出前系アプリ(サービス)の手数料相場と選び方、安くするコツ

ウーバーイーツ外出自粛

アメリカの配車サービスを運営していたUber社が、2016年にUberEatsを立ち上げ、日本にも進出。東京でサービス開始した後、急速にエリアを広げて2020年現在では、全国16都道府県でサービスを展開しています。

昔は、デリバリーを頼むのは、お客さんが来た時や、友達が大勢集まったときなど特別なときのことが多かったですが、最近ではデリバリーサービスが増えたおかげで一人暮らしの人でも気軽に注文することもふえました。

特に、昨年のコロナ渦の影響で、デリバリーサービスを利用する人は急増しています。

この記事では、デリバリーサービスやデリバリーアプリの料金を比較して、どのサービスがお得なのか?もっと安くサービスを利用する方法はないか?についてまとめています。

※業者向け比較記事はこちら「出前系サービスの配送手数料の相場とおすすめ業者【お店側の手数料】

出前系アプリとは

出前系サービスとは、店舗で食事をする(イートイン)、店舗に出向いて商品を購入して帰る(テイクアウト)に次ぐ、3番目のサービス形態で、電話やアプリなどで、希望商品と配達の配達の希望時価を伝えることで、営業時間内ならいつでも、商品を届けてくれるシステムです。

以前は、店の従業員がデリバリーを行っていましたが、デリバリー専用の仲介企業が店と顧客の間に入ることで、配達用の人員を用意できない小規模店舗でも、デリバリーサービスが行えるようになっています。

無料アプリで注文する

専用のアプリをスマホにダウンロードして、アプリに情報を入力するだけで、デリバリーを頼めるシステムです。UberEatsやFine Dine、LINEデリバリーなど、多くのデリバリー業者が行っているサービスで、iPhoneでもAndroidでも注文が可能です。

出前系アプリのメリット

コロナ渦で外出できないときに、利用者が急増した出前系アプリ。利便性が高いのはもちろんですが、他にもどのようなメリットがあるのでしょうか?

忙しい時間でも注文可能

ランチタイムなどで、イートインのお客さんも混雑している状態の時は、電話で注文をしようと思っても、従業員の方が電話に出ることができずに、注文ができない場合があります。

出前館

引用元:出前館

アプリで注文することにより、受付時間内であれば、時間帯などを気にせずに注文することができます。

1人分でも気軽に頼める

今までの出前サービスでも、何人分からでないとダメという制限がないところが多かったですが、やはり一人分だけ頼むのは気が引けるということで、頼みづらかったところはあります。

出前アプリの注文は、アプリで完結し、デリバリーも従業員ではなく、専用の配達員が行うところが多いので、店にかかる負担を気にする必要がありません。そのため最近では、1人暮らしの方がデリバリーサービスを利用するケースが非常に増えています。

クーポンや割引などで安くなる可能性がある

デリバリーサービスだけで利用できる割引や、アプリをダウンロードすることでもらえるクーポンなどを利用すれば、自分でテイクアウトするよりも安くなる可能性があります。

出前系サービスのデメリット

出前系アプリの利便性は非常に高いです。しかし、考えられるデメリットについても知っておく必要があります。

配達手数料がかかる

蕎麦屋やラーメン屋の出前では、基本的に配達手数料は無料で、店内で食べるのと同じ感覚で利用することができましたが、出前系アプリは、配達サービスの業者に手数料を支払う必要があります。

そのため、同じ商品でも、店内で食べるよりもデリバリーする方が高くなることが多いです。しかし、手数料を支払うことにより、1人分でも気軽に頼めるようになったということにもなっています。

天候や交通状態により時間がかかることがある

注文する店舗からの距離や、その間の道路状況、その日の天候によって、普段よりも配達に時間がかかる可能性があります。

交通渋滞

ウーバーイーツの配達員は基本的に、自転車やバイクの人が多いので、事故で道路が混雑している状態には強いですが、雨や風、雪といった天候だと、どうしても普段の配達時間よりも時間がかかってしまう可能性があります。

