に選んであげたいですね。

ドッグカフェで何か1品、オーダーするとドッグランの利用が無料になります。ドッグランの利用時間に制限はないので、好きなだけ運動をすることができます。

ドッグカフェ

カフェレストラン ソラ公式サイトより引用)

犬用オリジナルケーキがオーダーできる

お誕生日や記念日などには、愛犬のために可愛いケーキでお祝いをしてあげたいですね。手作りごはんを作ってあげることの多い飼い主様でも、ケーキ作りは難しいものです。

犬には食べてはいけないものや避けた方がいい食べ物があるので、食材選びに迷いますね。犬の食性に詳しい専門の人が作るケーキなら、愛犬に安心して食べさせることができます。

愛犬ヴィレッジでは、犬用ケーキの種類が豊富にあります。お誕生日ケーキなど、オリジナルのケーキをオーダーすることもできます。

犬用フードは獣医師監修なので安心して与えることができ、記念日をお祝いしてあげたいときに向いています。使用している原材料も記載されているので、アレルギーを持っている愛犬でも避けることができます。

にくきゅうカフェでは犬用のオリジナルケーキをオーダーすることができます。ケーキの種類も豊富にあり、食材を選んでオーダーすることができるのも特徴です。

アレルギーがある犬向きで、今まで食べることができなかったケーキでも、食材を選ぶことで解決できます。愛犬にも、おいしいケーキを食べさせてあげることができるのは嬉しいですね。

ドッグフード

にくきゅうカフェ公式サイトより引用)

ドッグカフェの選び方には以下のものがありました。

ノーリードで過ごせる個室がある
ワンオーダーするとドッグランが無料
犬用オリジナルケーキがオーダーできる

ドッグカフェの料金を安くする方法

ドッグカフェを利用するための料金には、飼い主様の食事代と愛犬のフード代がかかります。

愛犬の犬用フードの料金や人用の料理の料金の目安がわかっていると、会計時に慌てなくても済みます。

しかし、利用する回数が多くなれば家計との相談も必要になってきます。ドッグカフェを利用するときに、割引を使うと料金を安くすることができます。

愛犬とのお出掛けをたくさんしたい飼い主様に、ドッグカフェの料金を安くする方法をご紹介します。

月替りで割引がある

よく利用するドッグカフェには、月に何回も通うことがあります。月替りで割引があると、毎月のドッグカフェの料金を安くすることができます。毎月割引があることで、ドッグカフェに定期的に通う楽しみも増えますね。

つま恋リゾート彩の郷「ドッグコミュニティ」では月替り割引があります。9月の月替り割引は、ドッグコミュニティ利用料が10%割引されます。

通常入場する時には、ドッグコミュニティ利用料(1,650円/1頭)がかかります。9月の割引では入場時、1頭につきドッグコミュニティ利用料1,650円がかかるところ、1,485円になり165円安く利用できます。

また、一緒に入場する2頭目の犬ではドッグコミュニティ利用料が550円のところ、495円になり、55円安くなります。犬種(体重別)ごとに曜日限定で、ドッグコミュニティ利用料が割引されます。

割引料金

つま恋リゾート彩の郷公式サイトより引用)

会員証提示で割引できる 

利用者になることで、他の施設の割引を受けることができるドッグカフェがあります。ドッグカフェを利用する飼い主様は、愛犬と一緒に色々なところに出掛けることも多いと思います。

会員証の提示をすることで、様々な優待を受けることができるドッグカフェがありました。

ドッグカフェCockerでは、利用者に会員証の発行をしています。会員証の提示をすることで、提携している犬と一緒に宿泊できる旅館やホテルを割引料金で利用することができます。

旅行をするときに愛犬と一緒に行く飼い主様も多いですね。しかし、愛犬と泊まることができる旅館やホテルを探すことは大変です。

いつも通っているドッグカフェと提携している宿泊施設があると簡単に宿探しができ、料金も割引になるのはお得ですね。

割引料金

ドッグカフェCocker公式サイトより引用)

記念日の特別プランが割引になる

愛犬のお誕生日や記念日などには、おめかしをして記念写真を撮ることを、楽しみにしている飼い主様も多いと思います。

可愛くトリミングをしたりおしゃれな洋服を着て、犬用ケーキでお祝いすることは愛犬にもよい思い出になります。

愛犬ヴィレッジでは「愛犬おめかしプラン」があり、複数の割引と特典を受けることができます。

「愛犬おめかしプラン」は愛犬の記念日にトリミングが20%割引になります。犬専用の複合施設なので、同じ建物内にトリミングサロンがあります。

ドッグカフェを利用することで、わんちゃん用お祝い米粉ワッフルが無料でもらえます。さらに記念日用に女の子ならドレス、男の子ならタキシードのレンタルが無料なので、おめかしをして記念撮影するのことができます。

大切な記念日には費用がかかりますが、料金を安くすることができるのは嬉しいですね。

割引料金

愛犬ヴィレッジ公式サイトより引用)

お得な割引があるドッグカフェには次のものがありました。

会員証提示で割引できる
記念日の特別プランが割引になる

ドッグカフェの料金相場と選び方、安くする方法まとめ

ドッグカフェの料金相場の目安は、1,330円~2,820円でした。

ドッグカフェが低料金で利用できるのはPETHOUSER ドッグカフェで、1,330円~(ランチ1,000円~+犬用フード330円~)、料金が高かったのが愛犬ヴィレッジで、2,820円~(ランチ1,500円~+犬用フード1,320円~)でした。

ドッグカフェごとにメニューや使用する食材に違いがありました。また、店舗の立地条件などの違いから料金にも差があることがわかりました。

大きな料金差がある理由のひとつに犬用フードの料金が影響を与えている、という印象を受けました。

ドッグカフェの選び方では、愛犬に合った店舗を選ぶことが大切でした。

ノーリードで過ごせる個室がある
ワンオーダーするとドッグランが無料
犬用オリジナルケーキがオーダーできる

お得に利用できる割引があるドッグカフェは以下のものです。

会員証提示で割引できる
記念日の特別プランが割引になる

愛犬と一緒に食事ができるドッグカフェがあると、出掛ける楽しみが増えます。犬にとってはいつもと違うおいしいものを食べることができ、お散歩に行くことが大好きになるでしょう。

犬同士の触れ合いや飼い主様同士のコミュニケーションの場としても、ドッグカフェは憩いの場になります。ドッグカフェでのルールやマナーを守って、楽しい時間を過ごしましょう。

愛犬とどこでも一緒にお出掛けしたい飼い主様の、ドッグカフェ選びの参考にしてくださいね。