5Gの料金相場と業者の選び方・安くする方法

通信・スマホ

4Gに続く通信の新規格「5G」、2020年3月から各社でサービス提供開始となりましたが、料金がどれくらいなのか気になる方も多いことと思います。

この記事では、5Gの料金相場と、会社の選び方・安くする方法について解説していきます。

5Gの料金相場:7480円~8650円

DoCoMo・au・Softbank各社の5Gのギガ放題プランの相場は、7,500円~8500円程度となっています。通信容量をしぼったプランですと、もう少し安くなります。また、格安の楽天モバイルも5Gに参入することが決まっています。以下、各社の料金を詳しく紹介していきます。

DoCoMo5Gの料金相場:7,650円

まずは、ドコモの5G料金プランを紹介していきます。

5Gは通信速度が4Gと比べて数倍早いのが特徴です。せっかく早い通信なのですから、データ量をたくさん使いたいですよね。そういう方には、「5Gギガホ」プランがオススメとなっています。

5Gギガホプランは、割引やキャンペーンなしで月額7,650円となっています。このプランでは通常、月100GBまで通信ができます。

2020年3月時点では、「データ量無制限キャンペーン」が実施されており、100GBを超える通信も可能となっています。5Gでの通信だけでなく、4G通信のエリアでもデータ無制限で利用でき、非常にお得なプランとなっています。

DoCoMoの5Gギガホプラン料金抜粋
(※DoCoMoの5Gギガホプラン料金抜粋)

通信データをあまり使わないという場合には、「5Gギガライト」がオススメです。通信量1GBまでなら3,150円、3GBなら4,150円、5GBなら5,150円、7GBなら6,150円となっています(各種割引なしの価格です)。

au5Gの料金相場:8,650円

次にau(エーユー)の通信パック料金を紹介していきます。

データ通信量が使い放題の「データMAX 5G」は、各種割引を適用しない価格で8,650円となります。このプランでは、月の通信量が2GB以下の場合には7,170円となります。

また、基本的に通信量に制限はありませんが、テザリングを利用する場合、月に30GBまでという上限があります。スマホの通信を使ってパソコンに接続する場合には、au以外の会社を選んだ方がいいかもしれません。

auのデータMAX5Gプランより料金抜粋
(※auのデータMAX5Gプランより料金抜粋)

通信量をあまり使わない場合には「ピタッとプラン5G」がオススメです。1GBまでの通信の場合には4,150円、4GBまでだと5,650円、7GBまでなら7,150円となります(※各種割引を適用しない価格)。

softbankの5Gの場合:7,480円~

次にSoftbank(ソフトバンク)の5G料金プランを紹介していきます。

Softbankの場合、DoCoMoやauと違い5G向けだけのプランはありません。4G向けのプランに基本料金として1000円を上乗せする料金体系となっています。ただし、2020年8月までに申し込んだ場合、5Gの基本料金の1,000円が2年間無料となるキャンペーンが開催中です。

Softbankよりキャンペーン情報抜粋
(※Softbankよりキャンペーン情報抜粋)

Softbankでデータを大量に使いたい場合、「メリハリプラン(旧ギガモンスタープラン)」が月額7,480円で利用できます(※各種割引適用なしの料金)。

このプランは、月間通信容量として50GBが使え、さらに動画サービスとSNSは通信量としてカウントされません。動画やSNSをよく利用する方は実質的にギガが使い放題となるのです。

Softbankで通信量をあまり使わない場合には段階性の料金プラン「ミニフィットプラン(旧ミニモンスター)」がオススメです。1GBまでなら月額3,980円、2GBまでなら5,980円、5GBまでなら7,480円となります。これは各種割引を使っていない料金です。

楽天モバイル:2,980円

楽天モバイルについての報道によると、楽天モバイルは2020年4月から自社回線サービスを本格運用開始させます。5Gの運用開始は2020年6月の予定となっています。

料金プランは1種類のみのシンプルなもので、月額2,980円で通話とデータ通信が無制限使えます。ただし、KDDIのローミングエリアは月に2GBのみとなっており、完全な使い放題ではない点に注意が必要です。楽天モバイルの独自回線はまだまだ狭いのが現状で、地方などではほぼ使えないような事態にもなりかねません。

楽天モバイルに関する報道より抜粋
(※楽天モバイルに関する報道より抜粋)

各社の料金まとめ

以上、通信会社それぞれの5G料金を紹介してきました。

DoCoMo・au・Softbankの大手3社の料金は横並びの状態となっています。楽天モバイルが群を抜いて安い状況ですが、通信エリアに制約があるのに注意をしましょう。