配達員の質に左右される

各デリバリー業者が配達員の教育に力を入れたり、コンプライアンスを徹底していますが、それでも個々の配達員の差が出てしまうのは否めません。

配達員の質が悪い場合、通常の配達時間よりも時間がかかってしまったり、運んできた商品が崩れてしまうなどといった問題点が出てしまう可能性があります。

出前系サービスの料金相場 0円~380円

出前系アプリの配達手数料の料金相場は0円~380円になります。人気の高いおススメの出前アプリの料金を比較してみました。

Uber Eatsの料金相場:配達手数料50円~

ウーバーイーツ

Uber Eatsの配達手数料の料金相場は50円~になります。

配達手数料50円~
サービス料注文金額の10%~
最低利用金額700円
利用可能店舗数10,000店以上

利用したことがなくても、UberEatsの名前だけは知っている人は多いのではないでしょうか?
デリバリーを注文する側よりも、配達員の仕事の方がクローズアップされることが多いウーバーイーツ。アメリカで配車の運営を行っているUber社が運営しており、2016年にウーバーイーツ誕生と同時に日本にも上陸したデリバリーサービスです。

ウーバーイーツの特徴は、やはり専用の配達員がデリバリーを行っていることです。他のサービスと比較しても、配達のスキルた高い専門の配達員が多いためか、注文してから到着するまでの時間は、一番早いとも言われています。

東京や大阪、名古屋といった大都市では強いサービスですが、全国的に見ると、まだサービスが展開されていない地域も多く、東北や山陰といった地域では利用できないところもあります。

UberEatsの注文時は、商品代金と配達手数料以外にサービス料金も加算されるので注意が必要です。また最低利用金額の700円に達していない商品を注文した場合は、別途手数料150円がかかります。

アプリ名UberEats
配送可能エリア東京都・大阪府・愛知県・福岡県・京都府・神奈川県・兵庫県・埼玉県・千葉県・広島県・岡山県・愛媛県・宮城県・香川県・石川県・富山県・栃木県・静岡県・奈良県・長野県・新潟県・北海道・鹿児島県・熊本県・大分県・沖縄県・群馬県・高知県・和歌山県・岐阜県

UberEatsの配達可能エリア

特徴登録している配達員が多く、注文から届くまでスピードが早い
どんな人におすすめかオフィスでのランチタイムの利用や、とにかく早く届けて欲しい人

楽天デリバリーの料金相場:配達手数料370円~

楽天デリバリー

楽天デリバリーの配達手数料は370円~になります。

配達手数料370円~
サービス料なし
最低利用金額店舗により異なる
利用可能店舗数12,000店以上

楽天デリバリーは株式会社楽天が運営するデリバリーサービスです。楽天というバックボーンがあるので、全国的にも登録件数が多く、全国47都道府県全てが配達エリアとなっています。ただし、県庁所在地の市町村以外は未対応の可能性があるので注意してください。

楽天デリバリーの特徴は、注文した商品代金で楽天ポイントが貯まること、楽天ポイントを貯めている人ならば、デリバリーを1つのアプリに絞ることで、どんどんポイントを貯めることができます。

アプリ名楽天デリバリー
配達可能エリア全国47都道府県

楽天デリバリーの配達可能エリア

特徴楽天ポイントが貯まる、ポイントでの支払も可能
どんな人におすすめか楽天ポイントをよく使う人

出前館の料金相場:配達手数料0円~

出前館ロゴ

出前館の配達手数料の相場は0円~になります。

配達手数料0円~
サービス料なし
最低利用金額店舗ごとに異なる
利用可能店舗数20,000店以上

出前サービスを行っていた、LINEデリバリーと統合され、現在は株式会社LINEの完全子会社である株式会社出前館が運営を行っているデリバリーサービスです。

ウーバーイーツのように配達員にデリバリーを依頼することもありますが、専用アプリで注文を確認した店舗の従業員が直接お客様へ出前を行うケースもあります。そのため配達手数料がかからないことも多く、注文価格が1,500円以上の場合は、ほとんどの業者で配達手数料がかかりません。

利用可能店舗数も多く、全国的にも広く利用が可能ですが、実際配達するのが店の従業員であることもあり、店舗によってはランチタイムや夜のディナータイムといった注文が多くなる時間帯だと、配達までに時間がかかる可能性があります。

アプリ名出前館
配達可能エリア宮城県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 ・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・広島県 ・福岡県・鹿児島県

出前館の配達可能エリア

特徴1,500円以上で配達料無料
どんな人におすすめか友達が集まりたくさん頼みたいとき

dデリバリーの料金相場:配達手数料300円~

dデリバリー

dデリバリーの配達手数料は300円~になります。

配達手数料300円~
サービス料なし
最低利用金額2,000円
利用可能店舗数17,000店以上

dデリバリーは株式会社docomoが運営するデリバリーサービスです。docomoのユーザーはもちろんのこと、Softbankユーザーやauユーザーなど、違うキャリアのユーザーでも注文することができます。

dデリバリーの特徴は、提携している店の種類の豊富さ。ピザや寿司だけじゃなく、弁当やオードブルなど様々な種類の店舗に注文が可能です。dという名前がついていることからわかるように、支払は現金やクレジットカード以外でも、dポイントやd払いをすることが可能です。

また、docomoユーザーならば、携帯の利用料金と一緒に請求する後払いシステムも利用できるため、docomoのユーザーにはかなり使い勝手のいい出前アプリと言えるでしょう。

アプリ名dデリバリー
配達可能エリア全国47都道府県

dデリバリーの配達可能エリア

特徴docomoユーザーにお得なサービスが多い
どんな人におすすめかdポイントを貯めてる人、docomoユーザー

menuの料金相場:配達手数料300円~

menu

menuの配達手数料は300円~になります。

配達手数料300円~
サービス料なし
最低利用金額設定なし
利用可能店舗数35,000店以上

もともとテイクアウト支援ようのアプリを運営していたmenuですが、デリバリーサービスの運営もはじめ、現在では利用できる店舗数が30,000店舗以上と国内の出前アプリの中では最大級のサービスとなっています。

menuの利用料金は、商品購入代金と配達手数料だけですが、それ以外にお店を支援するための支援金や、配達員への心づけのためのチップも任意で払うことが可能です。雨や雪の日に配達してくれた御礼にチップを支払ったり、コロナ渦で苦戦している店舗を支援するために支援金を支払う人も増えています。

アプリ名menu
配達可能エリア宮城県・東京都・大阪府・広島県・福岡県・北海道・京都府・愛知県

menuの配達可能エリア

特徴チェーン店以外の個人経営の店や新オープンの店に強い
どんな人におすすめか近所に気になるお店がある人、新規出店の店舗から注文したい人

Fine Dineの料金相場:配達手数料380円~

fineDine

Find Dineの配達手数料は380円~になります。

配達手数料380円or商品の15%
サービス料なし
最低利用金額1,500円~
利用可能店舗数800店以上

Fine Dineは宅配専門の寿司「銀のさら」を運営する、ライドオンホールディングスが運営するデリバリーサービスです。
20年以上も寿司デリバリーを運営した経験と実績とノウハウがあり、2010年にファインダインを吸収合併してから、急速にシェアを広げています。

他のデリバリーサービスよりも、少し高級な店の出前を得意分野としており、キャッチフレーズの「忘れられない出前をファインダインで」の名前の通り、ステーキ店や、フレンチレストランなどの加盟店が多いです。配達手数料の設定が店舗により異なり、380円のものと、商品代金の15%のものがあります。

高級レストランのデリバリーは商品代金の15%になることが多いため、デリバリー代は少し高くなりますが、それでも気軽に高級店の料理を自宅で楽しめるということから、人気は高いです。