通信会社 料金
DoCoMo 7,650円
au 8,650円
Softbank 7,480円
楽天モバイル 2,980円

5Gの業者の選び方

5Gでは業者(会社)をどのようにして選べばいいのでしょうか。以下では、5G契約をする際の会社の選び方のポイントを紹介していきます。

5G対応エリアを確認する

5Gはこれからの新世代通信規格ですので、対応エリアは4Gと比べて狭くなっています。そのため、5Gを存分に使いたいのであれば、各社のHPより5G提供エリアを確認してから契約するようにしましょう。

DoCoMoの通信エリア
auの通信エリア
Softbankの通信エリア
楽天モバイルの通信エリア

テザリングを使うかどうか

スマホの電波を使いパソコンやゲームなどで通信することを「テザリング」といいます。

すでに説明しましたがauの「データMAX 5G」では、テザリングは月に30GBまでに制限されています。また、Softbankは通信量に制限はありませんが、テザリングを使うために500円のオプション料金を払う必要があります。

テザリングで大量にデータを使う場合、DoCoMoを使うのが一番と言えるでしょう。DoCoMoはオプション料金なしで、データ容量も制限なしでテザリングを利用できます。楽天モバイルもテザリングに特に制限などはありませんが、独自回線のエリアの狭さがネックです。

どれだけ通信量を使えるか

通信量に実質的に制限がない「ギガ放題プラン」は、DoCoMo・au・Softbank・楽天モバイルの4社がそれぞれ提供しています。

DoCoMoの場合には、100GBが上限となります(※キャンペーン中は上限なし)。auは基本料金は他社と比べると高いのですが、テザリングを除いたデータ通信が無制限で使い放題となります。Softbankは50GBと上限が一番低くなっていますが、動画サービスやSNSはカウントされず使い放題となっています。楽天モバイルはデータ使い放題をうたっていますが、独自エリア以外ですと2GBまでしか使えないという弱点を抱えています。

何でどれだけ通信量を使うのかを考えて、会社を選ぶようにしましょう。

料金は実施的に横並び

DoCoMo・au・Softbankで1,000円ほどの料金の差はありますが、各種割引やキャンペーンを考えると実質的には料金はほとんど横並びの料金となっています。楽天モバイルの場合、他3社と比べて半額近い料金ですが、通信可能なエリアがまだ広がっていない状況です。

料金ではなく、各自の好みや現在使っているキャリアなどを基準にして選ぶようにした方がいいかもしれませんね。

5Gを安くする方法

通信各社は、条件を満たした人に各種割引サービスを実施しています。5G契約を安く済ませたい場合には、割引を上手に使っていくのがコツとなります。以下では、各社の割引サービスを簡単に紹介していきます。

DoCoMoの割引サービス

まずは、DoCoMoの割引サービスを紹介していきます。

携帯電話の利用料金をdカードで支払いすると、月額170円が割引となる「dカードお支払割」があります。

ファミリー割引の同一グループの回線数に応じた割引が「みんなドコモ割」です。2回線ですと500円、3回線以上ですと1,000円が5G基本料金から割り引かれます。

ドコモ光を契約している回線がファミリー割引のグループ内にある場合、1,000円が割引となります。

また、最大6か月月額料金が1,000円割引となる「5Gギガホ割」という割引もあります。

auの割引サービス

次にauの割引サービスについて紹介していきます。

まず、契約から6か月間・月々1,000円が割り引かれる「スマホ応援割Ⅱ」があります。契約すると自動的に適用される割引です。

家族でauに加入していると「家族割プラス」が適用されます。家族2人なら500円、3人なら1,000円、4人以上なら2020円が割り引かれます。

また、5G契約で1,000円割り引かれる「5Gスタートキャンペーン」というものもあります。

インターネット「auひかり」を契約していると「auスマートバリュー」として1,000円が割り引かれます。

Softbankの割引サービス

最後にSoftbankの割引サービスについて紹介します。

50GB使い放題の「メリハリプラン」には、通信量を使わなかった月に1,500円割引される「勝手に割引」が適用されます。あまり通信をしない方やSNS・動画サービスばかり見ている方は非常にお得です。

契約で自動的に6か月間、毎月1,000円ずつ安くなる「半年おトク割」というサービスもあります。

「みんな家族割+」は、家族でSoftbankに加入することで適用されます。2人だと500円、3人だと1,500円、4人以上で2,000円の割引となります。

5Gの料金相場と業者の選び方・安くする方法まとめ

以上、スマホの新通信規格・5Gの料金相場と、会社の選び方・安くする方法について紹介してきました。

5G契約は、月々7,500円~8,500円程度が相場となっています(※各種割引なしの場合)。

会社を選ぶ際には、通信エリアや、テザリングを使うかどうか、何をどれくらい通信するのかなどが基準となります。

各社さまざまな割引サービスを提供しているので、うまく割引を使うのが5Gを安くするコツです。

いかがだったでしょうか。5Gを契約したいという方の参考となったのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。