アプリ名Fine Dine
配達可能エリア東京都・神奈川県

Fine Dineの配達可能エリア

特徴地元の個人経営のレストランなどの登録も多い
どんな人におすすめか少しリッチな食事をデリバリーして見たい人

出前系サービスの料金相場一覧 比較まとめ

出前系サービスの宅配手数料をわかりやすいように一覧にまとめてみました。

サービス名最低配達手数料特徴
UberEats50円配達手数料の他に商品代金の10%がサービス代金として請求される
楽天デリバリー370円支払い金額で楽天ポイントが貯まる。
出前館0円店舗ごとにサービス代金の設定が異なるが、1,500円以上の注文ならほとんどが無料
dデリバリー300円docomoユーザーなら電話代金と一緒に後払い請求が可能
menu300円任意でチップと支援金の支払いが可能。
Fine Dine380円/商品代金の15%レストランのデリバリーは商品代金15%に設定されているところが多い

宅配手数料だけを見ると、店舗によっては「出前館」が無料で宅配を行っているので、最も安いということになります。
実際、ウーバーイーツのように、外部の配達員にデリバリーを依頼して届けてもらう場合は、店側も配達手数料を負担する必要があるため、デリバリー料金は高くなります。

また、配達手数料以外にサービス料金がかかるところもありますので、実際、注文したときにどんな料金がかかるのか確認してから頼んだ方が安心です。

出前系サービスを選ぶときのポイント

出前系のアプリを利用する時に注意すべきポイントについて説明します。

最低利用金額をチェックすること

1人分からでも気軽に注文できるのは、出前系アプリの大きな魅力ですが、どのアプリでも最低の利用金額が設定されており、最低利用金額以下だと、アプリ画面でエラーとなり、注文することができません。

サービス名最低利用金額
UberEats700円
楽天デリバリー370円
出前館370円
dデリバリー300円
menu300円
Fine Dine380円or商品代金の15%

1人分の注文をするときは、特に最低利用金額をチェックしておくのがいいでしょう。

配達可能エリアかどうか?

全国的にも出前系アプリを利用できる市町村が増えて来てはいるものの、まだ対応していない地域も少なくありません。

引用元:ウーバーイーツ

東京や大阪、名古屋といった大都市ならば、ほとんどの地域に配達が可能ですが、地方都市になると、県庁所在地がある市、その市内の中でも配達エリアが限られている場合があります。予め自分の家が配達可能エリアであるかどうか確認してから注文することが必要です。

サービス名配達可能エリア
UberEats東京都・大阪府・愛知県・福岡県・京都府・神奈川県・兵庫県・埼玉県・千葉県・広島県・岡山県・愛媛県・宮城県・香川県・石川県・富山県・栃木県・静岡県・奈良県・長野県・新潟県・北海道・鹿児島県・熊本県・大分県・沖縄県・群馬県・高知県・和歌山県・岐阜県

UberEatsの配達可能エリア

楽天デリバリー全国47都道府県

楽天デリバリーの配達可能エリア

出前館宮城県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 ・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・広島県 ・福岡県・鹿児島県

出前館の配達可能エリア

dデリバリー全国47都道府県

dデリバリーの配達可能エリア

menu宮城県・東京都・大阪府・広島県・福岡県・北海道・京都府・愛知県

menuの配達可能エリア

Fine Dine東京都・神奈川県

Fine Dineの配達可能エリア

まとめて決済することができない

総合型の出前系アプリ(UberEats・出前館・dデリバリー・楽天デリバリー・menu)は1つのアプリで提携している複数の店舗に注文することができるのでとても便利です。

しかし注文をまとめて決済することはできず、1店舗ごとに行う必要があります。複数の店舗に注文する場合は、注文が完了してカートが空になってることを確認してから次の注文に進んでください。

それぞれのサービスの得意分野を確認する

ファーストフードのチェーン店や、ファミリーレストランなどは、ほとんどの出前系アプリで共通して利用することが可能ですが、地元の個人店や、レストランなどはアプリによって、注文ができるところとできないところが出てきます。

Fine Dineは東京都と神奈川県しか配達の対応をしていませんが、他の出前系サービスと提携していないレストランや個人店が登録していることもあります。
finedine

引用元:Fine Dine

1つのアプリだけでなく、複数のアプリで配達可能な店を探すことで、注文する店のバリエーションも広がりますので、時間に余裕があるときは複数のアプリを確認してみることをおすすめします。

サービス名特徴
UberEats自社でデリバリーできない小規模な店の登録も多い。都心には強い。配達員の数が多いので、注文から配達までのスピードが早いです。
楽天デリバリー大手外食チェーンの登録が多い。お酒のデリバリーも可能。店舗によっては、割引やトッピングサービスなど、ネット注文だけの特典がります。
出前館1,500円以上の注文で配達料が無料になる店舗が多いので、人が集まったときたくさん注文するのがお得。出前館のアプリでは、配達可能な店舗しか表示されないとか、配達する前に配達にかかる時間がわかり使いやすいと好評。
dデリバリーdocomoのバックボーンがあり、大手外食チェーン店の登録が多い。dポイントのキャンペーンなどで、トップページには日替わりのように、店舗のキャンペーンが表示されています。
menuもともとテイクアウト用のアプリだったので、デリバリーを行っていなかった小規模な店も登録している。デリバリーだけではなく、テイクアウトの予約もできるので、会社帰りなどに利用する人が多いです。
Fine Dine配達エリアは狭いが、地元のレストランなど個人経営の店の登録が多い。デリバリーでは頼めなかったフランス料理やイタリア料理などの高級レストランも登録しており、ちょっと豪華なディナーを考えているときにはおすすめです。

出前系サービスをもっと安く利用する方法

様々な出前系アプリがありますが、サービス会社によっては、もっとお得に利用できる方法があるのです。その一例を紹介します。

クーポンを利用する

ウーバーイーツには、初回限定クーポンがあり、初めてウーバーイーツで注文されるお客様は、商品の金額から最大「2,000円」割引となります。全ての店舗で使えるわけではありませんが、注文したい店が割引クーポン利用可能なら非常にお得なサービスになります。

ウーバーイーツ割引

引用元:ウーバーイーツ

出前館でも定期的に割引クーポンを発行していて、こちらは、初回だけではなく2回目も使えるクーポンになっています。Twitterでお知らせしているので、出前系アプリをよく利用する人ならチェックしておくのがいいですね。

引用元:出前館Twitter

 

サブスクを利用する

月に何度かデリバリーを利用するならば、サブスクを利用することでお得に購入することができます。ウーバーイーツのサブスク「Eatsパス」は、月額980円を支払うことで、月内何度でも配達手数料が無料になるサービスです。

ウーバーイーツサブスク

引用元:ウーバーイーツ

配達手数料が無料なので、店内で食べる料金と同額でデリバリーが利用できるので、デリバリー頻度が高い方にはおススメのサービスになります。

デリバリーを利用してポイントを貯める

楽天デリバリーや出前館、dデリバリーでは、直接の割引というわけではありませんが、デリバリーサービスを利用することで、楽天ポイントやLINEポイント、dポイントを貯めることができます。

dポイント

貯まったポイントは、またデリバリーサービスで利用することもできるので、実質、割引のような感覚で利用することができます。

出前系サービスの料金相場と選び方、安くする方法まとめ

人気の高い出前系サービスを比較してみましたが、一番価格が安く依頼できるのは「出前館」のようです。店舗ごとに宅配料金が異なりますが、1500円以上の注文ならば宅配料無料、1500円以下でも無料で注文できるところも多いです。

家に運んできてもらうから、店内で食べたりテイクアウトするよりも、かなり高くなるといったイメージを持っている人もまだ多いと思いますが、クーポンを使ったり、サブスクサービスを使うことで、店に行って食べる料金とほとんど変わらず利用できるのも大きなポイントです。

出前系アプリの競争は激しいので、利用者にとってはどんどん使いやすいサービスが登場してくると思いますので、今後の展開から目が離せません。